トヨタ シエンタ ハイブリッド 2015年モデルレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > トヨタ > シエンタ ハイブリッド 2015年モデル

シエンタ ハイブリッド 2015年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みグレード別にレビューを絞り込めます。モデルの絞り込みを解除すると全てのレビューが表示されます。

選択中のモデル:シエンタ ハイブリッド 2015年モデル 絞り込みを解除する

グレード発売日発売区分レビュー件数
FUNBASE G 2018年9月11日 マイナーチェンジ 1人
G (7人乗り) 2018年9月11日 マイナーチェンジ 3人
G Cuero 2018年9月11日 マイナーチェンジ 2人
G Cuero 2017年8月1日 特別仕様車 1人
G (6人乗り) 2015年7月9日 ニューモデル 4人
G (7人乗り) 2015年7月9日 ニューモデル 23人
X 2015年7月9日 ニューモデル 4人
満足度:4.16
(カテゴリ平均:4.30
レビュー投稿数:43人 (プロ:3人 試乗:7人)
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 4.58 4.34 40位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 3.99 3.93 64位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 3.55 4.13 142位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 3.96 4.21 85位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 4.28 4.05 60位
燃費 燃費の満足度 4.32 3.89 83位
価格 総合的な価格の妥当性 3.43 3.88 62位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

シエンタ ハイブリッド 2015年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
プロフェショナルレビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

レビュアー情報「重視項目:快適性」で絞込んだ結果 (絞込み解除

陽気なタロウさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:119人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
5件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格4

MC後の、FUNBASE Gグレードに乗っている者です。

【エクステリア】
 丸みを帯びた流れるようなデザインで、かつ背も低めなので、スマートに見えます。前後のライトから垂れ下がる黒いラインが批判されがちですが、これが無いとつまらないデザインになる気がします。一目見てシエンタだと分かる、独自性の高い良いデザインではないでしょうか。

【インテリア】(+室内空間など)
 曲線を生かしたデザインは高級感はないけれども、収納スペースを確保しながら個性的に仕上げていると思います。しかし、エアコンパネルやシフトレバーの下に収納スペースが無いこと、運転席の肘置きが細いことは不満に感じます。また、エアコンも前席にしか吹き出し口がないので、冬は後席は寒いです。
 車内空間はミニバンにしては狭いです。2列目の膝前のスペースは、(前席を適切な位置にセットして)大人が何とか足を組めるかどうか、という程度。その代わり荷室は物凄く広いですが、2列目シートのスライド可動域をもう少し広くしてくれたら。

【エンジン性能】【走行性能】
 HV車ならではの、停車時や発進時の静かさは気に入っています。
 高速域でのパワー不足は否めません。料金所からの加速や登坂が続く区間ではかなり苦しいです。アクア+200sの車重(プリウスと同等)をアクアと同じHVシステムで頑張らせているので、パワーは求めてはいけないところでしょう。

【乗り心地】
 体が安定していて、きついカーブでも頭が振られません。背が無駄に高くないからでしょう。後席は少し振られますが、これも背が高い車種と比べれば大したことではありません。シートの座り心地も悪くありません。
 但し、段差を乗り越えた時の突き上げは少し気になることも。路面の凸凹などの小さい段差は衝撃をうまく吸収してくれる印象ですが、大きい段差に関しては残念なところがあります。

【燃費】
 車載燃費計の数値では、「条件が良ければ20km/Lを越える」という印象です。(1)エアコンをガンガン使用しない気候で、(2)ウエット路面でなく、(3)平坦な、(4)渋滞していない一般道を、(5)ある程度まとまった時間走行する、という条件が揃うと20km/lを越えます。しかし、高速燃費は伸びにくいですし、エンジンが暖まる前の短距離走行はかなり燃費は悪いです。
 満タン法で測定した場合、チョイ乗りも多い私の使用状況では16〜18km/L程度。正直ハイブリッドのメリットは小さいのかもしれません。
(参考:WLTCモード燃費。市街地22.7km/L、郊外23.9km/L、高速道路22.1km/L)

【価格】
 私の場合、値引きを考慮しても300万を少し超えました。当たり前ですが、オプションによって購入価格がだいぶ異なってくるので、Xグレードでオプションを厳選して安く買うのもありだと思います。シートや内装の使い勝手、走りなどオプションに関わらない部分の出来が良いので。また、燃費の差を考えると、HV車よりもガソリン車を買う方がコストパフォーマンスは良いと思います。

【総評】
 シエンタHVが求めている車に一番近い車でした。我が家には大きいミニバンは不要だと思い、200万円半ばで買えるコンパクトカーをいくつか検討しましたが、どうも満足できず。車格を上げたプリウスなどは、ハイブリッドシステムや安全装備の面で魅力的でしたが、ユーティリティー面ではイマイチ。最終的にこの車に行きつきました。
 コンパクト、ワゴン、ミニバン(ワンボックス)の良いところを、見事に1つに凝縮したイイ車だと思います。パワー不足や2列目シートが思いの外広くないなど、無理やり良いとこどりをした結果の限界を感じてしまうのも事実です。しかし、いずれもコストの面でシエンタに求めるのは酷なものですし、総合力は高いと思います。

乗車人数
3人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
ファミリー
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年9月
購入地域
千葉県

新車価格
238万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
15万円

シエンタ ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった38人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

150プラドさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:42人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
4件
18件
カーナビ
1件
1件
カーセキュリティ
0件
2件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格4

【エクステリア】
歌舞伎顔に賛否両論ありますが、ブラックを選んだのであまり気になりません。
マイナーチェンジでライトの光り方も変わり、個人的には気に入っています。

【インテリア】
クエロを選びましたので合皮のシートが良いですね。
GグレードにLEDライトを選ぶとクエロの価格に近くなるのでシートのグレードも良いクエロをお勧めします。

【エンジン性能】
初めてのハイブリッドですが、加速も良く大人数乗車でも特段問題はありません。
良くを言えばもう少しパワーが欲しいところです。

【走行性能】
ガソリンモデルに比べ車重が重いせいか、ハンドリングがしっかりしていて安心感があります。
他のミニバンのように車高が高くないのでロールや横風の影響を受けにくく、大満足です。

【乗り心地】
良くも悪くもないと言った感じです。
オプションの16インチアルミを履いたモデルに一度乗ってみたいです。

【燃費】
ハイブリッドモデルなので期待していましたが、季節の良い時期で下記の内容で、夏や冬は下記より1〜2km悪くなります。
福岡市内のストップアンドゴーで20km/L
郊外で22〜23km/L
高速で20km/L
高速ではパワー不足のせいかエンジンが回る為、燃費が伸びません。
冬は暖房の為にエンジンが回るので燃費が悪くなります。
クエロは合皮シートになるので冬は冷たく、シートヒーターのオプションを選ばれることをお勧めします。

【価格】
最初の価格帯は安いですが、オプションを付けていくとそれ相応の金額になりますね。
特にハイブリッドモデルでかつ上級グレードのクエロを選ぶとヴォクシーのガソリンモデルの一番安いグレードが狙える価格になります。
安くはないと思いますが、サイズ感、燃費で選びました。

【総評】
もう一台、遊びの大きな車があるのでセカンドカー的な要素で使っていますが、燃費の良さや小回りがきくので最近は旅行等にも使用し、メインカーとなりつつあります。
子どもが大きくなればヴォクシーやヴェルファイアサイズも良いのでしょうが、通勤でほぼ一人で使っていますので、このシエンタハイブリッドがベストです。
荷物も乗りますし低床で乗り降りもしやすいので老若男女問わず乗れる車だと思います。
乗ると売れている理由がきっと分かると思います。

乗車人数
3人
使用目的
通勤・送迎
買い物
頻度
毎日
重視項目
ファミリー
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年2月
購入地域
福岡県

新車価格
257万円
本体値引き額
25万円
オプション値引き額
10万円

シエンタ ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった20

このレビューは参考になりましたか?参考になった

nonayu615さん

  • レビュー投稿数:14件
  • 累計支持数:133人
  • ファン数:0人
満足度4
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能4
走行性能無評価
乗り心地4
燃費5
価格無評価

知り合いに乗せてもらう機会があったのでレビューします。

【エクステリア】
賛否両論分かれる、とても個性のあるデザインをしています。
自分はエイリアンのような感じがしてちょっと苦手です。
樹脂パーツがかなり目立ちます。
スライドドアはスイッチを押すと開くので便利です。

【インテリア】
エアコン回りがプラスチッキーな感じがしてちょっと安っぽさを感じます。
周りはプラスチックだったりもしますが、ステッチなどを使って少しでも高級感を演出しようという努力はしていると思います。
助手席に座っている時は特に圧迫感を感じることはありません。
しかし、2列目に大人が座るのはちょっときついです。
足元がとても狭いので2列目以降の席に大人が乗ってどこかに長距離ドライブしに行くにはとても疲れると思います。
身長171センチで体型が普通の自分でも、座面が低いので膝を曲げて座らなければなりません。
拳も0.5個程度しか収まりませんでした。
天井も圧迫感を感じます。
ライバル車のフリード(初代ですが)にも乗ったことがありますが、座面は低くても2列目はこの車ほど狭くありませんでした。
フリードの2列目は座面が低いですが、足元は十分確保されていて足を伸ばせるのでその分まだマシです。


【エンジン性能】
パワーなどについては運転していないので評価しません。
走行時は基本的にエンジンがかかっていました。
エンジンノイズはちょっと聞こえますが、不快ではありません。
低速で走っている時、信号待ちで停車する時はモーターの音が聞こえてきます。
停車時はモーターの音もほとんどなくとても静かでした。

【走行性能】
乗せてもらっただけなので無評価で。

【乗り心地】
平坦な道しか走っていませんが、平坦な道を走る分には思っていた以上に乗り心地が良かったです。
個人的には程よい硬さの足回りで丁度いいくらいの足回りです。
突き上げやショックなどは感じず不快感はありませんでした。
初代のシエンタも乗ったことがありますが、これは大きく進化していました。
ロードノイズも十分に抑えられています。


【燃費】
街乗りで乗せてもらいましたが、平均燃費を見たら21.2km/Lでした。

【価格】
無評価で。


【総評】
フリードやシエンタなど、コンパクトミニバンは個人的に幼児から小学校低学年あたりの小さな子供がいる家庭にはとてもおすすめできる車です。
中学生や高校生が2列目に乗るとシエンタの場合は足元が狭いのであまりおすすめしません。
中学生などの大きな子供がいる家庭はステップワゴンなどの大きなミニバンを買うのがいいと思います。

ただ、とてもいい車でしたよ。

レビュー対象車
試乗

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

鹿本 享受さん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:501人
  • ファン数:8人
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能2
走行性能4
乗り心地4
燃費3
価格3

ホンダ フリードハイブリッド2016年モデルオーナーです。
2018年9月のマイナーチェンジ後のモデルをトヨタレンタカーでレンタルして試乗したときのレビューです。

<ユーティリティーについて>
フリードと比べて全体的にスペースのゆとりは少な目ですが、収納や座面の位置など細かいところでシエンタの方が優れていると感じる点がいくつかあります。特に3列目を使う機会が少なく、大きな荷物を載せることが多い方は、シエンタの方がおすすめです。ただ、6人乗りに関しては2列目シート間の通り抜けができるフリードに大きく見劣りするので、シエンタを選ぶ場合は7人乗りor5人乗りで決まりだと思います。

<乗り心地>
1、2列目の乗り心地はフリードと互角でそれなりに良いと感じました。3列目に関してはシエンタの方が若干良いと思いました。フリードは後輪のロードノイズが結構大きく縦揺れもそれなりにあります。

<静粛性>
今回のマイナーチェンジで最も大きな違いを感じたのは、低速でEV走行時に鳴る「車両接近通報音」の音色が変わったことです(今年生産モデルから搭載が義務化され、スイッチでの消音はできなくなりました)。個人的にはこの音は全く嫌ではないですが、音量が以前より大きく窓を閉めていても25km/h以下で静かな道をEV走行しているとけっこう聞こえます。
フリードも同様ですが、このクラスのミニバンは静粛性にはあまり気を使っていない印象です。エンジンがかかるとそれなりにエンジン音が車内に入ってきます。シエンタは特に中高速域で強い加速をしようとすると、かなりエンジンがうなります。踏み込んだ時の音はフリードの7速DCTと比べると全く心地よい音ではないので結果的に、踏み込もうと思わない→エコ運転に徹する→燃費が良いという結果をもたらすと思います。

こちらの動画でも解説しています。
https://youtu.be/pGr_PEX14qc


<燃費と操作性と最大出力>
約60km/h以下で発進・停止を繰り返すことが多い街乗りでは、燃費と操作性はフリードHVより有利です。しかし巡行燃費と最大出力(パワー)は、フリードHVに比べ不利となります。
アクアと同じ1.5Lエンジン+45kwモーターを組み合わせたシステムでは最も重いクルマなので、加速性能にあまり余裕はありませんが、街乗り中心では特に気にならないと思います。

こちらの動画でハイブリッドシステムによる燃費と走行フィールの違いを解説しています。
https://youtu.be/BsFixAW8sfc

<総評>
ユーティリティーやデザインに関してはフリードと一長一短だと思います。総合的なクルマの完成度で言うと大差はないと思いますが、シエンタの動力性能に関しては本気を出していないことに対する不満が残ります。

今回のマイナーチェンジでは大きく改善されたと感じる要素はありませんでした。燃費はJC08モードで27.2km/L→28.8km/Lに上がっていますが、以前とモーター出力やバッテリ容量などは変わっておらず、実燃費はほとんど変わらないでしょう。

トヨタのハイブリッドシステム(THSU)は遊星歯車を使った動力分割機構を要とする基本的な機構は初代プリウスから変わっていないものの、プリウスの3代目→4代目のフルモデルチェンジで大きな躍進を遂げており、それまで75km/h超であったEV走行上限速度が大幅に上昇し、110km/h超まで可能になっています。しかしながらこの改良のフィードバックはマイナーチェンジでは行われていません。アクアやシエンタは力の出し惜しみをしても、十分他社にJC08モード燃費では勝てているので、本気を出す必要がないわけです。なによりリチウムイオン電池の不採用がその証です。
とはいえ、実燃費や走行フィールというところでは、本気のホンダや日産に負ける場面があります。
フリードHVは約95km/h以下でEV走行が可能であり、郊外走行や、渋滞気味の高速道路走行において60〜80km/hで定速走行する場合はシエンタと燃費が1割程度変わってくるため、郊外走行などの実燃費はフリードが勝ります。
フリードのハイブリッドシステムi-DCDは低速域や一気に踏み込んだ時の操作性にやや難がありますが、それは技術的な限界によるものが多く、ユーザーの操作の仕方で克服できる要素が強いです。市街地走行で燃費を追及する方にはシエンタHVを、郊外走行で燃費を追及する方にはフリードHVをおすすめします。

シエンタが次のフルモデルチェンジで本気を出したときにどうなるかに注目しています。

比較製品
ホンダ > フリード ハイブリッド 2016年モデル
レビュー対象車
試乗

参考になった98人(再レビュー後:39人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

-kiRITYAN-さん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:49人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
3件
94件
DVDドライブ
0件
93件
CD-Rドライブ
0件
25件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能4
走行性能3
乗り心地4
燃費3
価格4

【エクステリア】
エアロ無しですが見なれてくると
いい感じです

【インテリア】
値段の割に良いと思います
白の明るい内装がいいです
エアコンパネルがお気に入りです

【エンジン性能・走行性能】
もう少し余裕が欲しいですね
街乗りは良いと思います
バッテリーを倍にして欲しい

【燃費】
今のところ18〜19ぐらいです

【価格】
総額250万くらいでした

【総評】
寒冷地仕様は満足なのですが16インチはしない方がいいです。小回りきかなすぎ

思っている以上に静かでした
遮音材もいたるところにあり好印象です

冬は少し寒いです
シートヒーターがあるので我慢はできますが少し冷たい空気が車内に有るのがわかります

オートハイビームは使えないと思います
街灯に反応してなかなか切り替わらない
上り坂で先行車を見失う
対向車が来たときに少し切り替わりが遅いときがある

レーンキープは煩いので切ってます。ただ私は時々線を踏むことがあるので踏まない人は使えるかも

寒冷地、100vコンセントなどを付けるとスイッチの空きが無くなるので注意です

乗車人数
6〜7人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
ファミリー
快適性
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年10月
購入地域
山口県

新車価格
232万円
本体値引き額
45万円
オプション値引き額
0円

シエンタ ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった11人(再レビュー後:9人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

さんま太郎さん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:35人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
86件
ワインディングマシーン
1件
2件
Mac ノート(MacBook)
0件
1件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費5
価格4

プリウスαからの乗り換えです!嫁がシエンタハイブリッドかカローラフィルダーハイブリッドにしてほしいとお願いされ、子供の事や両親を乗せる事を考えて、二択でシエンタハイブリッドを選択しました。
【エクステリア】
「カッコ悪い」と思ってた外観も、モデリスタBを取り付け、その他用品を取り付けると「意外にカッコイイ」に変わりました。色もブラックにしたのでシンプルにまとまり、周りからも好評の声を頂きました。
【インテリア】
狭さは仕方ないとして、うまくまとまった内装だと思います。社外品のシエンタ専用コンソールボックスを組み合わせて、より快適な感じになりました。
三列目を出すと荷物が載りません。しかしそれもシエンタなら仕方ないので、買い物の荷物は座席に置いてます。
【エンジン性能】
1500ccなんで加速は相応ですが、普通に走る分はプリウスαのエコモードと変わらないと思います。坂道を登る時はエンジンの音が気になりますけどね。
【走行性能】
普通に走る分は問題なく、高速も流れにのって走るには問題ありません。追い越しは少し頑張らないといけませんが、速度100キロまでなら普通に走れます。
【乗り心地】
悪い印象から入ったシエンタだったので、これが一番気になるところでした。実際は快適な乗り心地で、ロードノイズも気にならず、音楽やDVD、会話も普通に楽しめます。長距離の運転もあまり疲れずに、助手席の嫁や2列、3列の子供たちも爆睡してます。
【燃費】
プリウスαよりちょっとだけいい感じです。4000円分の給油を毎回行いますが、通勤で毎日往復50km、休日は家族でドライブしても1週間以上は余裕で給油しなくていいくらいです。
【価格】
ベースにオプション付けてアレンジすると値段も300万を超えてきます。下取りや値引きが無ければ高いですね。
【総評】
嫁から提示された時は絶対に乗りたくないと思ってましたが、今では買って良かったと心の底から思ってます。
この車のユーザー満足度が高い意味がわかりました。
ザ・ファミリーカーの代表として一押しの車です。
酷評をしてる方はきっと高級車と比べてるんでしょうね。
ファミリーカーとしてはとても良くできた車です。

乗車人数
4人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
ファミリー
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年10月
購入地域
福岡県

新車価格
246万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
10万円

シエンタ ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった28人(再レビュー後:21人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

wasabeef1さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:23人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
3件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地5
燃費4
価格3

【エクステリア】
黒い樹脂部分が少しマイナスポイントですが、全体的には気に入っています。
【インテリア】
全体的に近代的で良いと思いますが、収納が少ないのが少し残念です。
【エンジン性能】
一般道ではストレス無く快適に走ってくれます。
高速では合流、追い越しの時にエンジンが唸りますが、流れに乗っての加速は出来ます。
エコモードにすると高速の追い越しでストレスを感じます、私は常にオフにしています。
【走行性能】
高速でも風に煽られることもなく、安定して走ってくれました。
タイヤは純正装着タイヤですので、それなりのロードノイズはありますが、
そこまで不快な感じはしませんでした。
このクラスの車種では普通か少ない方だと感じました。
【乗り心地】
思っていたよりドライビングポジションが高く、視界が良いです。
段差などのショックもうまく抑えられていると思います。
内装のオレンジラインがミラー写り込みます、慣れないと気になります。
【燃費】
メーター表示で
・流れの良い一般道で22キロ 
・渋滞時の一般道で17キロ 
・高速で20キロ
エアコンON、エコモードOFF、2〜3人乗車です。
【価格】
それなりのオプションを付けると300万円を軽く超えます。
人気のあるオプションを標準装備にして、価格がもう少し抑えられれば良いと思います。
【総評】
オレンジラインの写り込み、収納の少なさなど多少気になる点もありますが、
全体的にいい車なので、気に入っています。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
頻度
毎日
重視項目
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年8月
購入地域
東京都

新車価格
232万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
5万円

シエンタ ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった23人(再レビュー後:19人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

良いものは高くあれさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:133人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

薄型テレビ・液晶テレビ
1件
0件
エアコン・クーラー
0件
1件
自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地3
燃費4
価格3

【エクステリア】フランスライクなデザインに惚れ込んでしまい購入。樹脂パーツ剥き出しと批判される方もいらっしゃいますが、外車ではよくあることで外車同等のデザイン性と外車以上の機能性は、評価されるべきであると思います。

【インテリア】オレンジのアクセントが好みです。
以下フリードと比較します。
フリードの6人乗りは二列目独立シートで三列目からもウォークスルー出来るのに対し、シエンタは往き来出来ず不便。シエンタなら7人乗りかなという感じです。三列目はフリードより空間的に狭いイメージですが、シエンタの素晴らしいのは一列目二列目三列目と順にシートが高くなっており映画館のような作りです。視界がよくなるので結果、フリードより快適と感じました。シートは間違いなくフリードSパッケージが上ですが、ここは我慢。三列目をたおす際にはフリードは左右に持ち上げるのに対し、シエンタは二列目シート下に収納されるのでとても広い。荷室高さはフリードが高いが幅はシエンタに部がある感じです。三列目シートはシエンタの方がフリードより小さな力で畳むことが出来るのもグッドです。二列目はフリードが座席が低く膝か浮きがちになるのに対し、シエンタは座席が高く楽なイメージ。運転席の視界はフリードの方が多少分があります。
一長一短がありますが、最終的にシートの段々の高さが決め手になりシエンタです。

【エンジン性能】前車が30プリウスだったので比較すると劣りますが日常使いでは不満なしです。トヨタはハイブリッドの感覚が自然でいいですね。フリードのハイブリッドだけはエンジンフィールが悪すぎて好みでないです。フリードを買うならガソリンに限ります。ちなみにフリードのガソリンはパワーがありレスポンスがよくグッドでした。

【走行性能】ミニバンに走行性能は期待してませんがノアヴォクシークラスと比較するとコンパクトな分、楽に走れます。

【乗り心地】一列目、二列目に乗ってますが悪くはありません。ただフリードの方が肘かけもあり、シートもいいので快適だとおもいます。

【価格】乗り出し300万の越えましたが値引き後280万でした。若干高い気もするけど大事に長く乗れそうな車であることを考えるとコストパフォーマンスは高いともとれると思います。

【総評】シエンタはデザインで一目惚れした車で夫婦+子1人の家族構成ではベストな車だと感じています。眺めてはうっとりする車なんて世の中になかなかないですね。

2017年6月12日追記
【燃費】
1500kmほど走っての平均燃費は22.0km/lでした。
うち400km程度は高速で21.0km/lくらいです。
普段では街乗りで20kmほどの走行で27.5km/lという数字をたたくこともあります。丁寧な運転を心がければカタログ値ほどの燃費をたたくことが確認できました。前車は30プリウスでカタログ値が30km/lだったのに対し実燃費は21km/lだったことを考えると普段下道メインでの速度域においてはシエンタが若干有利ということかもしれません。

【総評2】
相変わらずデザインはほれぼれします笑。買ってよかったと思える車には間違いなかったようです。ただ一切の不満がないかといえばそうではなく,例えば全席シートを倒したときに2列目シートまで倒れずフラットにならない点とか2・3列目をすべて畳んだ際にきれいなフラットとは言えず寝ころべないという点。ただこの点は社外のフラットベットキット(8〜12万円)でキャンピング仕様にでき,かつベット下には荷物も収納できるのでキャンピングカーとしても役に立ちそうです。
子供の成長とともにキャンプをするようになること等を想像すると今からワクワクしますね。
うちには3列目を必要とするイザという時が年に数回ほどあるので,クラス最強であると再認識しているところです。
フリードではこの年数回を除いて三列目を常に左右跳ね上げで使うということになるので,私には耐えがたいですね。もちろんハイブリットシステムを除く機能的な部分においては,フリードに分がある部分が多いので「私のライフスタイルで」ということです。批判したいわけではないので悪しからず。

比較製品
ホンダ > フリード
乗車人数
6〜7人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
ファミリー
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年3月
購入地域
茨城県

新車価格
232万円
本体値引き額
25万円
オプション値引き額
5万円

シエンタ ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった131人(再レビュー後:52人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ぷーたろーんさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:171人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
33件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格4

10月に契約したのがやっと納車されました

色々なサイトでパワー不足と評価されてましたが街乗りメインの自分的には全く不安感も力不足感も感じません

子育て世代にはスライドドアはやはり必須ですね
もう少し後部座席のシートにボリュームがあるといいですが、概ね不満はなしです

乗車人数
3人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
ファミリー
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年1月
購入地域
埼玉県

新車価格
232万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
25万円

シエンタ ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった171

このレビューは参考になりましたか?参考になった

戦略工学さん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:190人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
38件
カーナビ
1件
2件
Bluetoothスピーカー
1件
1件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費5
価格3

元々プリウスを始めとしたハイブリッド車(THS2)の運転フィーリングが好きではなく、マイカーとして敬遠していましたが、大きさが手頃であったこととスライドドアがあったことがきっかけで試乗してみたところ秀逸の出来、思わず購入しました。

【エクステリア】
嫌味のないラテン系とどこかの自動車サイトで拝見しましたが、まさにその通りだと思います。

【インテリア】
高級車ではないですが、必要十分な作り込みにより安っぽさは全く無いです。

【エンジン性能】
発進から加速する時など、非常にスピードの乗りが良いです。できの良いMT車並のダイレクト感があるように感じます。(モーターによる駆動力デリバリーがようやく内燃機関と肩を並べるに至ったように感じる。)
技術的に面白いのが、プリウス3代目あたりから比べても明らかに今回のシエンタのほうが駆動力の出し方がうまくなっているように感じます。カタログスペックには出てこない、インバーターやモーターの進化があるのかもしれません。(アクセルを踏んだ時のモータートルクの付いてくる感じがシエンタのほうが旧来THS2よりもよく感じる。最近のアクア辺りからそういった良い変化を感じます。)
ちなみに、Bモードで走行するとアクセル操作一つで減速G領域もある程度制御できるため、MT車が好きな人などは非常に運転しやすくなります。エンジンブレーキによる車速管理が好きな私は一時、Dモードを止めて、常にBモードで走行しようかと思っていましたが、トヨタ自動車広報部に聞いたところ燃費に悪影響があるとのことですのでDとBを使い分けることにしています。(後述)

【走行性能】
これがシエンタ購入に至ったもう一つの決め手でした、アルファードやボクシー辺りよりも車体ロールの管理が非常に良く出来ている。(ミニバンでありながら、コーナリング時に箱がグラっと倒れる感覚が非常に少ない。或いはコーナリング終了後に逆方向に揺り返しが来る感じが非常に抑えられており運転しやすい。)この特性がなければ私はシエンタを購入しませんでした。気になる方は是非試乗に行かれることをオススメします。
ちなみに、シエンタの車両特性のデメリットの一つとして、ホイールベースが長いため内輪差がけっこう大きくなります。
(感覚論で言うと、左後輪のタイヤがかなり内側を通る。また、駐車場から出る時、一旦まっすぐ出たほうが無難。)
運転に不慣れな方は巻き込み(特に左)に注意されたほうがよろしいかと思います。
また、ブレーキ(回生ブレーキ含む)については、昔のTHS2よりはだいぶ運転しやすくなりましたが、まだ違和感が残ります。違和感が強い場面として
(1)停車直前、フロントサスの沈み反発を抑えるためにブレーキを抜くと、抜き過ぎてしまう事が多い(非HV車より操作が難しい)
(2)下り坂のブレーキで、ブレーキペダルストローク一定操作で車速が増速するような場合、制動力が不足するように感じる場面がある
ただ、こういった挙動も旧プリウス3代目あたりではまだ(私の感覚では)違和感が強かったところ、アクア辺りから良くなってきたな〜、シエンタHVでは「これなら我慢出来る!」というレベルになってきました。プリウス4代目はさらにイイらしいという噂も・・・

【乗り心地】
このクラスでは非常に良いと感じます。ボデーの動きが非常にゆったり(いい意味で)としています。
乗り心地が良い要素として
(1)バネ上制振制御(ピッチング方向の動きをパワートレーンの駆動力制御で相殺する制御がシエンタに入っている)
(2)ホイールベースがこのクラスでは相当長いため、段差に対して動きが穏やかになる
と感じます。

【燃費】
通常時はリッター21km/h程度で推移しているようです。私の自動車の基準ではかなり良い燃費です。
ちなみにBモード走行時燃費が悪くなる件、トヨタ自動車広報部より下記の回答を得ました。
・BモードはアクセルOFF時の減速Gを強くするモードであり、主に下り坂などで走りやすくする用途での使用を想定。
・Bモードで減速Gを増やしている技術的要素は(1)エンジンをフリーラン状態(ニュートラル停止)にしないことによるメカニカルエンジンブレーキ(2)回生モーターの発電量を増加させることによる電気ブレーキ の2種だそうです。
・前者(1)フリーランを止めてしまうと燃費が悪くなる理由は、ブレーキで回生できるであろう運動エネルギーをエンジンで意図的に喪失させるから
・後者(2)回生量UPで燃費が悪くなる理由は、バッテリーが許容する以上に回生してしまう場合がBモードではあるそうで、その場合余った電力はバッテリーに入らず、捨ててしまうことになるそうです。
以上の理由により、常時Bモードで走行すると本来の燃費性能が出ないとのことですので、残念ですがBモードの常時使用を私は諦めました。

【価格】
ガソリン車に比べるとだいぶ高めです。燃費以上の価値(静かだとか、走行フィーリングの良さだとか)を加味できるならハイブリッドを買うべきと思います。私はそもそもハイブリッドの走行フィーリング・動力性能(特にモーター関連)が欲しかったのでCVTは検討しませんでした。

乗車人数
4人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
スポーティ
ファミリー
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2015年10月
購入地域
愛知県

新車価格
232万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
15万円

シエンタ ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった166

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ぷっしゅ〜あうとさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:166人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

アイアンセット
0件
29件
ドライバー
0件
9件
デジタルカメラ
0件
8件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格4

旧型を長年使用しており、そろそろ買い替え時と思い、試乗後、各すり合わせを行い、注文しました。
その中での感想です。もっとも12年も前の設計とでは違い過ぎるとは思いますが・・・

【エクステリア】
現代的で良いのでは?

旧型は丸目によるボンネットの盛り上がりが見切りでは役に立ったが、メーター類位置の変更に伴いインダッシュが高くなった(?)加減も手伝い、全く見えなくなり狭路では慣れが必要かと思えます。

また、窓枠のアンダーラインが高く感じたのとサイドミラーがサイズダウンしているため、特に女性では左側下が見難いかもしれません。サイドミラーにアンダーミラーがOP設定されても良いかも?

三次曲面が多いので、修理は大変そう。

【インテリア】
シエンタらしさも若干残っていて、まぁ、こんなもんでしょう。
包まれ感はアップしていると思います。

AQUAベースですが、サイドブレーキもフット式となりセンターにはフラットなフロアがつながっています。

エアコン吹き出し口が丸型から一般的なタイプとなったので、消臭剤も付け易くなったかも?

アクセントカラーがオレンジということで、阪神地域ではあまり好まれないかも?是非とも、イエローを!笑

運転的にはアームレストが付きましたね。
最近、肘を乗せ極端に中央へ体を寄せ、右手一本で操作するドライバーを良く見かけますが、またもや一役かいそうです。

あと、スポーツをアピールするなら、タコメーターが欲しいですね。

【エンジン性能】
新設計と言う事で、スムーズで気になる振動はありませんでした。やや勾配のきつい所での加速も排気量からすると、フラットな特性からかギクシャクする事は感じられませんでした。常用範囲なら十分でしょう。

随分と静かになった室内では、音が入らないせいか、知らない内に速度が出てしまっている感もあります。

【走行性能】
エンジンルームにはハイブリッド制御装置も入っているため、ギッシリと詰め込まれていますが、コーナーでの前のめり感は、乱暴にしない限り極端ではなく、思ったよりは素直に曲がってくれたと思います。

ボディ剛性も上がっているようでシッカリ感もあり、変に撓んだりガタツク事も軽減されているかと思います。
タイヤサイズも14インチから15インチとなった事も影響していると思えます。

ブレーキ性能については、ハイブリッドらしく回生時にググッと利いてくれますが、ガクッとさせてしまう程強烈ではありませんでした。

【乗り心地】
最近の傾向にもれず、やや硬めですが、突き上げ感はあまり感じませんでした。

【燃費】
実用的な数値は、納車されてからですね。

【価格】
パッケージOPやその他OPを控えめにすれば、高価にならないかも・・・
HVにするしないは、高速を除く年間1万キロ走行でとか、税金の優遇と使用年数がどれくらいか?などの事も考えながらチョイスすると良いでしょうね。
価格差が約30万をどれだけの期間で取り戻せるか?を考慮して。

【パッケージOPなど】
・ナビレディ
  純正以外のナビもメーカーにより接続可能らしい。
・LEDヘッド
  初めてチョイスしますので、良く分かりません。ただ、雨の夜は見やすいらしいです。
  オートライトは便利ですが、交差点での信号待ちには、対向車を思いやってヘッドライトを消しましょう!
・UVカットガラス
  赤外線もカットしてくれるので、ジリジリしません。シートヒーターは?です。
・スマートエントリー
  今では当たり前?
・アドバンスドセーフティ
  行く行くは標準装備らしいですが、納車時期にも影響が出たりします。スマホながら運転でも40キロまでなら
  ぶつかりません(らしい)。
・フレックストーン
  ボディカラーそれぞれで決まっています。チョイス可能になるかな?
・その他
  合法品ならディーラーでもやってくれそう。(要相談)

【総評】
次期フリードを見据えた(?)ものとして、また、下取り時の価格も踏まえて、長く付き合えれば有難いですね。

乗車人数
4人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
ファミリー
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2015年8月
購入地域
大阪府

新車価格
232万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
0円

シエンタ ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった166

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

シエンタ ハイブリッド 2015年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格を見る

シエンタ ハイブリッド
トヨタ

シエンタ ハイブリッド

新車価格:222〜258万円

中古車価格:81〜271万円

シエンタ ハイブリッド 2015年モデルをお気に入り製品に追加する <232

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

シエンタハイブリッドの中古車 (1,325物件)

この車種とよく比較される車種の中古車

qoo10
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意