『撮影旅へと誘う優れてレンズ固定式ミラーレスカメラ』 CANON PowerShot G5 X Boomo51さんのレビュー・評価

2015年10月22日 発売

PowerShot G5 X

  • 約236万ドットの有機ELを採用した「EVF(電子ビューファインダー)」をGシリーズで初めて搭載。
  • レンズは広角端F1.8、望遠端F2.8、24-100mm(光学4.2倍ズーム)で、1.0型大型CMOSセンサーにより、低ノイズと高解像感を実現。
  • 画面をタッチしてAF位置が調整できるタッチパネル仕様のバリアングル液晶を搭載し、ローアングルやハイアングルも快適な姿勢で撮影できる。
PowerShot G5 X 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします

中古
最安価格(税込):
¥38,280 (10製品)


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

画素数:2090万画素(総画素)/2020万画素(有効画素) 光学ズーム:4.2倍 撮影枚数:210枚 PowerShot G5 Xのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

PowerShot G5 X の後に発売された製品PowerShot G5 XとPowerShot G5 X Mark IIを比較する

PowerShot G5 X Mark II

PowerShot G5 X Mark II

最安価格(税込): ¥101,702 発売日:2019年 8月 1日

画素数:2090万画素(総画素)/2010万画素(有効画素) 光学ズーム:5倍 撮影枚数:230枚
 
  • PowerShot G5 Xの価格比較
  • PowerShot G5 Xの中古価格比較
  • PowerShot G5 Xの買取価格
  • PowerShot G5 Xの店頭購入
  • PowerShot G5 Xのスペック・仕様
  • PowerShot G5 Xの純正オプション
  • PowerShot G5 Xのレビュー
  • PowerShot G5 Xのクチコミ
  • PowerShot G5 Xの画像・動画
  • PowerShot G5 Xのピックアップリスト
  • PowerShot G5 Xのオークション

PowerShot G5 XCANON

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2015年10月22日

  • PowerShot G5 Xの価格比較
  • PowerShot G5 Xの中古価格比較
  • PowerShot G5 Xの買取価格
  • PowerShot G5 Xの店頭購入
  • PowerShot G5 Xのスペック・仕様
  • PowerShot G5 Xの純正オプション
  • PowerShot G5 Xのレビュー
  • PowerShot G5 Xのクチコミ
  • PowerShot G5 Xの画像・動画
  • PowerShot G5 Xのピックアップリスト
  • PowerShot G5 Xのオークション

『撮影旅へと誘う優れてレンズ固定式ミラーレスカメラ』 Boomo51さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

PowerShot G5 Xのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:23件
  • 累計支持数:559人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
11件
0件
デジタル一眼カメラ
4件
0件
デジタルカメラ
2件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン3
画質4
操作性5
バッテリー4
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感5
撮影旅へと誘う優れてレンズ固定式ミラーレスカメラ
当機種1 高感度と暗部の表現
当機種2 マクロ望遠側
当機種3 バリアングルで猫を撮る

1 高感度と暗部の表現

2 マクロ望遠側

3 バリアングルで猫を撮る

当機種4 標準域。細部まで分解
当機種5 広角開放F1・8。明暗階調
当機種6 広角での逆光と全体測光

4 標準域。細部まで分解

5 広角開放F1・8。明暗階調

6 広角での逆光と全体測光

普段はα6000やK70などのAPS-C規格のデジイチを使い、旅用に1型センサーのソニーRX100を使ってきました。RX100にファインダーが無く、画像記録に時間がかかり、広角に不満があることから、後継機として本機を選びました。以下参考にしていただければ幸いです。

【デザイン】ファインダー部分が膨らんで頭でっかちです。

【大きさと重量】 380c程です。コンデジと考えると重いしファインダー部分がかさばりますが、レンズ固定式ミラーレスとして考えると小さくて軽いです。ダウンコートのポケットに入れておいて、好きなチャンスにさっと取り出してシャッターを切れます。

【画質1 設定】
初期設定の「L」で「マイカラー・オフ」では,寝ぼけた春霞の風景のようになり、RX100と比べて画質が悪いと判断します。このモードでは3点です。
調整してJPEGの圧縮度が少ない「S・L」にし、マイカラーを「くっきりカラー」に調整したところ見違えるようにクリアで階調豊かな画質になりました。このモードでは4+点です。
参考写真はすべてこのモードで、暗部補正とDレンジ補正もオンです。
記憶容量は5Mから9M程度に増えます。

【画質2 暗所と高感度】写真1のように高感度もなかなかでISO1600までは可です。レンズのF値が明るいのでISO3200になるかと思うシーンでも1600で収まります。さすがに1型センサーですから拡大すると粒子の荒れが目立ちAPS-C程まではいきませんが、予想以上に暗所に強いカメラです。

【画質3 焦点距離別】広角は写真5と6でもわかるように、24oの端部分は歪みもあり写り自体も今ひとつですが、周縁の光量落ちは気になりませんから開放F1・8でも全体の写りは良です。暗部から明部への階調表現もまあまあです。

標準領域は写真4のように、細部まで綺麗に分解しています。低感度での写りはAPS-Cにひけをとりません。

マクロは写真2では望遠100o相当で最短距離50センチで撮っています。広角24o相当では5センチまで近寄れますが周りの風景まではっきり写ってしまうので、背景をぼかしてとるには望遠で撮るしかありません。

【画質4 画角】光学的には24oから100o相当です。デジタルズームもありますが、容量が減っていきますから要するに画像の一部分をただ拡大して見せているだけなので意味がありません(パソコン画面などで拡大すれば同じことです)。画角的には撮影のほとんどの領域がカバーでき、RX100シリーズより望遠側が大きいのが良です。広角24oは都会の風景ではまだ不十分な感じがあり将来的に20o相当が出てくると理想的です。

【画質総合判定】同じ2000万画素のAPS-Cセンサー機ペンタックスKS-1に18−135ズームで森林を写して比較したところ、細い枝の分解能は互角でした。RX100もそうですが、分解能はAPS-Cと1型センサーではそれほどの差が無いと実感します。及ばない点は色乗りや階調表現、高感度耐性などです。APS-Cのデジイチやミラーレスはレンズの影響が大きく、F値が暗く透明度が低い標準ズームでは、1型センサー機のF値が明るく優秀なレンズを搭載した高級コンデジに画質で負けてしまうことがあります。本機はISO400までの感度なら、APS-C機に互角の戦いが出来ていると判断します。


【操作性】 私はPモードで撮りますが、上面右にある露出調整ダイヤルで頻繁に調整します。マクロは裏面の十字ボタンですぐ切り替えられます。操作性は大変良好です。

【バッテリー】電子ファインダーを使い液晶を使わないのでそれほど減りません。


【機能性】フォーカスは十分早く、迷いも少ない方です。手ぶれ補正は良好で、写真1のように76o相当の中望遠で20分の1秒でもぶれていません。明暗の大きいシーンでも写真6のように偏ったりしませんから、測光は優秀な部類だと思いますし、逆光のフレアも許容範囲です。


【ファインダー】 本機を選ぶ最大の理由は大きなファインダーがあることです。液晶が主でたまにファインダー利用というのならソニーのRX100V以降の方が軽くて小さいので有利です。本機のEVFは倍率や色再現はなかなか良です。しかし、反応が遅いのか、撮影方向を動かすと画面がカクカクしてします。シャッターを半押ししてピントをあわせた状態で動かすとピントが移動しながら画面が動きますがこの場合はカクカクしません。α6000のEVFは動かしてもカクカクしません。この点が少しマイナスです。

【液晶】画面はきれいで見やすいですし、バリアングルが素晴らしい。写真3の猫は、目が合うと逃げてしまう対象なので、バリアングルで目線を外して撮りました。毛先まで綺麗に分解しています。

【ホールド感】 ソニーのRX100シリーズの最大の欠点がグリップが無いことで、私はオプションで付けました。本機にはちゃんとついています。もう少し奥行きがほしいですがまあまあといったところです。

【総評】
画質設定を「S・L」にしてマイカラーを「くっきりカラー」にしたことで、私はレンズ固定式ミラーレスカメラと判定することにしました。カメラは自己表現として上質な趣味であり、自分が撮りたい対象を撮りたいように切り取れる道具が最良です。その点で何よりもファインダーが必須です。また気軽に持ち出せることも大事な要素です。そして撮りたい気にさせる重要な要素の一つが操作性とホールディングです。
本機はこのすべての点でまんべんなく高得点です。
本機を使うようになってから、撮影のために散歩に出かけたい、仕事に行くときも携帯しておきたい、仕事で通るだけの場所でもちょっと立ち止まって寄り道してみようかという気持ちになりました。
つまり本機は最高のスナップカメラです。




レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物

参考になった68人(再レビュー後:68人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン3
画質4
操作性5
バッテリー4
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感5
撮影旅へ誘う優れてレンズ固定式ミラーレスカメラ
当機種1高感度と暗所
当機種2 マクロ望遠側
当機種3 バリアングルで猫を撮る

1高感度と暗所

2 マクロ望遠側

3 バリアングルで猫を撮る

当機種4 標準域。細部まで分解
当機種5 広角開放F1・8。明暗階調
当機種6 広角での逆光と全体測光

4 標準域。細部まで分解

5 広角開放F1・8。明暗階調

6 広角での逆光と全体測光

普段はα6000やK70などのAPS-C規格のデジイチを使い、旅用に1型センサーのソニーRX100を使ってきました。RX100にファインダーが無く、画像記録に時間がかかり、広角に不満があることから、後継機として本機を選びました。以下参考にしていただければ幸いです。

【デザイン】ファインダー部分が膨らんで頭でっかちです。

【大きさと重量】 380c程です。コンデジと考えると重いしファインダー部分がかさばりますが、レンズ固定式ミラーレスとして考えると小さくて軽いです。ダウンコートのポケットに入れておいて、好きなチャンスにさっと取り出してシャッターを切れます。

【画質1 設定】
初期設定の「L」で「マイカラー・オフ」では,寝ぼけた春霞の風景のようになり、RX100と比べて画質が悪いと判断します。このモードでは3点です。
調整してJPEGの圧縮度が少ない「S・L」にし、マイカラーを「くっきりカラー」に調整したところ見違えるようにクリアで階調豊かな画質になりました。このモードでは4+点です。
参考写真はすべてこのモードで、暗部補正とDレンジ補正もオンです。
記憶容量は5Mから9M程度に増えます。

【画質2 暗所と高感度】写真1のように高感度もなかなかでISO1600までは可です。レンズのF値が明るいのでISO3200になるかと思うシーンでも1600で収まります。さすがに1型センサーですから拡大すると粒子の荒れが目立ちAPS-C程まではいきませんが、予想以上に暗所に強いカメラです。

【画質3 焦点距離別】広角は写真5と6でもわかるように、24oの端部分は歪みもあり写り自体も今ひとつですが、周縁の光量落ちは気になりませんから開放F1・8でも全体の写りは良です。暗部から明部への階調表現もまあまあです。

標準領域は写真4のように、細部まで綺麗に分解しています。低感度での写りはAPS-Cにひけをとりません。

マクロは写真2では望遠100o相当で最短距離50センチで撮っています。広角24o相当では5センチまで近寄れますが周りの風景まではっきり写ってしまうので、背景をぼかしてとるには望遠で撮るしかありません。

【画質4 画角】光学的には24oから100o相当です。デジタルズームもありますが、容量が減っていきますから要するに画像の一部分をただ拡大して見せているだけなので意味がありません(パソコン画面などで拡大すれば同じことです)。画角的には撮影のほとんどの領域がカバーでき、RX100シリーズより望遠側が大きいのが良です。広角24oは都会の風景ではまだ不十分な感じがあり将来的に20o相当が出てくると理想的です。

【画質総合判定】同じ2000万画素のAPS-Cセンサー機ペンタックスKS-1に18−135ズームで森林を写して比較したところ、細い枝の分解能は互角でした。RX100もそうですが、分解能はAPS-Cと1型センサーではそれほどの差が無いと実感します。及ばない点は色乗りや階調表現、高感度耐性などです。APS-Cのデジイチやミラーレスはレンズの影響が大きく、F値が暗く透明度が低い標準ズームでは、1型センサー機のF値が明るく優秀なレンズを搭載した高級コンデジに画質で負けてしまうことがあります。本機はISO400までの感度なら、APS-C機に互角の戦いが出来ていると判断します。


【操作性】 私はPモードで撮りますが、上面右にある露出調整ダイヤルで頻繁に調整します。マクロは裏面の十字ボタンですぐ切り替えられます。操作性は大変良好です。

【バッテリー】電子ファインダーを使い液晶を使わないのでそれほど減りません。


【機能性】フォーカスは十分早く、迷いも少ない方です。手ぶれ補正は良好で、写真1のように76o相当の中望遠で20分の1秒でもぶれていません。明暗の大きいシーンでも写真6のように偏ったりしませんから、測光は優秀な部類だと思いますし、逆光のフレアも許容範囲です。


【ファインダー】 本機を選ぶ最大の理由は大きなファインダーがあることです。液晶が主でたまにファインダー利用というのならソニーのRX100V以降の方が軽くて小さいので有利です。本機のEVFは倍率や色再現はなかなか良です。しかし、反応が遅いのか、撮影方向を動かすと画面がカクカクしてします。シャッターを半押ししてピントをあわせた状態で動かすとピントが移動しながら画面が動きますがこの場合はカクカクしません。α6000のEVFは動かしてもカクカクしません。この点が少しマイナスです。

【液晶】画面はきれいで見やすいですし、バリアングルが素晴らしい。写真3の猫は、目が合うと逃げてしまう対象なので、バリアングルで目線を外して撮りました。毛先まで綺麗に分解しています。

【ホールド感】 ソニーのRX100シリーズの最大の欠点がグリップが無いことで、私はオプションで付けました。本機にはちゃんとついています。もう少し奥行きがほしいですがまあまあといったところです。

【総評】
画質設定を「S・L」にしてマイカラーを「くっきりカラー」にしたことで、私はレンズ固定式ミラーレスカメラと判定することにしました。カメラは自己表現として上質な趣味であり、自分が撮りたい対象を撮りたいように切り取れる道具が最良です。その点で何よりもファインダーが必須です。また気軽に持ち出せることも大事な要素です。そして撮りたい気にさせる重要な要素の一つが操作性とホールディングです。
本機はこのすべての点でまんべんなく高得点です。
本機を使うようになってから、撮影のために散歩に出かけたい、仕事に行くときも携帯しておきたい、仕事で通るだけの場所でもちょっと立ち止まって寄り道してみようかという気持ちになりました。
つまり本機は最高のスナップカメラです。




レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「PowerShot G5 X」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
EVF付きの旅カメラ(コンデジ)としては、あと1歩か?  4 2020年7月22日 02:54
やっぱり最強のコンデジ。一眼レフいらずです。  5 2019年8月8日 00:37
G12の後継機  5 2019年7月17日 17:30
使える・スタンダード  4 2019年7月17日 04:22
ファインダー万歳  5 2019年1月23日 18:05
楽しいカメラ  4 2018年12月22日 22:16
ファインダーは近視には助かる  5 2018年12月8日 10:45
やはりEVF搭載はいいですね。  5 2018年11月11日 17:06
カメラらしい佇まい。  5 2018年3月25日 20:33
ずっしりしていい感じ。  5 2018年1月7日 14:46

PowerShot G5 Xのレビューを見る(レビュアー数:51人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

PowerShot G5 Xのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

PowerShot G5 X
CANON

PowerShot G5 X

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2015年10月22日

PowerShot G5 Xをお気に入り製品に追加する <694

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタルカメラ)

ご注意