『買ったからには、楽しまないと!レビュー4』 ヤマハ R-N602 神ノ山・稜さんのレビュー・評価

2015年10月下旬 発売

R-N602

  • ハイレゾ音源を含むネットワーク上の音楽コンテンツの再生やアプリ操作を実現する、ネットワークHiFiレシーバー。Wi-FiやWireless Direct機能を搭載。
  • 最大192kHz/24bitに対応した光/同軸デジタル音声入力を計4系統備え、オーディオ機器はもちろん、テレビやゲーム機、パソコンなどを接続して再生できる。
  • 独自の「MusicCast機能」搭載により、対応機器間における音楽コンテンツの配信/受信を簡単に行える。
R-N602 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥67,800

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥67,800¥67,800 (4店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥64,800

定格出力:70W/6Ω 対応インピーダンス:4〜6Ω 再生周波数帯域:10Hz〜100kHz アナログ入力:4系統 アナログ出力:2系統 R-N602のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • R-N602の価格比較
  • R-N602の店頭購入
  • R-N602のスペック・仕様
  • R-N602のレビュー
  • R-N602のクチコミ
  • R-N602の画像・動画
  • R-N602のピックアップリスト
  • R-N602のオークション

R-N602ヤマハ

最安価格(税込):¥67,800 (前週比:±0 ) 発売日:2015年10月下旬

  • R-N602の価格比較
  • R-N602の店頭購入
  • R-N602のスペック・仕様
  • R-N602のレビュー
  • R-N602のクチコミ
  • R-N602の画像・動画
  • R-N602のピックアップリスト
  • R-N602のオークション

『買ったからには、楽しまないと!レビュー4』 神ノ山・稜さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

R-N602のレビューを書く

神ノ山・稜さん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:78人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
2件
7件
デジタル一眼カメラ
1件
7件
携帯テレビ・ポータブルテレビ
2件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性5
音質5
パワー5
機能性5
入出力端子4
サイズ5
買ったからには、楽しまないと!レビュー4

2021年10月21日現在

リヤスピーカーはバイアンプで後方45度設置

全部中古レコードです。

参考になったと言う方が増えたので、
4度目のレビューです。

YAMAHA NS-1000M というスピーカーを
オークションで落札しました。

このスピーカーは30万台を売る上げた
日本一売れたスピーカーで有名ですね。

しかし、30cmウーハーを搭載してるわりに
低音が出ないとの評価もあります。

そこで、DIYでバックロードホーンにして
低音を補強しています。

現在は

アンプ4台
スピーカー5セット
レコードプレーヤー2台
が可動中です。

これも全て YAMAHA R-N602 が始まりです。

先にも書きましたが、
ほとんどがオークションやリサイクルショップでの購入ですから、
10万程度でそろえました。

レコードも増えました。

まさに楽しんでいます。

レベル
初心者

参考になった9人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
操作性5
音質5
パワー5
機能性5
入出力端子4
サイズ5
買ったからには、楽しまないと!レビュー3

再生する

その他
リアスピーカーの改造前と後の比較です。

YAMAHA NS-100M Custom です。

燃えた抵抗(ボリューム)です。

リアスピーカーのバイアンプ仕様

リアスピーカーのバイアンプ後の特性です。

レコードプレーヤーのウッドパネル

2021.06.05時点です。

参考になったと言う方が増えたので、
再々レビューをします。

【使用4ヶ月経過】
オーディオに全く興味が無い僕が
このプリメインアンプを購入し4ヶ月が経過しました。

【スピーカー増設】
塩ビ管スピーカーから始まった僕のオーディオライフですが、
新たにスピーカーを買いました。
正確には YAMAHA NS-100M Custom を、
ヤフオクで間違ってポチっちゃったんですけどね。
(欲しかったのはYAMAHA NS-1000 でした。)
即決25,000円です。
これがなかなかのポテンシャルです。
と、ここでセンタースピーカーとして使っていたiMacの
ちっちゃなスピーカーに亀裂がでて廃棄となりました。

【サブウーファー出力】
サブウーファー用出力端子と言うのがあります。
娘のアンプに繋げてスピーカーで鳴らそうとしましたが、
全然鳴りません。
中華アンプは100W+100Wなのでチェンジしてみると
かすかに鳴ってます。
調べると、Subwoofer OUT:4.0V/1.2kΩ(カットオフ周波数:90Hz)です。
こりゃ鳴らんわな。
ボリューム連動なんで、楽曲にもよります。
サブウーファーを買えば良いんでしょうが、
資金不足なのでAMAZONで自作アンプユニットを物色中です。

【スピーカーA、Bのボリューム調整】
スピーカー2系統出力出来るんですが、
個別にボリューム調整が出来ません。
そこで、B側スピーカーケーブルの途中に
抵抗(ボリューム)を入れてみたら、
抵抗が発火しました。
あわててケーブルを引っこ抜きましたよ。
電気回路の勉強しなきゃ。

【リヤスピーカーのバイアンプ化】
R-N602からLINE出力で娘の使っていたアンプに繋げ
リサイクルショップで買ったONKYOの(3,300円)をならしています。
で、このアンプがバイアンプ構成でスピーカーケーブルが8本あります。
高音用、低音用、右と左というわけです。
そこで、ONKYOのスピーカから基板を引っ張り出し、
ツーイーター側とウハー側に基板をぶった切り
再セットしました。
ちょと高音に癖のあるスピーカになっちゃいましたが、
気に入ってます。

【ストリーミングサービスは?】
R-N602はMusicCastアプリでSpotifyとdeezerがスマホでコントロール出来るのですが、
結局、AMAZON・MUSIC・HD に落ち着きました。
iMacとiPhoneをリモートで繋いでコントロールしています。

【レコードプレーヤーも】
このアンプにはPHONO MM:3.5mV/47kΩがあります。
なわけで、SONYのレコードプレーヤーをジャンク6、600円で買いました。
スイッチが壊れてた(緩くて大きく回る)んですけど、
僕的には許容範囲です。
で、レコードプレーヤーと言えば木目調がかっこいいじゃないですか。
で、産直から端木を入手して木目調パネルを作りました。
結構気に入ってます。
で、また新たにレコードプレーヤーを無償で入手しました。
今度はどんな仕様にしようかなあ。
レコードは一家に一枚のマイケルジャクソン「スリラー」
他には山下達郎、柳ジョージとレイニーウッドなどなど。
レコードっていい音するんですね。

【家内がね】
土曜と日曜になるとラジオを聴きたがるんです。
ちょっと出かけていても
「あっ、今からならあれ聴けるね。」と
お気に入りのラジオ番組目当てに帰ろうとするんです。
まあ、コロナなんで外出してるよりはね。
僕もネットラジオを流しっぱなししながら
ハンダ作業します。

【まとめ】
もし僕にオーディオの知識があったならの話ですが、
マランツNR1200 にしたでしょう。
と前回のレビューに書きました。
最近考えるんですよね。
優等生を買っていたら、
自分でなんとかしようと考えるだろうか?
とはいえ YAMAHA R-N602 を薦める事はしませんけど。

スピーカーで音が全開で出せる環境なのも利点と思っています。
とも書きましたが
最近は全開爆音で聴かなくなりました。
音をどうやったら綺麗にというか、響かせると言うか。
現在8個のスピーカーがあるのですが、
その辺のバランスを取るのが楽しいです。

最近、リサイクルショップに行く回数が増えました。
とも書きました。
アキュフェーズ、マランツ、マッキントッシュまであるんです。
桁が違いますけどね。

【デザイン】シルバーで良かった。 
      最近、パワーメーターがあったらかっこいいなあと。
     
【操作性】リモコンとMusicCastアプリで快適です。
     
【音質】スピーカーが新しくなったので音質の評価を追加しました。
    詳しくはわかりませんが、メーカー毎にアレンジされていると聞きます。
    このアンプは音質は素直だと思います。
    新しいスピーカーを購入したとき、そのスピーカーの特性は
    かなりフラットな聞き疲れしなさそうな特性でした。
    ほぼその通りの波形がでましたよ。    

【パワー】設置場所が一般住宅のリビングなので、パワー全開にすると怒られます。
     田舎の一軒家なので、僕が一人の時は試せます。
     ボリューム上げるとドキドキします。
     外にでて音漏れをチェックしたこともありますが、
     僕の家って結構な防音で驚きです。
     ※道向かいの家のピアノは結構聞こえます。
     Subwoofer OUT これが意外と使えなかったなあ。
     ちゃんとしたアクティブウーファー買えって事ですね。
     
【機能性】A,Bスピーカー毎のボリューム調整が欲しかったなあ。    
     表示パネルの表示がわかりにくいです。
     情報量もすくないですね。 
     日本語表示は無理ですよね。
     「ピュアダイレクト」は明らかに違いがわかります。
     ただ、機械任せってのもね。     

【入出力端子】HDMIがあれば文句なし。

【サイズ】重さも持てないくらい重いわけでも無いし<女性は厳しいかな

【御礼】ご覧いただきありがとうございます。
    以前のレビューもご覧いただけるとうれしいです。

レベル
初心者

参考になった3

満足度4
デザイン4
操作性5
音質無評価
パワー4
機能性3
入出力端子3
サイズ3
買ったからには、楽しまないと!

再生する

再生する

作例
JAZZ フリー音源です。iPhoneでの録音です。

作例
女性ボーカル フリー音源です。iPhoneでの録音です。

現在の状態です。アンプをスピーカーの振動の影響を回避する事が課題です。

リサイクルショップで3,300円で購入しました。リヤスピーカーに使っています。

塩ビ管内のスピーカーです。1.5kgのウエイトを載せています。

ツーイーターに、100均おもちゃメガホンを取り付けました。

ポリ管スピーカ用のエンクロージャ−に、ダクトを開けました。

塩ビ管の開口部は、野菜の水切りカゴで覆いました。

【始めに】
オーディオに全く興味が無い僕が
このプリメインアンプを購入した切っ掛けは
直径400mm,長2400mmの塩ビ管をタダで入手したのが始まりです。
600mm望遠レンズ用手動赤道儀を作ろうと思ったのですが、
見事に失敗してしまい、塩ビ管がゴミと化したのです。
使い道に窮していたところ、塩ビ管でスピーカーを作る
と言う事にチャレンジしてみたんです。

【どのアンプにしよう?】
自宅には僕と娘が使っていた古いコンポが倉庫に眠っていたので
それを再利用することにしました。
もう一つ、僕はAMAZON・MUSICをPCで聴いていたので
この際、HDも聴いてみたいと思い立ち
アンプを買おうと思ったんです。
少ない知識と、ハイレゾ再生と言う文句と
40,000円で2セットのスピーカーが鳴らせるんだ。
という安易な考えでこのプリメインアンプを買いました。

【DACって何?】
ところが、USB-DACなるものが無いとAMAZON・MUSIC・HDは聴けない
と知り、TOPPING E30 を追加で買いました。
倉庫から使わないiMacを引っ張り出して
USBでDACと繋いでいます。

【塩ビ管スピーカー制作】
次にR-N602と娘のコンポをつなぎ、そのスピーカーを塩ビ管の中に
エンクロージャーごと入れて鳴らしたら
床が振動して驚きました。ここで吸音材が必要としり、
グラスウールを試行錯誤してセットしました。
波動スピーカーというのも目にしたのですが、管径が大きいのと、管の奥まで手が届かないので
加工自体が不可能でした。
次に管径300mm、長さ4,000mmのポリ塩化ビニル管をタダで入手したんです。
これに僕の古いスピーカーを埋め込みました。

【スピーカー増設】
リヤスピーカーが無いので、リサイクルショップでONKYOのを3,300円で買いました。
低音は出るんですけど、高音が足りないので、娘のスピーカーのツ−イ−タ−を外し
僕のポリ管スピーカーに移植しました。
100均でおもちゃのメガホンを買い、なんちゃってホーンスピーカーにしました。
ここで僕の古いスピーカーは3ウェイだと判明したんですけど、
ほとんど高音は出ていませんねえ。
物置にもう1台iMacがあったです。
このPCは音が良いので、中身を全部取っ払ってスピーカー専用機に改造しました。
センタースピーカーとして使っています。
センタースピーカーとツーイーターはコンポで鳴らしています。

【中華アンプ増設】
フロントとリヤの音量調節をして定位を変化させようと
リヤスピーカー様に中華アンプを増設しました。
が、ノイズを拾うので元に戻しました。
お蔵入りはもったいないので、低音専用アンプと割り切り
塩ビ管スピーカーにつなげました。
この時点で塩ビ管スピーカーは
塩ビ管ウーハーとなったわけです。

【中学の授業以来のハンダ作業】
中華アンプのノイズの原因は、配線の端末処理が問題でした。
そこで、中学の技術家庭の授業以来のハンダ作業をやったんです。
配線も手持ちのケーブルを指でネジネジしてビニールテープ巻き巻きだったので、
バナナジャック、ケーブルも買いました。

【HDMIは無いんだね】
僕のテレビって結構いい音します。
そこで、テレビのスピーカーも鳴らしたくなったのですが、
テレビ側の入力端子はHDMIしかないし、アンプ側の出力はrca端子だけ。
そこで、変換器を買って接続しました。
が、醜いまでの遅延になり断念。
このときに思ったんです。
AVアンプにしときゃ良かったんじゃね?

【ストリーミングサービスはどこにする?】
R-N602はMusicCastアプリでSpotifyとdeezerがスマホでコントロール出来るので
とても楽です。
AMAZON・MUSIC・HD と mora qualitas は iMacとノートPCをリモートで繋いで
コントロールしています。
試用期限が来たらどれか1つだけハイレゾもしくは高音質を謳うサービスに絞らないとねえ。
僕の印象ですけど、音質はどこも良いですよ。
問題は使い勝手と、知らない楽曲との出会いの機会を提供してくれるサービスですね。
ハイレゾを謳っていない Spotify が第1候補ですよ!
次が Deezer Hi-Fi です。
AMAZON・MUSIC・HD と mora は?
開くたびに、ほとんど変わりないランキングばかりで飽きちゃいました。
自分のライブラリとか作り込みは面倒だしなあ。

【まとめ】
もし僕にオーディオの知識があったならの話ですが、
マランツNR1200 にしたでしょう。
価格差20,000円強も気にならなかったでしょう。
しかし、僕が購入を検討してたころは納期が未定でした。
僕の性格上待てなかったと思いますけどね。

これから購入を検討してる人に YAMAHA R-N602 を薦める事はしません。

僕は買ってしまったので、使い倒すつもりです。
スピーカーで音が全開で出せる環境なのも利点と思っています。

最近、リサイクルショップに行く回数が増えました。
オーディオと関係ないものも買っちゃたりね。

今後やってみたいのはフロントスピーカーの排圧の変化で
音がどう変わるのかを試していきます。

【デザイン】シルバーで良かった

【操作性】リモコンとMusicCastアプリで快適です。
     
【音質】スピーカー側の仕様が僕のオリジナルになっているので
    このアンプの「素の音質」が分からないので無評価です。

【パワー】設置場所が一般住宅のリビングなので、パワー全開にすると怒られます。
     田舎の一軒家なので、僕が一人の時は試せます。
     ボリューム上げるとドキドキします。
     外にでて音漏れをチェックしたこともありますが、
     僕の家って結構な防音で驚きです。
     ※道向かいの家のピアノは結構聞こえます。

【機能性】古い割には充実してますよ。

【入出力端子】HDMIがあれば文句なし。

【サイズ】アンプなら標準以下では無いのかなあ。<初心者
     重さも持てないくらい重いわけでも無いし<女性は厳しいかな

【御礼】ご覧いただきありがとうございます。
    ※2021.04.04 動画がアップ出来ないので、後日再挑戦します。

レベル
初心者

参考になった3

満足度4
デザイン4
操作性5
音質無評価
パワー4
機能性3
入出力端子3
サイズ3
買ったからには、楽しまないと!

再生する

再生する

製品紹介・使用例
JAZZ フリー音源です

製品紹介・使用例
女性ボーカル フリー音源です

管径400mmの塩ビ管、重さ55Kg

管径300mmのポリ管の加工

ダクトを開けました。

100均メガホンのツーイーター

野菜の水切りでカバー作成

ほぼ初めてのハンダ作業

【始めに】
オーディオに全く興味が無い僕が
このプリメインアンプを購入した切っ掛けは
直径400mm,長2400mmの塩ビ管をタダで入手したのが始まりです。
600mm望遠レンズ用手動赤道儀を作ろうと思ったのですが、
見事に失敗してしまい、塩ビ管がゴミと化したのです。
使い道に窮していたところ、塩ビ管でスピーカーを作る
と言う事にチャレンジしてみたんです。

【どのアンプにしよう?】
自宅には僕と娘が使っていた古いコンポが倉庫に眠っていたので
それを再利用することにしました。
もう一つ、僕はAMAZON・MUSICをPCで聴いていたので
この際、HDも聴いてみたいと思い立ち
アンプを買おうと思ったんです。
少ない知識と、ハイレゾ再生と言う文句と
40,000円で2セットのスピーカーが鳴らせるんだ。
という安易な考えでこのプリメインアンプを買いました。

【DACって何?】
ところが、USB-DACなるものが無いとAMAZON・MUSIC・HDは聴けない
と知り、TOPPING E30 を追加で買いました。
倉庫から使わないiMacを引っ張り出して
USBでDACと繋いでいます。

【塩ビ管スピーカー制作】
次にR-N602と娘のコンポをつなぎ、そのスピーカーを塩ビ管の中に
エンクロージャーごと入れて鳴らしたら
床が振動して驚きました。ここで吸音材が必要としり、
グラスウールを試行錯誤してセットしました。
波動スピーカーというのも目にしたのですが、管径が大きいのと、管の奥まで手が届かないので
加工自体が不可能でした。
次に管径300mm、長さ4,000mmのポリ塩化ビニル管をタダで入手したんです。
これに僕の古いスピーカーを埋め込みました。

【スピーカー増設】
リヤスピーカーが無いので、リサイクルショップでONKYOのを3,300円で買いました。
低音は出るんですけど、高音が足りないので、娘のスピーカーのツ−イ−タ−を外し
僕のポリ管スピーカーに移植しました。
100均でおもちゃのメガホンを買い、なんちゃってホーンスピーカーにしました。
ここで僕の古いスピーカーは3ウェイだと判明したんですけど、
ほとんど高音は出ていませんねえ。
物置にもう1台iMacがあったです。
このPCは音が良いので、中身を全部取っ払ってスピーカー専用機に改造しました。
センタースピーカーとして使って見ました。

【中華アンプ増設】
フロントとリヤの音量調節をして定位を変化させようと
リヤスピーカー様に中華アンプを増設しました。
が、ノイズを拾うので元に戻しました。
お蔵入りはもったいないので、低音専用アンプと割り切り
塩ビ管スピーカーにつなげました。
この時点で塩ビ管スピーカーは
塩ビ管ウーハーとなったわけです。

【中学の授業以来のハンダ作業】
中華アンプのノイズの原因は、配線の端末処理が問題でした。
そこで、中学の技術家庭の授業以来のハンダ作業をやったんです。
配線も手持ちのケーブルを指でネジネジしてビニールテープ巻き巻きだったので、
バナナジャック、ケーブルも買いました。

【HDMIは無いんだね】
僕のテレビって結構いい音します。
そこで、テレビのスピーカーも鳴らしたくなったのですが、
テレビ側の入力端子はHDMIしかないし、アンプ側の出力はrca端子だけ。
そこで、変換器を買って接続しました。
が、醜いまでの遅延になり断念。
このときに思ったんです。
AVアンプにしときゃ良かったんじゃね?

【ストリーミングサービスはどこにする?】
R-N602はMusicCastアプリでSpotifyとdeezerがスマホでコントロール出来るので
とても楽です。
AMAZON・MUSIC・HD と mora qualitas は iMacとノートPCをリモートで繋いで
コントロールしています。
試用期限が来たらどれか1つだけハイレゾもしくは高音質を謳うサービスに絞らないとねえ。
僕の印象ですけど、音質はどこも良いですよ。
問題は使い勝手と、知らない楽曲との出会いの機会を提供してくれるサービスですね。
ハイレゾを謳っていない Spotify が第1候補ですよ!
次が deezer です。
AMAZON・MUSIC・HD と mora は?
開くたびに、ほとんど変わりないランキングばかりで飽きちゃいました。
自分のライブラリとか作り込みは面倒だしなあ。

【まとめ】
もし僕にオーディオの知識があったならの話ですが、
マランツNR1200 にしたでしょう。
価格差20,000円強も気にならなかったでしょう。
しかし、僕が購入を検討してたころは納期が未定でした。
僕の性格上待てなかったと思いますけどね。

これから購入を検討してる人に YAMAHA R-N602 を薦める事はしません。

僕は買ってしまったので、使い倒すつもりです。
スピーカーで音が出せる環境ではあるので、できるだけお金をかけないで楽しみます。

最近、リサイクルショップに行く回数が増えました。
オーディオと関係ないものも買っちゃたりね。

【デザイン】シルバーで良かった

【操作性】リモコンとMusicCastアプリで快適です。
     
【音質】スピーカー側の仕様が僕のオリジナルになっているので
    このアンプの「素の音質」が分からないので無評価です。

【パワー】設置場所が一般住宅のリビングなので、パワー全開にすると怒られます。
     田舎の一軒家なので、僕が一人の時は試せますが
     ボリューム上げるとドキドキします。
     外にでて音漏れをチェックしたこともありますが、
     僕の家って結構な防音で驚きです。
     ※道向かいの家のピアノは結構聞こえます。

【機能性】古い割には充実してますよ。

【入出力端子】HDMIがあれば文句なし。

【サイズ】アンプなら標準以下では無いのかなあ。<初心者
     重さも持てないくらい重いわけでも無いし<女性は厳しいかな

【御礼】ご覧いただきありがとうございます。

レベル
初心者

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「R-N602」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
便利  4 2022年6月27日 17:26
買ったからには、楽しまないと!レビュー4  5 2021年10月21日 21:38
2015年発売。今となっては規格がさすがにやや古い  2 2021年3月31日 22:46
良いのだが  3 2020年11月30日 16:37
素晴らしいです!  5 2020年11月2日 01:42
予想以上、サラウンドバーとの共存  5 2020年10月14日 13:41
Spotify有料版との連携がおすすめ  5 2020年4月23日 07:42
利便性とコスパの高い製品  5 2019年3月20日 21:00
妻が有線が流れているみたいと^^  5 2019年2月13日 16:21
音楽のシャワーを浴びられます  5 2017年5月15日 22:00

R-N602のレビューを見る(レビュアー数:12人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

R-N602のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

R-N602
ヤマハ

R-N602

最安価格(税込):¥67,800発売日:2015年10月下旬 価格.comの安さの理由は?

R-N602をお気に入り製品に追加する <276

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[プリメインアンプ]

プリメインアンプの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(プリメインアンプ)

ご注意