『12年ぶりのナンバリング。操作性は(いい意味で)変わらず。』 バンダイナムコエンターテインメント エースコンバット7 スカイズ・アンノウン [通常版] [PS4] Monta Hinoさんのレビュー・評価

2019年 1月17日 発売

エースコンバット7 スカイズ・アンノウン [通常版] [PS4]

エースコンバット7 スカイズ・アンノウン [通常版] [PS4] 製品画像

画像提供:コジマネット

画像一覧を見る

最安価格(税込):

¥6,640

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥6,640¥7,513 (3店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥7,600

店頭参考価格帯:¥― (全国2店舗)最寄りのショップ一覧

ジャンル:フライトシューティング プレイ人数:1人 ネットワークプレイ人数:2〜8人 CERO:CERO「A」全年齢対象 対応機器:PlayStation VR エースコンバット7 スカイズ・アンノウン [通常版] [PS4]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

 
  • エースコンバット7 スカイズ・アンノウン [通常版] [PS4]の価格比較
  • エースコンバット7 スカイズ・アンノウン [通常版] [PS4]の店頭購入
  • エースコンバット7 スカイズ・アンノウン [通常版] [PS4]のスペック・仕様
  • エースコンバット7 スカイズ・アンノウン [通常版] [PS4]のレビュー
  • エースコンバット7 スカイズ・アンノウン [通常版] [PS4]のクチコミ
  • エースコンバット7 スカイズ・アンノウン [通常版] [PS4]の画像・動画
  • エースコンバット7 スカイズ・アンノウン [通常版] [PS4]のピックアップリスト
  • エースコンバット7 スカイズ・アンノウン [通常版] [PS4]のオークション

エースコンバット7 スカイズ・アンノウン [通常版] [PS4]バンダイナムコエンターテインメント

最安価格(税込):¥6,640 (前週比:±0 ) 発売日:2019年 1月17日

  • エースコンバット7 スカイズ・アンノウン [通常版] [PS4]の価格比較
  • エースコンバット7 スカイズ・アンノウン [通常版] [PS4]の店頭購入
  • エースコンバット7 スカイズ・アンノウン [通常版] [PS4]のスペック・仕様
  • エースコンバット7 スカイズ・アンノウン [通常版] [PS4]のレビュー
  • エースコンバット7 スカイズ・アンノウン [通常版] [PS4]のクチコミ
  • エースコンバット7 スカイズ・アンノウン [通常版] [PS4]の画像・動画
  • エースコンバット7 スカイズ・アンノウン [通常版] [PS4]のピックアップリスト
  • エースコンバット7 スカイズ・アンノウン [通常版] [PS4]のオークション
ユーザーレビュー > ゲーム > プレイステーション4(PS4) ソフト > バンダイナムコエンターテインメント > エースコンバット7 スカイズ・アンノウン [通常版] [PS4]

『12年ぶりのナンバリング。操作性は(いい意味で)変わらず。』 Monta Hinoさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

エースコンバット7 スカイズ・アンノウン [通常版] [PS4]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

Monta Hinoさん

  • レビュー投稿数:73件
  • 累計支持数:298人
  • ファン数:3人
満足度4
操作性5
グラフィック5
サウンド5
熱中度4
継続性3
ゲームバランス3
12年ぶりのナンバリング。操作性は(いい意味で)変わらず。

(所有区分を間違えたため修正)
タイトルでも書いたとおり、12年ぶりのナンバリングタイトル(それ以外に3DやAH、∞等もありましたが)。そして、今回はPC(日本では初)を含む複数プラットフォームでの発売。あらゆる意味で、これまでのシリーズを越えました。
今回は、自分で持ってるものではなくて本体ごと人から借りたものですが・・・(シーズンパス導入、キャンペーンモードを数周クリアするまでの状態でのレビューです)

今回プレイしたのはPS4版ですのでそれで書いてますが、Xbox One版及び後日買ったSteam版(PC)でもほぼ同様です。違いはVRモードの有無(PS4だけ有り)。

【操作性】
操作的な物は今までのシリーズとほぼ変わりません。本格的な操作を求めたい人には、完全対応の専用フライトスティックも発売されてますし。ライトに遊びたい人から本格的にのめり込みたい人まで、様々な操作体系が用意されています。

更に上を目指したい人には、一部機種に新搭載のポストストールマニューバ。これを自由に使いこなせると戦いの幅が広がるはずです。

【グラフィック】
とにかく綺麗の一言。初代からやってる人間ですが、ここまで進化したのかとしみじみ。
雲の中に突っ込んだときの水滴や氷結、そして砂塵、落雷。これらはただのグラフィックじゃ無く、実際にそれによるマイナス要素(ミサイルが外れたりとか)もあるため、気は抜けません。

PC版だとCPU及びグラフィックボードの性能を上げればもっと美麗に動くはずですので、それも気になります。

【サウンド】
エースのサウンドは勿論いいのですが、今回は特に鳥肌が震えました・・・(同時に涙腺もうるっときた)
終盤ミッションで一瞬の静寂の後、破壊目的が攻撃可能になったときの盛り上がり部分の切り替わり(ダークブルートレーラーで流れていたあの曲です)。あの時が一番やばかった・・・

【熱中度】【継続性】
過去シリーズ(3,AH除く)と違って「機体購入→新しい機体がアンロックされて買えるようになったら旧機体を売却していい機体を買い新ミッションへ」と言うこれまでのパターンが使えません(MRPを取得し、そのポイントで各種機体等を開放するシステムのため)。
これが一つのキモで、余りにもミッション失敗とかでストレスが貯まりすぎてしまうと飽きてしまいます。フリーミッションやオンラインに参加してみる事でも機体や特殊兵曹購入に必要なポイントは貯まりますので、それを使ってポイントを貯め、早めにいい機体/兵曹/パーツを購入する。気持ちよく飛べるとそれだけ熱中できるし、持続も出来ると思います。

シーズンパスもしくは単体で架空機を購入した場合は、各機に特殊兵曹が3種類付いているので、ミッションに応じて切り替えていけばOK。後は随時、MRPで必要なパーツを買えばいいようになり敷居が下がります。

なお、旧シリーズでは隠し武器的な扱いだったTLS(レーザー)とEML(レールガン)は、本作では一部の実用機でも搭載可能になりました。

【ゲームバランス】
とにかく1ミッションあたりの所要時間が結構掛かります。イージーモードでのプレイでしたが、それでも結構骨のあるミッションが多かったので・・・(砂塵の中のタンクローリー破壊、レーダー突破や爆弾投下の位置指示が鬼門だった+後半ミッションではとある事情である機能が使えなくなる)

残念ながらオンライン(要PSPlus)及びVRモード(要PSVR)はプレイできていないので、その部分は割愛します。

あと、ロックオン。何故か、狙いたいターゲットに合わないと言うことが数度有り、それで時間制限オーバーで失敗というケースが多々。その辺は改善を求めたいところです。

【総評】
本編が終わっても、シーズンパス購入者は追加ミッションが3つ控えています。後は、アップデートによる機能改善等があればもうちょっと良くなるのでしょうが・・・

参考になった0人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
操作性5
グラフィック5
サウンド5
熱中度4
継続性3
ゲームバランス3
12年ぶりのナンバリング。操作性は(いい意味で)変わらず。

タイトルでも書いたとおり、12年ぶりのナンバリングタイトル(それ以外に3DやAH、∞等もありましたが)。そして、今回はPC(日本では初)を含む複数プラットフォームでの発売。あらゆる意味で、これまでのシリーズを越えました。
今回は、自分で持ってるものではなくて本体ごと人から借りたものですが・・・(シーズンパス導入、キャンペーンモードを数周クリアするまでの状態でのレビューです)

今回プレイしたのはPS4版ですのでそれで書いてますが、Xbox One版及び後日買ったSteam版(PC)でもほぼ同様です。違いはVRモードの有無(PS4だけ有り)。

【操作性】
操作的な物は今までのシリーズとほぼ変わりません。本格的な操作を求めたい人には、完全対応の専用フライトスティックも発売されてますし。ライトに遊びたい人から本格的にのめり込みたい人まで、様々な操作体系が用意されています。

更に上を目指したい人には、一部機種に新搭載のポストストールマニューバ。これを自由に使いこなせると戦いの幅が広がるはずです。

【グラフィック】
とにかく綺麗の一言。初代からやってる人間ですが、ここまで進化したのかとしみじみ。
雲の中に突っ込んだときの水滴や氷結、そして砂塵、落雷。これらはただのグラフィックじゃ無く、実際にそれによるマイナス要素(ミサイルが外れたりとか)もあるため、気は抜けません。

PC版だとCPU及びグラフィックボードの性能を上げればもっと美麗に動くはずですので、それも気になります。

【サウンド】
エースのサウンドは勿論いいのですが、今回は特に鳥肌が震えました・・・(同時に涙腺もうるっときた)
終盤ミッションで一瞬の静寂の後、破壊目的が攻撃可能になったときの盛り上がり部分の切り替わり(ダークブルートレーラーで流れていたあの曲です)。あの時が一番やばかった・・・

【熱中度】【継続性】
過去シリーズ(3,AH除く)と違って「機体購入→新しい機体がアンロックされて買えるようになったら旧機体を売却していい機体を買い新ミッションへ」と言うこれまでのパターンが使えません(MRPを取得し、そのポイントで各種機体等を開放するシステムのため)。
これが一つのキモで、余りにもミッション失敗とかでストレスが貯まりすぎてしまうと飽きてしまいます。フリーミッションやオンラインに参加してみる事でも機体や特殊兵曹購入に必要なポイントは貯まりますので、それを使ってポイントを貯め、早めにいい機体/兵曹/パーツを購入する。気持ちよく飛べるとそれだけ熱中できるし、持続も出来ると思います。

シーズンパスもしくは単体で架空機を購入した場合は、各機に特殊兵曹が3種類付いているので、ミッションに応じて切り替えていけばOK。後は随時、MRPで必要なパーツを買えばいいようになり敷居が下がります。

なお、旧シリーズでは隠し武器的な扱いだったTLS(レーザー)とEML(レールガン)は、本作では一部の実用機でも搭載可能になりました。

【ゲームバランス】
とにかく1ミッションあたりの所要時間が結構掛かります。イージーモードでのプレイでしたが、それでも結構骨のあるミッションが多かったので・・・(砂塵の中のタンクローリー破壊、レーダー突破や爆弾投下の位置指示が鬼門だった+後半ミッションではとある事情である機能が使えなくなる)

残念ながらオンライン(要PSPlus)及びVRモード(要PSVR)はプレイできていないので、その部分は割愛します。

あと、ロックオン。何故か、狙いたいターゲットに合わないと言うことが数度有り、それで時間制限オーバーで失敗というケースが多々。その辺は改善を求めたいところです。

【総評】
本編が終わっても、シーズンパス購入者は追加ミッションが3つ控えています。後は、アップデートによる機能改善等があればもうちょっと良くなるのでしょうが・・・

レベル
ライトゲーマー
目的
ひとりで遊ぶ
総プレイ時間
11〜20時間

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「エースコンバット7 スカイズ・アンノウン [通常版] [PS4]」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

エースコンバット7 スカイズ・アンノウン [通常版] [PS4]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

エースコンバット7 スカイズ・アンノウン [通常版] [PS4]
バンダイナムコエンターテインメント

エースコンバット7 スカイズ・アンノウン [通常版] [PS4]

最安価格(税込):¥6,640発売日:2019年 1月17日 価格.comの安さの理由は?

エースコンバット7 スカイズ・アンノウン [通常版] [PS4]をお気に入り製品に追加する <98

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[プレイステーション4(PS4)ソフト]

プレイステーション4(PS4)ソフトの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(プレイステーション4(PS4) ソフト)

ご注意