『X3対抗馬 現る!』 メルセデス・ベンツ GLCクラス 2016年モデル XFOUR92さんのレビュー・評価

このページの先頭へ

『X3対抗馬 現る!』 XFOUR92さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

GLCクラス 2016年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:87件
  • 累計支持数:2084人
  • ファン数:13人
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格4
X3対抗馬 現る!

<2016.4.23追記>

平均年齢81歳の親夫婦がC250ワゴンから乗り換えた。
車は発注後2週間で納車。
過去に自分のX3とC250を一定期間交換したのだが、アイポイントは高い方が運転が楽という。
反面、メルセデスとアウディは側面衝突の安全性のために窓が小さく、死角も増えるのだが・・・

C250同様にランフラットも履き替えた。
235/55-19のサイズは殆どがSUV用というか4X4用だったのでコンチのスポコン5に。
タイヤを替えた途端に悪路のドタバタがかなり改善され、出足もスムーズになる。
燃費は計測していないが、X3の場合は10%近く改善された。
CLCのサイズでは費用的にも\15万でお釣りが来るのでお勧め。
いや絶対に変えた方が良い。

<追記END>

<2016.3.30追記>

先の投稿でGLCとX3の比較でGLC250 Sportに可変サス装備と書きましたが、実際には固定サスでオプション設定もありません。Cクラスと混同しました。
訂正してお詫びします。
X3とX4の可変サスは2016年モデルよりオプション廃止され、X4のM40iのみが標準装備。
GLCとX3の28iMスポと35i全車には可変ギヤステアリングが装備されるが、X3の場合はエンジン、ステアリングレスポンスを個別に設定不可。
360度カメラ=車体を上から写した映像は、GLCはフロントまたはバックカメラ映像と同時表示。X3はどちらか一方の映像のみで同時表示は不可。

<追記エンド>

BMW X3に強敵現る! の言葉をネット上でよく見かける。
日本ではDセグメントのSUVは長らくX3が頂点に君臨してきた。GLCの前のGLKにRHDが未設定だったからだ。
GLK350は\599万のバーゲンプライス+大幅値引きでもX3の15%程度の年間500台程度だった。
因みに第2位はレンジのイボークだが、急速に売れなくなっている。
3位以下は、Q5、XC60の順。

試乗車は、最も売れ線のGLC250スポーツ(本革ナシ仕様)。

所有するX3(35iMスポ)と20dの試乗を思い出し比較してみた。
X3は20d、20i、28i、35iの4グレードがあるが、価格的に20dに近く、メルセデスの内部資料でも20dを対象としているらしい。
20dのMスポは\658万+3年間のメンテパッケージが\10.2万で\668.2万だから\678万のGLC250スポーツとほぼ匹敵。

第一印象は車高が低いと言うこと。X3も低いが、更に低い。
タイヤはAMGラインなので前後共に19インチの235/55だが、後ろから見ると細くちょっと格好悪い。
この点はX3も同様で20iと20dはMスポでも18インチの245/50R18だ。
※前245/45後275/40R19となるのは28iと35iのMスポ。
X3の20iと20dは1本出しのマフラーカッターなど素っ気なく、リアからの眺めはGLC250に軍配が上がる。

市街地と高速の両方を試乗したが、エンジン的には過不足はない。
小さなエンジンでもキビキビ走れる設定をしていると感じる。
メルセデスはC250でもE250でも同様に感じ、燃費をある程度犠牲にして踏み込むとローギヤにすぐさまシフトダウン、またギヤを保ったまま高回転まで引っ張るようにプログラムさている様な気が?
これと真逆なのがBMWで、X3はある程度踏まないとドンドン燃費重視へ振られてしまい、アクセルがコンニャク?に。
市街地ではGLC250は20dよりは気持ち良くレスポンスも良い。
足回りは55扁平にしては固いが、X3の様に悪路でばたつき後席の住人が不快な想いをする度数は低い。ランフラットを交換すれば、かなり改善するだろう。
高速走行でもトルク感は20dと同等以上に感じる。20dは最高出力とトルクバンドの回転域に差があり、高回転も苦手で3000rpm以上回しても意味がないと感じるからだと思う。
高速域の乗り心地、安定性というか、EASY度はGLCが圧倒的だ。
ステアリングのキレは、X3の35iと比べればスッと切れ込む領域には至っていないが、20dは可変ギヤステアリングはオプションでも設定がなく、この辺りは記憶が定かではない。
内外装の質感や装備面ではGLC250が圧倒している。
レーダーセーフティ、LEDヘッドライト、プライバシーガラス、可変サス、可変レシオステアリング、ヘッドアップディスプレイ、前後席のシートヒーター等、ロゴ付きのブレーキキャリパーで同等の装備するには軽く\50万を超えてしまい、X3ではそもそもオプション設定すら無いものも多い。

こうなるとX3の20dで\60万の値引きは、GLCを値引きゼロの定価で購入と等しいといっても過言ではない。
ただ、20dは安価な軽油でカタログ燃費は圧倒しており、GLCはオプションやシートカラー(黒一色のみ)等を全く選べず、ディーゼルや6気筒も選べない。
GLCは独本国では最終的に8つのグレード(エンジンラインナップ?)になるらしく、日本でもディーゼル含め選べる自由が欲しい。
余談だが、GLCのAMGモデルはCクラスの様にC63ではなく、3LのV6ターボでGLC43となるらしい。
※エンジンはC450と同じでC450もC43へリネーム。
それにしても、メルセデスはガソリンのV6ターボも3Lと3.5Lがあり、3LはV6から直6へ切り替えると発表しており、次々とエンジンを開発しお金があるなぁと思う。
直6はBMWの様に直3を出すためとか。

最後に歳をとって反応力や視力も落ちてきて思うのは、GLCとX3というかメルセデスとBMWの差は、内装の質感の他に安全装備の出来かな?と感じる。
勿論BMWにも同様の装備はあるが、標準装備としている車種は限られ、X3はカメラのみでレーダーを使ったものはヘッドアップディスプレイとセットで、\18.5万也のオプション。
メルセデスは殆どの車種が標準装備で、オプションの場合も見込み発注車はほぼ装備した状態で輸入されるが、BMWは正反対でユーザーがオプション指定しない限り装備されない。

メルセデスの安全装備はコンチネンタルによるもので日本の日清紡等も絡んでおり、トヨタがデンソーでなくコスト面でコンチを昨年採用したことは業界の驚きだったし、ホンダやマツダもセンサーを採用している。
アウディもBMW同様にオプションな事が多いが、調達コストの差だろうか?

この勝負、X3オーナーとしては悔しいが、GLC圧勝というしかない。
ただし、X3を抜くためには、ディーゼルの他、V6モデルの投入も必須。

レビュー対象車
試乗

参考になった53人(再レビュー後:37人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格4
X3対抗馬 現る!

<2016.03.30追記>

先の投稿でGLCとX3の比較でGLC250 Sportに可変サスが装備されていると書きましたが、実際には固定サスでオプション設定もありません。Cクラスと混同しました。
訂正してお詫びします。
X3とX4の可変サスは2016年モデルよりオプションが廃止され、X4のM40iのみが標準装備。
GLCとX3の28iMスポと35i全車には可変ギヤレシオステアリングが装備されるが、X3の場合はエンジン、ステアリングレスポンスを個別には設定不可。
360度カメラ=車体を上から写した映像は、GLCはフロントまたはバックカメラ映像と同時表示。X3はどちらか一方の映像のみで同時表示は出来ない。

代車に借りた再試乗では、GLC250のエンジンレスポンスはより鋭く瞬時にシフトダウンし、20dや20iより街中では明らかに乗り易い。※35iよりもレスポンスは上

<追記エンド>

BMW X3に強敵現る! の言葉をネット上でよく見かける。
日本ではDセグメントのSUVは長らくX3が頂点に君臨してきた。その理由はGLCの前モデルのGLKに右ハンドルが設定されていなかったことだ。
GLK350は\599万というバーゲンプライス+大幅値引きでもX3の15%程度の年間500台程度だった。
因みにX3に次ぐ第2位は何とレンジのイボークだが、急速に売れなくなっている。
3位以下は、Q5、XC60の順。

試乗車は、最も売れ線だというGLC250スポーツ(本革ナシ仕様)。

所有するX3(35iMスポ)と20dの試乗を思い出し比較してみた。
X3は20d、20i、28i、35iの4グレードがあるが、価格的に20dに近く、メルセデスの内部資料でもどうやら20dを対象としているらしい。
20dのMスポは\658万+3年間のメンテナンスパッケージが\10.2万で\668.2万だから\678万のGLC250スポーツとほぼ匹敵する。

第一印象は車高が低いと言うこと。X3もGLC同様に低いが、更に低い。
タイヤはAMGラインなので前後共に19インチの235/55だが、後ろから見ると細くちょっと格好悪い。
この点はX3も同様で20iと20dはMスポでも18インチの245/50R18だ。
※前245/45後275/40R19となるのは28iと35iのMスポ。
X3の20iと20dは1本出しのマフラーカッターなど素っ気なく、リアからの眺めはGLC250に軍配が上がる。

市街地と高速の両方を試乗したが、エンジン的には過不足はない。
小さなエンジンでもキビキビ走れる様な設定をしていると感じる。
メルセデスはC250でもE250でも同様に感じるが、燃費をある程度犠牲にしても踏み込むとローギヤにすぐさまシフトダウン、またギヤを保ったまま高回転まで引っ張るようにプログラムさている?様な気がする。
これと真逆なのがBMWで、X3はある程度踏んでおかないとドンドン燃費重視へ振られてしまい、アクセルがコンニャク?になってしまう。
比較すれば、市街地ではGLC250は20dよりは相当気持ち良くアクセルレスポンスも良い。
足回りは55扁平にしては固いが、X3の様に悪路でばたつき後席の住人が不快な想いをする度数は低い。ランフラットタイヤを交換すれば、かなり改善するだろう。
高速走行でもトルク感は20dと同等以上に感じる。20dは最高出力とトルクバンドの回転域に差があり、高回転も苦手なことから、3000rpm以上回してもあまり意味がない感覚を覚えるからだと思う。
高速域の乗り心地、安定性というか、EASY度はGLCが圧倒的だ。
ステアリングのキレは、X3の35iと比べればスッと切れ込む領域には至っていないが、20dは可変ギヤレシオステアリングはオプションでも設定がないのでこのあたりは記憶が定かではない。

内外装の質感や装備面ではGLC250が圧倒している。
レーダーセーフティ、LEDヘッドライト、プライバシーガラス、可変サス、可変レシオステアリング、ヘッドアップディスプレイ、前後席のシートヒーター等、ロゴ付きのブレーキキャリパーで同等の装備するには軽く\50万を超えてしまい、X3ではそもそもオプション設定すら無いものも多い。

こうなるとX3の20dで\60万の値引きは、GLCを値引きゼロの定価で購入しているのと等しいといっても過言ではない。
ただ、20dは安価な軽油でカタログ燃費は圧倒しており、GLCはオプションやシートカラー(黒一色のみ)等を全く選べない事に加え、ディーゼルや6気筒も選べない。
GLCは独本国では最終的に8つのグレード(エンジンラインナップ?)になるらしく、日本でもディーゼル含め選べる自由が欲しい。
余談だが、GLCのAMGモデルはCクラスの様にC63ではなく、3LのV6ターボでGLC43となるらしい。
※エンジンはC450と同じでC450もC43へリネームされる。
それにしても、メルセデスはガソリンのV6ターボも3Lと3.5Lがあり、3LはV6から直6へ切り替えると発表しており、次々とエンジンを開発しお金があるなぁと思う。
直6はBMWの様に直3を出すためとか。

最後に歳をとって反応力や視力も落ちてきて思うのは、GLCとX3というかメルセデスとBMWの差は、内装の質感の他に安全装備の出来かな?と感じる。
勿論BMWにも同様の装備はあるが、標準装備としている車種は限られ、X3はカメラのみでレーダーを使ったものはヘッドアップディスプレイとセットで、\18.5万也のオプション。
メルセデスは殆どの車種が標準装備で、オプションの場合も見込み発注車はほぼ装備した状態で輸入されるが、BMWは正反対でユーザーがオプション指定しない限り装備されない。
極端な例では、BMWは5/6シリーズにはレーダーセーフティが標準だが、M5/M6にはカメラのみでオプションもない。特にM6は昨年フェイスリフトしたばかりなのにだ。EクラスやCLSはAMGモデルも勿論標準装備だ。

メルセデスの安全装備はコンチネンタルによるもので日本の日清紡等も絡んでおり、トヨタがデンソーでなくコスト面でコンチを昨年採用したことは業界の驚きだったし、ホンダやマツダもセンサーを採用している。
アウディもBMW同様にオプションな事が多いが、調達コストの差だろうか?

この勝負、X3オーナーとしては悔しいが、GLC圧勝というしかない。
ただし、X3を抜くためには、ディーゼルの他、V6モデルの投入も必須。

レビュー対象車
試乗

参考になった7

満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格3
X3対抗馬 現る!

BMW X3に強敵現る! の言葉をネット上でよく見かける。
日本ではDセグメントのSUVは長らくX3が頂点に君臨してきた。その理由はGLCの前モデルのGLKに右ハンドルが設定されていなかったことだ。
GLK350は\599万というバーゲンプライス+大幅値引きでもX3の15%程度の年間500台程度だった。
因みにX3に次ぐ第2位は何とレンジのイボークだが、急速に売れなくなっている。
3位以下は、Q5、XC60の順。

試乗車は、最も売れ線だというGLC250スポーツ(本革ナシ仕様)。

所有するX3(35iMスポ)と20dの試乗を思い出し比較してみた。
X3は20d、20i、28i、35iの4グレードがあるが、価格的に20dに近く、メルセデスの内部資料でもどうやら20dを対象としているらしい。
20dのMスポは\658万+3年間のメンテナンスパッケージが\10.2万で\668.2万だから\678万のGLC250スポーツとほぼ匹敵する。

第一印象は車高が低いと言うこと。X3もGLC同様に低いが、更に低い。
タイヤはAMGラインなので前後共に19インチの235/55だが、後ろから見ると細くちょっと格好悪い。
この点はX3も同様で20iと20dはMスポでも18インチの245/50R18だ。
※前245/45後275/40R19となるのは28iと35iのMスポ。
X3の20iと20dは1本出しのマフラーカッターなど素っ気なく、リアからの眺めはGLC250に軍配が上がる。

市街地と高速の両方を試乗したが、エンジン的には過不足はない。
小さなエンジンでもキビキビ走れる様な設定をしていると感じる。
メルセデスはC250でもE250でも同様に感じるが、燃費をある程度犠牲にしても踏み込むとローギヤにすぐさまシフトダウン、またギヤを保ったまま高回転まで引っ張るようにプログラムさている?様な気がする。
これと真逆なのがBMWで、X3はある程度踏んでおかないとドンドン燃費重視へ振られてしまい、アクセルがコンニャク?になってしまう。
比較すれば、市街地ではGLC250は20dよりは相当気持ち良くアクセルレスポンスも良い。
足回りは55扁平にしては固いが、X3の様に悪路でばたつき後席の住人が不快な想いをする度数は低い。ランフラットタイヤを交換すれば、かなり改善するだろう。
高速走行でもトルク感は20dと同等以上に感じる。20dは最高出力とトルクバンドの回転域に差があり、高回転も苦手なことから、3000rpm以上回してもあまり意味がない感覚を覚えるからだと思う。
高速域の乗り心地、安定性というか、EASY度はGLCが圧倒的だ。
ステアリングのキレは、X3の35iと比べればスッと切れ込む領域には至っていないが、20dは可変ギヤレシオステアリングはオプションでも設定がないのでこのあたりは記憶が定かではない。

内外装の質感や装備面ではGLC250が圧倒している。
レーダーセーフティ、LEDヘッドライト、プライバシーガラス、可変サス、可変レシオステアリング、ヘッドアップディスプレイ、前後席のシートヒーター等、ロゴ付きのブレーキキャリパーで同等の装備するには軽く\50万を超えてしまい、X3ではそもそもオプション設定すら無いものも多い。

こうなるとX3の20dで\60万の値引きは、GLCを値引きゼロの定価で購入しているのと等しいといっても過言ではない。
ただ、20dは安価な軽油でカタログ燃費は圧倒しており、GLCはオプションやシートカラー(黒一色のみ)等を全く選べない事に加え、ディーゼルや6気筒も選べない。
GLCは独本国では最終的に8つのグレード(エンジンラインナップ?)になるらしく、日本でもディーゼル含め選べる自由が欲しい。
余談だが、GLCのAMGモデルはCクラスの様にC63ではなく、3LのV6ターボでGLC43となるらしい。
※エンジンはC450と同じでC450もC43へリネームされる。
それにしても、メルセデスはガソリンのV6ターボも3Lと3.5Lがあり、3LはV6から直6へ切り替えると発表しており、次々とエンジンを開発しお金があるなぁと思う。
直6はBMWの様に直3を出すためとか。

最後に歳をとって反応力や視力も落ちてきて思うのは、GLCとX3というかメルセデスとBMWの差は、内装の質感の他に安全装備の出来かな?と感じる。
勿論BMWにも同様の装備はあるが、標準装備としている車種は限られ、X3はカメラのみでレーダーを使ったものはヘッドアップディスプレイとセットで、\18.5万也のオプション。
メルセデスは殆どの車種が標準装備で、オプションの場合も見込み発注車はほぼ装備した状態で輸入されるが、BMWは正反対でユーザーがオプション指定しない限り装備されない。
極端な例では、BMWは5/6シリーズにはレーダーセーフティが標準だが、M5/M6にはカメラのみでオプションもない。特にM6は昨年フェイスリフトしたばかりなのにだ。EクラスやCLSはAMGモデルも勿論標準装備だ。

メルセデスの安全装備はコンチネンタルによるもので日本の日清紡等も絡んでおり、トヨタがデンソーでなくコスト面でコンチを昨年採用したことは業界の驚きだったし、ホンダやマツダもセンサーを採用している。
アウディもBMW同様にオプションな事が多いが、調達コストの差だろうか?

この勝負、X3オーナーとしては悔しいが、GLC圧勝というしかない。
ただし、X3を抜くためには、ディーゼルの他、V6モデルの投入も必須。

レビュー対象車
試乗

参考になった9

 
 
 
 
 
 

「GLCクラス 2016年モデル」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
ディーゼルを感じさせない本当に良い車です  5 2019年4月11日 18:37
日常遣いに!  5 2019年3月12日 22:34
低評価多いですが、いい車だと思います  5 2018年12月16日 13:04
見積もりだけです  3 2018年8月29日 23:00
2年で乗り換えのため、あまり乗ってませんが  3 2018年7月11日 13:40
体にフィットなSUV  3 2016年12月26日 10:39
Q5と味付けが似ている  4 2016年11月10日 23:25
ちょうど良いサイズのSUV  5 2016年8月16日 22:50
よく出来たクルマ  4 2016年7月7日 16:59
大きな進化を遂げたGLCにも不満点はいくつか  4 2016年6月22日 04:33

GLCクラス 2016年モデルのレビューを見る(レビュアー数:20人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

GLCクラス 2016年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格帯を見る

GLCクラス
メルセデス・ベンツ

GLCクラス

新車価格帯:621〜799万円

中古車価格帯:292〜660万円

GLCクラス 2016年モデルをお気に入り製品に追加する <101

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意