ダイハツ キャスト スタイル 2015年モデルレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > ダイハツ > キャスト スタイル 2015年モデル

キャスト スタイル 2015年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みグレード別にレビューを絞り込めます。モデルの絞り込みを解除すると全てのレビューが表示されます。

選択中のモデル:キャスト スタイル 2015年モデル 絞り込みを解除する

グレード発売日発売区分レビュー件数
X リミテッド SA III 2018年9月3日 特別仕様車 1人
G プライムコレクション SA III 2017年10月4日 マイナーチェンジ 1人
Gターボ SA III 2017年10月4日 マイナーチェンジ 1人
G SA II 2016年6月20日 マイナーチェンジ 1人
X SA II 2016年6月20日 マイナーチェンジ 1人
G SA II 2015年9月9日 ニューモデル 4人
Gターボ SA II 2015年9月9日 ニューモデル 3人
X 2015年9月9日 ニューモデル 1人
X SA II 2015年9月9日 ニューモデル 1人
満足度:4.42
(カテゴリ平均:4.31
レビュー投稿数:15人 (プロ:1人 試乗:5人)
  1. 2 0%
  2. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 4.49 4.34 -位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 4.34 3.93 -位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 4.06 4.13 -位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 4.42 4.21 -位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 4.21 4.05 -位
燃費 燃費の満足度 3.44 3.89 -位
価格 総合的な価格の妥当性 3.84 3.88 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

キャスト スタイル 2015年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
プロフェショナルレビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

松下宏さん

  • レビュー投稿数:510件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者などを経て自動車評論家として独立。クルマそのものより、クルマとクルマに関係する経済的な話題に詳しい評論家を自負するとともに、安全性の追求についても一家言を持つ。クルマ雑誌各誌…続きを読む

満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格3

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

ダイハツのキャストはムーヴの基本プラットホームを使って作られたクルマで、スタイル、アクティバ、スポーツの3種類のモデルがラインナップされている。

軽自動車では標準車とスポーティなカスタム系の2種類をラインナップすることが多いが、ひとつの車種で3種類のラインナップを持つのは珍しい。ただ、ダイハツ車に関していえば、コペンにローブ、セロ、エクスプレイの3種類のモデルをラインナップしているから、これはダイハツならではの独自路線なのかも知れない。思い起こせば、標準車のほかにカスタム系と呼ぶモデルをラインナップしたのもダイハツが最初で、それがほかのメーカーにも広がった。

キャスト・スタイルには、ダイハツ工業がかずさアカデミアパークをベースに開催したメディア関係者向け試乗会に出席し、用意された広報車両に試乗した。試乗グレードはX“SA U”だ。なお、キャスト・アクティバとキャスト・スポーツについては別項で触れるので参照して欲しい。

スタイルは3種類のラインナップの中でも標準車とも呼ぶべき存在だが、その特徴は都会的なテイストのエクステリアと、質感の高い空間を演出したインテリアを特徴とする。繊細なメッキのフロントグリルやソフトタッチのスウェード調表皮を採用したシートなどが内外装の特徴を具体化したものだ。内外装とも、軽自動車としてなかなか良く仕上がっていると思う。

また外観については、ルーフ部分フィルムを貼って2トーン調に仕上げた仕様も用意される。これはスタイルだけでなく、アクティバやスポーツにも設定されるもので、ダイハツ独自のラッピング技術であるDラッピングにより、低価格で2トーンカラーを実現できる。

室内空間は今どきの軽自動車らしく十分な広さがある。全幅に限界があるので横方向の広さはもうひとつだが、後席に乗るとゆったり足をくめるくらいの広さがある。後席の背もたれを倒せば大きなラゲッジスペースが生まれるし、後席のシートをいっぱいに焦げた状態でのラゲッジスペースは小さいが、床下に余裕のアンダーボックスがあるので容量はけっこう大きい。

搭載エンジンは660ccの自然吸気仕様で、これはダイハツの各車種に搭載されているのと同じもの。38kW/60N・mのパワー&トルクは必要にして十分という印象で、過不足のない走りの性能を示す。タウンユースを中心に使うなら何の問題もない実力だと思う。高速クルージングをする機会が多いユーザーならターボ仕様のエンジンを搭載したGターボ“SA U”を選んだほうが良いだろうが、そうでないなら自然吸気エンジンの搭載車で十分だ。

しっかりした感じの足回りを持つのはムーヴ譲りとなる良い部分。乗り心地をスポイルすることなく、安定性に優れた走りを実現している。軽自動車の水準を超えたとも言うべきシャシー性能と言っていい。

試乗したX“SA U”の価格は128万5200円。まずまずリーズナブルな価格設定である。第二世代の安全装備となるSAUは、簡易型ではあるものの、カメラを備えることで人間を見分けることもできる仕様だ。これを装着したグレードを選ぶのは当然である。

レビュー対象車
試乗

参考になった42

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

キャスト スタイル 2015年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格帯を見る

キャスト スタイル
ダイハツ

キャスト スタイル

新車価格帯:124〜173万円

中古車価格帯:49〜165万円

キャスト スタイル 2015年モデルをお気に入り製品に追加する <70

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意