『DLPがだめな人はやめたほうが良い』 SONY LSPX-P1 monamasterさんのレビュー・評価

2016年 2月13日 発売

LSPX-P1

  • 置くだけで、壁やテーブルなど色々な場所に大画面を出せる、小型でバッテリー内蔵のポータブル超短焦点プロジェクター。
LSPX-P1 製品画像

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

パネルタイプ:LCOS(反射型3LCD) 最大輝度:100ルーメン コントラスト比:4000:1 LSPX-P1のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

 
  • LSPX-P1の価格比較
  • LSPX-P1の店頭購入
  • LSPX-P1のスペック・仕様
  • LSPX-P1のレビュー
  • LSPX-P1のクチコミ
  • LSPX-P1の画像・動画
  • LSPX-P1のピックアップリスト
  • LSPX-P1のオークション

LSPX-P1SONY

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2016年 2月13日

  • LSPX-P1の価格比較
  • LSPX-P1の店頭購入
  • LSPX-P1のスペック・仕様
  • LSPX-P1のレビュー
  • LSPX-P1のクチコミ
  • LSPX-P1の画像・動画
  • LSPX-P1のピックアップリスト
  • LSPX-P1のオークション

『DLPがだめな人はやめたほうが良い』 monamasterさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

LSPX-P1のレビューを書く

monamasterさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:39人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

プロジェクタ
2件
0件
ブルーレイ・DVDレコーダー
1件
0件
もっと見る
満足度1
デザイン5
発色・明るさ2
シャープさ3
調整機能2
静音性4
サイズ5
DLPがだめな人はやめたほうが良い

【デザイン】
デザインはさすがにSONYだけあって、非常によくまとまっている。コンパクトでクリーンなデザインで良いと思う。

【発色・明るさ】
発色については問題ない。明るさについても暗い室内なら特に問題はない(一昔前の液晶プロジェクター並である)。
ただし、明るめの室内ではやはり光量不足はいがめない。

【シャープさ】
見た目、画素数の割にシャープである。
このあたりはコントラストがスペック以上に高く感じるほどなので、通常の視聴では問題になることはないと思う。

【画質】(追記)
ワイヤレス送信のため、信号に圧縮をかけているようだ。
そのため、ブロックノイズが気になる場面が度々見られた。色味やシャープさが良好な分、唐突に画質が崩れると、ものすごくチープなものを所有しているようで気分が滅入る。
「ライフスタイルを提案する」とい言えば聞こえは良いが、技術的にも未熟で、広告コンセプトに逃げていると言って良いだろう。
一応、この機種も「映像機器」なのだが…

【調整機能】
そもそも調整機能がほどんど無い。
スマートフォンのアプリを通じて調整自体は出来るが、調整のタイミングが取りづらく、はっきり言って手軽ではない。
ただ、調整自体は可能なので星は2つとした。

【静音性】
静音性は問題ない。超短焦点のため視聴位置から離れるので、気になるほどの音は聞こえない。

【サイズ】
本体は小さく軽いので、投射面への設置は簡単である。
付属の入力ユニットも小型軽量なので、置き場所に困ることはないと思う。

【満足度】
総合的な満足度は星1つとした。
その理由は下記による。

1.カラーブレイキングノイズが発生する。
洋画の字幕などで視点を移動した際、DLPのようなレインボーノイズが見える。
これは、個人差があるものなので見えない人は見えないとは思うが、単板の(一般的な)DLPプロジェクターで見える人は、ほぼ間違いなくこの機種でも見えると思う。これは事前に分からなかった部分(RGB三板だと思っていたが、どうやら違うようである)であり、一気にこの機種への愛情が覚めた部分だ。購入を非常に後悔している。

2.スマートフォンとの連携(主にiOS)
iPhone、iPadとの連携が画質調整以外、事実上ないことである。
iOS利用のスマートフォンのデータやゲーム画面、youtubeなどの動画を直接視聴することは出来ない。
出来るのは個人が撮影した画像および動画のみである。
Androidではブラウザを立ち上げてyoutuboなどが視聴できるそうだが、iOSのアプリでは出来ない。
SONYはAndroidで陣営(というか、Apple以外は基本、みんなAndroidだが…)なので、しょうがないかもしれないが、最大シェアのOSに対応しないのはいかがなものか?
また、HDMI入力の切り替えはスマートフォンアプリからとなり、反応の遅さとあいまって非常に使いにくい。
※一応、最後に使用したモードで起動するが、入力の自動判別がないので、表示を変更したい場合は一々スマホのアプリを立ち上げる必要がある。

3.「四角」にならない投影画面
投射された画像を見ると、片ボケのように上部が下部に比べてピント精度が悪く、また、多少糸巻き型のの歪みが出る。
公式サイトでは光学系の高性能さをアピールしているようだが…
もともと超短焦点なので、かなり無理のある光学系だと思われるので、まともな映像視聴に向かないのかもしれない。

5.取扱説明の不足
取扱説明書らしいものが皆無である。「コードを繋ぎ、電源を入れろ」と書いているだけの代物で、家電としての意識がない。
※これは商品コンセプトでもあるのかもしれないが、アプリの操作に関する説明まで省略されているのはいかがなものか?

6.視聴環境に対する許容量の少なさ
超短焦点であり、かなり平滑率の高いものへの投影が前提である。
専用スクリーンまたは出来る限り模様のない白く、凹凸のない壁面が前提といえる(ただし、ダタの飾りとしての投影なら何でも構わないとは思うが…)。
焦点が固定なのは仕方がないと思うが、投射角度を決められず、また、意外と上の方に投影してしまうので、投影面から離して大画面にするとその分投影場所が上に上がってしまい、場合によっては椅子に腰掛けての視聴が苦しくなってしまう。
しかも、本体が軽量のため、ほんの少し触れただけで過剰に動いてしまい、投影面に正対させるのが難しい。せめて、デフォルトでグリッド表示などが出せれば設置の難易度が下がると思うのだが…。設置はかなりシビアと言えるだろう。
ユーザーの視聴環境を限定する作りと設置のシビアさを考えると、使える場所を選ぶこととなり、商品コンセプト的にも矛盾があるように感じる。
それとも、この商品を購入する人物は「適当」にしか物事を見ないズボラな人間なのか?

7.HDMI接続時にコマ落ちがある
この商品はワイヤレス前提の商品なので、電波の安定度と送信側の動画圧縮能力に依存してしまうため、何かの拍子に電波がドロップしたり、エンコードが間に合わないとコマ落ち(ガタツキ)が発生する。
基本的にはHDMI接続時に発生し、映画などを視聴しいるとガックリとしてしまう。このあたり、技術的にも使用環境的にもこなれていない商品といえるだろう。

8.MACとのワイヤレス接続ができない
PCとはWi-Fi Direct接続でモニターとして出力できるようであるが、MACでは出来ない(と、思う。テストしたがモニターとして認識されない)。
必ずHDMIを介す必要がある(これ自体は不満というわけではないが…出来ても良いように思う)。

以上、見た目とサイズは良いが、映像・映画鑑賞には向かず、かつ無駄に高価な「私ってオシャレ!?」的な自己顕示欲を満たすための商品である。
※それが開発コンセプトであるので、商品特性自体は間違ってはいないが…
強度のSONY信者でなく、(普通に)映画を見るなら、これは止めておきなさい。そうすれば救われる。

主な用途
自宅

参考になった27人(再レビュー後:26人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度1
デザイン5
発色・明るさ2
シャープさ3
調整機能2
静音性4
サイズ5
DLPがだめな人はやめたほうが良い

【デザイン】
デザインはさすがにSONYだけあって、非常によくまとまっている。コンパクトでクリーンなデザインで良いと思う。

【発色・明るさ】
発色については問題ない。明るさについても暗い室内なら特に問題はない(一昔前の液晶プロジェクター並である)。
ただし、明るめの室内ではやはり光量不足はいがめない。

【シャープさ】
見た目、画素数の割にシャープである。
このあたりはコントラストがスペック以上に高く感じるほどなので、通常の視聴では問題になることはないと思う。

【画質】(追記)
ワイヤレス送信のため、信号に圧縮をかけているようだ。
そのため、ブロックノイズが気になる場面が度々見られた。色味やシャープさが良好な分、唐突に画質が崩れると、ものすごくチープなものを所有しているようで気分が滅入る。
「ライフスタイルを提案する」とい言えば聞こえは良いが、技術的にも未熟で、広告コンセプトに逃げていると言って良いだろう。
一応、この機種も「映像機器」なのだが…

【調整機能】
そもそも調整機能がほどんど無い。
スマートフォンのアプリを通じて調整自体は出来るが、調整のタイミングが取りづらく、はっきり言って手軽ではない。
ただ、調整自体は可能なので星は2つとした。

【静音性】
静音性は問題ない。超短焦点のため視聴位置から離れるので、気になるほどの音は聞こえない。

【サイズ】
本体は小さく軽いので、投射面への設置は簡単である。
付属の入力ユニットも小型軽量なので、置き場所に困ることはないと思う。

【満足度】
総合的な満足度は星1つとした。
その理由は下記による。

1.カラーブレイキングノイズが発生する。
洋画の字幕などで視点を移動した際、DLPのようなレインボーノイズが見える。
これは、個人差があるものなので見えない人は見えないとは思うが、単板の(一般的な)DLPプロジェクターで見える人は、ほぼ間違いなくこの機種でも見えると思う。これは事前に分からなかった部分(RGB三板だと思っていたが、どうやら違うようである)であり、一気にこの機種への愛情が覚めた部分だ。購入を非常に後悔している。

2.スマートフォンとの連携
スマートフォン(特にiOS)との連携が画質調整以外、事実上ないことである。
スマートフォンのデータやゲーム画面、youtubeなどの動画を直接視聴することは出来ない。
出来るのは個人が撮影した画像および動画のみである。
また、HDMI入力の切り替えはスマートフォンアプリからとなり、反応の遅さとあいまって非常に使いにくい。
※一応、最後に使用したモードで起動するが、入力の自動判別がないので、表示を変更したい場合は一々スマホのアプリを立ち上げる必要がある。
HDMI外部接続に切り替えても未接続の表示が出て、その後接続完了となる。多分、チェックロジックの質が低いためだろう。

3.「四角」にならない投影画面
投射された画像を見ると、片ボケのように上部が下部に比べてピント精度が悪く、また、多少糸巻き型のの歪みが出る。
公式サイトでは光学系の高性能さをアピールしているようだが…
もともと超短焦点なので、かなり無理のある光学系だと思われるので、まともな映像視聴に向かないのかもしれない。

5.取扱説明の不足
取扱説明書らしいものが皆無である。「コードを繋ぎ、電源を入れろ」と書いているだけの代物で、家電としての意識がない。
※これは商品コンセプトでもあるのかもしれないが、アプリの操作に関する説明まで省略されているのはいかがなものか?

6.視聴環境に対する許容量の少なさ
超短焦点であり、かなり平滑率の高いものへの投影が前提である。
専用スクリーンまたは出来る限り模様のない白く、凹凸のない壁面が前提といえる(ただし、ダタの飾りとしての投影なら何でも構わないとは思うが…)。
焦点が固定なのは仕方がないと思うが、投射角度を決められず、また、意外と上の方に投影してしまうので、投影面から離して大画面にするとその分投影場所が上に上がってしまい、場合によっては椅子に腰掛けての視聴が苦しくなってしまう。
しかも、本体が軽量のため、ほんの少し触れただけで過剰に動いてしまい、投影面に正対させるのが難しい。せめて、デフォルトでグリッド表示などが出せれば設置の難易度が下がると思うのだが…。設置はかなりシビアと言えるだろう。
ユーザーの視聴環境を限定する作りと設置のシビアさを考えると、使える場所を選ぶこととなり、商品コンセプト的にも矛盾があるように感じる。
それとも、この商品を購入する人物は「適当」にしか物事を見ないズボラな人間なのか?

7.HDMI接続時にコマ落ちがある
この商品はワイヤレス前提の商品なので、電波の安定度と送信側の動画圧縮能力に依存してしまうため、何かの拍子に電波がドロップしたり、エンコードが間に合わないとコマ落ち(ガタツキ)が発生する。
基本的にはHDMI接続時に発生し、映画などを視聴しいるとガックリとしてしまう。このあたり、技術的にも使用環境的にもこなれていない商品といえるだろう。

8.MACとのワイヤレス接続ができない
PCとはWi-Fi Direct接続でモニターとして出力できるようであるが、MACでは出来ない(と、思う。テストしたがモニターとして認識されない)。
必ずHDMIを介す必要がある(これ自体は不満というわけではないが…出来ても良いように思う)。

以上、見た目とサイズは良いが、映像・映画鑑賞には向かず、かつ無駄に高価な「私ってオシャレ!?」的な自己顕示欲を満たすための商品である。
※それが開発コンセプトであるので、商品特性自体は間違ってはいないが…
強度のSONY信者でなく、(普通に)映画を見るなら、これは止めておきなさい。そうすれば救われる。

主な用途
自宅

参考になった0

満足度1
デザイン5
発色・明るさ2
シャープさ3
調整機能2
静音性4
サイズ5
DLPがだめな人はやめたほうが良い

【デザイン】
デザインはさすがにSONYだけあって、非常によくまとまっている。コンパクトでクリーンなデザインで良いと思う。

【発色・明るさ】
発色については問題ない。明るさについても暗い室内なら特に問題はない(一昔前の液晶プロジェクター並である)。
ただし、明るめの室内ではやはり光量不足はいがめない。

【シャープさ】
見た目、画素数の割にシャープである。
このあたりはコントラストがスペック以上に高く感じるほどなので、通常の視聴では問題になることはないと思う。

【調整機能】
そもそも調整機能がほどんど無い。
スマートフォンのアプリを通じて調整自体は出来るが、調整のタイミングが取りづらく、はっきり言って手軽ではない。
ただ、調整自体は可能なので星は2つとした。

【静音性】
静音性は問題ない。超短焦点のため視聴位置から離れるので、気になるほどの音は聞こえない。

【サイズ】
本体は小さく軽いので、投射面への設置は簡単である。
付属の入力ユニットも小型軽量なので、置き場所に困ることはないと思う。

【満足度】
総合的な満足度は星1つとした。
その理由は下記による。

1.カラーブレイキングノイズが発生する。
洋画の字幕などで視点を移動した際、DLPのようなレインボーノイズが見える。
これは、個人差があるものなので見えない人は見えないとは思うが、単板の(一般的な)DLPプロジェクターで見える人は、ほぼ間違いなくこの機種でも見えると思う。これは事前に分からなかった部分であり、一気にこの機種への愛情が覚めた部分であり、非常に後悔している。

2.スマートフォンとの連携
スマートフォン(特にiOS)との連携が画質調整以外、事実上ないことである。
スマートフォンのデータやゲーム画面、youtubeなどの動画を直接視聴することは出来ない。
出来るのは個人が撮影した画像および動画のみである。
また、HDMI入力の切り替えはスマートフォンアプリからとなり、反応の遅さとあいまって非常に使いにくい。
※一応、最後に使用したモードで起動するが、自動判別がないので、表示を変更したい場合は一々スマホのアプリを立ち上げる必要がある。
HDMI外部接続に切り替えても未接続の表示が出て、その後接続完了となる。多分、チェックロジックの質が低いためだろう。

3.「四角」にならない投影画面
投射された画像を見ると、片ボケのように上部が下部に比べてピント精度が悪く、また、多少糸巻き型のの歪みが出る。
公式サイトでは光学系の高性能さをアピールしているようだが…
もともと超短焦点なので、かなり無理のある光学系だと思われるので、まともな映像視聴に向かないのかもしれない。

5.取扱説明の不足
取扱説明書らしいものが皆無である。「コードを繋ぎ、電源を入れろ」と書いているだけの代物で、家電としての意識がない。
※これは商品コンセプトでもあるのかもしれないが、アプリの操作に関する説明まで省略されているのはいかがなものか?

6.視聴環境に対する許容量の少なさ
超短焦点であり、かなり平滑率の高いものへの投影が前提である。
専用スクリーンまたは出来る限り模様のない白く、凹凸のない壁面が前提といえる(ただし、ダタの飾りとしての投影なら何でも構わないとは思うが…)。
焦点が固定なのは仕方がないと思うが、投射角度を決められず、また、意外と上の方に投影してしまうので、投影面から離して大画面にするとその分投影場所が上に上がってしまい、場合によっては椅子に腰掛けての視聴が苦しくなってしまう。
ユーザーの視聴環境を限定する作りは使える場所を選ぶこととなり、商品コンセプト的にも矛盾があるように感じる。

7.HDMI接続時にコマ落ちがある
この商品はワイヤレス前提の商品なので、電波の安定度に依存してしまうため、何かの拍子に電波がドロップするとコマ落ちが発生する。
基本的にはHDMI接続時に発生し、映画などを視聴しいるとガックリとしてしまう。このあたり、技術的にも使用環境的にもこなれていない商品といえるだろう。

8.MACとのワイヤレス接続ができない
PCとはWi-Fi Direct接続でモニターとして出力できるようであるが、MACでは出来ない(と、思う。テストしたがモニターとして認識されない)。
必ずHDMIを介す必要がある(これ自体は不満というわけではないが…出来ても良いように思う)。

以上、見た目とサイズは良いが、映像・映画鑑賞には向かず、かつ無駄に高価な「私ってオシャレ!?」的な商品である。
※それが開発コンセプトであるので、商品特性自体は間違ってはいない。
(普通に)映画を見るなら、これは止めておきなさい。

主な用途
自宅

参考になった1

 
 
 
 
 
 

「LSPX-P1」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
大きさと機能はいいです  4 2021年4月25日 10:33
割り切ってTV代わりに使っています。  4 2019年7月3日 10:02
主にスポーツ観戦に使っています  4 2019年2月21日 08:52
ホームシアターにお金をかけたくない方  5 2018年7月3日 12:19
DLPがだめな人はやめたほうが良い  1 2018年5月4日 22:19
いいものを買いました、満足です  5 2018年3月4日 11:01
高額なので慎重に  5 2018年2月19日 21:19
わくわくする製品です  5 2016年7月8日 11:55
自然と毎日使ってます。キッチンリビング寝室で。  5 2016年6月14日 03:15

LSPX-P1のレビューを見る(レビュアー数:9人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

LSPX-P1のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

LSPX-P1
SONY

LSPX-P1

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2016年 2月13日

LSPX-P1をお気に入り製品に追加する <663

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(プロジェクタ)

ご注意