『TSSPと車としての基本性能で選びました』 トヨタ プリウス 2015年モデル きもとさんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > トヨタ > プリウス 2015年モデル

『TSSPと車としての基本性能で選びました』 きもとさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

プリウス 2015年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:687人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
1件
1件
自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地4
燃費5
価格5
TSSPと車としての基本性能で選びました

(2016/12 購入1年後の追加投稿)

・安全性能
 家人が渋滞原因の事故検証を左に見ながら走っていたら、プリウスが急に止まったそうです。そう、TSSPのお蔭で追突せずに済んだわけです。これで十分元が取れました。さらに私自身の経験ですが、バックカメラのモニター見ながら野外の駐車場でバックしていると、まだ後ろがあるはずなのに突然プリウスが止まりました。???と思って車外に出てみると、高さ80cm位のセイタカアワダチソウの手前10cmで止まっていたのでした。

・アダプティブクルーズコントロール(ACC)
 ACC機能は、高速以外でも幹線道路を走り続ける場合には常用しています。もちろん前の車が右左折した時には注意しますが、それ以外は非常に楽です。
 さらに、自分で運転していたら事故にあっていた状況がありました。高速で100km/h程度で走っていた時、4台前の軽自動車が事故を起こし右側壁に衝突大破。この時は自分で急ブレーキを踏みましたが、ACCでは割込みされやすい位の車間を取って走ることが幸いし、プリウスは実に安定感ある急制動で停止しました。かっての自分流の車間距離でしたら間違いなく追突していたと思います。ACCは積極的に使うべきです。

・購入後1年経って、S Safty Plus が9万円値下げされましたが、ヘッドアップディスプレイ(HUD)が省略されたようです。HUDは何も車速の確認だけでなく、ACCを利用する人にはあったほうがいいものです。それは、ハイブリッドシステムインジケーター(充放電状況モニター)をマルチインフォメーションディスプレイ(中央モニタ)に表示する必要がなくなること、それによって中央モニタには「走行支援システム連携画面」を常時表示しておけることです。この画面は、追従している前の車をしっかり捉えているかモニタするものであり、ACC利用時には必須といっていいものなので、高速道路以外にも幹線道路でACCを利用することの多い者にとっては、安全性を高めるために必要なものなのです。もちろん、他の機能の表示画面にしていても、必要なときには自動的に切り替わって教えてくれるのですが、常時表示されている方が安全度は高まります。

・総合
 本当に技術の進化には驚きです。
 さらにデザイン面でも、見慣れると空力抵抗をとことん追求したボディラインによりスポーティさが感じられ、街中を走っている普通の車がもっさりと感じられるようになってきました。不思議なものです。



(2016/12 購入1ヶ月後の最初の投稿)

 10年以上乗り続けた3Lセダンから、夫婦だけの生活になり、もう少し取り回しのいい車がよいということで、いわゆるCセグメントで、いざとなれば積載量も多いハッチバックを候補に選択しました。

 ただ、60を越えて先々のことも考え、安全性能と全車速追従ACCは必須としたため、必然、VW、アイサイト、TSSPの3択となります。ドイツ車は魅力的だったが、10年以上乗るとなると故障した時が廃車時となりかねない修理、メンテナンス費用の危険性で没、カーオブザイヤーに輝いたアイサイト2L車は、デザインは最も好きだったが、試乗して今までの3Lセダンとの加速力の差が歴然で一気に醒めてしまった、というわけでした。どうして最初からレボーグの1.6Lターボを載せなかったのでしょうね。大切なのは60km/hまでの低速時のトルクですから。それに燃費も一時代前のレベルでしたし。

 で、50系プリウスですが、実はどうしても真正面からのデザインが好きになれず、最初は第3候補でした。ところが乗ってみると2400cc並みと言われる通りで、これまでの3L車と比べて加速力に遜色がなく、静粛性もしかり、操舵(ステアリング)性能とドア開閉音はかえって上と、中々に運転していて楽しい車なのでした。もちろんパワーモード専用で走ってますが、それでもこれまでの車と比べれば燃費は4倍上ですから、エコ運転とかの少々の燃費の良し悪しなど関係ありません。

 デザインも元々斜め後ろや、真横、斜め前などは格好いい位に思ってたので、真正面の顔の違和感は目をつむることにして購入したのですが、今では慣れたというか、余り変には感じなくなりました。洗車がマメではないので選ばなかったけれど、黒色なら精悍に見えるので、正面からのデザインも悪くはないと思ってましたし。

 全車速追従アダプティブクルーズコントロールは、一度味をしめると止められませんね。5年経ったら当たり前の機能になってると思うので、これから買うなら必須だと思います。ちなみに自動運転などというものは、日本では高速道路でしか将来も実現しないと思いますし、またそうなると睡魔に襲われそうです。プロパイロットやアイサイトのような車線中央維持も結構ですが、TSSPのように、はみ出す時に危険だから戻してくれるくらいの方が、眠くならなくてかえってよいと思っています。

 最後に、営業さんの熱心さと、当方をお得意様として扱ってくれる心地よさは、3社の中でトヨタさんが一番だったことも決め手の一因ではありました。S Safety Plus なら努力しますというので決めましたが、良かったと思います。バックカメラが標準ですから車庫入れも気が楽です。私も以前レンタカーで30系に乗った時、何て反応のトロい車かとプリウスはないなと思っていたので理解はできるのですが、プリウスアンチの人は30系までの走りの印象で低い評価をしているのではないでしょうか。これも有名税なのかもしれませんね。

乗車人数
2人
使用目的
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2016年11月
購入地域
兵庫県

新車価格
269万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

プリウスの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった683人(再レビュー後:43人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地4
燃費5
価格5
TSSPと車としての基本性能で選びました

 10年以上乗り続けた3Lセダンから、夫婦だけの生活になり、もう少し取り回しのいい車がよいということで、いわゆるCセグメントで、いざとなれば積載量も多いハッチバックを候補に選択しました。

 ただ、60を越えて先々のことも考え、安全性能と全車速追従ACCは必須としたため、必然、VW、アイサイト、TSSPの3択となります。ドイツ車は魅力的だったが、10年以上乗るとなると故障した時が廃車時となりかねない修理、メンテナンス費用の危険性で没、カーオブザイヤーに輝いたアイサイト2L車は、デザインは最も好きだったが、試乗して今までの3Lセダンとの加速力の差が歴然で一気に醒めてしまった、というわけでした。どうして最初からレボーグの1.6Lターボを載せなかったのでしょうね。大切なのは60km/hまでの低速時のトルクですから。それに燃費も一時代前のレベルでしたし。

 で、50系プリウスですが、実はどうしても真正面からのデザインが好きになれず、最初は第3候補でした。ところが乗ってみると2400cc並みと言われる通りで、これまでの3L車と比べて加速力に遜色がなく、静粛性もしかり、操舵(ステアリング)性能とドア開閉音はかえって上と、中々に運転していて楽しい車なのでした。もちろんパワーモード専用で走ってますが、それでもこれまでの車と比べれば燃費は4倍上ですから、エコ運転とかの少々の燃費の良し悪しなど関係ありません。

 デザインも元々斜め後ろや、真横、斜め前などは格好いい位に思ってたので、真正面の顔の違和感は目をつむることにして購入したのですが、今では慣れたというか、余り変には感じなくなりました。洗車がマメではないので選ばなかったけれど、黒色なら精悍に見えるので、正面からのデザインも悪くはないと思ってましたし。

 全車速追従アダプティブクルーズコントロールは、一度味をしめると止められませんね。5年経ったら当たり前の機能になってると思うので、これから買うなら必須だと思います。ちなみに自動運転などというものは、日本では高速道路でしか将来も実現しないと思いますし、またそうなると睡魔に襲われそうです。プロパイロットやアイサイトのような車線中央維持も結構ですが、TSSPのように、はみ出す時に危険だから戻してくれるくらいの方が、眠くならなくてかえってよいと思っています。

 最後に、営業さんの熱心さと、当方をお得意様として扱ってくれる心地よさは、3社の中でトヨタさんが一番だったことも決め手の一因ではありました。S Safety Plus なら努力しますというので決めましたが、良かったと思います。バックカメラが標準ですから車庫入れも気が楽です。私も以前レンタカーで30系に乗った時、何て反応のトロい車かとプリウスはないなと思っていたので理解はできるのですが、プリウスアンチの人は30系までの走りの印象で低い評価をしているのではないでしょうか。これも有名税なのかもしれませんね。

乗車人数
2人
使用目的
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2016年11月
購入地域
兵庫県

新車価格
269万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

プリウスの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった640

 
 
 
 
 
 

「プリウス 2015年モデル」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
これぞ日本が誇るグローバルカー  4 2020年9月18日 00:31
デッカイAQUA  2 2020年8月10日 22:13
もう少しお安くしてください!  4 2020年8月3日 23:55
2代目プリウスからの進歩は明らかです。  5 2020年7月26日 20:44
車検の代車で約120Km乗った感想  2 2020年7月5日 10:56
国民的ハイブリッドカーの実力  4 2020年6月29日 00:56
実家の働き者  4 2020年5月26日 21:44
このデザインは今でも好きになれない!  1 2020年5月25日 17:45
バランスがとれた良いクルマです  4 2020年5月4日 20:15
ラクな車  4 2020年4月25日 23:37

プリウス 2015年モデルのレビューを見る(レビュアー数:254人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

プリウス 2015年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格を見る

プリウス
トヨタ

プリウス

新車価格:260〜355万円

中古車価格:68〜498万円

プリウス 2015年モデルをお気に入り製品に追加する <1198

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

プリウスの中古車 (全4モデル/11,148物件)

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意