『1年使いました(ブライダルスナップ、Di866からのりかえ)』 ニコン スピードライト SB-5000 OSD91さんのレビュー・評価

2016年 3月26日 発売

スピードライト SB-5000

電波制御に対応したハイエンドモデルのスピードライト

スピードライト SB-5000 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥56,800

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥47,850 (14製品)


価格帯:¥56,800〜¥81,400 (49店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥72,500

店頭参考価格帯:¥56,800 〜 ¥81,400 (全国707店舗)最寄りのショップ一覧

調光方式:i-TTL 最大ガイドナンバー(ISO100):55 重量:420g 機能:マニュアル設定/オートズーム機構/ワイヤレス発光/バウンス/外部測光/連続発光/モデリング発光/マルチ発光/ スピードライト SB-5000のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • スピードライト SB-5000の価格比較
  • スピードライト SB-5000の中古価格比較
  • スピードライト SB-5000の店頭購入
  • スピードライト SB-5000のスペック・仕様
  • スピードライト SB-5000のレビュー
  • スピードライト SB-5000のクチコミ
  • スピードライト SB-5000の画像・動画
  • スピードライト SB-5000のピックアップリスト
  • スピードライト SB-5000のオークション

スピードライト SB-5000ニコン

最安価格(税込):¥56,800 (前週比:±0 ) 発売日:2016年 3月26日

  • スピードライト SB-5000の価格比較
  • スピードライト SB-5000の中古価格比較
  • スピードライト SB-5000の店頭購入
  • スピードライト SB-5000のスペック・仕様
  • スピードライト SB-5000のレビュー
  • スピードライト SB-5000のクチコミ
  • スピードライト SB-5000の画像・動画
  • スピードライト SB-5000のピックアップリスト
  • スピードライト SB-5000のオークション
ユーザーレビュー > カメラ > フラッシュ・ストロボ > ニコン > スピードライト SB-5000

『1年使いました(ブライダルスナップ、Di866からのりかえ)』 OSD91さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

スピードライト SB-5000のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:10人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

フラッシュ・ストロボ
1件
0件
もっと見る
満足度2
光量4
携帯性4
操作性1
機能性1
1年使いました(ブライダルスナップ、Di866からのりかえ)

【光量】
Nissin Di866からのりかえましたが光量は普通、Di866から比べると若干弱く感じました。
その代わり直接被写体に光を当ててもDi866から比べると少し自然な感じに撮れるような気がします。
【携帯性】
他のクリップオンと大して変わりません

【操作性】
1年間使って感じた事は、Di866から比較すると操作しづらい。
少し操作パネルに接触しただけで途中で変なモードに切り替わってしまい、
電源を再起動しても、電池を抜き差ししても戻らず、とり逃した事が何回かありました。
色々と操作パネル(特にロータリーマルチセレクター等)をいじってると直ったり、色々苦労しています。
キーロックを使えばいいのですが、TTLモードでEVの値を変更する事も結構あるのでいちいち設定を変えるたびに
キーロックするのは面倒くさいです。

あと、白い反射板(キャッチライト)が直ぐ抜けて外れてしまいます。
2台購入しましたが2台とも同じでした。

上記の事はDi866を使っている時は一度もありませんでした。

【機能性】
機能が多くて全て把握できないでいます。
その上、上記で述べたように途中で意図しないモードに切り替わるときがあり
1年くらい使っているのにまだ元に戻せなかったりしています。(普段はTTLモードでつかっています)

内部にファンがついた影響なのか夏場の外の撮影でもDi866と比べて
オーバーヒートすることなく撮影できました。

リモート機能はWR-R10と言うアンテナとWR-A10と言う変換アダプターを買わないと使えません。
本体はD5を使用していますが、アンテナくらいカメラに内蔵してくれれば良いのにと思います。
リモートの電波は結構とびますし、感度もすごいです。壁があってもしっかり光ります。
ココだけはすごいと思います。


【総評】
2台購入して1ヶ月ほどで、1台が撮影時に発光しなくなり修理に出しました。
故障した時は、発光しなくても内部のファンだけはちゃんと回ってましたが・・・
なので「SB-5000」、正直あまり信頼していません。必ず予備のクリップオンを持ち歩くようになりました。
(修理ではフラッシュ基盤組を交換したそうです)

一番評価が悪い所は、なんといっても操作パネルに少し接触しただけで設定が切り替わってしまう所です。
機能が多いぶん、元の設定に戻すのに大変苦労しています。

レベル
ハイアマチュア

参考になった10人(再レビュー後:10人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度2
光量4
携帯性4
操作性1
機能性1
1年使いました(ブライダルスナップ、Di866からのりかえ)

【光量】
Nissin Di866からのりかえましたが光量は普通、Di866から比べると若干弱く感じました。
その代わり直接被写体に光を当ててもDi866から比べると少し自然な感じに撮れるような気がします。
【携帯性】
他のクリップオンと大して変わりません

【操作性】
1年間使って感じた事は、Di866から比較すると操作しづらい。
少し操作パネルに接触しただけで途中で変なモードに切り替わってしまい、
電源を再起動しても、電池を抜き差ししても戻らず、とり逃した事が何回かありました。
色々と操作パネル(特にロータリーマルチセレクター等)をいじってると直ったり、色々苦労しています。

あと、白い反射板(キャッチライト)が直ぐ抜けて外れてしまいます。
2台購入しましたが2台とも同じでした。

上記の事はDi866を使っている時は一度もありませんでした。

【機能性】
機能が多くて全て把握できないでいます。
その上、上記で述べたように途中で意図しないモードに切り替わるときがあり
1年くらい使っているのにまだ元に戻せなかったりしています。(普段はTTLモードでつかっています)

内部にファンがついた影響なのか夏場の外の撮影でもDi866と比べて
オーバーヒートすることなく撮影できました。

リモート機能はWR-R10と言うアンテナとWR-A10と言う変換アダプターを買わないと使えません。
本体はD5を使用していますが、アンテナくらいカメラに内蔵してくれれば良いのにと思います。
リモートの電波は結構とびますし、感度もすごいです。壁があってもしっかり光ります。
ココだけはすごいと思います。


【総評】
2台購入して1ヶ月ほどで、1台が撮影時に発光しなくなり修理に出しました。
故障した時は、発光しなくても内部のファンだけはちゃんと回ってましたが・・・
なので「SB-5000」、正直あまり信頼していません。必ず予備のクリップオンを持ち歩くようになりました。
(修理ではフラッシュ基盤組を交換したそうです)

一番評価が悪い所は、なんといっても操作パネルに少し接触しただけで設定が切り替わってしまう所です。
機能が多いぶん、元の設定に戻すのに大変苦労しています。

レベル
ハイアマチュア

参考になった0

満足度2
光量4
携帯性4
操作性1
機能性1
1年使いました(ブライダルスナップ、Di866からのりかえ)

【光量】
Nissin Di866からのりかえましたが光量は普通、Di866から比べると若干弱く感じました。
その代わり直接被写体に光を当ててもDi866から比べると少し自然な感じに撮れるような気がします。
【携帯性】
他のクリップオンと大して変わりません

【操作性】
1年間使って感じた事は、Di866から比較すると操作しづらい。
少し操作パネルに接触しただけで途中で変なモードに切り替わってしまい、
電源を再起動しても、電池を抜き差ししても戻らず、とり逃した事が何回かありました。
色々と操作パネル(特にロータリーマルチセレクター等)をいじってると直ったり、色々苦労しています。

あと、白い反射板(キャッチライト)が直ぐ抜けて外れてしまいます。
2台購入しましたが2台とも同じでした。

上記の事はDi866を使っている時は一度もありませんでした。

【機能性】
機能が多くて全て把握できないでいます。
その上、上記で述べたように途中で意図しないモードに切り替わるときがあり
1年以上使っているのにまだ元に戻せなかったりしています。(普段はTTLモードでつかっています)

内部にファンがついた影響なのか夏場の外の撮影でもDi866と比べて
ヒートアップすることなく撮影できました。

リモート機能はWR-R10と言うアンテナとWR-A10と言う変換アダプターを買わないと使えません。
本体はD5を使用していますが、アンテナくらいカメラに内蔵してくれれば良いのにと思います。
リモートの電波は結構とびますし、感度もすごいです。壁があってもしっかり光ります。
ココだけはすごいと思います。


【総評】
2台購入して1ヶ月ほどで、1台が撮影時に発光しなくなり修理に出しました。
故障した時は、発光しなくても内部のファンだけはちゃんと回ってましたが・・・
なので「SB-5000」、正直あまり信頼していません。必ず予備のクリップオンを持ち歩くようになりました。
(修理ではフラッシュ基盤組を交換したそうです)

一番評価が悪い所は、なんといっても操作パネルに少し接触しただけで設定が切り替わってしまう所です。
機能が多いぶん、元の設定に戻すのに大変苦労しています。

レベル
ハイアマチュア

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「スピードライト SB-5000」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

スピードライト SB-5000のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

スピードライト SB-5000
ニコン

スピードライト SB-5000

最安価格(税込):¥56,800発売日:2016年 3月26日 価格.comの安さの理由は?

スピードライト SB-5000をお気に入り製品に追加する <305

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

製品選びに必要な知識を
みんなで共有!

[フラッシュ・ストロボ]

フラッシュ・ストロボの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(フラッシュ・ストロボ)

ご注意