『不人気名車(買いました)』 スズキ エスクード 2015年モデル キャッシーナさんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > スズキ > エスクード 2015年モデル

『不人気名車(買いました)』 キャッシーナさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:98人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
3件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格5
不人気名車(買いました)

再々レビューですm(__)m
満足度は変わりません、最高の相棒です!
ですが納車時に気づかなかった微妙な点が見えてきたので覚書として残して措きます↓

・リアのドアパネルの音響関係がショボイ
→6スピーカのフレコミで思わず喜びましたが、デッドニングしようとバラしたら最低限の制振材だけでスッカスカでした。スピーカも紙なので音を鳴らしきれないかも。フロントドアはしっかり制振されてたのでスズキの割り切り感が凄いです(この思い切りの良さが低コストに繋がってる?)

・レーダーブレーキがたまに不調に
→個体差があるので、全員ではないと思いますが自分の相棒は二ヶ月に一回おかしくなります。寒いときになりがちかな?自分の場合はエンジン切って再度始動すると直ります。

・収納があんまりない
→前がホ○ダだったので差があるのは当然かも
(ホ○ダは好きじゃないけど、ホ○ダ車のユーティリティの良さは世界一だと思う)

↑ドアの制振やユーティリティは自分で工夫して何とかなるレベルなので、唯一の不満はレーダーブレーキかな?これから購入を検討されるかたはデュアルブレーキなので関係ないかも?
そしたら最高の車でっせd(^ω^;)

兎に角自分は買って大満足してます(笑)
10年は最低でも乗りたい!…塗装大丈夫かなぁ

★=====================★

下記に能書きを垂れてしまいましたが、遂に購入!
スイフトスポーツも欲しかったのですが、路面が凸凹の地域なのでSUVに…
妻が大きい車は苦手ということでコンパクトSUVで絞ると、最終的にはVEZELとC-HR、CX-3が候補に(JUKEも良かったけど、やはりちょっと古い…RVRも同様)。走りだとC-HRも良かったがみんな乗りすぎてて…四駆も1.2ターボのみで、ハイブリッドのパワフルさに比べると…そんなことは無いかもしれませんが。
cx-3は狭すぎるのと兄貴分のCX-5との価格差が少なすぎて辛い。
結局最後までVEZELの後席の広さとシートアレンジの良さが心に残りましたが(前車がホンダだったし)、やはり周りが走り過ぎてるのとRSがFFのみなのが死ぬほどもどかしくてエスクードに心惹かれました(笑)

乗り心地は抜群で、コーナーではしっかり脚が動くし直線ではしっとりした乗り心地。1.4ターボは良い加速感でカイエンやウルスみたいなのを望まなければ十分だと思います(フォレスターXTと比較されると弱いけど、もう新車でないし…)。
シートヒーターやテレスコピックステアリングコラムなど有ると嬉しいものが過不足なくついてるのも良いです。レーダーブレーキも今のところ誤爆はありません。
強いて弱点を言えば後席の狭さですね。フロントシートを一番後ろまで下げてしまうと170センチ程の人だと膝がシートバックに刺さります(シートバックカバーが無いので触れててもそこまで痛くありませんが)。五人乗車する際は乗員の身長を考慮して席順を決めないと大変です。

まだ2000キロ程ですが買って良かったと思います。
スズ菌に犯されてると言われたらそれまでですが…

★=====================★

エスクードと言えばcr-v、rav4と並びコンパクトsuvの開祖とも言える存在。しかし、現在コンパクトsuvと言えば、cr-v→ヴェゼルやrav4→C-HRになり、エスクードはなんとも言えないたち位置になっている。
街中で探してもほとんど見かけないことからも、この車の存在感の希薄さが伺える。
そういう意味では、他人と被らない車を探してる人には持って来いの車かもしれない。
欧州生産のこの車の動力性能や乗り心地は高いレベルに設定されているし、オールグリップによる電子制御はFFベースになったからといってエスクードから離れて行った人達を後悔させるほど強力で使いやすいシステムだ。シートヒータやACCなども全適で(てか、グレードが一個しかない)、コスパも高い。お買い得車である。不人気故に値引きもクロスビーや同型エンジンを積むスイフトスポーツと比較すればかなり期待できる。今の流行りに流されない、伝統のクラムシェルボンネットを基軸にしたカクカクしたデザインも目を惹く。
もちろんデメリットもある。
C-HRみたいな内装の質感はないし、ヴェゼルのように広くない(特に後部座席)。cx-3のような先進機能や、xvのような安全機能もない。本格的に山に入るならジムニーシエラのような車の方が良いし、カクカクデザインだったらレネゲードなんてのもある。値引きならジュークやRVRもある。
ただ、総合力で見るならエスクードに軍配が上がるのではないか?車という日常に溶け込む相棒としての懐の深さ(悪く言えば器用貧乏?)がこの車にはあると思う。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年9月
購入地域
栃木県

新車価格
258万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
15万円

エスクードの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった90人(再レビュー後:22人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格5
不人気名車(買いました)

下記に能書きを垂れてしまいましたが、遂に購入!
スイフトスポーツも欲しかったのですが、路面が凸凹の地域なのでSUVに…
妻が大きい車は苦手ということでコンパクトSUVで絞ると、最終的にはVEZELとC-HR、CX-3が候補に(JUKEも良かったけど、やはりちょっと古い…RVRも同様)。走りだとC-HRも良かったがみんな乗りすぎてて…四駆も1.2ターボのみで、ハイブリッドのパワフルさに比べると…そんなことは無いかもしれませんが。
cx-3は狭すぎるのと兄貴分のCX-5との価格差が少なすぎて辛い。
結局最後までVEZELの後席の広さとシートアレンジの良さが心に残りましたが(前車がホンダだったし)、やはり周りが走り過ぎてるのとRSがFFのみなのが死ぬほどもどかしくてエスクードに心惹かれました(笑)

乗り心地は抜群で、コーナーではしっかり脚が動くし直線ではしっとりした乗り心地。1.4ターボは良い加速感でカイエンやウルスみたいなのを望まなければ十分だと思います(フォレスターXTと比較されると弱いけど、もう新車でないし…)。
シートヒーターやテレスコピックステアリングコラムなど有ると嬉しいものが過不足なくついてるのも良いです。レーダーブレーキも今のところ誤爆はありません。
強いて弱点を言えば後席の狭さですね。フロントシートを一番後ろまで下げてしまうと170センチ程の人だと膝がシートバックに刺さります(シートバックカバーが無いので触れててもそこまで痛くありませんが)。五人乗車する際は乗員の身長を考慮して席順を決めないと大変です。

まだ2000キロ程ですが買って良かったと思います。
スズ菌に犯されてると言われたらそれまでですが…

★=====================★

エスクードと言えばcr-v、rav4と並びコンパクトsuvの開祖とも言える存在。しかし、現在コンパクトsuvと言えば、cr-v→ヴェゼルやrav4→C-HRになり、エスクードはなんとも言えないたち位置になっている。
街中で探してもほとんど見かけないことからも、この車の存在感の希薄さが伺える。
そういう意味では、他人と被らない車を探してる人には持って来いの車かもしれない。
欧州生産のこの車の動力性能や乗り心地は高いレベルに設定されているし、オールグリップによる電子制御はFFベースになったからといってエスクードから離れて行った人達を後悔させるほど強力で使いやすいシステムだ。シートヒータやACCなども全適で(てか、グレードが一個しかない)、コスパも高い。お買い得車である。不人気故に値引きもクロスビーや同型エンジンを積むスイフトスポーツと比較すればかなり期待できる。今の流行りに流されない、伝統のクラムシェルボンネットを基軸にしたカクカクしたデザインも目を惹く。
もちろんデメリットもある。
C-HRみたいな内装の質感はないし、ヴェゼルのように広くない(特に後部座席)。cx-3のような先進機能や、xvのような安全機能もない。本格的に山に入るならジムニーシエラのような車の方が良いし、カクカクデザインだったらレネゲードなんてのもある。値引きならジュークやRVRもある。
ただ、総合力で見るならエスクードに軍配が上がるのではないか?車という日常に溶け込む相棒としての懐の深さ(悪く言えば器用貧乏?)がこの車にはあると思う。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年7月
購入地域
栃木県

新車価格
258万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
15万円

エスクードの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった40

満足度5
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格5
不人気名車

エスクードと言えばcr-v、rav4と並びコンパクトsuvの開祖とも言える存在。しかし、現在コンパクトsuvと言えば、cr-v→ヴェゼルやrav4→C-HRになり、エスクードはなんとも言えないたち位置になっている。
街中で探してもほとんど見かけないことからも、この車の存在感の希薄さが伺える。
そういう意味では、他人と被らない車を探してる人には持って来いの車かもしれない。
欧州生産のこの車の動力性能や乗り心地は高いレベルに設定されているし、オールグリップによる電子制御はFFベースになったからといってエスクードから離れて行った人達を後悔させるほど強力で使いやすいシステムだ。シートヒータやACCなども全適で(てか、グレードが一個しかない)、コスパも高い。お買い得車である。不人気故に値引きもクロスビーや同型エンジンを積むスイフトスポーツと比較すればかなり期待できる。今の流行りに流されない、伝統のクラムシェルボンネットを基軸にしたカクカクしたデザインも目を惹く。
もちろんデメリットもある。
C-HRみたいな内装の質感はないし、ヴェゼルのように広くない(特に後部座席)。cx-3のような先進機能や、xvのような安全機能もない。本格的に山に入るならジムニーシエラのような車の方が良いし、カクカクデザインだったらレネゲードなんてのもある。値引きならジュークやRVRもある。
ただ、総合力で見るならエスクードに軍配が上がるのではないか?車という日常に溶け込む相棒としての懐の深さ(悪く言えば器用貧乏?)がこの車にはあると思う。

レビュー対象車
試乗

参考になった28

 
 
 
 
 
 

「エスクード 2015年モデル」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の価格帯を見る

エスクード
スズキ

エスクード

新車価格帯:265万円

中古車価格帯:148〜270万円

エスクード 2015年モデルをお気に入り製品に追加する <169

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意