『デメリットが勝るクルマ』 BMW 3シリーズ セダン プラグインハイブリッド 2016年モデル Shinagawa3213さんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > BMW > 3シリーズ セダン プラグインハイブリッド 2016年モデル

『デメリットが勝るクルマ』 Shinagawa3213さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

3シリーズ セダン プラグインハイブリッド 2016年モデル

3シリーズ セダン プラグインハイブリッド 2016年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:50件
  • 累計支持数:1694人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
10件
28件
掃除機
8件
5件
薄型テレビ・液晶テレビ
4件
5件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費2
価格1
デメリットが勝るクルマ

2万キロ走行したので新たに気付いた点を再レビューします。


【エクステリア】
PHEVではキドニーグリルの薄いブルー塗装、ホイールの専用のキャップ、サイドのiパフォーマンスであることを示すエンブレム、給電口ハッチがノーマルとの違いになります。
他の3シリーズとほとんど変わらないためPHEVであることを一般人に主張することは難しい車です。

【インテリア】
手に触れる部分はすべて上質に感じます、操作した時のボタンの感触も好印象です。
ただ後席は狭く大人4人での移動はつらいだろうなと感じます。

・再レビュー
操作ボタンのプログラマブルボタンがズレてきました。波打っているようで見栄えが悪いです。
木目インパネの傷が目立ちます。
ダッシュボードに使われている木目インパネの処理が甘く樹脂の収縮で干渉しているのか表面のクリア層が少し削られています。


【エンジン性能】
バッテリーに電力が十分な状態であればストレスフリーの、カタログ通りの高性能車です。アクセルに対する加速はリニアで思い通りの加速が楽しめます。ただバッテリーを使い切るとただの重い320iですからストレスしか溜まりません。
ディーラーに自宅に充電設備が無くても楽しめるクルマと勧められ購入しましたが、失敗しました。


【走行性能】
ECOPROモードで大人しく走れば高級車、SPORTモードでキビキビ走ればスポーツ車と二つの顔を持っていると思います。
箱根スカイライン等でトヨタ86くらいでしたら簡単に引き離すことが出来ます。
同乗者は不快になると思いますが。

【乗り心地】
RFTの為、硬いです。悪路だと車体が激しくゆれ不快指数が上がります。レビューなどで乗り心地は良いと見たので購入したのですが、「RFTにしては」という文言を付けないと勘違いしそうです。
次は非RFTのタイヤにしようかと考えています。

【燃費】
バッテリーを使い切った状態
高速主体16.2Km/l。
都心主体12Km/l。
でした。
やはり重量増がある為燃費は伸びない傾向にあるようです。


【価格】
高いです。この価格を出すメリットを見出すことは難しいと思います。

都心在住、自宅に充電設備あり、チョイノリしかしない、通勤で使う。人以外は買ってもあまりメリットはないと思います。ディーゼルの音と振動が許容出来たらそちらの方が幸せになれそうです。

【総評】
ポジティブな情報が溢れていますが、欧州の優遇政策を受けるためにパテント回避しつつ作られた妥協の産物だと思います。

ドーピング剤(電気)を常に摂取し続けないと、力を発揮できないアスリートの様な車です。
ドーピングが切れると脱力状態になり、気怠い性能しか発揮しません。
燃費も悪い、値段も高い、性能も電池残量で頻繁に変わる。BMWともあろう企業が不思議な車を作ったなというのが感想です。

320i or d と比べて良い点。
・アイドリングストップの振動が殆ど無いため市街地に運転は楽ですし、ギクシャクした感じがありません。

・ブレーキに回生が入る為ブレーキダストが少ないですし、ブレーキパッドの摩耗も少なそうです。

・BMWで無音というのが珍しく映るようで分かる人にはジロジロ見られます。環境に良い事をしているという自己満足に浸れます。

・再レビュー
・8ATの変速が日本の速度レンジとあっていない。
1速10Km/h・2速20Km/h・3速30Km/h・4速40Km/h
5速50Km/h・6速65Km/h・7速70Km/h・8速90Km/h
にて大体変速されていくが、日本で一番多い60Kmの速度域ではなかなか6速に上がらずにずっと燃費の悪い状態が続く、マニュアルモードで6速指定するとすんなり変速するので、ぜひ改良してもらいたい。

・中速以上の速度域ではほとんど回生しない。
箱根の山下りでどれだけ回生電気を貯められるかを試したが、40Km/h以上になると発電量が-5〜-15kwh/100Kmでほとんど熱として逃げていると判明。
速度を落として30Km/h程で回生をすると-30〜-50Kwh/100Kmと大幅に増えるので、回生用モーターの過熱防止?プリウスだとそういうことはないようなので、単に技術力が低いだけなのか?

・話題になっているバッテリー上トランクが高温になる問題、私の車両でも起きているようで。ゴルフ場でキャディさんがゴルフバックを下ろそうとしたときにあつっという悲鳴を挙げていました。やけどする程ではないですが、金属のネームプレートが熱めのお風呂くらいの状態に。窓の熱線カットの低性能と相まって車内は灼熱地獄になります。

現在売却して次期3シリーズか、現行5シリーズのディーゼルに買い替えようか検討中。
制御が煮詰まっておらず、乗るたびにストレスが溜まる。購入を考えている方は再考したほうがいいと思う。

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年4月
購入地域
東京都

新車価格
622万円
本体値引き額
30万円
オプション値引き額
0円

3シリーズ セダン プラグインハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった23人(再レビュー後:15人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地4
燃費1
価格1
デメリットが勝るクルマ

【エクステリア】
PHEVではキドニーグリルの薄いブルー塗装、ホイールの専用のキャップ、サイドのiパフォーマンスであることを示すエンブレム、給電口ハッチがノーマルとの違いになります。
他の3シリーズとほとんど変わらないためPHEVであることを一般人に主張することは難しい車です。

【インテリア】
手に触れる部分はすべて上質に感じます、操作した時のボタンの感触も好印象です。
ただ後席は狭く大人4人での移動はつらいだろうなと感じます。

【エンジン性能】
バッテリーに電力が十分な状態であればストレスフリーの、カタログ通りの高性能車です。アクセルに対する加速はリニアで思い通りの加速が楽しめます。ただバッテリーを使い切るとただの重い320iですからストレスしか溜まりません。
ディーラーに自宅に充電設備が無くても楽しめるクルマと勧められ購入しましたが、失敗しました。

【走行性能】
ECOPROモードで大人しく走れば高級車、SPORTモードでキビキビ走ればスポーツ車と二つの顔を持っていると思います。
箱根スカイライン等でトヨタ86くらいでしたら簡単に引き離すことが出来ます。
同乗者は不快になると思いますが。

【乗り心地】
RFTの為、硬いです。悪路だと車体が激しくゆれ不快指数が上がります。レビューなどで乗り心地は良いと見たので購入したのですが、「RFTにしては」という文言を付けないと勘違いしそうです。
次は非RFTのタイヤにしようかと考えています。
【燃費】
バッテリーを使い切った状態
高速主体16.2Km/l。
都心主体12Km/l。
でした。
やはり重量増がある為燃費は伸びない傾向にあるようです。


【価格】
高いです。この価格を出すメリットを見出すことは難しいと思います。

都心在住、自宅に充電設備あり、チョイノリしかしない、通勤で使う。人以外は買ってもあまりメリットはないと思います。ディーゼルの音と振動が許容出来たらそちらの方が幸せになれそうです。

【総評】
ポジティブな情報が溢れていますが、欧州の優遇政策を受けるためにパテント回避しつつ作られた妥協の産物だと思います。

ドーピング剤(電気)を常に摂取し続けないと、力を発揮できないアスリートの様な車です。
ドーピングが切れると脱力状態になり、気怠い性能しか発揮しません。
燃費も悪い、値段も高い、性能も電池残量で頻繁に変わる。BMWともあろう企業が不思議な車を作ったなというのが感想です。

320i or d と比べて良い点。
・アイドリングストップの振動が殆ど無いため市街地に運転は楽ですし、ギクシャクした感じがありません。

・ブレーキに回生が入る為ブレーキダストが少ないですし、ブレーキパッドの摩耗も少なそうです。

・BMWで無音というのが珍しく映るようで分かる人にはジロジロ見られます。環境に良い事をしているという自己満足に浸れます。



乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年4月
購入地域
東京都

新車価格
622万円
本体値引き額
30万円
オプション値引き額
0円

3シリーズ セダン プラグインハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった8

 
 
 
 
 
 

「3シリーズ セダン プラグインハイブリッド 2016年モデル」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

3シリーズ セダン プラグインハイブリッド 2016年モデル

3シリーズ セダン プラグインハイブリッド 2016年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格帯を見る

3シリーズ セダン プラグインハイブリッド
BMW

3シリーズ セダン プラグインハイブリッド

新車価格帯:610〜680万円

中古車価格帯:195〜509万円

3シリーズ セダン プラグインハイブリッド 2016年モデルをお気に入り製品に追加する <18

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意