『有線LANアダプタ接続で、まだまだ現役使用中です。』 Acer Aspire Switch 10 E SW3-016-F12D/WF [ムーンストーンホワイト] R。田中一郎さんのレビュー・評価

2015年12月11日 発売

Aspire Switch 10 E SW3-016-F12D/WF [ムーンストーンホワイト]

Office 365と500GB HDDを搭載した2in1PC

Aspire Switch 10 E SW3-016-F12D/WF [ムーンストーンホワイト] 製品画像

拡大

※キーボードは日本語仕様です
※画像は組み合わせの一例です

他の画像も見る

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします

中古
最安価格(税込):
ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

OS種類:Windows 10 Home 64bit 画面サイズ:10.1インチ CPU:Atom x5-Z8300/1.44GHz ストレージ容量:64GB Aspire Switch 10 E SW3-016-F12D/WF [ムーンストーンホワイト]のスペック・仕様

価格.comのまるごと安心 設置・修理・サポート。家電・PC・カメラ・ゲーム機が対象。初月無料!
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Aspire Switch 10 E SW3-016-F12D/WF [ムーンストーンホワイト]の価格比較
  • Aspire Switch 10 E SW3-016-F12D/WF [ムーンストーンホワイト]の中古価格比較
  • Aspire Switch 10 E SW3-016-F12D/WF [ムーンストーンホワイト]の店頭購入
  • Aspire Switch 10 E SW3-016-F12D/WF [ムーンストーンホワイト]のスペック・仕様
  • Aspire Switch 10 E SW3-016-F12D/WF [ムーンストーンホワイト]のレビュー
  • Aspire Switch 10 E SW3-016-F12D/WF [ムーンストーンホワイト]のクチコミ
  • Aspire Switch 10 E SW3-016-F12D/WF [ムーンストーンホワイト]の画像・動画
  • Aspire Switch 10 E SW3-016-F12D/WF [ムーンストーンホワイト]のピックアップリスト
  • Aspire Switch 10 E SW3-016-F12D/WF [ムーンストーンホワイト]のオークション

Aspire Switch 10 E SW3-016-F12D/WF [ムーンストーンホワイト]Acer

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2015年12月11日

  • Aspire Switch 10 E SW3-016-F12D/WF [ムーンストーンホワイト]の価格比較
  • Aspire Switch 10 E SW3-016-F12D/WF [ムーンストーンホワイト]の中古価格比較
  • Aspire Switch 10 E SW3-016-F12D/WF [ムーンストーンホワイト]の店頭購入
  • Aspire Switch 10 E SW3-016-F12D/WF [ムーンストーンホワイト]のスペック・仕様
  • Aspire Switch 10 E SW3-016-F12D/WF [ムーンストーンホワイト]のレビュー
  • Aspire Switch 10 E SW3-016-F12D/WF [ムーンストーンホワイト]のクチコミ
  • Aspire Switch 10 E SW3-016-F12D/WF [ムーンストーンホワイト]の画像・動画
  • Aspire Switch 10 E SW3-016-F12D/WF [ムーンストーンホワイト]のピックアップリスト
  • Aspire Switch 10 E SW3-016-F12D/WF [ムーンストーンホワイト]のオークション

『有線LANアダプタ接続で、まだまだ現役使用中です。』 R。田中一郎さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

Aspire Switch 10 E SW3-016-F12D/WF [ムーンストーンホワイト]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:15件
  • 累計支持数:110人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

ノートパソコン
11件
10件
タブレットPC
3件
10件
USBハブ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
処理速度5
入力機能5
携帯性5
バッテリ5
液晶5
付属ソフト5
有線LANアダプタ接続で、まだまだ現役使用中です。

【使用の経過】
使いやすい機種ではありますが、本機の弱点は、ネット接続速度が実質『 11g 』 に限定されてしまう点です。
普段の使用では、これでも支障は無いものの、『OS機能更新の大型アップデート』 が始まると、時間が掛かって仕方がない。
『1709』 のOSアップデートについては、『USBインストールメディアを使う』 という選択もありますが、できれば普段も快適に使いたい。そこで、何か良い方法が無いものかと、価格コムを検索していたところ、『安価で効果があがる』 パーツがありました。

【有線LAN接続対策】
幸い本機には、キーボードドック右側に『USB3.0端子』 1個が装備されています。
そこに、価格コムで購入した、『USB3.0接続で、ギガビット対応の有線LANアダプタ』 を装着し、ルーターと有線LAN接続しました。
もちろん、LANケーブルの長さの範囲でしか移動できないものの、ネット接続は、快適になりました。
まだまだ、現役使用できる状態です。

【Wifi 対策の方は…】
キーボードドックのUSB3.0端子に、『USB3.0接続で、11a c 対応の、Wifi アダプタを装着する』 という方法もありますが、有線LANアダプタより価格が高く、セットアップに手間が掛かります。
こちらの方が移動は自由にできますが、通信速度は、『ギガビット有線LAN接続』 に及ばないため、試していません。
興味のある方は、試してみてください。

【ラストレビュー】
ようやく、5回目のレビューにたどり着きました。
これで、本機に関するレビューは、終了です。
当機は、お気に入りの機種なので、大事に使い続けるつもりです。

【おまけ】
ちょいと古いPCでも、USB3.0端子が装備されている機種は、何かと融通が利きますね。




参考になった3人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
処理速度5
入力機能5
携帯性5
バッテリ5
液晶5
付属ソフト5
不調だった個体をメーカー修理に出してみました。

【経過】
2017年5月に購入したグレーカラーの1台が、セットアップ後から不調だったので、メーカー保証期間中に修理に出してみました。

【不調の症状】
@充電完了後の自然放電が早い。『使用・放電→充電』を3回繰り返しても改善しない。
APCシャットダウン後に、キーボードのUSB端子への給電が停止せず、継続されてしまう。

【メーカーサポート】
そこで、日本エイサーサポートのカスタマーサービスセンターへWeb修理受付を依頼しました。
受付依頼メール送信時とエイサーサポートからの受付返信メールには、修理発送時の決まり事が幾つか記載されているので、これを忘れずに実行します。
修理受付時に、『リクエストID』と『ケースID』が付きます。サポートWebで修理進行状況や、完了・発送状況が確認できるので便利です。修理PCとは別のPCのメールアドレスを連絡先にしておけば、有償修理の場合に見積りの連絡が入ります。
ちなみに、発送料金は着払いでOKでした。

【修理経過】
2017年8月22日にWeb修理依頼→8月24日に発送→8月25日からメーカーにて『症状再現確認と検証の後、部品交換とリカバリ→正常動作確認、システム診断ソフトでテスト』を経て、8月31日に修理完了・メーカーから返送→9月1日受け取り。
都合、11日間で修理されて戻ってきました。

【修理内容】
@の症状については、マザーボード不良のため、マザーボードを交換&リカバリ。
Aの症状については、ドッキングボード不良のため、ドッキングボードの交換&リカバリ。
以上、部品2点の交換修理となりました。メーカー保証の範囲内だったので無償修理で済みました。
ただし、この修理により、初期画面に戻した状態になったので、『1703で使用していたOS』が、『Windows10バージョン1507』に返ってしまいました。

【再セットアップとOS機能更新】
9月1〜2日に、早速実行です。
購入時に実施した『セットアップとOS機能更新アップデートの手順』を思い出しつつ…、うっ…、もう記憶を呼び覚ますのが面倒だったので、当方がアップしておいた過去レビューのプリントを引っ張り出して、再セットアップ&OS機能更新アップデートを実行。
今回は、『OS1607をすっ飛ばした、OS機能更新アップデート』だったため、合計7時間30分程度で完了しました。

【おまけ】
これで、完全復活と思いきや、そうは問屋が卸してくれない。
交換された部品がまだ馴染んでなかったのか、キーボードドックの500MB・HDDを認識してくれず、ネットワークアダプタが一時不調になってしまいネット接続できなくなりました。
でもそこは、『OS1703』の本領発揮。
HDD認識については、PC再起動で復旧。
ネットワークアダプタについては、デバイスマネージャーを開いて、問題の出たネットワークアダプタのプログラムをハードウェア更新のスキャン、及びネットワークアダプタのトラブルシューティング、さらに、インターネットの再接続で復旧しました。
ようやくこれで、安心して運用できる状態に戻りました。『SW3−016』は、大事に長く使いたい機種です。

【もひとつおまけ】
『OS1703』は、こういった、トラブルシューティングが実行しやすいのが良いですね。
時期『OS1709』にも、このような『基本性能の機能向上』を期待しています。

参考になった0

満足度5
デザイン5
処理速度5
入力機能5
携帯性5
バッテリ5
液晶5
付属ソフト5
OS1507のサポート終了後に、機能更新してみました。

【マイクロソフト社の告知】Windows10バージョン1507のサポート終了前には、次のように告知されていました。
2017年5月9日以降、Version1507を実行しているWindows10デバイスには、セキュリティ品質更新プログラムと品質更新プログラムが提供されなくなる。マイクロソフトでは、ソフトウェアダウンロードサイトで[今すぐ更新]を選択することで、デバイスを手動で更新することにより、デバイスを最新バージョンのWindows10に更新することを勧めている。

【と、いうことは?】なんとも微妙な言い回し。2017年5月9日のWindows10バージョン1507のOSサポート終了後、OS1507搭載PCはオフラインで使用するしかないと考えていましたが、どうもそうではないらしい。

【さて、皆様、お立合い】と、なれば、即実行あるのみ。幸い、本機は在庫品が新品販売されているので、手頃な価格になっていたグレーカラーを『ポチっとな』して購入。OS1507から、OS1607を経てOS1703への機能更新が可能か試してみました。

【結論】2017年5月13日に実行してみたところ、OS1703への機能更新ができました。
できましたが、OSの大型アップデート2回分の手間と時間がかかることに変わりはありません。また、試行の際は、ウインドウズディフェンダーの有効化と定義の更新及びクイックスキャンを要領よく実行する必要があります。

【注意点】2017年5月9日以降、Windows10バージョン1507のOSサポート終了後、日数が経過すればするほど、OS機能更新の試行時にはセキュリティーに不安が出るのも事実です。そのため1507のOSサポート終了後、OS1507からOS1607及びOS1703への機能更新は、『あくまで自己責任』です。『自己責任上等』の方のみ、お試しあれ。

参考になった0

満足度5
デザイン5
処理速度5
入力機能5
携帯性5
バッテリ5
液晶5
付属ソフト5
本機のOSアップデートにチャレンジする方へ

【重要】Windows10バージョン1507は、2017年5月9日にOSサポートが完全終了します。5月8日深夜までにOSアップデートを済ませる必要があります。本機は、バージョン1507から1607を経て最新版1703への、大型アップデート2回分の手間と時間がかかります。
私の場合は、ネット回線が低速のため4月30日には合計約20時間かかりました。先週は、合計約10時間で完了しましたが、ゴールデンウイークに突入した時点で、更新プログラムのダウンロードが遅くなりました。
5月3日以降は、さらにダウンロードが遅くなると思われるので、覚悟して臨んでください。

【前準備】手順の説明ですが、大まかな事項に留め、セットアップ時の個人用設定など細かい事項は省略します。
本機に元々入っているプログラムで、『エイサー関連』のものは残します。不要で削除するのは、『マカフィ全て』だけです。アンインストールと同時に、『ウインドウズディフェンダー』を有効化してPCを保護します。ディフェンダーの『定義を更新』して、クイックスキャンを実行しておきます。
ここで、他社のセキュリティーソフトは必要ありません。特に、安価だからという理由で、ソースネクストのソフトは絶対に導入しないでください。PCのプログラムが破壊されます。
ここまでで『しくじった』と思った方は、PCを全初期化して、セットアップからやり直しましょう。何事も『トライアンドエラー』です。

【バージョン1507から1607へのアップデート】ここで不用意にアップデートを実行すると、更新プログラムのインストール73%あたりでエラーストップします。エラー番号でネット検索すれば、その原因と対処法がわかります。原因は、PC内のプログラムが古いためで、各種プログラム全部を最新版にすることでエラーを回避できます。
実際の作業としては、まず、デスクトップ左上にある『エイサーケアセンター』を開き、これを最新版にしたら、センターのあっちこっちをクリックして、センター内部の隅々まで最新版にします。
次に、デスクトップ左下のウインドウズマークを右クリックして、『デバイスマネージャー』を開き、内部の『デバイスドライバ』の各項目全部を一つずつ『右クリック→ハードウェア更新のスキャン』を実行します。
PCを再起動して、ウインドウズのトラブルシューティングを実行します。
ここで、『設定→更新とセキュリティー→詳細オプションにチエック入れ』しておくと、オフィスモバイルが使用不能にならずに済みます。
これで、1回目のアップデートを実行できます。手順は、皆さんご存知でしょうから省略します。時間がかかっても、辛抱するしかありません。
終了したら、『ウインドウズディフェンダーの定義を更新』して、『PCを再起動→トラブルシューティングを実行』しておきます。

【バージョン1607から1703へのアップデート】アップデート:更新情報の確認をします。場合によっては先の手順で1511になり、ここで1607への更新が実行されます。何事が起っても、臨機応変に対処してください。
更新プログラムがなく、『最新の状態です。』と表示されても、まだ『1607』の状態です。またここで、『再試行』の表示が出ても、無視します。
PCを再起動して、トラブルシューティングを実行。『設定→更新とセキュリティーの詳細→全部にチェック入れ』を再確認。
これで、バージョン1703・クリエイターズアップデートのマニュアルダウンロードを実行できます。
@『アップデート更新の情報→詳細情報を入手→ウインドウズ10のダウンロード→今すぐアップデート、保存、実行』
A『詳細情報を入手→更新アシスタントを保存、ダウンロード、インストール、実行→ウインドウズ10の最新バージョンに更新→今すぐ更新』
B『ウインドウズ10及びウインドウズサーバー2016の更新履歴→ウインドウズアップデート:FAQ→ウインドウズ10クリエイターズアップデートを取得する→マイクロソフトソフトウェアのダウンロードウェブサイト→今すぐアップデート、保存、実行→今すぐ更新、次へ』
@〜Bの内、どれでもバージョン1703へのマニュアルダウンロードによるアップデートができます。

【いよいよ大詰め】1703へのアップデートが完了したら、もう一度、『PCを再起動→トラブルシューティング→更新プログラムの確認』を実行して、PCを最新の状態にしておきます。
もし、オフィスモバイルが使用不能になっていたら、『マイクロソフトストア』をネット検索して、無料版をダウンロードして修復してください。

【最後に】アップデートのために何かしら作業をしたら、『再起動→トラブルシューティング』を実行するのがコツです。
他にもやり方はあるでしょうが、私は上記の方法で完了させました。後は、トライアンドエラーで実行あるのみです。
1507のOSサポート完全終了まで時間が無い!!。急いで!!。

参考になった2

満足度5
デザイン5
処理速度5
入力機能5
携帯性5
バッテリ5
液晶5
付属ソフト5
Windows10 のOSアップデートに苦労しました

【デザイン】クロス地風つや消し色の外装が落ち着いた雰囲気で良いです。

【処理速度】タブレットPCとしては充分な速度です。

【入力機能】キーボードは、タブレットPCにありがちな一部のキーが省略された独特の配列ではなく、11型〜14型と同等のものです。キータッチは底突き感の無い静音タイプで、タッチパッドの感触はカチカチとした硬質なものです。タブレットPCとして使うので満足しています。

【携帯性】キーボードドックに500GBのHDDが入っているので、持ち運ぶには重いです。外装表面がクロス地風で滑りにくいし持ちやすいので苦にはなりません。

【バッテリ】よくもってくれます。

【液晶】I PSで、きれいに見えます。

【付属ソフト】「エイサーケアセンター」はソフトの一括管理ができるので便利です。OSのアップデート後に「オフィスモバイル」が使えなくなったので、マイクロソフトストアから無料版をダウンロードして修復しました。付属ソフトは必要充分な内容です。

【注意点】この機種のOSは、Windows10バージョン1507と思われます。「1507」は、2017年5月にOSサポートを完全終了すると告知されています。今はまだ、「1507」から「1511と1607」を経て最新版の「1703」へのアップデートが可能です。可能ですが、手間と時間がかかります。OS最新版で実用にしたい方はお早めに。

参考になった0

「Aspire Switch 10 E SW3-016-F12D/WF [ムーンストーンホワイト]」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

Aspire Switch 10 E SW3-016-F12D/WF [ムーンストーンホワイト]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Aspire Switch 10 E SW3-016-F12D/WF [ムーンストーンホワイト]
Acer

Aspire Switch 10 E SW3-016-F12D/WF [ムーンストーンホワイト]

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2015年12月11日

Aspire Switch 10 E SW3-016-F12D/WF [ムーンストーンホワイト]をお気に入り製品に追加する <42

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[タブレットPC]

 タブレットPCの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(タブレットPC)

ご注意