『高速連写、3Dトラッキングの素晴らしさを確認できました』 ニコン D500 ボディ ミランミュニックさんのレビュー・評価

2016年 4月28日 発売

D500 ボディ

  • フルサイズ機「D5」と同等の153点AFシステムを搭載した、ニコンDXフォーマットのフラッグシップモデル。
  • 新画像処理エンジン「EXPEED 5」を搭載し、約10コマ/秒の高速連写や4K UHD(3840×2160)動画撮影が可能。
  • タッチ操作・チルト可動の高精細3.2型画像モニターと、重量760g(本体のみ)という軽量ボディにより快適な撮影を実現。
D500 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

他の画像も見る
最安価格(税込):

¥148,000

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥152,278

JP-TRADE plus

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥99,000 (40製品)


価格帯:¥148,000〜¥269,280 (51店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥148,000 〜 ¥218,260 (全国708店舗)最寄りのショップ一覧

付属レンズ

タイプ : 一眼レフ 画素数:2151万画素(総画素)/2088万画素(有効画素) 撮像素子:APS-C/23.5mm×15.7mm/CMOS 重量:760g D500 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

<お知らせ>
本製品において、別売および他機種に付属した一部のEN-EL15を使用した際に撮影可能コマ数(電池寿命)を満たさないことが判明致しました。詳しくはメーカーページをご覧下さい。

 
  • D500 ボディの価格比較
  • D500 ボディの中古価格比較
  • D500 ボディの買取価格
  • D500 ボディの店頭購入
  • D500 ボディのスペック・仕様
  • D500 ボディの純正オプション
  • D500 ボディのレビュー
  • D500 ボディのクチコミ
  • D500 ボディの画像・動画
  • D500 ボディのピックアップリスト
  • D500 ボディのオークション

D500 ボディニコン

最安価格(税込):¥148,000 (前週比:±0 ) 発売日:2016年 4月28日

  • D500 ボディの価格比較
  • D500 ボディの中古価格比較
  • D500 ボディの買取価格
  • D500 ボディの店頭購入
  • D500 ボディのスペック・仕様
  • D500 ボディの純正オプション
  • D500 ボディのレビュー
  • D500 ボディのクチコミ
  • D500 ボディの画像・動画
  • D500 ボディのピックアップリスト
  • D500 ボディのオークション

『高速連写、3Dトラッキングの素晴らしさを確認できました』 ミランミュニックさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

D500 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:121件
  • 累計支持数:558人
  • ファン数:7人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
36件
0件
デジタル一眼カメラ
15件
14件
バッテリーグリップ・ホルダー
7件
5件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感5
高速連写、3Dトラッキングの素晴らしさを確認できました
当機種ELパレオエクスプレス、橋梁を渡り始め
当機種ELパレオエクスプレス、先頭機関車がほぼ橋梁の端に
当機種ELパレオエクスプレス最後尾が登場

ELパレオエクスプレス、橋梁を渡り始め

ELパレオエクスプレス、先頭機関車がほぼ橋梁の端に

ELパレオエクスプレス最後尾が登場

秩父鉄道の観光列車、ELパレオエクスプレス、EL三重連をD500で狙って来ました。

D500を遅ればせながら入手、その使い易さを今実感中ですが、今回はさらにその思いを深くしました。

秩父鉄道安谷川橋梁というところで、下ってくるELパレオエクスプレスを撮影しました。橋梁に列車が差し掛かったところから、高速連写+3Dトラッキングで追い続け、44枚を撮影しました。

このD500の頼もしいところは、バッファーが一杯になってもXQDカードの書き込み速さが鋭いので、低速連写って感じにはなりますが、パシャ、パシャとシャッターを切ることができます。この辺も嬉しいところです。

撮影モードは、RAW+JPEG☆で撮影しています。

使用レンズはAF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VRで、FX用です。DX用のレンズはまだ一本も持っておらず、以前から使用していたレンズを活用しています。

DX用のレンズであれば小型で使い易さなども出てくると思いますが、焦点距離が1.5倍になるため広角を活かす撮影には支障は出ますが、それ以外は全く不便は感じません。

投稿画像の最初の二枚は、一連の44枚の最初の画像と最後の画像、JPEG撮って出しです。

また、一連の連写後に最後尾についているもう一台のELの姿が三枚目の写真となります。バッファーからXQDカードに書き込み中ですが、高速連写は限定された枚数ですが可能になります。

この辺も嬉しい性能と実感しました。

他の撮り鉄の方は90%以上三脚にカメラを据えていますが、こういった連続での撮影では、VR機能付きレンズでD500の取り回しの良さを活かすと、フレーミングを変えながらの撮影も可能なので、これまた嬉しいカメラと実感しました。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
風景
その他

参考になった13人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感5
使い易いっていう言葉が相応しいです
当機種武蔵野線、夕陽に向かって走る
当機種夕陽に光るステンレス車両
当機種夕方の青空をバックに

武蔵野線、夕陽に向かって走る

夕陽に光るステンレス車両

夕方の青空をバックに

当機種貨物レ登場
当機種EF65の美しいお姿
当機種真横通過は、流し撮りで

貨物レ登場

EF65の美しいお姿

真横通過は、流し撮りで

武蔵野線が土手の上を走っていて、車両全体が良い感じで見ることのできる場所を見つけました。すでに、知っている方は多いとは思いますが、自分なりのお気に入りの場所です。

D500を入手して使い込んでいるところですが、好きな撮り鉄として連写の凄さを試すってことで、この場所で試してみました。

夕方に陽が傾きつつある状況で、上手い具合に車両に反射してくれるって状況になりました。

レンズは、タムロンの28-300mm F/3.5-6.3 Di VC PZD (Model A010)です。

武蔵野線の旅客電車と貨物列車を狙ってみました。

D500の扱いやすさ、3dトラッキングでの追随性、そして一番気に入っている、連写のスピードと枚数のお陰で、何とも楽しい時間を持つことができました。



レベル
ハイアマチュア
主な被写体
風景
その他

参考になった3

満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感5
望遠ズームとの組み合わせも試してみました
当機種基地にたたずむ車両たち
当機種通勤を急ぐ人たちのシルエット
当機種出動を待つ、快速用車両

基地にたたずむ車両たち

通勤を急ぐ人たちのシルエット

出動を待つ、快速用車両

当機種車両基地全景
当機種車両基地の一コマ
 

車両基地全景

車両基地の一コマ

 

撮影対象をちょっと広い車両基地で試してみました。

レンズは、タムロンの28-300mm F/3.5-6.3 Di VC PZD (Model A010)です。

あまり、焦点合わせにスピード感が必要な場面はありませんでしたが、印象としては特にストレスなく合焦していました。もちろん、明るさはそこそこあるので、問題無いという状態だったと思います。



レベル
ハイアマチュア
主な被写体
風景
その他

参考になった0

満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感5
連写を難なくこなす立派な機材です
当機種牽引機関車EH200登場、後ろにレッドアローのお姿が!
当機種最後尾にレッドアロー号のお顔!
当機種撮影者の方も一緒に

牽引機関車EH200登場、後ろにレッドアローのお姿が!

最後尾にレッドアロー号のお顔!

撮影者の方も一緒に

手に入れた、D500の使い込みっていうことで、今日も持ち出しました。

最初は、雑木林に分け入って野鳥を撮ろうと思いましたが、あいにくそれらしい野鳥をゲットできず、しぶしぶ帰途につこうとしたところ、帰途の際に使う新座駅のフォームにただならぬ気配が。

これは特別な列車が来ると踏んで、身構えるとこと15分程度やってきました。いわゆる鉄路を使った車両の輸送ってことで、専門用語では甲種輸送などと呼ばれますが、西武鉄道の旧レッドアロー号が富山地方鉄道に譲渡されての輸送ってことです。

既にスタンバイされている皆さんの邪魔にならないように、構図などを設定して身構えていると、通過列車の案内があって、ついに来ました。

D500のメリットは、フォーカスのスピードと連写にあります。

右から登場する列車をAF-C 3Dで捉え、牽引する電気機関車の斜め正面を捉え、次には追尾しつつ最後尾のレッドアロー号のお顔を捉えることができました。

これも、AF-C 3Dトラッキングのお陰だと感動しました。

ホームで撮影されている、鉄マニアの方も一緒に撮らせていただきました。

レンズは長年愛用している、便利ズームのタムロンの「28-300mm F/3.5-6.3 Di VC PZD (Model A010)」です。フルサイズのD610、D800、D850とお世話になってきています。

連写は、画素数の関係もあり、枚数、連写速度などについて、D850などに比べた場合に扱いやすいってことで、適材適所なんて考えもありますが、D500の写りの良さを考えると、D850を使う時が減ってしまいそうです。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
風景
その他

参考になった1

満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感5
APS-Cの完成形だと確信しました
当機種その1
当機種その2
当機種その3

その1

その2

その3

当機種その4
当機種その5
 

その4

その5

 

最近は、ミラーレス一眼が評価されているところで、色々と機材を使っています。

元々はデジカメはニコンから始めたこともあり、相応にレンズも揃えていました。そこで、オリンパスのO-MD系やソニーのα7系なども揃え、適材適所なんてことで遊んでいましたが、動いている鳥や鉄道などを撮影する際に、トラッキングでの合焦の良さや、連写のスピードとトータル可能枚数などを勘案したときに、このD500は大変な魅力でした。

ニコンのフルサイズの一眼もD850やD610なども所有していますが、APS-Cの手軽さなどを考えると、このD500は外せない機種だと思うようになりました。

実は、短期間D7100も使っていましたが、APS-Cの便利さは痛感しましたが、やはりちょっと物足りなさがあり、発売から4年経っての購入です。

試してみて、感動でした。

ちなみに、使用レンズはフルサイズの「AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR」です。



お試しは、千葉都市モノレールです。青空に映える、千葉都市モノレール、3dトラッキング、シングルポイントの焦点合わせなど色々と試してみて、その使い易さを実感しました。

参考になった6

 
 
 
 
 
 

「D500 ボディ」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

D500 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

D500 ボディ
ニコン

D500 ボディ

最安価格(税込):¥148,000発売日:2016年 4月28日 価格.comの安さの理由は?

D500 ボディをお気に入り製品に追加する <2520

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意