『使いこなしにコツは要りますが 撮れた成果物は魅力的です』 DJI OSMO 撮らぬ狸さんのレビュー・評価

2015年10月中旬 発売

OSMO

  • 3方向の振動を制御する「3軸スタビライズシステム」により振動やブレを取り除き、安定した撮影を行う、一体型手持ち4kカメラ。
  • 自動で回転する「360度パノラマ撮影」、三脚を使わなくても行える「タイムラプス撮影」や「長時間露光の撮影」ができるモードを搭載している。
  • 付属ホルダーにスマートフォンを装着すると、撮影中の映像をリアルタイムで確認・操作できる。また、専用アプリをインストールすると、遠隔操作が行える。
OSMO 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:¥―

タイプ:アクションカメラ 画質:4K 撮像素子:CMOS 1/2.3型 OSMOのスペック・仕様

価格.comのまるごと安心 設置・修理・サポート。家電・PC・カメラ・ゲーム機が対象。初月無料!
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

 
  • OSMOの価格比較
  • OSMOの店頭購入
  • OSMOのスペック・仕様
  • OSMOのレビュー
  • OSMOのクチコミ
  • OSMOの画像・動画
  • OSMOのピックアップリスト
  • OSMOのオークション

OSMODJI

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2015年10月中旬

  • OSMOの価格比較
  • OSMOの店頭購入
  • OSMOのスペック・仕様
  • OSMOのレビュー
  • OSMOのクチコミ
  • OSMOの画像・動画
  • OSMOのピックアップリスト
  • OSMOのオークション

『使いこなしにコツは要りますが 撮れた成果物は魅力的です』 撮らぬ狸さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

OSMOのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん 銅メダル

  • レビュー投稿数:62件
  • 累計支持数:440人
  • ファン数:18人

よく投稿するカテゴリ

ビデオカメラ
30件
1564件
デジタル一眼カメラ
1件
104件
デジタルカメラ
2件
91件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性4
機能性4
バッテリー1
携帯性3
液晶無評価
音質1
使いこなしにコツは要りますが 撮れた成果物は魅力的です

再生する

作例

再レビュー サンプル動画を添えました

発売日に購入後 半年以上たちました ここで再レビューします

通常使いこむに従い粗や不満点が出てくるものなんですが
このOSMOに関しては 不満点を超えるだけの性能があると再認識している次第です

最初にOSMOのテスト映像

呼応する木々、下鴨神社 糺の森 2016 4K
https://youtu.be/KtMg2qQXGhI

糺の森 京都 下鴨神社 世界文化遺産
https://youtu.be/9Cb41FqC0Gs

Kyotango Kazurano Beach Photography Review DJI OSMO
https://youtu.be/-JncTsUrmms

他社ジンバルとの比較映像
車載 Gimbal Test Feiyu Tech G3 vs G4GS vs DJI OSMO
https://youtu.be/S4iBFES62E0

歩行 Gimbal Test Feiyu Tech G3 G4GS DJI OSMO Ver05
https://youtu.be/2wO4CQEot-E

ウインタースポーツシーン
https://youtu.be/I9byP2tUuHg
https://youtu.be/CSozWVZ1K0c

詳細レビュー
まず ジンバル部は他社ジンバルと比べ 相当安定しています 
カメラ側のブレ補正との協調もありますが とにかくびっくりするくらいブレ/揺れがありません

カメラ性能についても 歪曲のほぼ無い広角94度は 風景、自然、建築、人物、スポーツ、舞台、ライブ等において
非常に満足いく結果が得られています
デフォルト設定では コントラスト 彩度ともに高く 青色系に振れている印象ですが
多彩なカラー設定も用意されており 私のお気に入りはクラシックカラーです
小型カメラゆえ限界はあるものの 描写的にGOPRO HERO4やSONY X1000V、AS200等の
アクションカムより自然かつ解像感も高いと感じます
ミラーレス系一眼カメラの動画と組み合わせても遜色は全く感じません

操作系について
多少の慣れは必要で 万人受けするカメラではないと感じますが
理屈とコツさえマスターすれば 動画撮影の幅が大きく広がると思います
例えば 十字キーによるカメラヘッドの動きも自然ですし 
スマホ等WIFIコントロール側からのカメラヘッドのパン/ティルト操作もごく自然
パン/ティルトの回転速度や加速、減速等パラメーターが細かく設定でき 
2種類ではあるもののその設定値を記憶させておくことが出来ます(これとっても重宝します)
発売当初こそファームウェアの不具合が散見されていましたが 今はかなり洗練されてきています
コントロール側WIFIアプリも 次第に高機能化されています

ただ 反対にマイナス要素があることも事実
もっとも気になるのは バッテリーの運用
消費電力も多く1本のバッテリーで駆動できる時間は30分-45分と短いですし
カメラヘッドは相当な高温になります(消費電力の多くが発熱につながっている)
せめてモバイル電源等 外部電源供給が出来ればいいのですが 
現状ではDJIドローン系の外部バッテリーでしか運用できないようです
サウンド面は他の方々も指摘する通り レベルは低く実質的には使えないです
外部マイク等利用することは出来ますが 折角の軽量コンパクトカメラが大袈裟なシステムになるのはいただけなく思います
また 各種パラメータを変更するには スマホ等とWIFI接続する必要があり これがとても面倒
特にWIFI接続の繋がりが悪く イライラ感が募ることも多々あります
実際に運用する場合 録画タイミングの主導権がカメラマンにある時は良いのですが
ライブや舞台 スポーツ等では実質的にWIFI接続は頼れません
よって プレビュー画面は確認せず録画することとなりますが これはある程度慣れで対処できます

付属品 オプションパーツについて
スマフォルダーや手の込んだケースが付属してきましたが 私は全く利用していません
スマフォルダーは大変高級感あふれる無垢の金属ですが 実用性は???
OSMOに組み合わせるとバランスを崩します 確実にスマホをホールディングするわけでもなくただただ重いだけ
ケースも嵩張るし特異な形状で返って使い難い
オプションパーツも多数展開されてきていますが 使えるパーツは意外と少ないと感じています
重宝しているのはストレート拡張アーム
他に 6/8時点発売前ですが期待しているのは縦揺れ補正ユニットです

以上 不満点はあるもののこれは次機種には反映を期待しつつ 評価点は4.5とアップさせていただきます

撮影シーン
スポーツ撮影
旅行
パーティ・イベント
ビジネス
スナップ撮影

参考になった24人(再レビュー後:7人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
画質5
操作性4
機能性4
バッテリー1
携帯性3
液晶無評価
音質1
使いこなしにコツは要りますが 撮れた成果物は魅力的です

ジンバル比較 車載

ジンバル比較 歩行

アクションカムとの比較 スノーエリア

OSMO作例 京都下鴨神社

OSMO作例 ビーチ編

OSMO スノーフィールド

発売日に購入後 半年以上たちました ここで再レビューします

通常使いこむに従い粗や不満点が出てくるものなんですが
このOSMOに関しては 不満点を超えるだけの性能があると再認識している次第です

最初にOSMOのテスト映像
糺の森 京都 下鴨神社 世界文化遺産
https://youtu.be/9Cb41FqC0Gs

Kyotango Kazurano Beach Photography Review DJI OSMO
https://youtu.be/-JncTsUrmms

他社ジンバルとの比較映像
車載 Gimbal Test Feiyu Tech G3 vs G4GS vs DJI OSMO
https://youtu.be/S4iBFES62E0

歩行 Gimbal Test Feiyu Tech G3 G4GS DJI OSMO Ver05
https://youtu.be/2wO4CQEot-E

ウインタースポーツシーン
https://youtu.be/I9byP2tUuHg
https://youtu.be/CSozWVZ1K0c

詳細レビュー
まず ジンバル部は他社ジンバルと比べ 相当安定しています 
カメラ側のブレ補正との協調もありますが とにかくびっくりするくらいブレ/揺れがありません

カメラ性能についても 歪曲のほぼ無い広角94度は 風景、自然、建築、人物、スポーツ、舞台、ライブ等において
非常に満足いく結果が得られています
デフォルト設定では コントラスト 彩度ともに高く 青色系に振れている印象ですが
多彩なカラー設定も用意されており 私のお気に入りはクラシックカラーです
小型カメラゆえ限界はあるものの 描写的にGOPRO HERO4やSONY X1000V、AS200等の
アクションカムより自然かつ解像感も高いと感じます
ミラーレス系一眼カメラの動画と組み合わせても遜色は全く感じません

操作系について
多少の慣れは必要で 万人受けするカメラではないと感じますが
理屈とコツさえマスターすれば 動画撮影の幅が大きく広がると思います
例えば 十字キーによるカメラヘッドの動きも自然ですし 
スマホ等WIFIコントロール側からのカメラヘッドのパン/ティルト操作もごく自然
パン/ティルトの回転速度や加速、減速等パラメーターが細かく設定でき 
2種類ではあるもののその設定値を記憶させておくことが出来ます(これとっても重宝します)
発売当初こそファームウェアの不具合が散見されていましたが 今はかなり洗練されてきています
コントロール側WIFIアプリも 次第に高機能化されています

ただ 反対にマイナス要素があることも事実
もっとも気になるのは バッテリーの運用
消費電力も多く1本のバッテリーで駆動できる時間は30分-45分と短いですし
カメラヘッドは相当な高温になります(消費電力の多くが発熱につながっている)
せめてモバイル電源等 外部電源供給が出来ればいいのですが 
現状ではDJIドローン系の外部バッテリーでしか運用できないようです
サウンド面は他の方々も指摘する通り レベルは低く実質的には使えないです
外部マイク等利用することは出来ますが 折角の軽量コンパクトカメラが大袈裟なシステムになるのはいただけなく思います
また 各種パラメータを変更するには スマホ等とWIFI接続する必要があり これがとても面倒
特にWIFI接続の繋がりが悪く イライラ感が募ることも多々あります
実際に運用する場合 録画タイミングの主導権がカメラマンにある時は良いのですが
ライブや舞台 スポーツ等では実質的にWIFI接続は頼れません
よって プレビュー画面は確認せず録画することとなりますが これはある程度慣れで対処できます

付属品 オプションパーツについて
スマフォルダーや手の込んだケースが付属してきましたが 私は全く利用していません
スマフォルダーは大変高級感あふれる無垢の金属ですが 実用性は???
OSMOに組み合わせるとバランスを崩します 確実にスマホをホールディングするわけでもなくただただ重いだけ
ケースも嵩張るし特異な形状で返って使い難い
オプションパーツも多数展開されてきていますが 使えるパーツは意外と少ないと感じています
重宝しているのはストレート拡張アーム
他に 6/8時点発売前ですが期待しているのは縦揺れ補正ユニットです

以上 不満点はあるもののこれは次機種には反映を期待しつつ 評価点は4.5とアップさせていただきます

撮影シーン
スポーツ撮影
旅行
パーティ・イベント
ビジネス
スナップ撮影

参考になった2

満足度3
デザイン5
画質3
操作性4
機能性4
バッテリー1
携帯性3
液晶無評価
音質1
バッテリー消費と コントラスト彩度もう少し・・・
   

車載でテスト

   

DJI OSMO vs Feiyu Tech Gimbal G3 × GOPRO HERO3- A car The windshield fixing

取り急ぎ 検証第一弾 自動車車載比較テスト
https://youtu.be/J2U_3VuRTJ0

dji osmoとFeiyu Tech Gimbal G3 × GOPRO HERO3
自動車フロントガラスに固定して 風圧/路面の凹凸/追従性をテストしてみました
車速は最大時速50K 風圧に対する耐性は十分のようです
路面の凹凸に対しては 断然OSMO有利 というより全くブレが発生していません
Feiyu Tech Gimbal G3は細かな振動は吸収しきれません
参考までにSONY HDR AS200は カメラ本体の手ブレ補正ONで比較しています
このような直線舗装路ではSONY AS200も十分活躍します

ただOSMOで気になることは 水平軸が次第に傾く傾向がありました
左右軸も当初安定せずなんども設定を繰り返しています
とても大きな振動や許容範囲を超える角度を与えると デフォルトの位置に戻れないことが多いです

カメラ性能について
今回は DJI OSMO/GOPRO HERO3 BE/SONY HDR SA200を比べますが
カラーグレーティングはもちろんカラー補正は一切かけていません
FULL HD 1080P撮って出しのままです
(YOUTUBEではアップロード後再エンコードされ品質が落ちてしまいます)
記憶色では SONY AS200が比較的近い(やや青いが)
GOPRO HERO3はWBがAWBだと 午後太陽が西に傾くと常にゴールド系に振れてしまう傾向を感じます
DJI OSMOは一見綺麗なのですが コントラスト 彩度ともに強すぎ 一部破たんしているように感じます
素材ベースで記録するにはもう少しおとなしめの絵にしてほしいところです
解像感は3者とも必要十分でしょうか
(元データでは十分解像しています)

DJI OSMOスマホとのwifi連携について
高度な設定が行えFeiyu Tech Gimbal G3とは次元が違います
グリップ手元の十字スライダーでカメラヘッドを自在にコントロールできます
十字キーだけでスピードコントロールできますが スマホで更に詳細にコントロールできます
例えば パン/ティルト回転速度1-100で(超スローから高速まで)
他にもパン/ティルトともに回転が突然止まると違和感を感じますが
その止まり方も1-100段階でジワーと速度をおしとながら停止してくれます
このあたり撮影者の技量を超えています

DJI OSMO 短時間でのレビューですがいいところだけではなく
残念なところも散見されます
まず 購入後運用までにスマホやタブレット等とアプリのインストール及び
各種設定等 やや知識が必要でしょう
(スマホやタブレット等は必須)
消費電力の大きさ
これ 他の一眼カメラやビデオやアクションカムと比較しても大食らいです
更に発熱量も大きくカメラに冷却ファンがあり サウンド集音にも影響あり
更に更に コントロール側のスマホまで消費電力がすざましい
スマホが結構熱くなりOSMOはもとよりスマホのバッテリーまで心配になります
ちなみにOSMO バッテリーの運用時間は約45分くらいでしょうか
(その間I-PHONE5 は98%から一気に50%程度に落ち込みました)

撮影シーン
スポーツ撮影
旅行
パーティ・イベント
ビジネス
スナップ撮影

参考になった15

 
 
 
 
 
 

「OSMO」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
いまさらですが  5 2017年11月1日 19:57
使いこなしにコツは要りますが 撮れた成果物は魅力的です  5 2016年9月11日 18:51
旅行用ビデオカメラとして最高!  5 2016年9月10日 18:23
買ってはみたが、使わなくなるね・・。  3 2016年7月21日 19:24
FDR-X3000Rとの比較  5 2016年7月11日 21:51
簡単・機動力だけで意味がありました。  5 2016年4月23日 16:12
自撮りに便利♪  5 2016年1月21日 00:33
この価格が驚きです。  5 2015年11月3日 01:06
旅行用として可能性大、問題も大  4 2015年11月2日 14:41

OSMOのレビューを見る(レビュアー数:9人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

OSMOのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

OSMO
DJI

OSMO

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2015年10月中旬

OSMOをお気に入り製品に追加する <165

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(ビデオカメラ)

ご注意