トヨタ プリウス 2015年モデル Aプレミアム(2015年12月9日発売)レビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > トヨタ > プリウス 2015年モデル

プリウス 2015年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みモデルまたはグレードの指定がないレビューを見る場合、それぞれの絞り込みを解除してください。

選択中のモデル:プリウス 2015年モデル 絞り込みを解除する

選択中のグレード:Aプレミアム 絞り込みを解除する

満足度:4.10
(カテゴリ平均:4.30
レビュー投稿数:254人 (プロ:1人 試乗:77人)
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 3.61 4.34 143位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 3.52 3.93 131位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 3.98 4.12 81位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 4.19 4.20 62位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 4.24 4.05 30位
燃費 燃費の満足度 4.78 3.88 6位
価格 総合的な価格の妥当性 3.75 3.87 40位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

プリウス 2015年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

レビュアー情報「頻度:週1〜2回」で絞込んだ結果 (絞込み解除

ぱーおーんさん

  • レビュー投稿数:30件
  • 累計支持数:168人
  • ファン数:0人
満足度4
エクステリア3
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格4

実家が4代プリウスを乗り継いでいて帰省時によく運転します。

【エクステリア】
3代目で良くなり過ぎたのか、4代目は可愛げとカッコ良さが不足していると思います。

【インテリア】
初代からスッキリした内装を保ってます。良くはなりましたが内装にはあまりお金をかけない主義を貫いてますね。

【エンジン性能】
モーターとエンジンの繋ぎが上手すぎる。パワーも十分、なんの不足もありません。初代とは隔世の感があります。THSUが良すぎて他社はEVに舵を切らざるを得ないのも納得です。

【走行性能】
これは3代目から飛躍的に良くなりました。初代から3代目まではリアが跳ねる感じがありましたが、4代目はしっかりグリップしてくれます。タイヤをコンフォート系に換えたらもっと良くなりますね。

【乗り心地】
これも4代目の良いところ。ボディも剛性が上がってサスが上手く凹凸をいなしてくれます。ヘッドクリアランスは相変わらずです。

【燃費】
文句なし。

【価格】
妥当だと思います。

【総評】
初代(実験車だけど未来を感じる)→2代目(実用車に変身)→3代目(カッコ良くなったけどHVは他の選択肢も出てきた)→4代目(燃費だけじゃなく車の総合力UP)という流れを感じます。
5代目をどうするか難しいと思いますが、期待したいですね。

レビュー対象車
試乗

参考になった6人(再レビュー後:6人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

かずっち1968さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:661人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
3件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地5
燃費5
価格4

運転歴28年、6台目のマイカー購入です。7年弱乗った20系からの乗り換えで、30系も会社の営業車として使っています。

【エクステリア】
写真で見た時は全く受け入れられなかったのですが、実車を見るようになって、段々と目に馴染んで来ました。20系/30系は5ドアハッチバックでしたが、新型は、最終型のセリカに通じる、4ドアクーペと言っていいデザインだと思います。

【インテリア】
マテリアルの質感やスイッチ類の操作感が上質で、満足度が高いです。
着座位置が低く、スポーティーなドラポジは運転していて安心感があります。本革シート欲しさでAプレミアムを選びましたが、心配していた夏場の蒸れは少なく、選んで正解でした(試乗車の合皮シートは、短時間の試乗でも汗ばみましたので)。座り心地も本革シートの方がしっかりしていて秀逸です。

【収納】
走りの基本性能が劇的に進化した代わりに、退化したのが収納です。
グローブボックスはサイズが縮小したうえに、照明が無くなりました。分厚い取説2冊(車両とナビ)は収まらないので、センターコンソールボックスに追いやられました。
ラゲッジも、低床化のあおりで床下のスペースがほぼ無くなり、三角表示板の置き場にも困っています(低床化でラゲッジ容量は増えたとはいえ、小物を転がしておくのはいかがなものかと)。

【操縦性能】
しなやか且つ剛性感がある上質なハンドリングで、コーナーリングが楽しくなりました。また、アクセルやブレーキを踏む感触も心地良く感じます。
一方で、先代以前にあった軽さが無くなったので、街乗りでは少し重く感じ、取り回しは悪くなったと思います。
快適性重視で選んだ15インチタイヤはコーナーリングでも不満を感じません。

【動力性能】
通常の運転であれば、ノーマルモードで十分です。ここ一番で加速が欲しい時は、パワーモードにすれば圧巻の加速をします。
ちなみに会社の30系では、出足のもたつきが嫌で、常にパワーモードで走っています。新型は、カタログ値には出ない、低速域の出力が向上しているのでしょう。
動力性能とは無関係ですが、フル充電状態でアクセルオフにすると、回生ブレーキが効かずにエンジンブレーキが効くようになります。ガソリン車でエンブレが効いても何も感じませんが、プリウスでは回生ブレーキとの違和感が大きく、壊れたのかと心配になります。

【快適性能】
ボディー剛性が上がり、リアサスが高性能になったので、乗り心地は大変良くなりました。車重が重くなった感覚で、知人所有の現行型クラウンに近い快適な乗り心地です。
また静粛性(遮音性)も大幅に向上しました。前車から引き継いで車内に設置した、防犯アラームの音が車外に聞こえないので、防犯効果が薄れてしまった程です。
にもかかわらず、路面(アスファルトに砂利が多く混ぜられているタイプ)によってはタイヤノイズが一気に上がります。静かな時(静か過ぎる)とのギャップがあるため、余計に大きな音に感じます。

【総括】
2年後に50路を迎えるので、50代のライフスタイルに相応しいクルマ選びを意識しました。
スバル車やドイツ車も候補に比較検討しましたが、信頼性の高さや維持費の安さ、乗ってすぐ馴染むハンドルやアクセル、ブレーキのフィーリング等の総合的な判断で、結局新型プリウスに落ち着きました。
街中に溢れ過ぎて、所有する満足度が低くなる心配はありますが、ハイブリッド車の選択肢が増えているうえ、20系/30系で多かった法人使用はアクアやカローラハイブリッドへの移行が進んでいるので、新型は従来ほど売れないと予想(期待)しています。
これまでのクルマ所有歴で最も高い買い物になった新型プリウス、大事に乗っていきたいです。

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2016年8月
購入地域
埼玉県

新車価格
310万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
10万円

プリウスの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった661

このレビューは参考になりましたか?参考になった

電化製品大好き。さん

  • レビュー投稿数:16件
  • 累計支持数:719人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
106件
カーナビ
0件
46件
洗濯機
2件
23件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地5
燃費5
価格5

【エクステリア】
最先端を感じ、今までにない特徴的なデザインで気に入っています。

【インテリア】
外観に比べると大人し目ですが革が上質で座り心地良く、パネルも上質で高級感を感じます。
白いパネルでホコリが目立たないです。
ただパワーシートは運転席だけなのが残念でした。
ただし電動なだけあって細かな調整が効くのは良いです。

【エンジン性能】
必要十分です。踏み込めば中々のパワーです。
変速ショックも無く極めてスムーズで、いつエンジンが掛かったのかモニターを見ないと気付かないこともあります。
音も大変静かです。

【走行性能】
回転半径が5.1mなので小回りがよく効きます。踏めばパワーもあります。
タイヤもトーヨータイヤのナノエナジーですが全体とのバランスが良いのか不満がありません。静かでよく走ります。
ハンドルを握っていて何より楽しいと感じています。

【乗り心地】
極めてスムーズで乗り心地は上質でとても良いです。
家族も余りに静かで滑らかなのですぐ眠くなるとのこと。子供もぐっすりです。
リアラゲッジからのロードノイズが試乗した際に感じたので「ラバー製セカンドシートバックマット+ラゲッジマット」を付けました。効果は不明ですが。

【燃費】
燃費は渋滞しているところばかりでも悪くなりません。
給油直後に走行可能距離をメーターで見たら1330kmと出て驚きました。
今までの車は400kmくらいで赤ランプでした。
回生充電が早いなと思います。その為かなりの部分を電池で走ってくれます。

【価格】
ツーリングとノーマルを何度か試乗しました。17インチは乗り心地、静粛性、燃費を考え選択から外し、しかし内装は革にしたかったのでAプレミアにしました。
走りの質は4WDのほうが良かったのですがリチウムイオンではなくなること、トランクが狭くなること、燃費も悪くなるということもあり、2WDにしました。
今までプリウスに乗られていた方には値段が高くなったと思われるのでしょうが、この最先端装備が何でも付いていて、革や内装の質感と走りなら、私にとって割高感はなくむしろ値段相応の良い内容だと思います。
同格の輸入車等と比べてもコストパフォーマンスが良いと思います。

【総評】
予約したのが発表の一週間前だったので5ヶ月と少しかかりました。
正直プリウスはいろいろな部分を削ぎ落とした燃費優先のエコカーと思っていたので、試乗もしていましたがそこそこな車なのかと思っていました。
納車され、改めて乗ってみると静粛性、剛性感が素晴らしく、セーフティーセンスやセンサー類も有用です。(オートクルーズは自動運転に近く、今迄の運転には便利で戻れなくなります。オートハイビームも便利、的確な動作で感心しました。10年後は本当に自動運転になっているのではと思います。)
一つ一つの装備が安全に寄与しているのを感じ、又、革の質感も良く内装に高級感があり、高級感さえ感じるハイテクカーだと感心しました。
良い意味で事前の予想を裏切ってくれました。
燃費も今迄リッター8kmくらいだったのに対し25kmを超えてびっくりしています。

初トヨタ車ですが、プリウスはトヨタの象徴という車だからでしょうか、条件の中で最高の車を作ろうという本気度を感じ、買ってとても満足しています。

なお社外品でつけたものは「ルームランプ LED ルームランプ 8点セット」「フロアマットESプリウス」「インテリアラバーマット ゴムマット ドアポケットマット 」「DRV-610」「USB、HDMIコネクタ」「LEDカーテシロゴ」
カーナビは「CN-F1D」を付けました。
全体的に考えに考えて購入しましたので満足度は5です。満足しています。



《世界での評価》
世界中の機関で様々な性能が評価され公表されています。
良くある印象操作ではなく,、誰もが見られる客観的な評価です。性能のご参考まで。

【燃費性能】
○米国の消費者情報誌『コンシューマーレポート』による測定で、新型トヨタ「プリウス」が過去最高の燃費を記録
http://jp.autoblog.com/2016/05/27/consumer-reports-2016-prius-hybrid-efficiency-report/
非電気自動車のテストした全ての車の中で「最高の燃費」の結果が出たと公表されました。
今までの一位は2人乗りの初代「インサイト」でしたが塗り替えられました。

【安全性能】
世界中の機関のすべてのテストで最高だったと公式に発表されています。
○〔アメリカ〕米国IIHSの最高安全評価「トップセーフティピック+」を獲得
http://jp.autoblog.com/2016/04/04/2016-toyota-prius-top-safety-plus-iihs/

○〔ユーロ〕ユーロNCAPトヨタ プリウス 新型、最高評価の5つ星
http://autos.goo.ne.jp/news/273957/
ユーロNCAPのプリウステスト結果ページです
http://www.euroncap.com/en/results/toyota/prius/24572

○〔日本〕JNCAP|自動車アセスメント 新型プリウスの評価が満点
http://www.nasva.go.jp/mamoru/active_safety_search/list_search_toyota.html

【維持費、故障率】
トヨタとプリウスシリーズの話ですが、維持費において世界の車種の中で最もかからないと公表されています。
BMWやベンツのかかる維持コストの1/3位とのこと。
○世界一メンテナンスコストが安いメーカーはトヨタ。車種のベストはプリウス
http://gigazine.net/news/20160616-car-mintain-cost/
原文はより細かい記事です。
The Most and Least Expensive Cars to Maintain | Advice from YourMechanic
https://www.yourmechanic.com/article/the-most-and-least-expensive-cars-to-maintain-by-maddy-martin

○ドイツ 最も故障の少ない車は二年連続でトヨタのプリウス
http://news.nna.jp/free_eu/news/20111208dem210A.html
http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/audi/s8/chiebukuro/detail/?qid=1177509191

初トヨタですが、記事のようにコストかからないと良いなあと思っています。こればかりは数年経たないとわからないですが期待しています。

乗車人数
4人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
高級感
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2016年5月
購入地域
東京都

新車価格
310万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
10万円

プリウスの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった630人(再レビュー後:550人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

プリウス 2015年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格を見る

プリウス
トヨタ

プリウス

新車価格:310万円

中古車価格:149〜398万円

プリウス 2015年モデルをお気に入り製品に追加する <1207

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

プリウスの中古車 (全4モデル/9,933物件)

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意