フィアット フィアット 500X 2015年モデル イエロークロス(2016年10月29日発売)レビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > フィアット > フィアット 500X 2015年モデル

フィアット 500X 2015年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みモデルまたはグレードの指定がないレビューを見る場合、それぞれの絞り込みを解除してください。

選択中のモデル:フィアット 500X 2015年モデル 絞り込みを解除する

選択中のグレード:イエロークロス 絞り込みを解除する

満足度:4.24
(カテゴリ平均:4.31
レビュー投稿数:17人 (プロ:1人 試乗:6人)
評価項目 投票平均 カテゴリ
平均
項目別
ランキング
評価基準
エクステリア 4.63 4.34 -位 外観などのデザイン及び機能性
インテリア 4.16 3.93 -位 内装のデザイン及び機能性
エンジン性能 3.89 4.13 -位 トルクやパワー、滑らかさ、技術など
走行性能 3.92 4.21 -位 走りのフィーリング及び操作性
乗り心地 3.89 4.05 -位 乗り心地のフィーリング
燃費 3.30 3.89 -位 燃費の満足度
価格 3.92 3.89 -位 総合的な価格の妥当性
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

フィアット 500X 2015年モデル

フィアット 500X 2015年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
並べ替え
新着順
投稿順
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:18件
  • 累計支持数:308人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
3件
50件
ビデオカメラ
1件
6件
デジタルカメラ
2件
4件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費3
価格4

   

   

これまでフィアット車を何台か乗り継いで来ました。
プントHGTアバルト、現行500(マイチェン前)、ニューパンダ(いわゆるパンダ2)と、
ここ20年で発売されたフィアット車については大体理解しているつもりです。
また、現在は2代目フィアット500(ルパンで有名な)も所有し、普段の足に使っています。

500Xは、ジュネーブショーで500Lが登場した際にチラ見された時から、
ずっと欲しいと思って検討してきました。
500のカタチをしたSUV。それだけで魅力を感じました。

悩んだのが、FFにするか4WDにするか。
1年以上悩んで、「Jeepの性能を500の形で手にすることができる」と、
考えた時に、4WDは必須に思えて来ました。
また、バンパーの意匠はやはり4WDの方がこの車の性格に合うな、と。

多くのブログやレビューで、
ミニクロスオーバーと同様、「こんなのはチンクじゃない。デカすぎる。」
という批判的なコメントを目にしました。
しかし、現行500もオリジナル500も所有した経験のある私からすれば、
これは紛れもなく「フィアット500」であると、感じています。
なぜなら、一目でそれとわかる外観、
運転席に座った時に感じる、「いつもの」500の雰囲気。
大きさや駆動方式などは、もはや問題にならないくらい、
「500」としての魅力を備えていると思います。
そうした数値や言語では表現できない感覚は、
フィアット社自身が受け継いで来たレガシーによるものが大きいのでしょう。
もちろん、ロベルトジョリートが、過去の500のデザイン言語を用いて設計したことが、
功を奏していることは言うまでもありません。

もっとも驚いたのがエンジン性能です。
アルファにも搭載される1.4マルチエアエンジンのフィーリングは、
ノーマルモードではいつものフィアット製エンジン。
しかし、ひとたびドライブムードセレクターを「sport」に切り替えると、
パワーやトルクだけでなくサウンドまでも変化し、
そのフィールはかつて試乗したこともあるジュリエッタそのもの。
車重1.5tを超えるボディとは思えない軽快な走りを堪能できます。
さらに、ここでは4WDであることがスポーツ性能を後押しし、
80年代に一斉を風靡した「四駆+ターボ」ラリーカー(セリカGT-Fourなど)
を彷彿とさせる走りが蘇ります。

こうした走行性能は、
十分な慣らし運転を終え、暖気もしっかりと完了した状態で発揮されるもので、
残念ながらディーラーの試乗だけでは体験できない性能であると感じます。
それは、この車の最大のウィークポイントとされるZF製9ATもしかりです。
ミッションが温まっていない状態であれば、
ただの変速ショックの大きい、できの悪いATと判断されがちですが、
しっかり暖気を行えば、非常に扱いやすいATです。
もともとデュアロジックミッションを気に入っていた自分としては、
このATは「右足だけで扱えるマニュアルミッション」と捉えていて、
回転数を上げるだけで自在に変速してくれる、優れた変速機構と思っています。

そのほか、高いボディ剛性と強度の高い足回り、高速安定性など、
この辺りはJeepの技術が生かされているのがわかります。


世界的な大ブームを巻き起こしているコンパクトSUVですが、
個性的なデザインと走りを堪能できるSUVとしては、
現状、唯一無二の存在ではないかと感じています。


乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
レビュー対象車
新車
購入時期
2016年11月
購入地域
埼玉県

新車価格
349万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
0円

フィアット 500Xの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった33

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の価格帯を見る

フィアット 500X
フィアット

フィアット 500X

新車価格帯:349万円

中古車価格帯:258.0万円

フィアット 500X 2015年モデルをお気に入り製品に追加する <47

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意