『ミニとはいえないサイズながらファミリーユーザー向きの1台』 ミニ MINI CLUBMAN (クラブマン) 2015年モデル 松下宏さんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > ミニ > MINI CLUBMAN (クラブマン) 2015年モデル

『ミニとはいえないサイズながらファミリーユーザー向きの1台』 松下宏さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

MINI CLUBMAN (クラブマン) 2015年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:510件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者などを経て自動車評論家として独立。クルマそのものより、クルマとクルマに関係する経済的な話題に詳しい評論家を自負するとともに、安全性の追求についても一家言を持つ。クルマ雑誌各誌…続きを読む

満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地3
燃費3
価格2

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

ミニとはいえないサイズながらファミリーユーザー向きの1台

初代のBMWミニが登場したときに、このサイズのクルマをミニと呼べるのか、と思ったものだが、ミニはその後もボディの拡大を続け、今回のミニ・クラブマンでは、唖然とさせられるような大きさになった。全長や全高はともかく、全幅は1800mmに達していて、これはゴルフやクラウンと同じ数字である。もはやミニは単なる記号でしかなくなったといえる。

それくらいに大きくなったミニ・クラブマンには、BMWがミュゼオ御殿場をベースに開催したメディア関係者向け試乗会に出席し、用意された広報車両に試乗した。試乗グレードはクーパーとクーパーSの両方だ。

大きなボディを持つミニ・クラブマンに対し、BMWではスモールクラスからコンパクトクラスに進化したという言い方をしている。正直のなところこれはちょっと苦しい言い訳に聞こえる。だいたいにおいて、日本の普通のユーザーがスモールとコンパクトの違いを認識できるのかという問題もある。

ミニ・クラブマンが大きくなった理由は2670oというホイールベースの数字にある。実はこれは、BMW2シリーズアクティブツアラーやBMW X1と同じ数字なのだ。この2車種と基本プラットホームを共通化することで、BMWグループとしてFF系コンパクトモデルの開発・生産コストを引き下げようとする戦略が見えてくる。

ボディが大きくなったのに合わせて車両レイアウトも変わった。ひと世代前のクラブマンでは、後部の観音開きドアに加え、ボディの右側にもクラブドアと呼ぶ特殊な観音開き風のドアを持っていた。今回のミニ・クラブマンでは、後部の観音開きドアは継承したが、左右のドアは前後4枚とも通常のヒンジ式ドアになった。

新型ミニ・クラブマンではボディの拡大によって後席の居住空間も拡大されたので、後席を使う機会が多くなるものと見て、後席への乗り降りをしやすくするためにヒンジ式のドアを採用したのだろう。従来のモデルのクラブドアも半分インチキなところがあったから、ヒンジ式にしたほうがすっきりするように思う。

内外装のデザインについては、正にミニのものである。ボディサイズが大きくなっても、外観デザインにはミニのアイコンとも言うべき要素がいっぱいに盛り込まれていて、どこから見てもミニにしか見えない。細部では、新しい要素が加えられたりしているが、全体としてミニのデザインである。

インテリアも同様だ。ボディの拡大で、運転席に座るとこれまでのタイト感が薄れ、とても広くて明るい室内空間が広がっている。この点はミニ・クラブマンならではだが、それ以外の部分ではやはり全体としてミニである。

インパネの下部にはトグルスイッチが配置され、その中央がスタータースイッチになっているのはほかのミニと共通。サイズが大きくなったので、クラブマン専用にデザインされた部分も多いが、エアコンの操作パネル採用されたクロームやエアコンの吹き出し口に採用されたハイグロス・ブラックなど、インテリアの随所で上質な雰囲気が醸し出されている。

室内空間は広くなった。前席の左右も広がったが、もっと広くなったのは印象が強いのが後席だ。ルーフラインが後方まで引っ張られることで、ヘッドクリアランスに余裕ができ、後席に座ったときの足元空間が広がり、足入れ性も良くなっている。

もうひとつ、最新世代のミニに共通する話だが、カーナビがインストセンター部分にビルトインできるようになったのは大きい。これまでのモデルでは欧州仕様車ではできたのに日本仕様車ではできなかったからだ。ちなみにカーナビは全車標準である。

ミニ・クラブマンに搭載されるのは、ダウンサイジング直噴ターボ仕様が2機種。すでにほかのミニに搭載されているのと同じで、クーパー用は直列3気筒1.5Lで電子制御6速ATと組み合わされ、クーパーS用は直列4気筒2.0Lでパドルシフト付きの電子制御8速ATと組み合わされる。

クーパー用エンジンの動力性能は100kW/220N・mの実力。ボディが大きくなったミニ・クラブマンは車両重量も重くなっていて、特に元気良く走るという感じではない。といっても特に不満を感じるわけではなく、むしろわずか1250回転という低速域からしっかりと最大トルクを発生する特性を持つので、タウンユースを中心にした日常的な走りでは十分に満足できるエンジンといえる。

ATが6速なのは、記号的には物足りなさを感じるが、実際にはATのギア段数は6速もあれば十分。やはりタウンユースなどで不満を感じることはない。

クーパーSの用のエンジンは141kW/280N・mという余裕の動力性能を発生する。クラブマンのボディを相当に元気良く走らせてくれる。いかにもミニらしい走りが可能である。

8速ATの変速フィールはとても滑らかなものだ。いつ変速しているのか分からないくらいだし、ちょっと気を抜いていると何速のギアを使って走っているのかが分からなくなる。ATに任せて走れば良いということだが、8速ATにはパドルシフトも付いているので、積極的にマニュアル操作をして走っても良い。

着座位置が低めなのはミニらしいところ。路面が近くに見えるので、走っている実感がある。乗り心地はちょっと硬めでミニらしいが、ホイールベースが長くなったことが貢献して上下動が抑えられている感じがあった。試乗車には両方ともオプションの18インチタイヤが装着されていたが、標準の17インチタイヤならもっと乗り心地が良いのだろう。ステアリングはミニらしいキビキビ感がある。

クーパーの価格は344万円で、クーパーSの価格は384万円だが、クーパーには140万円以上の、またクーパーSにも110万円以上のオプションが装着されていた。ミニではこうした商売の仕方がすっかり定着している。ファミリーユーザー向けのミニとしてけっこう良く売れると思う。

レビュー対象車
試乗

参考になった20

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「MINI CLUBMAN (クラブマン) 2015年モデル」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
実用的なホットマシンは、進化を遂げていた  5 2019年8月31日 23:59
ミニか…それ以外か… 追加レビュー(車検です)  5 2019年6月9日 18:50
納車待ちです  4 2018年9月9日 18:20
クラブマンSD 20000q コーディング実行  5 2017年11月26日 00:41
購入半年経過後の感想  4 2017年11月20日 11:56
四日間試乗  3 2017年8月21日 23:42
パンクしたランフラットタイヤ  4 2017年8月19日 17:14
運転苦手な女性ですが・・  5 2017年7月13日 17:21
以前のミニとは大きく変わりました。  5 2017年7月12日 18:07
さすがBMW製です!  4 2017年6月6日 19:48

MINI CLUBMAN (クラブマン) 2015年モデルのレビューを見る(レビュアー数:24人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

MINI CLUBMAN (クラブマン) 2015年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格帯を見る

MINI CLUBMAN (クラブマン)
ミニ

MINI CLUBMAN (クラブマン)

新車価格帯:330〜568万円

中古車価格帯:129〜528万円

MINI CLUBMAN (クラブマン) 2015年モデルをお気に入り製品に追加する <112

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意