『定格仕様?スタンダード仕様の業界基準MicroATX製品』 ASUS H170M-PLUS Takesi_38さんのレビュー・評価

2015年 9月 2日 発売

H170M-PLUS

H170チップセット搭載マザーボード

H170M-PLUS 製品画像

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:¥―

フォームファクタ:MicroATX CPUソケット:LGA1151 チップセット:INTEL/H170 メモリタイプ:DDR4 H170M-PLUSのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • H170M-PLUSの価格比較
  • H170M-PLUSの店頭購入
  • H170M-PLUSのスペック・仕様
  • H170M-PLUSのレビュー
  • H170M-PLUSのクチコミ
  • H170M-PLUSの画像・動画
  • H170M-PLUSのピックアップリスト
  • H170M-PLUSのオークション

H170M-PLUSASUS

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2015年 9月 2日

  • H170M-PLUSの価格比較
  • H170M-PLUSの店頭購入
  • H170M-PLUSのスペック・仕様
  • H170M-PLUSのレビュー
  • H170M-PLUSのクチコミ
  • H170M-PLUSの画像・動画
  • H170M-PLUSのピックアップリスト
  • H170M-PLUSのオークション

『定格仕様?スタンダード仕様の業界基準MicroATX製品』 Takesi_38さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

H170M-PLUSのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:1539件
  • 累計支持数:4094人
  • ファン数:19人

よく投稿するカテゴリ

CPU
116件
0件
メモリー
107件
3件
ハードディスク・HDD(3.5インチ)
92件
1件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性4
機能性4
設定項目5
付属ソフト4
定格仕様?スタンダード仕様の業界基準MicroATX製品

良品質製品 充実した機能満載感がある

マザー上に搭載されたパーツのみでWindowsが動く

EZmode のUEFI画面 充実したモニター内容と言える

   

G4500のパフォーマンスも良好ですよ コスパ◎

   

マザーボードの単体製品として高い水準を維持しているASUS製は健在。

中古というよりは板以外の付属品などの包装袋は未開封状態の新古商品を6kという破格で見つけてしまい迷う事なく手にしました。

安定性】
定番マザーシリーズ製品。各種の保護回路が入っており、安定感は確かに高い。

互換性】
CPUスロットを捉えてココを考えれば決して高い互換性とは言い難いです。

拡張性】
MicroATXながら、PCIe対応M.2ソケット搭載、SATA3x6、SATA Express x1,(SATA3x2と排他選択)、USB3.1x1 (5Gb/s)、拡張スロットもPCIe 3.0/2.0 x16を2スロット(2スロット利用時はx8mode)あり、Quad-GPU CrossFireXサポートしており充実しています。

また、メモリスロットも4本あり将来的な増設も考慮しやすい環境です。


機能性】
NVMeSSDは概ね発熱対策の課題をもっており、その点この板はM.2スロットの配置が他マザー製品でよくみられる拡張スロット間ではなく、CPU−拡張スロット間にあり、CPUクーラーの風があたる位置に配置され理想的と思えます。

intel NVMeSSD 600p を搭載するにあたって、UEFI(BIOS)のアップデートの必要性があり「EZ Flash 3」を使いました。

UEFI機能のネットワークを使いネットワーク経由で直接ASUSサーバーからアップデートの機能も持っていますが、どうやらバグなのか1回目のアップデート後に再処理ループしてしまい正常終了できませんでした。

結局別PCからアップデートファイルをダウンロードし、USBメモリのファイル指定によってアップデートを完結させました。
アップデートはUSBメモリなどの媒体へアップデータファイルを格納し、それを使ってやる方法がベストです。
CrashFree BIOS 3 の為だと思うが、BIOSアップデート処理は2回の必要性があります。


設定項目】
通常時はEZmodeでのUEFIとなりどちらかというと各種のモニター的な画面構成です。Advance modeに切り替える事で様々な設定項目が出現します。定格向けの製品ですが、廉価製品とは一線を画しCPU周辺回路も比較的贅沢な造りとなっています。

過激なオーバークロックでなければ十分使えそうです。

付属ソフト】
BIOSの自己更新が出来る「EZ Flash 3」やケースファンなどをコントロールできる「Q-Fan Control」は重宝します。
また、充実したモニター機能を有したUEFIを簡単に扱えるモードにするASUS UEFI BIOS EZ Modeは視認性もよく、重点を置くべき内容に絞られた操作性で便利です。
もちろんAdvanceModeに切り替える事で、痒い所にも手の届く詳細な設定もできます。


総評】
今回は互換性重視でWindows7をインストールしました。

Win7のインストールメディアではサポートされていないUSBの新ドライバ「xHCI」をO/Sインストール時に読み込ませる為に、機器環境が許せば一番簡単なのはSATA接続光学ドライブを併用すればOKです。光学ドライブにマザー付属のドライバーディスクをセットしておけば、自動的に「xHCI」ドライバが読み込まれ、クリーンインストールがスタートします。

NVMeSSDについてはMicrosoft Update KB2990941 をあてるとドライバーが入ります。(おや? クリーンインストール時はどうすんだろw)

オンボードLANも定評高いIntel製で抜かりなし。

主構成(仮組 参考まで
CPU:Pentium G4500 (GPU:HD G530)
M/B:コレ
Mem:Crucial W4U2400BMS-4G x2 8GB
SSD:Crucial m4 CT128M4SSD2(SATA3) and 600p Series SSDPEKKW256G7X1(M.2)
Pow:Windy EX350R
O/S:Windows7 Pro 64bit

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「H170M-PLUS」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

H170M-PLUSのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

H170M-PLUS
ASUS

H170M-PLUS

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2015年 9月 2日

H170M-PLUSをお気に入り製品に追加する <159

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[マザーボード]

マザーボードの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(マザーボード)

ご注意