ART MONITOR ATH-A1000Z レビュー・評価

ART MONITOR ATH-A1000Z 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥40,818

(前週比:-2,582円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥40,818

Amazon.co.jp

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥40,818¥54,860 (20店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥44,440 〜 ¥54,860 (全国41店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:オーバーヘッド 装着方式:両耳 構造:密閉型(クローズド) 駆動方式:ダイナミック型 再生周波数帯域:5Hz〜43kHz ハイレゾ:○ ART MONITOR ATH-A1000Zのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • ART MONITOR ATH-A1000Zの価格比較
  • ART MONITOR ATH-A1000Zの店頭購入
  • ART MONITOR ATH-A1000Zのスペック・仕様
  • ART MONITOR ATH-A1000Zのレビュー
  • ART MONITOR ATH-A1000Zのクチコミ
  • ART MONITOR ATH-A1000Zの画像・動画
  • ART MONITOR ATH-A1000Zのピックアップリスト
  • ART MONITOR ATH-A1000Zのオークション

ART MONITOR ATH-A1000Zオーディオテクニカ

最安価格(税込):¥40,818 (前週比:-2,582円↓) 発売日:2015年11月13日

  • ART MONITOR ATH-A1000Zの価格比較
  • ART MONITOR ATH-A1000Zの店頭購入
  • ART MONITOR ATH-A1000Zのスペック・仕様
  • ART MONITOR ATH-A1000Zのレビュー
  • ART MONITOR ATH-A1000Zのクチコミ
  • ART MONITOR ATH-A1000Zの画像・動画
  • ART MONITOR ATH-A1000Zのピックアップリスト
  • ART MONITOR ATH-A1000Zのオークション

満足度:4.76
(カテゴリ平均:4.26
レビュー投稿数:13人 (試用:1人)
  1. 2 0%
  2. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.24 4.18 -位
高音の音質 高音部の音質の良さ 4.55 4.15 -位
低音の音質 低音部の音質の良さ 4.76 4.13 -位
フィット感 装着したときのフィット感など 4.63 4.08 -位
外音遮断性 外の音を遮断するか 4.34 3.81 -位
音漏れ防止 音漏れを防止するか 4.25 3.78 -位
携帯性 コンパクトさ 2.27 3.82 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

ART MONITOR ATH-A1000Zのレビューを書く

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

l0wwさん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:54人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
4件
0件
デジタルカメラ
1件
0件
ミニコンポ・セットコンポ
1件
0件
もっと見る
満足度3
デザイン4
高音の音質3
低音の音質4
フィット感4
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性2

本機は過去所有していた商品のレビューとなります。
購入後半年弱、100時間程度使用したレビューとなります。

【デザイン】
深みのある紅色でありながら渋くなりすぎておらず絶妙です。
重厚感も悪くありません。

【音質概要】
本機の音質上の主な特徴は「リッチな低域」と「解像感」です。
まず「リッチな低域」について。
オーテクといえば伸びの良い高域、高域といえばオーテク。そんな感じですよね?
ところが本機はこの価格帯のオーテク製品としては珍しく低域に深みと厚みがあります。
これにより曲全体に薄っすらと艶が乗り、「ハイエンド感」の演出がうまくなされているなと感じます。
また、後に述べますがオーテク自慢の高域の鮮烈さもさほど犠牲になっておりません。

次に「解像感」について。低域が豊かになるほど、解像度はトレードオフしがちですが、本機についてはしっかりとした太めで暖かい低域を土台としつつも高域の解像感が損なわれていません。というより後に述べますが高域の解像感は少々自分にはもてあますほどです。

【高音域の音質】
非常にクリアでスピーディ、かつ鮮烈です。
解像度を重視する方には絶妙にマッチするでしょう。
しかし、これがリアリティのある音かといわれると、私には「高解像度感の演出」が過剰に思えます。
金管楽器や、ドラムの金物、エレキのハイピッチなリフなどに対して、いわゆる「刺さり」や痛みを感じる楽曲が少なくありません。
自分の感性的には「違和感」をやや通り越し、若干不快さを感じるレベルでした。
また、本機の高域はソースの選り好みが大きく、圧縮音源などは聴くに耐えないレベルの試聴体験となりがちです。

【中音域の音質】
ミッドローに厚みがあり、雰囲気ムンムンで悪くありません。色艶を最もよく感じる帯域です。
また違和感も少ないです。空間はやや広めで定位も平均以上であると思います。
解像度やスピード感も価格以上の性能があります。

【低音域の音質】
オーテク製品とは思えないほどしっかりとした低音です(笑)
厚み、レスポンスの速さ、沈み込み、それぞれ高い基準で達成しており、低域こそが本機で最も聴き心地がよく、光っている領域だと思います。

【フィット感・装着感】
レザーのイヤーカップは高級感がありますが、長時間の使用では蒸れてきます。
また3Dウイングサポートについは恩恵はさほど大きく感じませんでした。可もなく不可もなくといった装着感です。重さもこの価格帯にしては重くないほうで、好印象です。

【外音遮断性】
良好です。装着すると窓の外を走る自動車の音などはほとんど聞こえないレベルで遮音してくれます。

【音漏れ防止】
良好です。
結構な大音量で掛けても漏れません。公共の場でもなんなく使用可能なレベルです。

【携帯性】
平均以下でしょう。軽くはないですし、大きさも持ち歩いたり、装着するには明らかに「デカイな」と感じるゴツさです。
ただし、鳴らしやすさは非常に良好で、普通のスマホなどでも十分な音量を確保できます。
また、上流の影響はやや受けやすく、良い機材、良いソースを用意しないと本機の魅力を最大限堪能できません。

【総評】
オーテクらしからぬほどにマシマシになった低域の影響(低域の表現自体は大変良いと思います)を相殺するためなのか、高域のアタック感(刺さり)が気にかかります。
全体としてややV字な帯域バランスかと思います。
解像度はかなりのものなので、包み込むような深みのある低域と、派手めで外科手術的な高解像度の一石二鳥なヘッドホンとも言えるかもしれません。
しかし、よりバランスの取れた音や自然な出音が好みの場合、他にも選択肢があるかと思います。
得意なジャンルはジャズで、ついでクラシックとなります。これといって特別苦手なジャンルは見当たりません。
オールラウンダーとしても活躍できる実力があります。
しかし、価格を考慮すると、もう少し音質チューニング、殊に高音の仕上げ方に時間と手間を割くべきであった感が否めません。
同じオーテク製品で、より低価格の製品でも本機より良いバランスのヘッドホンを見つけることができます。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった3人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!
 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

ART MONITOR ATH-A1000Zのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

ART MONITOR ATH-A1000Z
オーディオテクニカ

ART MONITOR ATH-A1000Z

最安価格(税込):¥40,818発売日:2015年11月13日 価格.comの安さの理由は?

ART MONITOR ATH-A1000Zをお気に入り製品に追加する <133

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意