『i7 6700Kを4.6GHzで常用中!』 インテル Core i7 6700K BOX 海ザルMAXさんのレビュー・評価

2015年 8月 発売

Core i7 6700K BOX

  • 4コア8スレッドで動作する、ソケットLGA1151対応デスクトップ向けCPU。基本クロックは4.0GHz、最大クロックは4.2GHz、TDPは91W。
  • 「インテル HD グラフィックス 530」を内蔵している。4K解像度出力に対応しているため、鮮明な映像が楽しめる。
  • 「インテル64アーキテクチャー」に対応し、物理メモリーと仮想メモリーで4GB以上のアドレス空間が利用できる。
Core i7 6700K BOX 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:¥―

プロセッサ名:Core i7 6700K/(Skylake) クロック周波数:4GHz ソケット形状:LGA1151 Core i7 6700K BOXのスペック・仕様

売れ筋ランキング
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Core i7 6700K BOXの価格比較
  • Core i7 6700K BOXの店頭購入
  • Core i7 6700K BOXのスペック・仕様
  • Core i7 6700K BOXのレビュー
  • Core i7 6700K BOXのクチコミ
  • Core i7 6700K BOXの画像・動画
  • Core i7 6700K BOXのピックアップリスト
  • Core i7 6700K BOXのオークション

Core i7 6700K BOXインテル

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2015年 8月

  • Core i7 6700K BOXの価格比較
  • Core i7 6700K BOXの店頭購入
  • Core i7 6700K BOXのスペック・仕様
  • Core i7 6700K BOXのレビュー
  • Core i7 6700K BOXのクチコミ
  • Core i7 6700K BOXの画像・動画
  • Core i7 6700K BOXのピックアップリスト
  • Core i7 6700K BOXのオークション

『i7 6700Kを4.6GHzで常用中!』 海ザルMAXさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

Core i7 6700K BOXのレビューを書く

海ザルMAXさん

  • レビュー投稿数:152件
  • 累計支持数:1518人
  • ファン数:43人

よく投稿するカテゴリ

CPU
16件
158件
マザーボード
16件
85件
CPUクーラー
8件
55件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性4
互換性5
i7 6700Kを4.6GHzで常用中!

6700K 4.6GHz CPU-Z

F-Stream System Info

6700K アイドル&OC時消費電力比較

CINEBENCH R15 4.6GHz最高スコア

DDR4-2900 CL=16-18-18-35でスコア1500オーバー

DDR4-3000で1541marks

個人的な意見ですが、今使っているPCのCPU性能に不満があるから買い換えるという時代は終わっていると感じます。自作PCでもBTOでも、より新しいものを選びより快適にという自己満足の世界の要素が大きいかも知れません。(笑)
i7-6700K も4770Kや4790Kと比較すれば10〜15%性能(各種ベンチマーク)が向上していますが、そのクラスのCPUから買い換えるのは抵抗がある方も多いと思います。ただ最新のintelメインストリームCPUは当然i7-6700Kですから、誰もが注目していることもありコストパフォーマンスやオーバークロック耐性、高負荷時の発熱等でその評価は厳しいものも多くなりますが、それでもi7-6700Kが注目度、売れ筋もNo1ですから!
CPUの性能を比較確認するのはベンチマークが一番判りやすく、それを参考に選ぶのが一番後悔しないと考えていますが、私もi7-6700K発売後の速攻レビュー等を参考に4790Kからベンチマークスコア向上が確認できたのでこれを選びました。
LGA1151プラットフォームに変更され、マザーボードにDDR4メモリと新調したので価格的に高くつきましたが、半月ほど使いDDR4メモリのCMK16GX4M2A2666C16を詰めていき予想以上のパフォーマンスを見せてくれますし、4770K 4.5GHzや4790K 4.6GHzの時より発熱も抑えられ、結果的にi7-6700Kを選んで大正解だったと思っています。

◆使用目的&環境
使用目的&環境は、ゲーム(World of Tanks・METALGEAR SOLID V)、画像と動画編集、トリプルディスプレイで同時に各種プラウザや地デジ視聴、動画視聴など、i7-6700Kを常にフル活用する環境ではありませんが、Kナンバーでオーバークロックができ、いざという時の保険がある状態ですので常にKナンバーを選ぶようにしています。

◆PC構成 
【CPU】 intel Core i7-6700K 4.6GHz
【M/B】 ASRock Z170 Gaming K6
【RAM】 CMK16GX4M2A2666C16
【GPU】 GTX970 GAMING 4G
【クーラー】 Cooler Master Nepton 280L
【SSD】 CFD CSSD-S6T128NHG6Q  RAID0
【HDD】 WD20EZRX
【PSU】 SilverStone SST-ST75F-G-E
【CASE】In Win GRone White
【OS】 Windows10 Pro 64bit

◆ベンチマークで性能確認
【Intel Extreme Tuning Utility】
※CMK16GX4M2A2666C16をそのままAUTOで使用した場合。
6700K 4.6GHz/1434Marks
6700K 4.7GHz/1468Marks
4790K 4.6GHzでのIntel Extreme Tuning Utilityは1094Marksでした。スコア340Marksのアップはさすが6700Kの底力を感じます。
※CMK16GX4M2A2666C16の周波数を変更した場合。
6700K 4.6GHz/1512Marks  DDR4-2900 CL=16-18-18-35 1.350V
6700K 4.7GHz/1541Marks  DDR4-3000 CL=16-18-18-36 1.350V

CMK16GX4M2A2666C16の価格comレビュー
http://review.kakaku.com/review/K0000799289/ReviewCD=854897/#tab

【CINEBENCH R15】
6700K 定格/912cb
6700K 4.6GHz/999cb
6700K 4.7GHz/1008cb
4790K 4.6GHzでのCINEBENCH R15は935cbでした。こちらもスコア53cbアップしています。

◆消費電力
上記のPC構成でアイドル時とCINEBENCH R15時の消費電力を比較しました。
【6700K 定格】 
アイドル 78.4W / 負荷時154W
【6700K 4.6GHz】 
アイドル 92.6W / 負荷時185W
【6700K 4.7GHz】 
アイドル 102W / 負荷時212W

◆CPU最高温度
Prime95 v28.5 6700K 4.6GHzで1時間完走時のCPU温度(室温29.5℃)
Core#0  80℃ 
Core#1  81℃ 
Core#2  74℃ 
Core#3  74℃
通常はOCCTを行いますが、温度表示が正確に表示されないのでPrime95 v28.5にしました。昨年4790K 4.6GHzだとOCCTで室温28.2℃で最高温度86℃でしたので、発熱に関しても6700Kが優秀のようです。なお4790KのCPUクーラーはCORSAIR H110を使用していましたので、Nepton 280Lより2〜4℃高めになります。

◆使用グリス
JP DX1
熱伝導率: 16W/m・K

◆6700K 4.6GHz OC Tweakerでの主な設定
CPU Ratio All Core/46
CPU Cache Ratio/41
Spread Spectrum/Disabled
CPU Vcore Voltage/Fixed Mode
Fixed Voltage/1.260V
Load-Line Calibration/Level1

◆私の個体での電圧とLLCレベル
4.5GHz 1.240V LLC AUTO
4.6GHz 1.260V LLC Level1
4.7GHz 1.310V LLC Level1
LLC Level1だと高負荷時に0.075Vほど盛られます。マザーボードにより変動しますので確認してみてください。

◆総合評価
i7-6700K 4.6GHzのオーバークロック時の高負荷時の最高温度も、以前使っていた4790K 4.6GHzの個体より低くなっています。この点が一番評価できると思います。4.6GHz Vcore1.260Vで3時間くらいゲームを連続プレーしていても安定性&熱的にも問題なしです。当然オーバークロックをしていますので省電力性は☆4つですが、その他の項目は満点に近いと思います。
現状で不満に感じている点は、OCCTやCore Temp等のソフトでの表示が完全ではなく、今後改善されてくるとは思いますが、少し気になる点ではあります。

◆紹介ブログ
i7-6700Kを4.6GHzにオーバークロック
http://4338.blog.fc2.com/blog-entry-192.html

私自身、今までパーツの評価でたまに体感という言葉を使っていたので反省していますが、CPUのレビュー等に「体感」という曖昧な言葉で評価するのは、人それぞれ感じ方も違いますし、誤解を与えることも多々ありますので注意した方がいいかもしれません。
やはりCPUや他のパーツの性能が把握できるのはベンチマークであり、その数値を参考に選ぶことが大事ではないかと思いますよ!

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった41人(再レビュー後:27人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性4
互換性5
常用4.6GHzでも4790Kよりも更に進化!

6700K 4.6GHz CPU-Z

UEFIメイン画面

CINEBENCH R15 4.6GHZ

Intel Extreme Tuning Utility 4.6GHz

Sanrra 4.6GHz

消費電力比較 

毎年夏の恒例になったCPUの世代交代ですが、4770Kから買い替えたときには、4790K のオーバークロックの耐性や熱問題のかなり改善されて満足していましたが、今回のCore i7 6700Kは更に上行く満足度でした。
一番の満足点は、購入された方は感じておられると思いますが、4790Kよりも更にオーバークロックが容易にできると感じてます。使用するマザーボードにもよりますが、4.8GHzまでオーバークロックしても熱的な問題は別にして、非常に安定して動いてくれます。
また6700KはBCLKを変更してオーバークロックしてもよし、Devil's Canyonと同じく、倍率変更で設定してもいいですが、4.6GHzくらいまでなら倍率変更で設定変更した方がかなり楽ですね!

◆PC構成 
【M/B】 ASRock Z170 Gaming K6
【CPU】 intel Core i7-6700K 4.6GHz
【GPU】 GTX970 GAMING 4G
【RAM】 CMK16GX4M2A2666C16
【クーラー】 Cooler Master Nepton 280L
【SSD】 CFD CSSD-S6T128NHG6Q  RAID0
【HDD】 WD20EZRX
【PSU】 SilverStone SST-ST75F-G-E
【CASE】In Win GRone White
【OS】 Windows10 Pro 64bit

◆使用グリス
JP DX1
熱伝導率: 16W/m・K

◆ベンチマーク
【Intel Extreme Tuning Utility】
6700K 4.6GHz/1434Marks
6700K 4.7GHz/1468Marks
4790K 4.6GHzでのIntel Extreme Tuning Utilityは1094Marksでした。スコア340Marksのアップはさすが6700Kの底力を感じます。

【CINEBENCH R15】
6700K 定格/912cb
6700K 4.6GHz/999cb
6700K 4.7GHz/1008cb
4790K 4.6GHzでのCINEBENCH R15は935cbでした。こちらもスコア53cbアップしています。

【WIN SCORE SHARE】
プロセッサ / 8.7
メモリ / 8.7
グラフィックス /8.8
ゲーム用グラフィックス / 8.8 
プライマリディスク / 8.4
WIN SCORE SHAREでのデーターはこちらから
http://soundengine.jp/software/winscoreshare/share.php?id=7818&lang=ja

◆消費電力
上記のPC構成でアイドル時とCINEBENCH R15時の消費電力を比較しました。
【6700K 定格】 
アイドル 78.4W / 負荷時154W
【6700K 4.6GHz】 
アイドル 92.6W / 負荷時185W
【6700K 4.7GHz】 
アイドル 102W / 負荷時212W

◆CPU最高温度
Prime95 v285 6700K 4.6GHzで1時間完走時のCPU温度(室温29.5℃)
Core#0  80℃ 
Core#1  81℃ 
Core#2  74℃ 
Core#3  74℃

◆6700K 4.6GHz OC Tweakerでの主な設定
CPU Ratio All Core/46
CPU Cache Ratio/42
Spread Spectrum/Disabled
CPU Vcore Voltage/Fixed Mode
Fixed Voltage/1.260V
Load-Line Calibration/Level1

◆私の個体での電圧とLLCレベル
4.5GHz 1.240V LLC AUTO
4.6GHz 1.260V LLC Level1
4.7GHz 1.310V LLC Level1
LLC Level1だと高負荷時に0.075Vほど盛られます。マザーボードにより変動しますので確認してみてください。

◆総合評価
発売前の悪評が嘘のように快適に動いてくれる6700Kでした。ロットによる個体差もありますが、4790K同様4.6GHzで常用できますし、DDR4メモリ効果もあり各種ベンチマークで分かるように4790Kよりは10%超えるパフォーマンスを見せてくれます。ただ価格が高いのがネックになりますが、同価格で組めそうなX99で組もうかなと悩んでいた時期もありましたが、ここまでオーバークロックできればCore i7-5820Kを選ばなくて正解だったなと感じています。やはりメインストリーム向けのCPUは6700Kや6600Kになる訳ですから、動画や画像編集、ゲーム目的でもこのCPUは活躍しそうです。

◆紹介ブログ
I7 6700Kを4.6GHzにオーバークロック
http://4338.blog.fc2.com/blog-entry-192.html

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった14

 
 
 
 
 
 

「Core i7 6700K BOX」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
Windows 11の最小システム要件  4 2021年7月12日 22:16
いまだに現役で十分なスペック  5 2021年6月11日 08:03
高くて性能も微妙  3 2021年3月1日 19:15
5年過ぎた今も安定、キビキビ  5 2021年1月31日 18:46
久々のグレードアップでしたが、とても満足です  5 2019年5月30日 21:53
問題なし  5 2019年1月21日 17:42
前のパソコンから買い替えたので  5 2018年8月15日 19:14
とても良い  5 2018年7月26日 22:53
2600Kから買い増しました  3 2018年1月1日 17:32
8700kに乗り換えたので振り返ってみた  5 2017年11月17日 22:13

Core i7 6700K BOXのレビューを見る(レビュアー数:66人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

Core i7 6700K BOXのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

Core i7 6700K BOX
インテル

Core i7 6700K BOX

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2015年 8月

Core i7 6700K BOXをお気に入り製品に追加する <1359

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(CPU)

ご注意