『やっと!ついに!買いました(涙)!! 画像入れ替え2』 ペンタックス PENTAX K-1 ボディ rt2012さんのレビュー・評価

2016年 4月28日 発売

PENTAX K-1 ボディ

  • ペンタックス初の35ミリフルサイズデジタル一眼レフカメラである上級機。約3640万画素CMOSイメージセンサーや画像処理エンジン「PRIME IV」を搭載している。
  • 独自の本体内5軸対応手ブレ補正機構「SR II」を搭載。角度ブレにくわえて、マクロ撮影時に発生しやすいシフトブレや回転ブレにも対応する。
  • フレキシブルチルト式液晶モニターを採用し、上下約44度、左右約35度まで可動。台座部からモニターを引き上げて真上からのウエストレベル撮影も行える。
PENTAX K-1 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

他の画像も見る

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします

中古
最安価格(税込):
¥115,700 (17製品)


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

タイプ:一眼レフ 画素数:3677万画素(総画素)/3640万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/35.9mm×24mm/CMOS 重量:925g PENTAX K-1 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

PENTAX K-1 ボディ の後に発売された製品PENTAX K-1 ボディとPENTAX K-1 Mark II ボディを比較する

PENTAX K-1 Mark II ボディ

PENTAX K-1 Mark II ボディ

最安価格(税込): ¥198,000 発売日:2018年 4月20日

タイプ:一眼レフ 画素数:3677万画素(総画素)/3640万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/35.9mm×24mm/CMOS 重量:925g
 
  • PENTAX K-1 ボディの価格比較
  • PENTAX K-1 ボディの中古価格比較
  • PENTAX K-1 ボディの買取価格
  • PENTAX K-1 ボディの店頭購入
  • PENTAX K-1 ボディのスペック・仕様
  • PENTAX K-1 ボディの純正オプション
  • PENTAX K-1 ボディのレビュー
  • PENTAX K-1 ボディのクチコミ
  • PENTAX K-1 ボディの画像・動画
  • PENTAX K-1 ボディのピックアップリスト
  • PENTAX K-1 ボディのオークション

PENTAX K-1 ボディペンタックス

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2016年 4月28日

  • PENTAX K-1 ボディの価格比較
  • PENTAX K-1 ボディの中古価格比較
  • PENTAX K-1 ボディの買取価格
  • PENTAX K-1 ボディの店頭購入
  • PENTAX K-1 ボディのスペック・仕様
  • PENTAX K-1 ボディの純正オプション
  • PENTAX K-1 ボディのレビュー
  • PENTAX K-1 ボディのクチコミ
  • PENTAX K-1 ボディの画像・動画
  • PENTAX K-1 ボディのピックアップリスト
  • PENTAX K-1 ボディのオークション

『やっと!ついに!買いました(涙)!! 画像入れ替え2』 rt2012さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

PENTAX K-1 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

rt2012さん

  • レビュー投稿数:114件
  • 累計支持数:1085人
  • ファン数:7人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
49件
8件
デジタル一眼カメラ
15件
15件
カメラバッグ・リュック
22件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感5
やっと!ついに!買いました(涙)!! 画像入れ替え2
当機種FA77
当機種FA77 等倍で画面中央のありんこを見て下さい
当機種D FA100mm MACRO

FA77

FA77 等倍で画面中央のありんこを見て下さい

D FA100mm MACRO

当機種ISO 8000 DA*55 愛車のキリ番ゲット
別機種※参考までに K-3 + D FA100mm MACRO
 

ISO 8000 DA*55 愛車のキリ番ゲット

※参考までに K-3 + D FA100mm MACRO

 

発売から半年,ようやく手にできた興奮をだれかに伝えるべく,近所の草花を撮影。FA77が普通の画角で使える。最高です。

実は嫁に土下座してから,本当に迷いました。マウント替えさえも考えました。でも嫁に「じゃあ,なんで今までペンタックスだったんだよ」と言われ,我に返りました。「そうだった,自分はフィルム時代からペンタックス大好きだったじゃないか」と。ペンタックスにはさらにすばらしいカメラを作り続けていってもらうために「ダメなところ」から書いていきたいと思います。長文ごめんなさい。

【ダメなところ】
1.連写速度 Cの5D4が3,000万画素でそこそこの連写ですが,なんとかリーズナブルに7〜8コマ/秒を達成してほしい。
 ちなみにCrop(APS-C)では6コマ/秒ですので,どうしても連写が必要な場合は私はそちらで対応しています。
 この部分は許容範囲ではあります。4コマ/秒ほどのFFの連写は確かに遅いですが,CropでもK-01程度の画素を保持できていますので。
  
2.USB2.0 完全に時代に取り残されているどころか,K-3(II)よりスペックダウン。まぁコストとかいろいろあるとは思いますけど。
 ちなみに40コマほどのRAWを取り込むのに2分ほどです。条件によって前後するとは思いますが,K-3(USB3.0)の時より体感的に,やっぱり遅いです。他社の最近リリースのデジカメ(NのD500とかFのT2とか)は普通に3.0なのに。。。K-5系からの乗り換えもそもそもファイルサイズが大きいのでやっぱ残念です。買う前からわかってたけど残念です。

3.現像ソフト(というかLightroom) 1,000円/月の「CC」でしか対応しておらずRRに至ってはDCU5のみでの現像。
 これに関しては1,000円/月は私の生きがいだし,逆に最新のプロファイルも手に入るし,タバコ2箱分と思えば我慢できます。
 私の場合,使い勝手や,ファイル管理の面からLightroom以外はありえないので,受け入れるしかありません。
 ただ,レンズメーカー(SやT)よりはペンタックスのことを考えてくれているからよしとします。


【デザイン】特に気にしません。個人的にはK-3,5系のほうがかっこいいかもしれません。でもカメラは出てくる絵です。デザインは二の次です。肩の液晶が小さくなってしまったのはちょっと残念。ただ,この3つめのダイヤルは使えます。Cropで使っていますがDAレンズの活用面からもCropが瞬時に切り替えられるのは便利です。

【画質】低感度の解像感は言うに及ばす,やはり「高感度」はいいです。躊躇なくISO6400が使えます。フルサイズ,やっぱすごい。トリミング耐性も高い!ノイズ処理の方向としてはK-3系と同じく「解像感を落とさないように粒を残しつつ」という方向ですが,その粒がきめ細かくなっています。またそもそも画角が広くなるおかげで広い範囲を写すので,結果的に2段分ほどよくなる印象です。K-3では完全に非常用だったISO3200ですが,K-1ではISO6400まで常用できます。もちろん等倍で見て「粒々が」と感じる人もいると思いますが,ISO3200が完全常用で使えるだけで室内撮り・水族館撮りなどいろいろ撮影の幅が広がります。積極的にシャッタースピードをあげられる(絞りを絞れる)ことにより歩留りもアップ!フルサイズバンザイ!K-1バンザイ!!

あともうひとつ感じたのは「K-3のがんばり」ですね。APS-C最高傑作のひとつであると,今K-1を使ってみてはっきり断言できます。
残念ながら私はドナドナせざるを得ませんでしたが。

【操作性】ペンタックスが一番と思っているので,やっぱり使い易いです。取説いらずです。ただ,再生ボタンとLVボタンをどうしても間違えてしまいます。K-3と逆になってるから。

【バッテリー】良いです。とても良いです。

【携帯性】一回り大きくなったはずですが,特に違和感を感じません。ほとんど一緒?嫁は気づいたのであろうか?たぶん気づいてないな,あれは。他社フルサイズに比べれば星5つですが,一般的な価値観からすると星3つ,間をとって星4つです。

【機能性】ファインダーが見やすい!!感動ものです。水準器は背景が暗いと見にくくなりました。まぁ,それほど問題ではないですけど。てんこ盛りの機能(RRやGPSなど)はまだ使ってません。届いたばかりですから。AFは周回遅れと言われようがなんだろうが,確実に進歩しています。K-3や5IIからならものすごく実感できますよ。そのうちこのてんこ盛り機能も使いこなしてレポートします。

【液晶】普通にチルトでもよかったと思っていましたが,実物はいろいろ使えます。見やすさも良好。

【ホールド感】みなさん,ここがものすごく評価が高いのでかなり期待していましたが「それほどかなぁ?K-3もよかったし,それとあまりかわらないなぁ」という感じです。もちろん,悪くないですよ。ホールド感ばっちりですよ。でもD750,500の細身のグリップのほうが実はしっくりきていた。。。ただ,200gほど重くなっているにも関わらず,まったく違和感なしで使えているというのが「優れたグリップのおかげ」だとは思います。

【総評】最高です。K-1が最後の相棒となってしまうかもしれません。嫁への土下座でプライドを傷つけられ,そのうえ相当なお金を遣ってしまいましたが,まったくもって後悔などありません。むしろ湧き上がってくる撮影意欲。本当はもう少しガマンしようと思っていましたが,名古屋のトップカメラで実物を触りまくって,満を持しての購入。決め手はファインダーの見やすさとクロップでの連射速度です。
あと,個人的には一番のお気に入り,DA*55mmが普通に使えてます。(ただし開放〜F3.5までは周辺減光けっこうあり。F4以降はほぼなく快適に撮影できます。)

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景

参考になった53人(再レビュー後:25人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感5
やっと!ついに!買いました(涙)!! 画像入れ替え
当機種
当機種DA*55 周辺減光 大幅修正
当機種海辺の鳥を

DA*55 周辺減光 大幅修正

海辺の鳥を

当機種大胆にトリミング。耐性高いです。
当機種ひつまぶし ISO3200
当機種水滴に写り込む私を等倍で見て下さい。

大胆にトリミング。耐性高いです。

ひつまぶし ISO3200

水滴に写り込む私を等倍で見て下さい。

発売から半年,ようやく手にできた興奮をだれかに伝えるべく,試し撮りを兼ねてひつまぶし食べにいっちゃった。

実は嫁に土下座してから,本当に迷いました。マウント替えさえも考えました。でも嫁に「じゃあ,なんで今までペンタックスだったんだよ」と言われ,我に返りました。「そうだった,自分はフィルム時代からペンタックス大好きだったじゃないか」と。
このペンタックス渾身のフルサイズ機をみんなに買ってもらって喜びを分かち合い,そしてペンタックスにはさらにすばらしいカメラを作り続けていってもらうために「ダメなところ」から書いていきたいと思います。長文ごめんなさい。

【ダメなところ】
1.連写速度 Cの5D4が3,000万画素でそこそこの連写ですが,なんとかリーズナブルに7〜8コマ/秒を達成してほしい。
 ちなみにCrop(APS-C)では6コマ/秒ですので,どうしても連写が必要な場合は私はそちらで対応しています。
 この部分は許容範囲ではあります。4コマ/秒ほどのFFの連写は確かに遅いですが,CropでもK-01程度の画素を保持できていますので。
  
2.USB2.0 完全に時代に取り残されているどころか,K-3(II)よりスペックダウン。まぁコストとかいろいろあるとは思いますけど。
 ちなみに40コマほどのRAWを取り込むのに2分ほどです。条件によって前後するとは思いますが,K-3(USB3.0)の時より体感的に,やっぱり遅いです。他社の最近リリースのデジカメ(NのD500とかFのT2とか)は普通に3.0なのに。。。K-5系からの乗り換えもそもそもファイルサイズが大きいのでやっぱ残念です。買う前からわかってたけど残念です。

3.現像ソフト(というかLightroom) 1,000円/月の「CC」でしか対応しておらずRRに至ってはDCU5のみでの現像。
 これに関しては1,000円/月は私の生きがいだし,逆に最新のプロファイルも手に入るし,タバコ2箱分と思えば我慢できます。
 私の場合,使い勝手や,ファイル管理の面からLightroom以外はありえないので,受け入れるしかありません。
 ただ,レンズメーカー(SやT)よりはペンタックスのことを考えてくれているからよしとします。


【デザイン】特に気にしません。個人的にはK-3,5系のほうがかっこいいかもしれません。でもカメラは出てくる絵です。デザインは二の次です。肩の液晶が小さくなってしまったのはちょっと残念。ただ,この3つめのダイヤルは使えます。Cropで使っていますがDAレンズの活用面からもCropが瞬時に切り替えられるのは便利です。

【画質】やはり「高感度」ですかね。躊躇なくISO6400が使えます。フルサイズ,やっぱすごい。トリミング耐性も高い!ノイズ処理の方向としてはK-3系と同じく「解像感を落とさないように粒を残しつつ」という方向ですが,その粒がきめ細かくなっています。またそもそも画角が広くなるおかげで広い範囲を写すので,結果的に2段分ほどよくなる印象です。K-3では完全に非常用だったISO3200ですが,K-1ではISO6400まで常用できます。もちろん等倍で見てISO6400では「粒々が」と感じる人もいると思いますが,ISO3200が完全常用で使えるだけで室内撮り・水族館撮りなどいろいろ撮影の幅が広がります。積極的にシャッタースピードをあげられる(絞りを絞れる)ことにより歩留りもアップ!フルサイズバンザイ!K-1バンザイ!!

あともうひとつ感じたのは「K-3のがんばり」ですね。APS-C最高傑作のひとつであると,今K-1を使ってみてはっきり断言できます。
残念ながら私はドナドナせざるを得ませんでしたが

【操作性】ペンタックスが一番と思っているので,やっぱり使い易いです。取説いらずです。ただ,再生ボタンとLVボタンをどうしても間違えてしまいます。K-3と逆になってるから。

【バッテリー】良いです。とても良いです。

【携帯性】一回り大きくなったはずですが,特に違和感を感じません。ほとんど一緒?嫁は気づいたのであろうか?たぶん気づいてないな,あれは。他社フルサイズに比べれば星5つですが,一般的な価値観からすると星3つ,間をとって星4つです。

【機能性】ファインダーが見やすい!!感動ものです。水準器は背景が暗いと見にくくなりました。まぁ,それほど問題ではないですけど。てんこ盛りの機能(RRやGPSなど)はまだ使ってません。届いたばかりですから。AFは周回遅れと言われようがなんだろうが,確実に進歩しています。K-3や5IIからならものすごく実感できますよ。そのうちこのてんこ盛り機能も使いこなしてレポートします。

【液晶】普通にチルトでもよかったと思っていましたが,実物はいろいろ使えます。見やすさも良好。

【ホールド感】みなさん,ここがものすごく評価が高いのでかなり期待していましたが「それほどかなぁ?K-3もよかったし,それとあまりかわらないなぁ」という感じです。もちろん,悪くないですよ。ホールド感ばっちりですよ。でもD750,500の細身のグリップのほうが実はしっくりきていた。。。ただ,200gほど重くなっているにも関わらず,まったく違和感なしで使えているというのが「優れたグリップのおかげ」だとは思います。

【総評】最高です。K-1が最後の相棒となってしまうかもしれません。嫁への土下座でプライドを傷つけられ,そのうえ相当なお金を遣ってしまいましたが,まったくもって後悔などありません。むしろ湧き上がってくる撮影意欲。本当はもう少しガマンしようと思っていましたが,名古屋のトップカメラで実物を触りまくって,満を持しての購入。決め手はファインダーの見やすさとクロップでの連射速度です。
あと,個人的には一番のお気に入り,DA*55mmが普通に使えてます。(ただし開放〜F3.5までは周辺減光けっこうあり。F4以降はほぼなく快適に撮影できます。)

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景

参考になった3

満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感5
やっと!ついに!買いました(涙)!! 追記
当機種ISO 100
当機種ISO 3200
当機種ISO 6400

ISO 100

ISO 3200

ISO 6400

当機種ISO 500
当機種草の茎の質感がたまりません。
当機種被写界深度の薄さにうれしい悲鳴!

ISO 500

草の茎の質感がたまりません。

被写界深度の薄さにうれしい悲鳴!

発売から半年,ようやく手にできた興奮をだれかに伝えるべく,しかし荒天に撮影にいけず,とりあえず庭先の草むらを試し撮り。
そういえば,K-3の時も最初は自宅前の庭どりだったなぁ。絞りを一定にしてないのでもうひとつちゃんとした比較にならないかも。

実は嫁に土下座してから,本当に迷いました。マウント替えさえも考えました。でも嫁に「じゃあ,なんで今までペンタックスだったんだよ」と言われ,我に返りました。「そうだった,自分はフィルム時代からペンタックス大好きだったじゃないか」と。
このペンタックス渾身のフルサイズ機をみんなに買ってもらって喜びを分かち合い,そしてペンタックスにはさらにすばらしいカメラを作り続けていってもらうために「ダメなところ」から書いていきたいと思います。長文ごめんなさい。

【ダメなところ】
1.連写速度 Cの5D4が3,000万画素でそこそこの連写ですが,なんとかリーズナブルに7〜8コマ/秒を達成してほしい。
 ちなみにCrop(APS-C)では6コマ/秒ですので,どうしても連写が必要な場合は私はそちらで対応しています。
 この部分は許容範囲ではあります。4コマ/秒ほどのFFの連写は確かに遅いですが,CropでもK-01程度の画素を保持できていますので。
  
2.USB2.0 完全に時代に取り残されているどころか,K-3(II)よりスペックダウン。まぁコストとかいろいろあるとは思いますけど。
 ちなみに40コマほどのRAWを取り込むのに2分ほどです。条件によって前後するとは思いますが,K-3(USB3.0)の時より体感的に,やっぱり遅いです。他社の最近リリースのデジカメ(NのD500とかFのT2とか)は普通に3.0なのに。。。K-5系からの乗り換えもそもそもファイルサイズが大きいのでやっぱ残念です。買う前からわかってたけど残念です。

3.現像ソフト(というかLightroom) 1,000円/月の「CC」でしか対応しておらずRRに至ってはDCU5のみでの現像。
 これに関しては1,000円/月は私の生きがいだし,逆に最新のプロファイルも手に入るし,タバコ2箱分と思えば我慢できます。
 私の場合,使い勝手や,ファイル管理の面からLightroom以外はありえないので,受け入れるしかありません。
 ただ,レンズメーカー(SやT)よりはペンタックスのことを考えてくれているからよしとします。


【デザイン】特に気にしません。個人的にはK-3,5系のほうがかっこいいかもしれません。でもカメラは出てくる絵です。デザインは二の次です。肩の液晶が小さくなってしまったのはちょっと残念。ただ,この3つめのダイヤルは使えます。Cropで使っていますがDAレンズの活用面からもCropが瞬時に切り替えられるのは便利です。

【画質】とりあえず庭の草むらで撮った水滴をアップ。やはり「高感度」ですかね。躊躇なくISO6400が使えます。フルサイズ,やっぱすごい。ノイズ処理の方向としてはK-3系と同じく「解像感を落とさないように粒を残しつつ」という方向ですが,その粒がきめ細かくなっています。またそもそも画角が広くなるおかげで広い範囲を写すので,結果的に2段分ほどよくなる印象です。K-3では完全に非常用だったISO3200ですが,K-1ではISO6400まで常用できます。もちろん等倍で見てISO6400では「粒々が」と感じる人もいると思いますが,ISO3200が完全常用で使えるだけで室内撮り・水族館撮りなどいろいろ撮影の幅が広がります。積極的にシャッタースピードをあげられる(絞りを絞れる)ことにより歩留りもアップ!フルサイズバンザイ!K-1バンザイ!!

あともうひとつ感じたのは「K-3のがんばり」ですね。APS-C最高傑作のひとつであると,今K-1を使ってみてはっきり断言できます。
残念ながら私はドナドナせざるを得ませんでしたが

【操作性】ペンタックスが一番と思っているので,やっぱり使い易いです。取説いらずです。ただ,再生ボタンとLVボタンをどうしても間違えてしまいます。K-3と逆になってるから。

【バッテリー】良いです。とても良いです。

【携帯性】一回り大きくなったはずですが,特に違和感を感じません。ほとんど一緒?嫁は気づいたのであろうか?たぶん気づいてないな,あれは。他社フルサイズに比べれば星5つですが,一般的な価値観からすると星3つ,間をとって星4つです。

【機能性】ファインダーが見やすい!!感動ものです。水準器は背景が暗いと見にくくなりました。まぁ,それほど問題ではないですけど。てんこ盛りの機能(RRやGPSなど)はまだ使ってません。届いたばかりですから。AFは周回遅れと言われようがなんだろうが,確実に進歩しています。K-3や5IIからならものすごく実感できますよ。そのうちこのてんこ盛り機能も使いこなしてレポートします。

【液晶】普通にチルトでもよかったと思っていましたが,実物はいろいろ使えます。見やすさも良好。

【ホールド感】みなさん,ここがものすごく評価が高いのでかなり期待していましたが「それほどかなぁ?K-3もよかったし,それとあまりかわらないなぁ」という感じです。もちろん,悪くないですよ。ホールド感ばっちりですよ。でもD750,500の細身のグリップのほうが実はしっくりきていた。。。ただ,200gほど重くなっているにも関わらず,まったく違和感なしで使えているというのが「優れたグリップのおかげ」だとは思います。

【総評】最高です。K-1が最後の相棒となってしまうかもしれません。嫁への土下座でプライドを傷つけられ,そのうえ相当なお金を遣ってしまいましたが,まったくもって後悔などありません。むしろ湧き上がってくる撮影意欲。本当はもう少しガマンしようと思っていましたが,名古屋のトップカメラで実物を触りまくって,満を持しての購入。決め手はファインダーの見やすさとクロップでの連射速度です。
あと,個人的には一番のお気に入り,DA*55mmが普通に,ほんとに普通にFFで使えるのが最高です。フードがあるとケラレるという情報だったのですけど,普通に使えてます。開放付近で顕著な周辺減光の勘違い?
  

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景

参考になった7

満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感5
やっと!ついに!買いました(涙)!!

発売から半年,ようやく手にできた興奮をだれかに伝えたくて作例もなく投稿しました。


【デザイン】特に気にしません。個人的にはK-3,5系のほうがかっこいいかもしれません。でもカメラは出てくる絵です。デザインは二の次です。肩の液晶が小さくなってしまったのはちょっと残念。ただ,この3つめのダイヤルは使えます。Cropで使っていますがDAレンズの活用面からもCropが瞬時に切り替えられるのは便利です。

【画質】いいのがとれたらアップします。やはり「高感度」ですかね。躊躇なくISO6400が使えます。フルサイズ,やっぱすごい。

【操作性】ペンタックスが一番と思っているので,やっぱり使い易いです。取説いらずです。ただ,再生ボタンとLVボタンをどうしても間違えてしまいます。K-3と逆になってるから。

【バッテリー】良いです。

【携帯性】一回り大きくなったはずですが,特に違和感を感じません。ほとんど一緒?

【機能性】ファインダーが見やすい!!感動ものです。水準器は背景が暗いと見にくくなりました。まぁ,それほど問題ではないですけど。てんこ盛りの機能(RRやGPSなど)はまだ使ってません。届いたばかりですから。AFは周回遅れと言われようがなんだろうが,確実に進歩しています。K-3や5IIからならものすごく実感できますよ。
 弱点はUSB3.0→2.0への退化と連写速度くらいです。あとはCにもNにも負けてませんよーー!!ペンタックス最高!!!!

【液晶】普通にチルトでもよかったと思っていましたが,実物はいろいろ使えます。見やすさも良好。

【ホールド感】みなさん,ここがものすごく評価が高いのでかなり期待していましたが「それほどかなぁ?K-3もよかったし,それとあまりかわらないなぁ」という感じです。もちろん,悪くないですよ。ホールド感ばっちりですよ。でもD750,500の細身のグリップのほうが実はしっくりきていた。。。

【総評】最高です。K-1が最後の相棒となってしまうかもしれません。嫁への土下座でプライドを傷つけられ,そのうえ相当なお金を遣ってしまいましたが,まったくもって後悔などありません。むしろ湧き上がってくる撮影意欲。本当はもう少しガマンしようと思っていましたが,名古屋のトップカメラで実物を触りまくって,満を持しての購入。決め手はファインダーの見やすさとクロップでの連射速度です。実際使ってみるとやはり高感度が想像以上にすごくて感動。早速撮影に行きたいですが,あいにくの天気。。。。
あと,個人的には一番のお気に入り,DA*55mmが普通に,ほんとに普通にFFで使えるのが最高です。フードがあるとケラレるという情報だったのですけど,普通に使えてます。開放付近で顕著な周辺減光の勘違い?

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
夜景

参考になった18

 
 
 
 
 
 

「PENTAX K-1 ボディ」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
フィルム時代のFAレンズを生かせる一眼レフ  5 2021年2月12日 23:09
古レンズの良さを引き出す一(逸)品  4 2020年5月2日 23:10
中古美品を格安で購入  5 2020年4月26日 20:01
いいね!  5 2020年1月21日 13:44
本体はすごく良い  5 2019年12月19日 01:14
1年の使用を経て。  5 2019年11月6日 02:30
理想のカメラに出会いました!  5 2019年2月19日 23:58
今年一年使ってみて  4 2018年12月23日 19:46
初めての一眼レフ購入から1年が経ちました  5 2018年9月23日 20:03
手ブレ補正機能不良  5 2018年6月15日 19:11

PENTAX K-1 ボディのレビューを見る(レビュアー数:118人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

PENTAX K-1 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

PENTAX K-1 ボディ
ペンタックス

PENTAX K-1 ボディ

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2016年 4月28日

PENTAX K-1 ボディをお気に入り製品に追加する <939

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

monoka
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意