『Hugoクオリティのポタアンが容易に持ち運び可能に』 Chord Electronics Mojo KURO大好きさんのレビュー・評価

2015年11月14日 発売

Mojo

  • USB DACを搭載したハイレゾ対応のポータブルヘッドホンアンプ。
  • D/A変換には、独自のアルゴリズムを用いたXilinx(ザイリンクス) 社「Atrix7 FPGA」を採用。
  • PCM 768kHz/32bit、DSD256(11.2MHz/1bit)のネイティブ再生が可能。
Mojo 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥34,790

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥35,980

NTT-X Store

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥34,790〜¥74,800 (21店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥35,980 〜 ¥35,980 (全国40店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:ヘッドホンアンプ ヘッドホン端子(ミニプラグ):2系統 ハイレゾ:○ Mojoのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

 
  • Mojoの価格比較
  • Mojoの店頭購入
  • Mojoのスペック・仕様
  • Mojoのレビュー
  • Mojoのクチコミ
  • Mojoの画像・動画
  • Mojoのピックアップリスト
  • Mojoのオークション

MojoChord Electronics

最安価格(税込):¥34,790 (前週比:±0 ) 発売日:2015年11月14日

  • Mojoの価格比較
  • Mojoの店頭購入
  • Mojoのスペック・仕様
  • Mojoのレビュー
  • Mojoのクチコミ
  • Mojoの画像・動画
  • Mojoのピックアップリスト
  • Mojoのオークション

あなたのレビューを投稿しませんか?

Mojoのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:110件
  • 累計支持数:719人
  • ファン数:26人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
31件
1084件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
6件
517件
ヘッドホンアンプ・DAC
9件
334件
もっと見る
満足度5
デザイン4
音質5
操作性3
機能性5
Hugoクオリティのポタアンが容易に持ち運び可能に
   

   

【デザイン】
CHORDらしい屈強な筐体は好感が持てます。野外で使用することを考慮すると、派手なLEDは余計でした。


【音質】
Hugoと同等の音質が容易に携帯できるのは夢のようなサプライズでした。
音質はHugoが響きの良さや艶やかさが感じられるのと比べると、よりスッキリして力強い音です。
クオリティは同等で、好みの差程度の違いだと思います。
私はHugoの音の方が好みですが、Mojoが好みの人も少なからずいるとは思います。


【操作性】
操作性は最も改善して欲しいポイントです。
Mojoの特徴のひとつとしては、全てのヘッドフォンを楽々と鳴らしきるパワーとクオリティですが、イヤホンで利用する際には出力が過大過ぎるので、誤操作による事故が懸念されます。
実際の所、ヘッドフォン利用時に長押しで音量アップをしたところ、指を離してもボリューム操作が止まらないと言う事故が起きました。
幸いにも耳とヘッドフォンのどちらにも被害はありませんでしたが、とても危険な状況でした。

誤操作が起こりにくいダイヤル式の音量調整を採用して頂ければ良かったと思います。


【機能性】
小型のポータブルアンプとしては、申し分ありません。
ただし、ゲイン調整やロックボタン等、操作性に関する機能があると良かったです。
何より、無線LANモジュールやSDカードモジュール等、今後の周辺機器の拡充予定は本当に楽しみです。


【総評】
ポータブルアンプとしてトップクラスのクオリティであることが最大の特徴です。
何よりDAC性能としてみれば、他社がポータブル機器としては直ぐに追いつくことが不可能なレベルまで到達しました。
Chord社ならではの独自技術として長年培ってきたDA変換回路と、半導体技術の進歩により高性能になったFPGAを利用することで実現できた技術であり、他社が安易に真似をできるものではありません。

私の利用方法では、プレーヤーはAndroidのスマートホンを利用していて、据え置き用途が7割、ポータブル用途で3割という状況です。

ポータブルでの利用は休日中心で、混雑の無い環境で利用をしています。

主な利用方法としては、上着のポケットか鞄の中での利用となります。
接続の安定性やケーブルの取り回し等を考慮すると、長時間の歩行時などには向いていません。

電車の中であれば着席時に鞄の中に忍ばせて利用するのが安心ですね。
ポータブルの利用とは言え、ある程度は利用環境には制約が出てしまいます。

据え置き用途では、Mojoは単体利用の他にポタアンとの併用をしています。
Mojoはヘッドホン利用時にも駆動力は十分なので、アンプよりも音色変換用のバッファー用途で利用しています。

1台目はプリアンプに真空管(ECC82)、出力にオペアンプを利用した小型アンプを併用しています。
真空管にTELEFUNKEN、オペアンプにMUSES02を使用すると暖色系かつ、真空管アンプならではの響きの良さが感じられます。

2台目はOPA627AUをデュアル構成で計4個使用したアンプです。
このアンプを通すことで、Mojoの個性を殺さずにOPA627特有の響きの良さが付加されることで、Hugoに近い響きが綺麗で立体的な音質が得られます。

3台目はRx/Nickel Platingを併用しています。
このアンプはカスタムIEM用で駆動力が不足すること、低音の量感が不足することが欠点ですが、Mojoのアンプを利用することで十分な駆動力が得られ、低音の不足感が解消します。
このアンプは音の広がりが素晴らしく、暖色系の響きの良い音であるのが特徴ですが、Mojoを併用することで元々の欠点が全て解消され、ベストなバランスが得られます。

Mojoは単体利用としてもお勧めできますが、このように安価なヘッドホンアンプを併用することで、据え置き用途でも十分に楽しめます。


◎Mojoとヘッドホン、イヤホンの相性

Mojoと相性が良いのは、

響きの綺麗なヘッドホン、イヤホン
音場の広いヘッドホン、イヤホン
高音寄りのヘッドホン、イヤホン

などで、中でも個性の強いヘッドホン程、相性が良いと感じています。

手持ちの機種で相性が良いのは

ヘッドホン Edition5
イヤホン  K10、LZ4、LZ2、IE800、TH-F4N、J-Phonic K2

Edition5やK10は、帯域の広さや解像度の高さ、響きの良さが両立されて、とてもクオリティーの高い音質が得られます。

相性があまり良くないのは、

ヘッドホン HD800、HD600Dmaa
イヤホン  Mentor、FX850

などです。

HD800、HD600Dmaaは、Mojoで聴くのには駆動力の問題はありませんが、音に潤いの感じられない、素っ気ない渇いた音質に感じられます。
元々、音場感の広いHD800ですが、音場は広いのに音そのものは平面的で聴いていてつまらない音質に感じられます。
しかしながら、アンプを追加することで、立体的で魅力的な音質が得られます。

Mentor、FX850は低域の量感がイヤホン、アンプともに多いので、曲によっては諄くて不快に感じられることがあります。
この欠点は、リケーブルにより解消します。

いずれにしても、ヘッドホンやイヤホンの個性を余すこと無く発揮してくれる唯一のポータブルアンプであることは確かで、本当に魅力的なモデルです。

参考になった15

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする

「Mojo」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

Mojoのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Mojo
Chord Electronics

Mojo

最安価格(税込):¥34,790発売日:2015年11月14日 価格.comの安さの理由は?

Mojoをお気に入り製品に追加する <446

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
ViiBee
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[ヘッドホンアンプ・DAC]

ヘッドホンアンプ・DACの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(ヘッドホンアンプ・DAC)

ご注意