『売れる条件をすべて備えた魅力の1台』 トヨタ シエンタ ハイブリッド 2015年モデル 松下宏さんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > トヨタ > シエンタ ハイブリッド 2015年モデル

『売れる条件をすべて備えた魅力の1台』 松下宏さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

シエンタ ハイブリッド 2015年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:510件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者などを経て自動車評論家として独立。クルマそのものより、クルマとクルマに関係する経済的な話題に詳しい評論家を自負するとともに、安全性の追求についても一家言を持つ。クルマ雑誌各誌…続きを読む

満足度4
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地3
燃費4
価格3

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

売れる条件をすべて備えた魅力の1台

コンパクトミニバンのシエンタでは、ハイブリッド車が高い比率で売れている。コンパクトなボディ、3列シートのミニバン、左右のスライドドア、ハイブリッドなど、最近のクルマで売れる要素となるものをすべて揃えているのだから売れるはずである。

それだけでなは、旧型シエンタはカローラ店だけの販売だったが、現行シエンタはトヨタの全ディーラーで販売している。アクアに次ぐ売れ行きを記録し、トヨタの主力モデルとして一気に浮上してきたのも当然である。

シエンタハイブリッドには、トヨタ自動車がアニヴェセル豊洲の駐車場をベースに開催したメディア関係者向けの試乗会に出席し、用意された広報車両に試乗した。なお、シエンタのガソリン車は別にレポートしているのでそちらも参照されたい。

シエンタの価値は全長が4235mmというコンパクトなボディの中にしっかり座れる3列シートを成立させている点にある。低床のフラットフロアをベースに、パッケージング効率をしっかり煮詰めることで、3列目のシートにも何とか大人が座れる空間が確保された。ハイブリッド車では後部の床下に電池を搭載するためパッケージングの面では不利になる部分があるのだが、電池をコンパクト化して2列目シートの足元の下に搭載することで、ガソリン車と変わらないパッケージングを実現している。

3列目シートを左右50:50で分割してダイブダウンして2列目シートの下に潜り込む形になることなども同じだから、ふだんは後部をフラットなラゲッジスペースとして使い、いざというときに3列目シートを使って多人数乗車を実現する、そんな使い方が可能である。

特徴的な外観デザインは、ハイブリッド車のものもガソリン車とほとんど変わらない。前後のトヨタマークの地の部分がブルーになるほか、ハイブリッドのエンブレムが装着されることなどが異なる程度だ。

インテリアも同様にハイブリッド車との違いは小さい。ハンドルの中からではなく上から見るタイプのメーターパネルは、ガソリン車のタコメーターの代わりにパワーインジケーターが装備される。またガソリン車では一部に標準のマルチインフォメーションメーターがハイブリッド車は全車に装備されている。

搭載エンジンは1NZ-FXE型で、効率を追求して54kW/111N・mのパワー&トルクを発生する。これに45kW/169N・mを発生する電気モーターを組み合わせ、システムとしては73kW(100ps)のパワーを発生する。絶対的な動力性能はガソリン車を下回ることになるが、ハイブリッド車ならではのスムーズな走りにより、走りのフィールはガソリン車を上回っているような印象だ。

静かでスムーズに発進するほか、低回転域ではモーターのトルクが貢献することもあって、ガソリン車以上の力強さを感じるのだ。ハイブリッドシステム自体はリダクションギア付きのTHSUで、エンジンも含めたシステムはアクア用を流用している。アクアに比べて車両重量が重いので、ギア比を変更して走りが鈍くならないように対応している。

インパネのスイッチでEVモードを選択すれば、しばらくの間はモーターだけで走ることが可能となる。ただ、ちょっとアクセルを踏み込むなどすると、すぐにエンジンがかかるので、EVモードの領域はそれほど広いものではない。

ハイブリッド車の燃費は27.2km/Lだ。アクアの燃費には遠く及ばないが、これは車両重量の違いによるものだ。ファイナルギア比を低くしたことも影響している。それでも3列シート車で27.2km/Lというのはとても良い燃費性能である。ミニバンとして断トツの燃費であるのは間違いない。

足回りがしっかりした印象を与えたのも評価できるポイントである。ハイブリッド車ではクルマの中心に近い低い位置に重い電池を搭載することもあって、ガソリン車以上に安定感のある走りを実現する。コーナーでの落ち着いた感じの走りも好印象だった。

ガソリン車と同様、走りの基本となる高いボディ剛性を確保した上で、前後のサスペンションを不快な振動や揺れを抑えたフラット感のあるものとしてチューニングしたことが貢献している。

試乗したシエンタハイブリッドG(6人乗り)の本体価格は233万円弱。これにディーラーオプションのカーナビを始め、LEDランプパッケージ、自動ブレーキを含むトヨタセーフティセンスCなど、いろいろなオプションが装着されて287万円ほどの仕様になっていた。値引きを考慮しても諸費用を含めたら300万円を超えるような予算である。

ハイブリッド車には静かでスムーズな走りなどの魅力があるが、距離を走らないユーザーだとガソリン車に対する価格アップの分を取り戻せる感じにならない。今どきのクルマ選びはハイブリッド車が中心ではあるが、改めて損得勘定をした上で選んだら良い。

レビュー対象車
試乗

参考になった171

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「シエンタ ハイブリッド 2015年モデル」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

シエンタ ハイブリッド 2015年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格を見る

シエンタ ハイブリッド
トヨタ

シエンタ ハイブリッド

新車価格:222〜258万円

中古車価格:85〜271万円

シエンタ ハイブリッド 2015年モデルをお気に入り製品に追加する <230

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

シエンタハイブリッドの中古車 (1,282物件)

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意