レクサス RX 2015年モデルレビュー・評価

> > > > > レビュー・評価
このページの先頭へ

RX 2015年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みグレード別にレビューを絞り込めます。モデルの絞り込みを解除すると全てのレビューが表示されます。

選択中のモデル:RX 2015年モデル 絞り込みを解除する

グレード発売日発売区分レビュー件数
RX300 F SPORT 2019年8月29日 マイナーチェンジ 2人
RX300 F SPORT AWD 2019年8月29日 マイナーチェンジ 1人
RX300 version L 2019年8月29日 マイナーチェンジ 1人
RX300 version L AWD 2019年8月29日 マイナーチェンジ 1人
RX300 F SPORT 2017年12月7日 マイナーチェンジ 4人
RX300 F SPORT AWD 2017年12月7日 マイナーチェンジ 1人
RX300 version L 2017年12月7日 マイナーチェンジ 3人
RX200t 2016年8月3日 マイナーチェンジ 2人
RX200t F SPORT 2016年8月3日 マイナーチェンジ 6人
RX200t F SPORT AWD 2016年8月3日 マイナーチェンジ 3人
RX200t version L 2016年8月3日 マイナーチェンジ 4人
RX200t version L AWD 2016年8月3日 マイナーチェンジ 2人
RX200t 2015年10月22日 フルモデルチェンジ 5人
RX200t AWD 2015年10月22日 フルモデルチェンジ 1人
RX200t F SPORT 2015年10月22日 フルモデルチェンジ 11人
RX200t version L 2015年10月22日 フルモデルチェンジ 6人
RX200t version L AWD 2015年10月22日 フルモデルチェンジ 2人
満足度:4.49
(カテゴリ平均:4.30
レビュー投稿数:64人 (プロ:1人 試乗:8人)
  1. 2 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 4.70 4.34 46位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 4.59 3.93 52位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 4.00 4.13 80位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 4.22 4.21 99位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 4.43 4.05 41位
燃費 燃費の満足度 3.16 3.89 134位
価格 総合的な価格の妥当性 3.71 3.88 57位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

RX 2015年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
プロフェショナルレビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:38人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度3
エクステリア2
インテリア4
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地4
燃費3
価格3

買った当初は何もかもがオール5点でしたが、10か月程度乗ってみて分かったことを、報告します。
エクステリア:デザインは好きで購入したので、今でも十分満足しています。しかし、作りが悪い。まず、モール部分ですが、Cピラーの後ろが鋭角になっているのですが、服が引っかかって、曲がってしまいました。(屋根を掃除していた時)修理するといくら掛かるのか聞いてみたら、ガラスも一緒に交換することになるので、5万以上かかるとの事。服が引っかかる様な作り方をするな!と言いたい。次に、ドアの下部(黒いブラスチックの部分)も簡単に外れてしまいます。この辺、かなり安っぽい!
インテリア:内装に関しては、まずまず今でも問題なく使用しています。ただ、最近分かったことでは、設定で何とかなるのかもしれませんが、ハンズフリーで電話中、ナビ音声に邪魔されて、電話の声が全く聞き取れないことがありました。電話の音声を優先にすることが出来るのかSCの人に聞いてみましたが、「わかりません。」と回答された。また、音楽等をかけて運転中ナビ音声が音楽の音と同時に案内するので、聞き取れないという事もありました。普通のナビには割り込み設定等あると思いますが、それもないみたいです。(SCの人にきいたらないといわれた。)もう一つ、シートヒーターですが、以前乗っていた車は、背中の上部あたりまでヒーターで温められるものでしたが、これは、腰よりちょっと上ぐらいまでしか暖かくなりません。(背中がぞくぞくするような風邪気味の時は役に立ちません。)
エンジン性能・走行性能:主に通勤用なので、特に不満に思った事はありません。
燃費:想定内というところでした。(6.5km〜7.0km程度 ほとんど街乗り)
今回、安全性を重視しての購入だったので、安全性に関していえば、オートマチックハイビームは、口コミや、評判が非常によくなかったので、AHSのオプションを付けなかったのですが、オートマチックハイビームは、結構重宝しています。AHS付ければよかったかなと後悔しています。
私の買ったディーラーが悪かったのかもしれませんが、聞いた質問に「わかりません。」という回答が多い。せめて「調べて報告します。」といってもらいたい。と思うのは贅沢なのか…。
以上、10か月乗ってみての感想でした。これから購入をお考えの方の参考になればと書き込みました。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
頻度
毎日
重視項目
快適性
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年3月
購入地域
愛知県

新車価格
621万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

RXの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった38

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ウェブログさん

  • レビュー投稿数:26件
  • 累計支持数:173人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
1件
280件
自動車(本体)
6件
131件
デジタル一眼カメラ
1件
81件
もっと見る
満足度3
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地3
燃費3
価格3

【エクステリア】
F SPORTのフロントは格好いいと思う。

【インテリア】
赤のレザーシートを選んだが、結構気に入っている。まだ寒いので、シートヒーターは重宝している。しかも、オートなのがいい。
前車もシートヒーター付きだったが、オートではなく、あまり使い勝手が良くなかったので、後部座席はほとんど使っていなかった。
こんなに使い勝手が良くなっていたら、付ければ良かったと思う。
センターコンソールはただ穴が開いているだけ、深くて使い勝手が良くない。
オーディオがSDカード対応で、現在128GBのカードを使っていて、容量を気にしなくてとても良い。USBメモリにも対応していて、良い。
ナビはタッチパネル併用にしてほしい。初めは、カーソルがなかなか目的のところに止まってくれなくて、イライラした。
ドライブモードを変えるスイッチの配置が良くない。手探りだとすぐに探せない。
他の方も指摘しているが、夜間車内が暗く、スイッチ類が見づらい。発光するようにしてほしい。
エアコンのフロントの吹き出し口は、左右に自動で動く仕様にしてほしかった。一応高級車なんだから。

【エンジン性能】
市街地や、平坦なところを走っている分には問題ないけど、峠を越えたり、高速道路で登坂車線があるようなところでは、それなりに踏み込まないといけない。
ターボとは言え、非力さを感じる。
個人的には、この車の魅力が大きく損なわれる部分だと感じている。

【走行性能】
エンジン性能と走行性能は大きく関連していて、走行性能に関しても、高級車であるはずのゆとりが感じられない。
登坂車線や、峠など力がほしいときに、精一杯頑張っている感じが伝わってくる。
もっとゆったりと、軽々と走ってほしい。

【乗り心地】
これもエンジン性能に関連が深い。
エンジンにゆとりがなければ、ゆったりした乗り心地は得られない。
平坦な道では問題はないが・・・
家族の者がこれまで車酔いを訴えることはなかったが、この車では車酔いを訴えている。

【燃費】
東京から軽井沢まで高速中心で往復370キロ以上走って、平均9.8。
2リッターにしてはもう少し頑張ってほしかった。

【価格】
安くない。

【総評】
前車がランクル200、前前車がクラウンアスリートハイブリッドとの比較になる。
ゆったり感、走行性能では上記の車に負けていると思う。
安定感は実際には優れていると思うが、体感できるほどではない。
安全性能が今回の最大のポイントで、唯一大満足。

パノラミックビューは夜間見づらい。前車のマルチテレインモニターでも同じ。改善をを望みたい。
ソナーは確実に作動し、駐車場の生け垣の手前で完全に止まってくれる。
サイドブレーキのHOLDは非常に便利だが、エンジンを起動する度にスイッチを入れなくてはいけないのは良くない。常時作動にしてほしい。アップデートで対応してほしい。
今回の買い換えはセーフティ関連の充実が一番なので、セーフティー関連ではフル装備。
AHSのお陰で暗い道路、高速では見やすく、便利に感じる。
前車がフルタイム四駆だったが、こちらのオンデマンドタイプのAWDも悪くない。燃費の向上に貢献していると思う。
タイヤの空気圧をモニターしてくれるのは安心感がある。
ITS Connectは一度も反応なし。増やしてほしい。

オートドライブは自分の感覚とずれがあって、もっとスムーズであってほしい。カーブではGPSで検知して安全なスピードダウンを行ってほしい。

車の肝心なところは走行性能、走って楽しい事が大事。
そこに余裕、ゆとりを感じられないのでは、些か問題を感じる。
エンジンの使い回しをやめてほしい。
それではプレミアムカーとは言えない。

乗車人数
5人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
毎日
重視項目
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年3月
購入地域
埼玉県

新車価格
605万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
5万円

RXの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった24

このレビューは参考になりましたか?参考になった

松下宏さん

  • レビュー投稿数:510件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者などを経て自動車評論家として独立。クルマそのものより、クルマとクルマに関係する経済的な話題に詳しい評論家を自負するとともに、安全性の追求についても一家言を持つ。クルマ雑誌各誌…続きを読む

満足度3
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費3
価格2

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

レクサスRXはレクサスチャンネルで販売の中核を成すSUVだ。1998年に発売された初代モデルは、アメリカでプレミアムSUVの市場を切り開いたモデルとして高い人気を集め、ほかの多くの自動車メーカーがこの市場に参入するきっかけを作ったクルマであった。その後の各モデルも好調な売れ行きを示しており、今回のRXは4代目に当たる。

レクサスRXには、レクサスがヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルをベースに開催したメディア関係者向け試乗会に出席し、用意された広報車両に試乗した。試乗グレードはRX200t“バージョンL”とRX200t“Fスポーツ”の2台だ。なお、ハイブリッド車については別に項目が設けられているので、そちらを参照して欲しい。

4代目RXのボディはまたひと回り大きくなった。全長は120mmも長くなって4890mmに、全幅は10mm拡大して1895mmに、全高は20mm高くなって1710mmになった。ホイールベースは50mm延長された2790mmである。

レクサスのSUVとしては、4代目RXの前年にNXが設定されていて、また上級にはLXが存在するため、その中間的なサイズを狙ってのボディの拡大ではあるのだろう。ただ、フルモデルチェンジをするときにはクルマを大きくしなければならない、そんな既成概念から逃れられていないことも確かである。

SUVタイプのクルマはどちらにしてもタワーパーキングなどの立体駐車場には入らないのが普通だから、サイズの制約をあまり考えずにすむのも確かだが、このボディサイズや5.9mの最小回転半径は日本では扱いにくいのも確かである。

外観デザインはレクサスのスピンドルグリルがより強調される感じになった。大きなグリルで存在感を主張するのが最近の自動車デザインの流れだが、RXもまたその範囲内にある。くびれの位置をやや高めに設定したのは、やや新鮮なイメージを与える部分だ。またフルLEDのヘッドランプやシーケンシャルタイプのウインカーなども目新しい。

インテリアはレクサスブランドの上級SUVらしい質感を備えている。主要グレードには本革シートが設定され、上級グレードはセミアニリン本革シートとなるなど、グレードによる設定の違いもあるが、どのグレードも上級SUVにふさわしい質感を備えている。

ワイドで大きなカーナビは見やすくて良いし、新しい機能が加わったリモートタッチは多少は操作性が向上している。またボディやホイールベースが拡大されたことで、室内空間はゆったりした広さが確保されている。

RX200tに搭載されるのは、直列4気筒2.0Lの8AR-FTS型直噴ターボ仕様エンジンだ。すでにクラウンやNXなどに搭載されているもので、それらに比べてボディが大きく重いRXでは、その分だけ走りが鈍くなるわけだが、175kW/350N・mのパワー&トルクは2tを超える(4WD)ようなRXのボディに対しても対応できるだけの実力である。

低速域でのトルク感はまずまずで、発進から力強い走り出しを感じさせる。それ以上に印象的なのは高回転域まで回したときのパンチ力で、このパワー感がいかにもスポーティなエンジンであることを感じさせる。

走行モードはエコ、ノーマル、スポーツS、スポーツS+、カスタマイズの設定(グレードによって異なる)があり、スポーツを選ぶとメーターの照明が変わってエンジンやトランスミッションから相当に俊敏なレスポンスが得られ、ハンドリングの手応えとレスポンスも変わる。

組み合わされるトランスミッションは電子制御6速ATで、今どきのクルマとしては段数が足りないような印象もあるが、ムダに7速や8速を持つのに比べたら、使い切れる感じのある6速のほうが良いともいえる。変速フィールはとても滑らかなもので、ショックのない変速を実現する。“Fスポーツ”にはパドルシフトも装備されていて、積極的なマニュアル操作がしやすい設定になっていた。“バージョンL”もシフトレバーを操作すればマニュアル操作が可能である。

このエンジンが惜しいのは、プレミアムガソリン仕様であることだ。日本では今やレギュラーガソリン仕様が常識になっているが、それをせずにプレミアムガソリン仕様のままで販売しているのは外国向けのエンジンをそのまま日本でも販売しているような印象だ。日本向けには専用のチューニングを施してレギュラーガソリン仕様にして欲しいところだった。レクサスRXを買えるようなユーザー層にとって、プレミアムガソリンの負担は大したことがないのかも知れないが、日本向け仕様を熱心に作っているという印象には欠けている。

今回試乗したのは“Fスポーツ”、“バージョンL”とも4WD車(“Fスポーツ”は4WDのみの設定)だった。ハイブリッド車の4WDはリヤをモーターで駆動するタイプだが、ガソリン車は電子制御カップリングによって前後の駆動力配分を可変させる仕組みだ。4WDとしての制御に優れるのはガソリン車のほうで、FFをベースに100:0〜50:50まで駆動力配分を変えるほか、コーナリング時にはステアリングの操舵量に応じた制御も行われる。

足回りは“Fスポーツ”がやや硬めの引き締まった感じさせ、“バージョンL”はより快適性を重視した印象である。どちらもNAVI・AI・AVSが装備されていて、ショックアブソーバーの減衰力を最適に電子制御するので、ドライバーの意志と走りに合わせた乗り心地が実現されている。

本体価格は“バージョンL”が621万円だが、試乗車にはマークレビンソンのオーディオやリヤエンタメシステムなどが装着され、車両価格は700万円を超えていた。“Fスポーツ”は605万円だが、マークレビンソンや安全装備などの追加で680万円ほどになっていた。プレミアムSUVらしく、かなりの高額車である。

なお、安全装備などについてはハイブリッドの項で触れるので参照して欲しい。

レビュー対象車
試乗

参考になった23

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

RX 2015年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格を見る

RX
レクサス

RX

新車価格:513〜642万円

中古車価格:319〜890万円

RX 2015年モデルをお気に入り製品に追加する <292

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

RXの中古車 (全2モデル/526物件)

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意