『高い走りの質感を示す高級SUVながら価格は1000万円超』 ボルボ XC90 プラグインハイブリッド 2016年モデル 松下宏さんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > ボルボ > XC90 プラグインハイブリッド 2016年モデル

『高い走りの質感を示す高級SUVながら価格は1000万円超』 松下宏さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

XC90 プラグインハイブリッド 2016年モデル

XC90 プラグインハイブリッド 2016年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:510件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者などを経て自動車評論家として独立。クルマそのものより、クルマとクルマに関係する経済的な話題に詳しい評論家を自負するとともに、安全性の追求についても一家言を持つ。クルマ雑誌各誌…続きを読む

満足度3
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格1

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

高い走りの質感を示す高級SUVながら価格は1000万円超

ボルボの上級SUVであるXC90には、最上級グレードとしてプラグインハイブリッドのT8が設定されている。最近のボルボのグレード名には、エンジンの気筒数ではなく動力性能を示すものとしてひと桁数字が使われている。ボルボは直列4気筒2.0Lまでのエンジンしか搭載しないことを表明しているから、グレード名が気筒数から動力性能に変わるのは必然的なことなのだろう。

その中でT8は最もパワフルな仕様として、T6用の直列4気筒2.0Lのターボ+スーパーチャージャー仕様のエンジンに加え、さらに前輪と後輪用に電気モーターを搭載し、ツインエンジンと呼ぶプラグインハイブリッド車としたモデルだ。

動力性能はエンジンが235kW/400N・mで、これはT6用と同じ。さらに前輪用に34kW/160N・m、後輪用に65kW/240N・mのパワー&トルクを発生する電気モーターが搭載されている。システムとして発生できるのは単純な足し算ではないが、自然吸気なら6.0Lを超えるようなエンジンに匹敵する動力性能になるのだから、走りが力強いものになるのは当然である。

その力強さが特に感じられるのは発進時だ。T6用のエンジンでも機械式のスーパーチャージャーの装着によって低速域から力強さを発揮していたが、T8では発進時にアクセルを踏み込むと瞬時にトルクの立ち上がるモーターの支援を受けた加速が得られるので、ますます力強い走りが可能になる。

XC90はそもそもが大き過ぎて重過ぎるクルマだが、T8はプラグインハイブリッド車であるために、電池とモーターの搭載によって車両重量はT6に対して240kgも重くなっている。実に2340kgもの重量があるのだ。にもかかわらずT8の走りはボディの重さを感じさせない軽快なものになる。スポーティという印象さえ受けるほどだ。

全体的な走りの印象はハイブリッド車らしい静かでスムーズなもので、走りの質感の高さを感じさせる。

T8には6種類の走行モードが設定されている。デフォルト(標準)状態はハイブリッドで、エンジンとバッテリー、モーターを効率良く使って燃費を優先させる。AWDは後輪用のモーターを駆動して4WD状態で走る。ピュアはモーター走行を優先させるモードで、セーブモードは電池を充電するか残量を維持して走るモード。さらにスポーティな走りを楽しむパワーモードや路面状況が悪いときのトラクションを最大化するオフロードモードもある。

電気モーターだけで35.4kmの距離を走れるほか、モーター走行でも時速125kmまでの速度に対応できる。いろいろな意味で欧州のプラグインハイブリッドらしい作りである。

9.2kWhのリチウムイオン電池はセンタートンネル内に搭載されている。T8はAWD車だが、後輪を駆動するのは電気モーターなのでフロントからリヤに駆動力を伝えるドライブシャフトを必要としない。なのでクルマの中央の比較的低い位置に重い電池を搭載できたのだ。これは重量バランスの良いクルマにするとともに、乗り心地を良くすることにもつながっている。

試乗車にはオプションの電子制御エアサスペンションがオプション装着されていて、これによる乗り心地の良さも好感の持てるものだった。前述のドライブモードに応じて自動的に車高調整がなされるなど、便利なシステムでもある。

ボルボXC90にはインテリセーフと呼ぶ運転支援装備が採用されている。ボルボの安全装備は世界の自動車メーカーの中でも最高レベルといえるもので、装着車の安全性はとても高いものがある。自動ブレーキのほか、高速道路などでのレーンキープアシストなど、実際に使いやすい装備が用意されている。

問題は価格だ。車両本体価格はT6に対して100万円も高い1009万円の設定で、試乗車にはこれにプレミアムサウンドの45万円、エアサスの30万円がオプション装着されていて1084万円の仕様になっていた。良いクルマではあるものの、普通のユーザーには手の届かないクルマである。


レビュー対象車
試乗

参考になった9

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「XC90 プラグインハイブリッド 2016年モデル」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

XC90 プラグインハイブリッド 2016年モデル

XC90 プラグインハイブリッド 2016年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格帯を見る

XC90 プラグインハイブリッド
ボルボ

XC90 プラグインハイブリッド

新車価格帯:1084〜1309万円

中古車価格帯:838〜999万円

XC90 プラグインハイブリッド 2016年モデルをお気に入り製品に追加する <14

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意