CSSD-S6T240NMG1Q レビュー・評価

> > > > > レビュー・評価
CSSD-S6T240NMG1Q 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:¥―

容量:240GB 規格サイズ:2.5インチ インターフェイス:Serial ATA 6Gb/s タイプ:TLC CSSD-S6T240NMG1Qのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • CSSD-S6T240NMG1Qの価格比較
  • CSSD-S6T240NMG1Qの店頭購入
  • CSSD-S6T240NMG1Qのスペック・仕様
  • CSSD-S6T240NMG1Qのレビュー
  • CSSD-S6T240NMG1Qのクチコミ
  • CSSD-S6T240NMG1Qの画像・動画
  • CSSD-S6T240NMG1Qのピックアップリスト
  • CSSD-S6T240NMG1Qのオークション

CSSD-S6T240NMG1QCFD

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2016年 2月19日

  • CSSD-S6T240NMG1Qの価格比較
  • CSSD-S6T240NMG1Qの店頭購入
  • CSSD-S6T240NMG1Qのスペック・仕様
  • CSSD-S6T240NMG1Qのレビュー
  • CSSD-S6T240NMG1Qのクチコミ
  • CSSD-S6T240NMG1Qの画像・動画
  • CSSD-S6T240NMG1Qのピックアップリスト
  • CSSD-S6T240NMG1Qのオークション
ユーザーレビュー > パソコン > SSD > CFD > CSSD-S6T240NMG1Q

CSSD-S6T240NMG1Q のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.86
(カテゴリ平均:4.45
レビュー投稿数:23人 
  1. 2 0%
  2. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
読込速度 読込速度の速さ 4.76 4.62 -位
書込速度 書込速度の速さ 4.70 4.38 -位
消費電力 省電力に優れるか 4.57 4.47 -位
耐久性 信頼感・壊れにくさ 3.42 3.98 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

CSSD-S6T240NMG1Qのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

ギガ男爵さん

  • レビュー投稿数:21件
  • 累計支持数:61人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
3件
グラフィックボード・ビデオカード
1件
3件
イヤホン・ヘッドホン
3件
0件
もっと見る
満足度5
読込速度3
書込速度3
消費電力無評価
耐久性無評価
 

HDD ( MAL3320SA-W72 ) の計測結果

SSD ( CSSD-S6T240NMG1Q ) の計測結果

 

Windows 10 無償アップグレード期間内に過去PCのテコ入れをするため調達。

CPU: Core 2 Quad Q9400
RAM: DDR2 PC6400 1GB x 2 ( この機に 2GB x 2 増設、計 6GB )
M/B: MSI P45NEO-FI
HDD: MAL3320SA-W72 ( refurbishment ) 320GB
OS: Windows XP Professional 32bit → Windows 10 Professional 64bit

※CDM はともに OS ( Windows 10 ) インストール直後の状態で計測したもの。

【読込速度】
シーケンシャルはSATA2 接続なので参考外。4K はまずまず。

【書込速度】
シーケンシャルはSATA2 接続なので参考外。4K は良好。

【消費電力】
ワットチェッカーないのでわからない。

【耐久性】
使い始めたばかりなのでわからない。

【総評】
元が元だけに RAM 2GBx2 追加と SSD 換装の効果は大きく、体感パフォーマンスが劇的にアップ。
内部バスが軒並み遅いので性能を引き出せてはいなものの当初の目的は達成。
総合的には第三世代 Core i3 くらいの戦闘力にはなったんじゃないだろうか。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

ぽんた5923さん

  • レビュー投稿数:20件
  • 累計支持数:80人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

ビデオカメラ
0件
16件
動画編集ソフト
2件
11件
ブルーレイドライブ
1件
6件
もっと見る
満足度5
読込速度5
書込速度5
消費電力5
耐久性無評価

Windows 8.1 のシステムディスク(容量1TBのHDD)をWindows10 にアップグレードした後、システムをこちらのSSDに移行しました。

もともとのHDDの使用領域は80GB程度で空き領域が多くてスカスカ状態だったのですが、「ディスクの管理」でHDDのパーティションがどこまで縮小できるか確認したところ、システムが利用しているページングファイルやハイバネーションファイルが移動できないため、440GBまでしか縮小できないことが分かりました。

従ってシステムを何とか240GB以内に縮小しつつ移行しないとこのSSDに収まりません。

システムの移行にはCFD販売のサイトからダウンロードできる「システムディスクの引っ越しツール」を使いました。

移行元のドライブ(今回は1TBのHDD)と引っ越し先のドライブ(240GBのSSD)を指定するだけでした。

最初のうちは所要時間1時間と表示されていましたが、作業が進むにつれて残り時間がどんどん増え、結局、所要時間は5〜6時間ほどかかったと思います。

引っ越し完了後、もともとあったHDDを取り外して新規のSSDを取り付けると、無事、Windows10 が起動しました。

「システムディスクの引っ越しツール」の動作がいまひとつもっさりしていて、動いているのかフリーズしているのか不安な気持ちにさせることがありますが、結構時間がかかってもきちんと引っ越しはできていました。

こちらのSSDは東芝製で、3年間保証がついており、価格もこなれてきているのでシステムディスクとしてお薦めです。また、2.5→3.5インチへの変換マウンターが同梱されているので、別途購入する必要はありません。さらに、SSDをマウンターに固定するM3のメートルネジ4本と、マウンターをPCケースに固定するインチネジ4本も同梱されています。

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

オリエントブルーさん

  • レビュー投稿数:1072件
  • 累計支持数:6521人
  • ファン数:207人

よく投稿するカテゴリ

CPU
38件
2866件
SSD
25件
2665件
グラフィックボード・ビデオカード
20件
2535件
もっと見る
満足度5
読込速度5
書込速度5
消費電力5
耐久性無評価

再生する

製品紹介・使用例
ドライベイ下にセット

東芝剣山くんは何台目になりましょうか
記憶も定かではありませんが 過去剣山くんにハズレ無し
どれも高速で挙動不審なしの優等生であります。

さて今回 東芝のTLCはお初になります。
サブ機に装着でWindows7をインストール稼働中

【速度】
皆さんのレビュのとおりの様子で
読み込み書き込み速度とも公称値以上の高速であります。

【耐久性】
これからになりますが
また使用状況は口コミでしたいと思います。

【総評】
CSSD-S6T240NMG1Qの公称値どおりで高速で文句なし。
挙動不審なく安定して使用できています。
なかなかに良いんではないでしょうか。

CDIはこれに未対応のようですべてを把握できてませんね。

*****************************************

■インターフェース: SATA 6Gbps
■フラッシュ:TLC

■コントローラーチップ:非公開?
■対応コマンド:NCQ、TRIM

■本体寸法:100.0x69.85x7.0mm
■重量:
■動作温度:0〜65℃

■保証期間:3年
■付属品:2.5-3.5変換マウンター

******************************************
(システム構成)

■CPU:Pentium G3258
■マザーボード:ASUS B85MG
■メモリ:TEAM 1600 4GBx2枚

■電源:Corsair:CX430M
■ケース:CM SIL-352M-KKN1-JP

■ドライブ:LG GH24NSD1 マルチ
■カードリーダー:リンクスSFD-321F/T71UJR

******************************************

メイン機で使用のSamsungのSSDも3台のうち
2台がTLCになりましたがこちらも安定しておりますね。

私的にSSDでOUTになったものは今だ無し
価格戦争も勃発中のようでありますが
HDDなみの価格を期待しております。

これも永く付き合えたらうれしいですね。

レベル
自作経験豊富
重視項目
その他

参考になった15人(再レビュー後:14人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

hime430さん

  • レビュー投稿数:124件
  • 累計支持数:657人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

SSD
6件
5件
SDメモリーカード
8件
0件
USBメモリー
5件
3件
もっと見る
満足度5
読込速度5
書込速度5
消費電力無評価
耐久性無評価

東芝

保証書

固定方式

   

速度比較

   

測定環境
  OS:Windows7 HP 32bit
  PC:FMVA705BWG
  CPU:Corei5 M560 2.67GHz
  Memory:4GB
  SSD:これ
  BlankのSSD:Hynix(Windows7 Ult 64bit、SATA2、4GBx2)

  用途:起動出来なくなったノートPCのHDDとの交換



< 読込速度 >
  seq(Q32T1)、4k(Q32T1)、seqの3項目は200MB/sアップ
  一方、Hynixは4k(Q32T1)がCFDの1/7しかない。


< 書込速度 >
  seq(Q32T1)、4k(Q32T1)、seqの3項目はほぼ200MB/sアップ
  一方、Hynixは4k(Q32T1)がCFDの1/3しかない。


< 消費電力 >
  表記無し


< 耐久性 >
  期待するしかないが、Hynixの予測年間書き換え量は4TBなで、
  量的には本製品も問題はないだろう。
  ソフトはその内使ってみたい。


< その他 >
  外箱が保証書なので捨てないこと。
  3.5インチ用のマウンターはありがたい(ノートには不要)。
  今回のノートにはスペーサーは無くてもカッチリ固定が出来る。


< 満足度 >
  起動時間は大幅に短縮され30秒程度でOK。
  先に購入したHynixより若干高めの価格ではあるが、速度はそれなりに速いので気分的には満足。
  ただ、体感速度としては今のところほとんど差を感じていない。



比較製品
SK hynix > SL300 HFS250G32TND-3112A
レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

aiirokarasuさん

  • レビュー投稿数:96件
  • 累計支持数:172人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

メモリー
10件
0件
マザーボード
10件
0件
PCケース
9件
0件
もっと見る
満足度5
読込速度5
書込速度5
消費電力無評価
耐久性無評価

パソコン仕様
M/B: ASUS H170M-PLUS(LGA1151)
CPU: Intel Core i5-6500
Memory:DDR4 PC4-17000 CL15 4GB 2枚 8GB
ドライブ:C:Windows10がこのSSDドライブ D:ユーサーデータ用のHDD-1TB
OS: Windows10 Pro

で新規作成しました。
OSインストール・各種設定後、ユーザー領域をDドライブに移動しました。
SSDのための最適化設定はしておりません。(いろいろなご意見があるとは思いますが・・・)

ソフトのインストール(ほとんど仕事用)は全部Cドライブ(SSD)にインストールしました。
(以前のPCにMS-OfficeをCドライブ(SSD)にインストールした時とDドライブ(HDD)にインストールしたのとの使用感がCドライブに入れた時の方がよかったから)

ベンチマークではこの製品(CFD)が優れているようですが、実際の使用感はほとんど同じと考えています。
後は如何に問題なく長期利用ができるかですが、他の製品と比較できないので、5年ほど全うに動いてくれればと思います。
体感的に遅くなってくれば交換時期なのでしょうね。この早さがいつまで続いてくれるのでしょうか。

実際の使用感は最高!! インターネットも、MS-Officeも、他のソフトも、全部早い!(当たり前か・・)
最速のCPUをイッパイのメモリーで駆動してもSSDの早さには勝てませんね。
ここまでSSDが安くなったのですから使わない手はないでしょう。



参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

きょんきょん2さん

  • レビュー投稿数:18件
  • 累計支持数:282人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

ノートパソコン
4件
19件
SSD
10件
11件
タブレットPC
2件
9件
もっと見る
満足度5
読込速度5
書込速度4
消費電力無評価
耐久性無評価

CDM3でのベンチ。データ4GBでキャッシュ底付き注意

AS SSDでのベンチ

ATTOでのベンチマーク

SSDの使用状況モニタ画面

付属ソフトの「CFD_SSD簡単導入キット」の画面

SSD_TURBO_BOOSTのSetup画面

本SSDを入手したので早速測定しました。
東芝のTLC型です。非常に興味深い測定結果が出ました。

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

テスト環境
M/B: ASUSP8H77-V
CPU: Intel Core i3 3220
Memory:16GB
OS: Windows10 Pro
SSD_TURBO_BOOST: 4GBのメモリを定義
※SSD_TURBO_BOOSTは本SSD純正のキャッシュソフトです。
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

【Windows8/10への配慮】
図6に「SSD_TURBO_BOOST」のSetup画面を表示します。
この図のうち「Windows8レスキューキットPremium」、「Windows10レスキューキットPremium」は初心者ユーザには便利だと思います。Windows8から高速スタートアップと称してシャットダウンが実際には特殊なスリープとして機能するようになりました。これに嵌ります。
以前ノートPCの内蔵HDDのクローンを作り交換したら、PCが壊れて起動しなくなりました。シャットダウンしても実際にはスリープ、その状態でディスクを交換したために何をやっても起動しなくなりました。
偶然メモリを刺し直したら(パチンと火花飛んだ気がしました)起動するようになりました。
Windows8/10を使っているユーザをアシストしてくれます。



【読込速度】
 現行最新のSATA3限界の速度が出てきます。
TLC型でこれだけの速度が出ています。

【書込速度】
 単純なベンチマークでは申し分なく高速です。
ただしCrystalDiskMarkのデータサイズを4GBにすると速度がガクンと落ちます。
データサイズが2GBの時はこのような事はありません。
この現象はATTOベンチでデータサイズを2GBにした時にガクガクと息継ぎのような形で出ています。図1、図3を参照。

 推測なのですがこのSSDは内部に4GB未満のSLC-NANDか何かをキャッシュ用に備えており、これがパンクするとこの現象が出るのではと思います。付属のメインメモリによるキャッシュソフト「SSD_TURBO_BOOSTER」を有効にすればこの現象は回避できます。

 TLC型でMLC並みに速度が速い仕掛けは、4GB未満のSLCキャッシュ(それとも擬似SLCキャッシュ)が効いていると推測。
このクラスのSSDは型式により240GB, 256GB,250GBと表記が相違します。推測ですが内部イメージ256GBとして高速化キャッシュ用に16GBえり分けているとしてTLC型ですから3で割って≒5GBが擬似SLCのような使い方をしているのでしょうか。
それとも16GB分のSLCが実際に載っているのかもしれません。
16GBのキャッシュ用のSLCを搭載しても高速化に振れる容量は4GB相当未満という事ではと思います。
 とはいえ4Kのスコアは変動なく大きなデータだけ落ちるのは対したものです。
 通常の使い方では4GBを越える大容量のデータを扱っても体感しずらいのではと推測。
単純に4GBを越える大きなデータは存在しないからです。

 一般ユーザの場合、一日のデータの書き込み量が5〜10GBと思われるので4GBの壁は通常は問題にならないと思います。

 ただし業務用で一度に4GB超過のデータをガリガリ書くプロには不向きと思います。
いやそういうプロ逆に大容量のRAM-DISKを使うので関係ないかもしれません。


【消費電力】
未測定につき、ノーコメント。

【耐久性】
TLC型につき気になる所です。
良くメンテナンスされたPCの場合、一般ユーザは一日の書き込み量が5〜10GBとして10年間で約40TB程度の書き込みが発生します。
40TB(10年間)の書き込み量を持って交換するつもりで付き合うべきでしょう。

http://www.cfd.co.jp/ssd_turbo_boost/

本SSDには「SSD_TURBO_BOOST」が付属します。これは各種ソフトウェアツールが付属するのでこれを上手に使えば耐久性の不安は解消できます。

■「CFD SSD簡単導入キット」でOSをSSD用の設定になっていることを確認のこと。
 このソフトはOSの設定をSSD用に確認し、SSDの寿命が磨り減るのを防ぎます。このソフトを使用すればSSDの寿命の問題は一安心です。
 WindowsはうっかりOSにお任せの設定にすると3倍〜10倍ディスクの書き込み量が増えますのでこのツールは重宝します。

■「SSD寿命測定」
 「SSD_TURBO_BOOST」のミドルウェアとして入ります。SSDの寿命、どれくらい書き込んだか、寿命がどれくらいあるかをモニターします。
 「SSD_TURBO_BOOST」はキャッシュメモリを使い高速化するソフトですが、高速化スイッチをOFFにしても「SSD寿命測定」は使用できます。従い、停電、クラッシュが不安で「SSD_TURBO_BOOST」を使いたくない人は入れるだけ入れてスイッチをOFFにして置けば良いでしょう。
 仕事のメインでこのSSDの姉妹品のHG6Qをここ2年ほど使用していますが一日平均5〜10GBの書き込みが発生するのがモニタできます。
年間4TBくらい、たぶん私の使い方はヘビーな方なのでほとんどの方はこれ以下と思います。
 TLC型のSSDは寿命が気になります。本SSDは標準バンドルソフトとして「SSD寿命測定」が付属します。これを上手に使えは耐久性は気にならないと思います。


【総評】
☆廉価を求める人には文句無くお勧めです。
 2016.4.5現在、価格.comでの最安値が240GBで\7,980-ですから恐ろしい限りです。
 240GBありますから普通のPC利用者であればHDDのCドライブは移行できるでしょう。8千円出して2TB超過の大容量HDDを買うか、高速のSSDを買うかという究極の選択が出来ます。容量を取るか、速さを取るかです。デスクトップですと文句なくSSDでしょうか。
従来使っていたHDDのシステムをSSDにクローンし、HDDはデータディスクとして使えば容量は+αで速度は2倍2倍となります。

☆3Dグラフィクスや動画の変換をする人、それも一度に4GBを越えるような使い方をする人には少し不向きです。この場合は「SSD_TURBO_BOOST」本体およびRAM-DISKの使用を検討すると良いでしょう。

参考になった30人(再レビュー後:30人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

モブ子さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:2人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

SSD
1件
0件
グラフィックボード・ビデオカード
1件
0件
SoftBank(ソフトバンク)携帯電話
0件
1件
もっと見る
満足度5
読込速度5
書込速度5
消費電力5
耐久性5
   

MG1QとRG4Qのベンチ結果

   

【読込速度】【書込速度】
Sequential Read と Write (いずれもQ= 32,T= 1)および、
Random Read 4KiB と Write 4KiB (いずれもQ= 32,T= 1)の性能がRG4Qに比べ速い

【消費電力】
至極普通のSSDの消費電力

【耐久性】
購入から日は浅いですが、問題なく使用できたので星5にしておきます。

【総評】
末尾がRG4Qという型番のSSDを12月に購入し、OS用として使用中。

容量が不安だったので、ソフト用にSSDを物色していたら本製品を発見。

数か月もしない内に新しいのが出ていた残念感を覚えながらも、

スペック上は書き込み速度が若干速かったのに釣られて購入。


見た目・重量はRG4Qと全く変わらず無個性・シンプル。

表面だけならシャッフルされたら絶対わかりません!

メーカーのロゴなど入ってないので自分は好きですが、これは完全に人それぞれの好みかと。

さて、書き込み速度ですが、ベンチにて。

メーカーサイト上は1000MB測定なので自分は500MBでベンチとってみましたが、概ね同じ傾向となりました。

誇張表現ではなかったので安心。

じっくり使って、安定性などに難があれば追加レビュー書きます。


比較製品
CFD > CSSD-S6T240NRG4Q
レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

招き猫福助さん

  • レビュー投稿数:347件
  • 累計支持数:1380人
  • ファン数:47人

よく投稿するカテゴリ

SDメモリーカード
52件
88件
デジタル一眼カメラ
5件
66件
ノートパソコン
5件
57件
もっと見る
満足度5
読込速度5
書込速度5
消費電力無評価
耐久性4

MADE IN CHINAながら東芝製です

変換アダプタ付き。何気に有り難い。

本機のベンチマーク。なかなか立派な数値。

本機のATTOの結果。

比較用:SAMSUNG 850 EVO

比較用:CSSD-S6T512NHG6Q 先代の東芝ドライブ 今となってはやや物足りない

新製品と言うこともあり、物珍しさも手伝って購入してみました。
最低価格ではありませんが、低コストSSDの部類に入る価格帯です。
パッケージに表記されている通り、東芝製です。

早速ベンチマークを取ってみましたが、シーケンシャル・リード、ライト共に500MB/secを上回り、なかなか良好な結果です。比較のため、SAMSUNG 850 EVOの結果等も掲載しますが、シーケンシャル・リード、ライト速度では本機に僅かに及ばず(誤差程度ですが)、それなりに新製品の意義はある様です。勿論、体感できるような差はありません。

S-ATA接続のSSDは性能頭打ちなのは周知の事実なので、速度競争はあまり意味がないのも確かですが、差別化するにはこれ位しか判断材料が無いので、敢て、今後もベンチマークを取り続けます。ランダムリードが2倍くらいになったら凄いんだけど・・・

TLC採用とのことなので製品寿命には不安がありますが、最近のトレンドですし、サーバーにでも使わん限り実用上問題になることはまずあり得ないかと。

低コストでも立派な性能。信頼性も期待できるので、今後人気が出て来そうな気がします。

比較製品
サムスン > 850 EVO MZ-75E250B/IT
CFD > CSSD-S6T512NHG6Q
レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった9

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

CSSD-S6T240NMG1Qのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

CSSD-S6T240NMG1Q
CFD

CSSD-S6T240NMG1Q

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2016年 2月19日

CSSD-S6T240NMG1Qをお気に入り製品に追加する <232

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[SSD]

SSDの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(SSD)

ご注意