『古さと新しさの狭間でどっちつかずなアンプ』 マランツ HD-AMP1 キケボウズさんのレビュー・評価

2015年12月上旬 発売

HD-AMP1

  • USBインターフェイスデバイスを搭載し、最大11.2MHz DSDと384kHz/32bit PCMの入力に対応した、プリメインアンプ。
  • フロントパネルにUSB-A端子を備え、パソコンやNASを使用せずにハイレゾ音源を再生できる。
  • 電圧増幅アンプとHDAM-SA2によるディスクリート出力バッファーアンプで構成されたヘッドホン専用アンプにより、勢いのある再生音を実現する。
HD-AMP1 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥106,788

(前週比:+5,450円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥106,790

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥106,788〜¥127,721 (36店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥140,000

店頭参考価格帯:¥106,788 〜 ¥113,850 (全国741店舗)最寄りのショップ一覧

定格出力:35W/8Ω 対応インピーダンス:8Ω 再生周波数帯域:2Hz〜50kHz アナログ入力:2系統 HD-AMP1のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

<お知らせ>
初期生産品において、付属のリモートコントローラーを使ってボリュームを操作した際、ごく稀に音量コントローラーが正しく動作しないことが判明いたしました。詳しくはメーカーページをご覧下さい。

  • HD-AMP1の価格比較
  • HD-AMP1の店頭購入
  • HD-AMP1のスペック・仕様
  • HD-AMP1のレビュー
  • HD-AMP1のクチコミ
  • HD-AMP1の画像・動画
  • HD-AMP1のピックアップリスト
  • HD-AMP1のオークション

HD-AMP1マランツ

最安価格(税込):¥106,788 (前週比:+5,450円↑) 発売日:2015年12月上旬

  • HD-AMP1の価格比較
  • HD-AMP1の店頭購入
  • HD-AMP1のスペック・仕様
  • HD-AMP1のレビュー
  • HD-AMP1のクチコミ
  • HD-AMP1の画像・動画
  • HD-AMP1のピックアップリスト
  • HD-AMP1のオークション

『古さと新しさの狭間でどっちつかずなアンプ』 キケボウズさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

HD-AMP1のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:28件
  • 累計支持数:194人
  • ファン数:10人

よく投稿するカテゴリ

プリメインアンプ
4件
27件
スピーカー
3件
19件
デジタル一眼カメラ
3件
16件
もっと見る
満足度1
デザイン2
操作性3
音質2
パワー3
機能性3
入出力端子3
サイズ4
古さと新しさの狭間でどっちつかずなアンプ
   

既存のM−CR603との比較です

   

マランツのデジタルコンポ「M-CR603」と、ハーベスの小型スピーカーの「P3ESR」を組み合わせて、日々音楽を楽しんでいるもの
です。スイッチング電源搭載のこの、HD‐AMP1に興味があって購入し、一定期間使ってみました。


【デザイン】
奥行が結構ありますが、正面から見た時のサイズ感や凝縮感はスマートで好感が持てます。筐体の質感も感じられます。
ただ、ボリュームやセレクターのノブのバランスやサイドのウッド調パネルがイマイチな印象で、見れば見る程奇異に、やや陳腐に
感じて来てしまいます。後述しますが、ここら辺のデザインに統一感が無い印象が、音質にも表れていると思いました。
【操作性】
フツーのプリメインアンプといった印象です。ややセレクターノブのクリックが軽く、心もとない印象があります。
背面端子も高級感があり、強度もありますから、ケーブルを変える際など楽しめるでしょう。

【音質】
本器はプリアンプ部とパワーアンプの前段部に、マランツご自慢のアナログ回路の、「HDAM」回路を搭載しており、最後の
パワーアンプにスイッチング回路を搭載しているそうです。
このスイッチングを使ったパワーアンプはとてもハイスピードな出音を得られる事が利点で、僕も好きな回路なのですが・・・
どうも、このHDAM回路とスイッチング回路とが、お互いの利点を阻害しあっているような音だと感じました。
複雑なHDAM回路を音楽信号が通る事で、音楽の情報の勢いが削がれます。その削がれた音楽情報をスイッチング回路で
素早く増幅している事から、どうもイマイチ出音の印象がチグハグな印象が常につきまといました。
コンサートのブルーレイなどを見ると一目瞭然なんですが、アーティストの動きや楽器を操作する映像とHD‐AMP1から出てくる
音楽に一瞬の間があるのです。それとか、力強く演奏しているのにその力強さがスピーカーから飛び出してこないというか・・・
クラシック音楽の秘めやかだけどもダイナミックな音楽の情報量も、画一的に小さくまとまる印象でした。
僕はバイオリン協奏曲が好みで良く聴くのですが、このHD‐AMP1ではバイオリンの高弦の判別がしにくいのです。
おそらく、HDAMで失われた音楽情報をハイスピードで増幅している為、バイオリンのねいろが余計に無味乾燥して聴こえるの
だと感じています。
これらの事から、チグハグなアンプだと僕は感じました。

【パワー】
音量だけは小さな筐体ながらいっぱしにある印象です。
ですが、音や音楽が飛んでこず、音量だけはありますので、どうしてもうるさく感じ、聴いていてまどろっこしくて物足りない
フラストレーションが溜まります。
こういったところも、重い古典的アンプの悪習を踏襲している印象です。


【入出力端子】
アナログ入力が二つ、光が二つ、同軸が一つ、あとはUSBのAとBが一つずつです。
ここらへんも、中途半端な印象です。
盤をかけるオーディオにはやや足りなく、デジタルにもいまひとつ、PCオーディオ向けとして見ても保守的過ぎると僕は感じました。


【総評】
新たなアンプをつくりたかったが、古い考えに囚われてしまった可哀想なアンプといった印象です。
アナログの苦手なところをデジタルがむき出しにしてしまったのです。

僕はマランツというメーカーは大好きです。
日本のオーディオメーカーでは、唯一世界的な視点と良い音を知っているメーカーだとも思っています。
だからこそ、このHD‐AMP1には期待していたのですが・・・
もし、次にデジタルアンプの後継機種をつくるとしたら、是非とも次はデジタルらしく割り切ってシンプルイズベストを極めた
アンプを出して欲しいです。

売れているレシーバーのアンプ部だけを取り入れて、プリメインに特化したアンプを出せば、おそらく今以上に売れるとは思います。
既存のアナログアンプが売れなくなるかも知れませんけれども。

マランツさん応援しています。これからもマランツの機器を買い続けるでしょう。

レベル
上級者

参考になった27人(再レビュー後:27人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度1
デザイン3
操作性3
音質2
パワー3
機能性3
入出力端子3
サイズ4
古さと新しさの狭間でどっちつかずなアンプ

マランツのデジタルコンポ「M-CR603」と、ハーベスの小型スピーカーの「P3ESR」を組み合わせて、日々音楽を楽しんでいるもの
です。スイッチング電源搭載のこの、HD‐AMP1に興味があって購入し、一定期間使ってみました。


【デザイン】
奥行が結構ありますが、正面から見た時のサイズ感や凝縮感はスマートで好感が持てます。筐体の質感も感じられます。
ただ、ボリュームやセレクターのノブのバランスやサイドのウッド調パネルがイマイチな印象で、見れば見る程奇異に、やや陳腐に
感じて来てしまいます。後述しますが、ここら辺のデザインに統一感が無い印象が、音質にも表れていると思いました。
【操作性】
フツーのプリメインアンプといった印象です。ややセレクターノブのクリックが軽く、心もとない印象があります。
背面端子も高級感があり、強度もありますから、ケーブルを変える際など楽しめるでしょう。

【音質】
本器はプリアンプ部とパワーアンプの前段部に、マランツご自慢のアナログ回路の、「HDAM」回路を搭載しており、最後の
パワーアンプにスイッチング回路を搭載しているそうです。
このスイッチングを使ったパワーアンプはとてもハイスピードな出音を得られる事が利点で、僕も好きな回路なのですが・・・
どうも、このHDAM回路とスイッチング回路とが、お互いの利点を阻害しあっているような音だと感じました。
複雑なHDAM回路を音楽信号が通る事で、音楽の情報の勢いが削がれます。その削がれた音楽情報をスイッチング回路で
素早く増幅している事から、どうもイマイチ出音の印象がチグハグな印象が常につきまといました。
コンサートのブルーレイなどを見ると一目瞭然なんですが、アーティストの動きや楽器を操作する映像とHD‐AMP1から出てくる
音楽に一瞬の間があるのです。それとか、力強く演奏しているのにその力強さがスピーカーから飛び出してこないというか・・・
クラシック音楽の秘めやかだけどもダイナミックな音楽の情報量も、画一的に小さくまとまる印象でした。
僕はバイオリン協奏曲が好みで良く聴くのですが、このHD‐AMP1ではバイオリンの高弦の判別がしにくいのです。
おそらく、HDAMで失われた音楽情報をハイスピードで増幅している為、バイオリンのねいろが余計に無味乾燥して聴こえるの
だと感じています。
これらの事から、チグハグなアンプだと僕は感じました。

【パワー】
音量だけは小さな筐体ながらいっぱしにある印象です。
ですが、音や音楽が飛んでこず、音量だけはありますので、どうしてもうるさく感じ、聴いていてまどろっこしくて物足りない
フラストレーションが溜まります。
こういったところも、重い古典的アンプの悪習を踏襲している印象です。


【入出力端子】
アナログ入力が二つ、光が二つ、同軸が一つ、あとはUSBのAとBが一つずつです。
ここらへんも、中途半端な印象です。
盤をかけるオーディオにはやや足りなく、デジタルにもいまひとつ、PCオーディオ向けとして見ても保守的過ぎると僕は感じました。


【総評】
新たなアンプをつくりたかったが、古い考えに囚われてしまった可哀想なアンプといった印象です。
アナログの苦手なところをデジタルがむき出しにしてしまったのです。

僕はマランツというメーカーは大好きです。
日本のオーディオメーカーでは、唯一世界的な視点と良い音を知っているメーカーだとも思っています。
だからこそ、このHD‐AMP1には期待していたのですが・・・
もし、次にデジタルアンプの後継機種をつくるとしたら、是非とも次はデジタルらしく割り切ってシンプルイズベストを極めた
アンプを出して欲しいです。

売れているレシーバーのアンプ部だけを取り入れて、プリメインに特化したアンプを出せば、おそらく今以上に売れるとは思います。
既存のアナログアンプが売れなくなるかも知れませんけれども。

マランツさん応援しています。これからもマランツの機器を買い続けるでしょう。

レベル
上級者

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「HD-AMP1」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
音がよい  5 2020年7月3日 20:13
二年使用しての感想  5 2020年5月24日 17:12
必要十分  4 2020年2月25日 04:14
DDFAより断然こっちです  4 2019年12月30日 02:31
手軽に楽しめる本格オーディオ  4 2019年9月29日 12:26
軽いです  4 2019年7月15日 23:43
1年使用して感想  4 2019年6月8日 11:37
唯一無二かな?  4 2018年12月11日 13:10
ウォークマンで出力できた  4 2017年5月28日 22:41
今の時代の音での高音質化を追求したアンプ  4 2016年12月29日 14:27

HD-AMP1のレビューを見る(レビュアー数:17人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

HD-AMP1のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

HD-AMP1
マランツ

HD-AMP1

最安価格(税込):¥106,788発売日:2015年12月上旬 価格.comの安さの理由は?

HD-AMP1をお気に入り製品に追加する <173

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[プリメインアンプ]

プリメインアンプの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(プリメインアンプ)

ご注意