CLASS-S WOOD 01 HA-SW01 レビュー・評価

2015年12月上旬 発売

CLASS-S WOOD 01 HA-SW01

  • 大口径ウッドドーム振動板を採用したハイレゾ対応ヘッドホン。木の自然な響き、ハイレゾ音源のクリアで繊細な音、大口径ならではの余裕ある音を実現。
  • 無垢の木材を数十層にわたって積層した強固な構造のハウジングを採用。木の響きに安定性、均一性を与え、自然な音の広がりや余韻や臨場感を実現する。
  • 音をロスなく耳に伝えるイヤーダイレクトバッフル、ハイレゾ仕様コンフォータブルイヤーパッド、着脱式L/R独立グランドプラグ&ケーブルを採用している。
CLASS-S WOOD 01 HA-SW01 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥56,000

(前週比:+11,036円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥56,000¥78,064 (18店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥59,198 〜 ¥59,198 (全国39店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:オーバーヘッド 装着方式:両耳 構造:密閉型(クローズド) 駆動方式:ダイナミック型 再生周波数帯域:8Hz〜45kHz ハイレゾ:○ CLASS-S WOOD 01 HA-SW01のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • CLASS-S WOOD 01 HA-SW01の価格比較
  • CLASS-S WOOD 01 HA-SW01の店頭購入
  • CLASS-S WOOD 01 HA-SW01のスペック・仕様
  • CLASS-S WOOD 01 HA-SW01のレビュー
  • CLASS-S WOOD 01 HA-SW01のクチコミ
  • CLASS-S WOOD 01 HA-SW01の画像・動画
  • CLASS-S WOOD 01 HA-SW01のピックアップリスト
  • CLASS-S WOOD 01 HA-SW01のオークション

CLASS-S WOOD 01 HA-SW01JVC

最安価格(税込):¥56,000 (前週比:+11,036円↑) 発売日:2015年12月上旬

  • CLASS-S WOOD 01 HA-SW01の価格比較
  • CLASS-S WOOD 01 HA-SW01の店頭購入
  • CLASS-S WOOD 01 HA-SW01のスペック・仕様
  • CLASS-S WOOD 01 HA-SW01のレビュー
  • CLASS-S WOOD 01 HA-SW01のクチコミ
  • CLASS-S WOOD 01 HA-SW01の画像・動画
  • CLASS-S WOOD 01 HA-SW01のピックアップリスト
  • CLASS-S WOOD 01 HA-SW01のオークション

満足度:4.71
(カテゴリ平均:4.28
レビュー投稿数:10人 
  1. 3 0%
  2. 2 0%
  3. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.42 4.16 127位
高音の音質 高音部の音質の良さ 4.80 4.15 37位
低音の音質 低音部の音質の良さ 4.52 4.14 93位
フィット感 装着したときのフィット感など 4.62 4.08 39位
外音遮断性 外の音を遮断するか 3.72 3.81 240位
音漏れ防止 音漏れを防止するか 4.12 3.77 135位
携帯性 コンパクトさ 3.65 3.78 251位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

CLASS-S WOOD 01 HA-SW01のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

レビュアー情報「接続対象:オーディオ」で絞込んだ結果 (絞込み解除

miki.sumeraginekoさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:25人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
3件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質3
フィット感5
外音遮断性4
音漏れ防止4
携帯性3

【デザイン】
宣伝の写真から伝わるとおり、シンプルで、渋くて重厚感・高級感があります。机に置いてるだけで、かっこいいです。
でも、女子にはちょっと渋すぎるかもしれないです。ヨドバシで視聴するだけで、けっこう勇気がいりました。


【高音の音質】
個人差かもしれませんが、鮮やかで爽やかな響きのある音色です。フォーカスがやや個性的で、独特な響きがあります。
解像度が高く、音を一つ一つしっかり分離して、非常に強く響きを加えて、届けてくれます。

たぶんヌケはいいのだろうと思うのですが、たくさんの響きのなかに、やや埋もれるような感覚があり、全体的に音の波にもみくちゃになる印象です。ただし、個々の音は、非常によい音です。
それは、EQサラウンドとかホール感という意味ではありません。特有の個性的なフォーカスに感じてしまいます。

わたしは、中高音が好きで、密閉型では、beyerdynamicのXELENTO REMOTEが理想です。XELENTOは、凄絶なまでのキラキラ感が印象的ですが、こちらのHA-SW01の高音は、そこに届かないまでも相当に肉薄するほど、さわやかな高音です。

【中音の音質】
個人的には、中音に特徴があるように思います。たとえば、ボーカルやギターのリフやカッティングのエッジ音など。
独特の響きのためか、ボーカルが埋もれてしまうこともあれば、ダントツに個性が際立つこともあります。それは、曲によっては鳥肌が立ってしまうくらいに、感動的です。
ほかの方もおっしゃるように、HD820よりも、限られた一面では、HA-SW01のほうが優れているように感じます。わたしは、DENON AH-D9200がお気に入りですが、曲によっては、HA-SW01が、圧倒的に優れています。


【低音の音質】
もともと低音の量感は、少な目ですが、特有の響きのためか、鮮明にリズムを彩ってくれます。音の量は少ないはずなのに、暖色系?の響きのおかげか、迫力ある印象です。

個人的には、低音が多いのは苦手なのですが、それでもちょうどよく、さわやかな印象です。
SONYやAudio-Technicaなど低音がお好きな方は、好まれないかもしれませんので、ぜひ視聴をおすすめします。


【フィット感】
イヤーパッドは快適です。しかし、ケーブルのタッチノイズがとても大きいです。首をまわすととても不快にゴリッと鳴ります。
わたしは、リケーブルで、ORBのClear forceとonsoを使いわけています。タッチノイズ対策で、個人的にいいと思っているのは、ORBのClear forceを背中から回してくる方法です。

【外音遮断性】
たぶん遮断性はいいと思います。家で静かに聴くぶんには、外音はほぼ気にならないと思います。個人差がある部分だと思うので、可能な限り、お店でお試しいただければと思います。

【音漏れ防止】
あまり聞こえなないです。エージングのとき、40cmくらい離して放置してるとき、あれ?けっこう聞こえてくる?くらいな感じでした。
装着すれば、普通の音量なら、ほぼ聴こえないと思います。

【携帯性】
タッチノイズは、上にお話ししたとおりです。サイズは、女子にはとても大きく思います。
すくなくとも、わたしは外で使いずらいかなーと思って、完全に室内専用です。
男性だと、デザインもカッコいいし、サイズも大丈夫かと思います。ハウジングをくるっと90度まわせるし、いいと思います。


【総評】
ほかの方もおっしゃるように、音場も、空間表現も、相当に狭く感じます。そして、音像もやや前方にフォーカスしていて、目の前のスピーカーから、たくさんの響きのある音の波を、一気にグワァーと受けるような感覚です。

おおざっぱな表現で、誤解がありそうですが、音が多い曲は、やや苦手めで、音が少ないと得意な傾向があります。
あくまでも、そういう傾向、というだけです。
決して、そのように、常に整理されるというような、画一的なはなしではありません。
ちょっとおかしな話かもしれませんが、HA-SW01が、曲を選ぶような得意不得意があります。

まず不得意に感じるものとして、たとえば、わたしが大好きな和楽器バンドやラブライブのμ'sがあります。
比較的近い音域に、音個々の個性が大切な音が凝集しています。このヘッドホンでは、聞き分けるために、集中力がいります。音楽を楽しむ、という感覚からちょっと離れてしまいます。
ほか、打ち込み系の華やかな多量のキラキラサウンドの曲も同様に苦手なように感じます。

では、音が少ないといいかというと。たしかに、CMキャラクター・ソングでもある家入レオさんの「君がくれた夏」は、鳥肌が立つほどのリアル感で、絶対的にすごい性能に思います。

また、たしかに、きゃりーぱみゅぱみゅの初期から中期のように、ボーカルがサウンドのひとつのように溶け込んでいる曲を、HA-SW01で聴いても、大量のキラキラサウンドが、ボワボワ響く印象となり、面白みに欠けます。

しかしながら、話は複雑です。
近年のきゃりーさんの曲のように、ボーカルが相当前に出てメッセージ性をもって主張されるサウンドステージをとられた曲では、前者とまったく異なり、凄絶な感動を生みます。あまりに、ボーカルが印象的で、鳥肌が立ちます。

同様に、すこし以前のアニソンでは、多用されたような合いの手や、セリフ的な演出の曲もまた同じです。
いずれにしても、特有の響きの背景音の波の上で、ボーカルが、突き刺さってきます!極めて感動的で、こんなヘッドホンは、珍しいのではないでしょうか?
そう思わざるを得ないほど、印象的な響きをするヘッドホンだと思います。

単なる暖色系とかリスニング系という枠ではなく、曲によって、個人個人の聴き方によって、HA-SW01の個性の評価が分かれるような、独特な製品のように思います。視聴なしで、購入するのは、とても冒険的なことです。

わたし、個人はとても大好きなので、サイトにできるだけ詳しくレビューしたので、活用いただけたら幸いです。https://www.sumeragineko.tokyo/?p=12

比較製品
beyerdynamic > XELENTO REMOTE
DENON > AH-D9200
主な用途
音楽
映画
接続対象
オーディオ

参考になった5人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

アリナミンV2さん

  • レビュー投稿数:55件
  • 累計支持数:508人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
41件
19件
Mac ノート(MacBook)
0件
5件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
3件
2件
もっと見る
満足度4
デザイン4
高音の音質5
低音の音質4
フィット感4
外音遮断性3
音漏れ防止無評価
携帯性無評価

再レビューとなりますが、先日ゼンハイザーの最新密閉型ヘッドホンHD820を聞いて、驚きました。HD820は純正の高性能アンプとセットで視聴したので単純には比較になりませんが、密閉型を感じさせない自然な聞こえ方で、明らかに耳の横から音が聞こえますが絶対に苦しそうな音を出さず、余裕で全て鳴らしきる感じで、フラットに感じ、誇張した帯域は見当たらず、非常に音場が広いというか、ハウジング内部空間が広いような、ドライバーと耳との距離がかなりあって広々とした音の伸び伸びとしたモニターサウンドで、演出が無いのに本物のような楽器の音、肉声が聞こえてきて、30万円と桁違いに高いですが、あれは価値があると思いました。

でHA-SW01ですが、こちらはポータブルアンプのCHORD社のMojoにUSBーDAC形式で接続して聞いています。
特徴としては、決して高音などは耳に刺さるような音質ではなく、優しい。
響棒?の効果なのか音にリヴァーブがかかったようなすごい響きが出て、ハマればそれが気持ちよく聞こえる。
自分の個体はエージングがまあまあ進んでおり初期のようなモヤのような膜のかかった音はかなり解消していますが、それでも流石にHD820などと比較したら別の人間が歌ってるの?と思うほど声が違って聞こえ、HD820の方が肉声に近く違和感なく聞こえる事は明白で、HA-SW01の音声はややウソというか、木製振動板のせいか違う音に聞こえるため、原音忠実では無いと思います。
また、低音が軽く、弾力感があり、軽快でリズミカルな低音の鳴り方ですが、自分としては重低音として沈み込み重力を感じるような重い低音はちゃんとそのように表現して欲しかった。HD820を聞いたらそういうところを一切演出なく誇張もせず、余裕を持って本来の低音が再生されており、これに比べると当機は曲調が変わってしまうほど原音とは違う音に再生されます。

中音域のボーカルだろうか、このあたりは低音、高音より前に出て聞こえ、ボーカルがすごく聞き取りやすいです。
他のイヤホンなどは、低音の強調や高音の伸びにフォーカスして焦点が当たっていて、ボーカルが引っ込んでしまい、音量をあげると低音か高音がうるさいのでボーカルが満足に聞こえる音量にするとやかましくて聞いていられないケースが多いと思うのだが、HA-SW01はそれらとは逆傾向で、軽いノリの低音や決して刺さらないマイルドな高音となっており、ボーカルが極めて近く聞こえるという珍しいものだと思う。

音場感は狭い方だと思う。狭い空間に音がごちゃごちゃ鳴っている感覚がややある。
音は痩せた音ではなくリッチな濃いめの音だと思う。音が飽和してしまっている気もするが、それゆえグルーブ感のようなものを感じることがある。
ただし、どうやってもHD820のような、情報量は多いのに広い空間に余裕を持って自然に再生するものを聞いてしまうと当然そちらの方がいいという正直な感想となります。
HD820は、広大なリビングに、センスの良い家具がきれいに置いてある金持ちの家といった感じで、
HA-SW01は狭い部屋に大画面テレビなど高価な家具を所狭しと配置したような感じでしょうか。

あとは、軽快な低音とは逆にヘッドホンとしてはやや重量が重く、室内での長時間使用はちょっと辛いです。もう少し軽い方がいい。
刺さるおとは全く出ないのでYoutubeなどの視聴時になんとなく使う時などには最適な音質ではありますが、だったら密閉型と言わず開放型にした方がよかったのでは、と。
木製ドライアバーの音質で密閉型にすると少し音場感が窮屈なのが勿体無い感じかと。

主な用途
音楽
映画
テレビ
接続対象
オーディオ

参考になった42人(再レビュー後:9人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Jekill.Kさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:63人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
4件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性4
音漏れ防止4
携帯性4

シンプルなパッケージ。付属品はキャリングケースと着脱式ケーブルのみ

ヘッドホン本体。ウッドのハウジングが大人っぽいシックなデザイン

セールスポイントであるウッドドーム振動板がドヤ顔で鎮座しておられます

ヘッドバンドは正直めっちゃ地味です

付属のケーブルは布巻きで扱いやすく高品質

接続例。個人的にはあえて寒色系のアンプと組み合わせるといい感じ

最初に、このレビューは文字数制限ギリギリのクッソ長いレビューとなっておりますので読む場合はその辺覚悟してお読みください(笑)

購入から三ヶ月近くが経ち、大体100時間以上聴き込んでのレビューです。

使用環境はSONY NW-A16→SONY PHA-2→このヘッドホン、及びONKYO DP-X1→このヘッドホンという感じで繋いでいます。

【デザイン】
シルエットだけで見ればSONY MDR-1Aやオーディオテクニカ ATH-MSR7に見られるような、
いかにも最近のヘッドホンというような出で立ちですが、ハウジングのウッドの落ち着いた質感が、大人っぽいシックな雰囲気を醸し出しています。
ドライバを覆うメッシュは割りと目が荒く、売りであるウッドドーム振動板がバッチリ拝めます。
もしドライバ内に異物が混入してもイヤーパッド自体は簡単に取り外し可能なようなので安心(?)ですね。
ヘッドバンドの調節機構はカチッとしたクリック感はなく無骨な印象なものの、その分パーツが太くガッチリとした質感で好感が持てます。
ヘッドバンドそのものはハッキリ言って滅茶苦茶地味です。質感は最高の一言に尽きますが、もうちょい何かアクセントがあれば良かったな、とか思ってます。
付属の着脱式ケーブルは1.2mのOFC編組のもので、高品質で扱いやすいケーブルとなっています。付属品はこのケーブルと簡素なキャリングケースに取説くらいなもので、シンプルに纏められています。
値段が値段なので、標準プラグへの変換アダプタや3mくらいのロングケーブル辺りは付属してほしかったような気もしますが、後述する能率の良さ等を踏まえると、案外カジュアル使用がメインであることを想定しているヘッドホンなのかもしれませんね。

【中高音の音質】
最初は見た目のイメージからエッジの丸め込まれた、柔らかいまったり系サウンドなのかな、とか思っていたのですが、思いの外上まで伸び、凛とした高音が鳴り響いている印象です。
中域は逆にイメージ通りまったり濃厚なのが不思議で高音のアクセントがいい感じに作用しています。弦楽器の鳴りの心地よさには思わずウットリしてしまいました。

【低音の音質】
下までしっかり伸びてはいるものの、個人的にはそこまで重低音が出ている印象はなく、どちらかと言うと中低音辺りが臨場感を伴ってブワッと響いてくる感覚があります。打楽器の迫力、金管楽器の鳴りっぷりが素晴らしいです。
ただ、この辺りの特性が当機種の好き嫌いが分かれそうなポイントでして、これのおかげで中域が曇っていると感じた人もいるんじゃないでしょうか。

【空間表現力】
このヘッドホンはドライバが前方に傾斜している構造で、この為音が脳内に定位せず前方に寄ってスピーカーっぽい鳴り方になるという、
最近の高級ヘッドホンでよく見かける方式を採用しているみたいです。
そんな訳で空間は密閉型にしては結構広く、それでいて密閉型らしい圧も感じられる、臨場感溢れる大迫力サウンドを楽しめます。

【音質総評】
ちょっと前まではクラシックやジャズを聴くなら空間表現の自然なオープンエアのヘッドホンで聴くのが定石でしたが、
HA-SW01の音を聴いていると今の時代案外そうでもないような気がしてきます。
とにかく沸き立つような臨場感と響きが半端ではなく、それがこのヘッドホンの長所であり短所であるとも言えます。
合う曲、人にはとことんハマりますが、合わない曲、人には首を傾げるような訳分からんサウンドに聞こえてしまうので、やはりクセは強い印象ですね。
個人的には寒色系のアンプと組み合わせると全体的に纏まりが出ていい感じです。だもんで上に挙げてるNW-A16+PHA-2かDP-X1直挿しかで言ったら断然前者の組み合わせの方が好きです。

【フィット感】
肉厚なイヤーパッドとヘッドバンドによりすこぶる良好です。
実は存外側圧が強く、本体の重量も330gとかなり重めなのですが、その辺りのトータルバランスがキッチリ計算されているのでしょう。不快感がないどころか全く以て快適です。
ただし、ドライバが傾斜している影響かそれが耳に当たる可能性もあります故、装着する際は一応入念にチェックした方が良いと思います。

【外音遮断性】
優秀なイヤーパッドと微妙に強い側圧のおかげで屋内環境下ではじっくり音楽に浸れます。
でも屋外ではどうなんでしょうね。外で使ったことないので正直よく分からないのですが、まぁある程度はというレベルでしょう。

【音漏れ防止】
こちらも至って普通のヘッドホンといったところでしょう。

【携帯性】
付属しているキャリングケースは大仰なものでもなく簡素なデザインで、ケーブルも着脱可能、スイーベル機構搭載ということで
割りと良い方なんじゃないでしょうか。やはり持ち歩いて使用しないのでよく分かりませんね…

【その他】
公式スペックではインピーダンス56Ω、音圧感度105dbとなっています。
インピーダンスだけ見るとなんだか微妙に音量取りづらそうな感じがしますが、実際はそうでもないどころかかなり能率が良く、
適当にDAP直挿しでも余裕で音量稼げます。やっぱりこの辺カジュアル使用を想定しているのかもしれないですね。
余談ですが、こちらのヘッドホン最大許容入力が1500mWとありますので、そういった点においては繊細なようで意外とタフなようです。
つくづく見た目に騙されてはいけないヘッドホンですな。

【総評(というより蛇足?)】
この機種のレビューで、「最初は音が篭っていたが、エージングしたら化けた」というような旨の感想をよく見かけます。
僕自身、エージングに関してあまり熱心な方ではないのですが、HA-SW01に限って言えばそれらの意見について、何となく理解出来る部分があります。
特に中高音域の変化は顕著で、聴き始めた頃は見た目のイメージ通り、良く言えばまろやか、悪く言えば曇天のような煮え切らないサウンドで落胆していたのですが、
聴き慣れた今となっては上述の中高音の音質のレビュー通りに聴こえているので、多少なりともエージングの効果はあったのかもしれません。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった27人(再レビュー後:20人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

seailandさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:13人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
0件
14件
イヤホン・ヘッドホン
1件
10件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質4
フィット感4
外音遮断性3
音漏れ防止4
携帯性5

音に関しては表題のとおり、何を聴くかですごく印象が変わります。

これでロックとかへヴィメタ等を聴くと結構音がこもる感じなので、約6万円ということを考えると費用対効果は薄いように思います。

逆にJAZZやクラシックでのピアノやバイオリンの音色は感動ものです。
特にクラシックのバイオリンでの高域の伸びはいいですね。

またボーカルが近くに聴こえるので、アニソンやポップスも聞いていても気持ち良いです。

フィット感は、アラウンドイヤー型なので耳に当たる感じはなく不快になることはありません。
長時間は少しきついですが、1時間程度なら問題無しです。

【外音遮断性・音漏れ防止】
音漏れはほどんどしませんが、結構外の音を拾うので地下鉄の車内などで音量を上げ過ぎると少し漏れる可能性がありますが、当方の使用中に周りの方がこちらを気にするそぶりもなかったのでそんなに気にすることはないと思います。

【携帯性】
ハウジングが90度曲がりますので、コンパクトになりビジネス鞄に入れても気にならない程度です。

【デザイン】
木製なので、木が好きな人はそれだけでも満足できるのではないでしょうか。
「Made in China」とハウジングの内側に記載されているのが少し残念ですが、質感は高いと思います。

あと、エージングは必須です。
最低でも100時間程度は必要ではないでしょうか。

エージング中は、音がこもりっぱなしで欲求不満状態が続きますが、それが終わってからはかなりの満足度が得られる商品だと思います。


【環境】
AK380バランス直挿し

バランスケーブルはonso製ケーブルを改造したものを使用しています。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった13

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

CLASS-S WOOD 01 HA-SW01のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

CLASS-S WOOD 01 HA-SW01
JVC

CLASS-S WOOD 01 HA-SW01

最安価格(税込):¥56,000発売日:2015年12月上旬 価格.comの安さの理由は?

CLASS-S WOOD 01 HA-SW01をお気に入り製品に追加する <120

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意