『いい→残念な→用途限定で楽しいカメラです。』 SONY α7R II ILCE-7RM2 ボディ kouyoukyotoさんのレビュー・評価

2015年 8月 7日 発売

α7R II ILCE-7RM2 ボディ

  • 新開発の有効約4240万画素35mmフルサイズ裏面照射型CMOSセンサーを搭載した、プロ・ハイアマチュア向けのフルサイズミラーレス一眼カメラ。
  • フルサイズ領域での4K動画記録に対応し、フルサイズの表現力そのままに高解像な4K動画を記録できる。
  • 大幅に進化した「ファストハイブリッドAF」を搭載。さまざまなシーンや被写体において、高解像度性能を生かした撮影を実現する。
α7R II ILCE-7RM2 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

最安価格(税込):

¥159,790

(前週比:-1,814円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥161,495

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥117,700 (19製品)


価格帯:¥159,790〜¥294,860 (47店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥159,792 〜 ¥213,950 (全国8店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:ミラーレス 画素数:4360万画素(総画素)/4240万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/35.9mm×24.0mm/CMOS 重量:582g α7R II ILCE-7RM2 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • α7R II ILCE-7RM2 ボディの価格比較
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディの中古価格比較
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディの買取価格
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディの店頭購入
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディのスペック・仕様
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディの純正オプション
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディのレビュー
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディのクチコミ
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディの画像・動画
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディのピックアップリスト
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディのオークション

α7R II ILCE-7RM2 ボディSONY

最安価格(税込):¥159,790 (前週比:-1,814円↓) 発売日:2015年 8月 7日

  • α7R II ILCE-7RM2 ボディの価格比較
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディの中古価格比較
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディの買取価格
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディの店頭購入
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディのスペック・仕様
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディの純正オプション
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディのレビュー
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディのクチコミ
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディの画像・動画
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディのピックアップリスト
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディのオークション

『いい→残念な→用途限定で楽しいカメラです。』 kouyoukyotoさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

α7R II ILCE-7RM2 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:11件
  • 累計支持数:163人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
7件
52件
デジタル一眼カメラ
2件
43件
デジタルカメラ
1件
1件
もっと見る
満足度4
デザイン5
画質5
操作性3
バッテリー3
携帯性3
機能性1
液晶3
ホールド感5
いい→残念な→用途限定で楽しいカメラです。
当機種AF1
当機種MF1
当機種AF2

AF1

MF1

AF2

当機種MF2
当機種MFでも高画素なのでレンズの周辺解像能不足が目立ちます
 

MF2

MFでも高画素なのでレンズの周辺解像能不足が目立ちます

 

さらに半年使用したので感想を追加します。
MF専用で昼間の広大な風景(ほとんど山)専用機として使用してます。ただ混雑する観光地や夜景はMFは難しすぎるので稼働率は8割以上α7Uですが。ファインダーが良くないため精緻なピント合わせは困難ですがそれでもAFよりは精度よく撮れることが多いです。参考までにMFの画像とAFの画像の比較写真を添付します。まだMFに慣れませんがMFも写真を撮る楽しみの一つと感じ始めてます。ので総合評価を3→4にします。RWのファインダーがかなりうらやましく有償でも交換サービスしてほしいです。(あり得ないけど)

以下過去レビュー
自分は静止画しか撮らず、かつ動きものは全く撮らないのでその場合の感想です。購入1ヶ月使ったため一部感想を修正します。

【デザイン】(レフ機とくらべて)小さいボディにシステムが凝縮された金属のかたまり感がたまりません。長年憧れたオールマグボディに大満足です。レンズ装着の際にレンズがしっかりはまっている感じで剛性感が伝わってきます。当機を購入した動機の半分はこれです。

【画質】α7U(以後U)と比べてSEL1635F4Zでも等倍鑑賞すれば、画像中央付近の解像度の差ははっきりわかります。ただし4K画面鑑賞くらいでは暗所画質以外は違いは判別するのは難しいでしょう。
JPRG:UのエクストラファインよりRUのファインの方がファイルサイズも小さくかつかなり高画質です。V型はJPEG撮って出し画質が大きく進化しているようですが、α7Vよりもこちらが安くまた高画素なため、JPEG撮って出し派の人にはこちらもいいかもしれません。
RAW:高解像です。また元データの色合いがUよりコントラスト弱めの自然な感じになってます。SEL1635F4Zでも中心部の解像感は圧倒的なのですが、周辺部の画質のアラがより目立つようになりました。高画素機はレンズ性能の要求値が無駄に高いのでむしろこまりものです。ズームレンズは高価なものでも周辺画質は大して進化しませんし。
暗所高感度画質:等倍鑑賞した際のノイズ感は、言われてみればRの方が少ないかな?と言う程度の違いでブラインドテストではわかりません。ただ同サイズ画面で鑑賞した際にノイズ粒子が相対的に小さく目立たないのでその分高感度が強いとも言えます。自分はUではISO1600までしか使わないのですが、RUではISO3200まで使えます。

【操作性】Uからほとんど変わっていません。Uで慣れたので特に不自由とは思いませんが、褒めるほどのものも無いです。ただモードダイヤルのロックボタンはありがたいです。

【バッテリー】Uよりさらに悪くなったと評判なのですが、使ってみてほとんど差を感じませんでした。1100枚撮影してバッテリー3本で足りました。(自分は撮影するたび電源をONOFFしますし飛行機モードはONにしてます。)また自分はNewmowaの社外品を4つ使ってますが純正と変わりません。Vはバッテリーが倍以上持つようですが重量も倍以上なので、バッテリー装着時の本体重量が軽いU型のほうが使いやすくて便利です。(バッテリーが1つ故障した際のリスク分散の観点からも軽いバッテリーをたくさん持っていた方が安心ですし)

【携帯性】大きさに関しては、レンズ交換式でまともな画質のズームレンズをつければどのメーカーのどのカメラも等しく旅行用カバンに入れ込める大きさではなく、荷物が1つ増えることに変わりはありません。とはいえ重量的に、これ以上重いのもがまんできないので許容範囲ぎりぎりです。

【機能性】低振動シャッターが良いです。Uはシャッターショックが大きくそれで手振れることもあるのですが、改善されておりフィーリングも非常に良くなってます。(購入した理由の半分はこれです)
手振れ補正は多画素機なのに良く効いており、ほぼUと同じ感覚で撮影できますが、若干手振れ率は高いです。
センサーほこり除去機能はUと同じなので当然ですが全く効きません。そんな機能は付いてないものと思ったほうがいいです。センサーにほこりがついたらレンズをはずしてブロアーで吹くしかありません。
AFは自分は1点のフレキシブルスポットしか使わないのですが、Uと比べてあきらかにAFの精度が悪いです。かなりの確率でピンぼけ、もしくはAF枠を合わせた部分より手前にコントラストの高いものがあった場合、勝手にそちらにピントが行くことが非常に多いです。Uより1段暗くまで対応するようになったはずの暗所AF性能も自分には全く差がわかりません。

【液晶】普通です。ファインダーはUと比べると見やすいですが、解像度がUと同じでよくないためマニュアルフォーカスには未だ不十分です。

【ホールド感】最高です。レフ機は厚みがありすぎて手に余ります。市販の安もののクイックリリースブラケットをつければ言うことありません。(自分はINPONの赤をつけてます)

【総評】
発売当初30万以上したカメラとしてはAF精度とか、ファインダーとか、全く効かないセンサーほこり除去機能とかいろいろお粗末です(開発費とか現実的な理由はあったのでしょうが性能的には)。自分がこれを購入した理由は、オールマグボディの質感と、低振動シャッターが主な理由なのですが、AF精度が退化しているとは想定外でした。特に遠景(数百m以上離れた)の被写体、コントラストの弱い被写体の際に精度が落ちます。ジャスピンした画像は画素数なりの圧倒的解像力なのですが、AFのジャスピン率の低さから解像度の波が大きく、結果的にUのほうが解像のいい画像の比率が高くなります。その結果、自分は元々4000万画素自体にはさして興味がないので、基本的に安定した画質を確保でき、データサイズも半分ですむUをメインに使い、RUはUが故障した際のサブ機にするようになりました。まあキャッシュバック込み14万切っていたのでスペア機と自分を納得させてますが、正直失敗でした。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
夜景

参考になった12人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度3
デザイン5
画質5
操作性3
バッテリー3
携帯性3
機能性1
液晶3
ホールド感5
いいカメラです。→残念なカメラです。

自分は静止画しか撮らず、かつ動きものは全く撮らないのでその場合の感想です。購入1ヶ月使ったため一部感想を修正します。

【デザイン】(レフ機とくらべて)小さいボディにシステムが凝縮された金属のかたまり感がたまりません。長年憧れたオールマグボディに大満足でした。当機を購入した動機の半分はこれです。

【画質】SEL1635F4Zでも等倍鑑賞すれば、画像中央付近の解像度の差ははっきりわかります。ただし4K画面鑑賞くらいでは暗所画質以外は違いは判別するのは難しいでしょう。なので個人的にここはあまり興味はありません。
JPRG:α7U(以後U)のエクストラファインよりα7RU(以後RU)のファインの方がファイルサイズも小さくかつかなり高画質です。V型はJPEG撮って出し画質が大きく進化しているようですが、α7Vよりもこちらが安くまた高画素なため、JPEG撮って出し派の人にはこちらもいいかもしれません。
RAW:高解像です。また元データの色合いがUよりコントラスト弱めの自然な感じになってます。SEL1635F4Zでも中心部の解像感は圧倒的なのですが、ワイ端テレ端の周辺部の画質のアラがより目立つようになりました。高画素機はレンズ性能の要求値が無駄に高いのでむしろこまりものです。対してズームレンズは高価なものでも周辺画質は大して進化しませんし。
暗所高感度画質:等倍鑑賞した際のノイズ感は、言われてみればRの方が少ないかな?と言う程度の違いでブラインドテストではわかりません。ただ同サイズ画面で鑑賞した際にノイズ粒子が小さく目立たないのでその分高感度が強いとも言えます。自分はUではISO1600までしか使わないのですが、RUではISO3200まで使えます。

【操作性】Uからほとんど変わっていません。Uで慣れたので特に不自由とは思いませんが、褒めるほどのものも無いです。

【バッテリー】Uよりさらに悪くなったと評判なのですが、使ってみてほとんど差を感じませんでした。1100枚撮影してバッテリー3本で足りました。(自分は撮影するたび電源をONOFFしますし飛行機モードはONにしてます。)また自分はNewmowaの社外品を4つ使ってますが純正と変わりません。Vはバッテリーが倍以上持つようですが重量も倍以上なので、バッテリー装着時の本体重量が軽いU型のほうが使いやすくて便利です。(バッテリーが1つ故障した際のリスク分散の観点からも軽いバッテリーをたくさん持っていた方が安心ですし)

【携帯性】大きさに関しては、レンズ交換式でまともな画質のズームレンズをつければどのメーカーのどのカメラも等しく旅行用カバンに入れ込める大きさではなく、荷物が1つ増えることに変わりはありません。とはいえ重量的に、これ以上重いのもがまんできないので許容範囲ぎりぎりです。

【機能性】低振動シャッターが良いです。Uはシャッターショックが大きくそれで手振れることもあるのですが、改善されておりフィーリングも非常に良くなってます。(購入した理由の半分はこれです)
手振れ補正は多画素機なのに良く効いており、ほぼUと同じ感覚で撮影できますが、若干手振れ率は高いです。
センサーほこり除去機能はUと同じなので当然ですが全く効きません。そんな機能は付いてないものと思ったほうがいいです。センサーにほこりがついたらレンズをはずしてブロアーで吹くしかありません。
AFは自分は1点のフレキシブルスポットしか使わないのですが、Uと比べてあきらかにAFの精度が悪いです。かなりの確率でピンぼけ、もしくはAF枠を合わせた部分より手前にコントラストの高いものがあった場合、勝手にそちらにピントが行くことが非常に多いです。Uより1段暗くまで対応するようになったはずの暗所AF性能も自分には全く差がわかりません。

【液晶】普通です。ファインダーはUと比べると見やすいですが、解像度がUと同じでよくないためマニュアルフォーカスには未だ不十分です。(使えないことはないですが、AF以上の精度調整はむずかしいです)

【ホールド感】最高です。レフ機は厚みがありすぎて手に余ります。市販の安もののクイックリリースブラケットをつければ言うことありません。(自分はINPONの赤をつけてます)

【総評】
発売当初30万以上したカメラとしてはAF精度とか、ファインダーとか、全く効かないセンサーほこり除去機能とかいろいろお粗末です(開発費とか現実的な理由はあったのでしょうが性能的には)。自分がこれを購入した理由は、オールマグボディの質感と、低振動シャッターが主な理由なのですが、AF精度が退化しているとは想定外でした。特に遠景(数百m以上離れた)の被写体、コントラストの弱い被写体の際に精度が落ちます。ジャスピンした画像は画素数なりの圧倒的解像力なのですが、AFのジャスピン率の低さから解像度の波が大きく、結果的にUのほうが解像のいい画像の比率が高くなります。その結果、自分は元々4000万画素自体にはさして興味がないので、基本的に安定した画質を確保でき、データサイズも半分ですむUをメインに使い、RUはUが故障した際のサブ機にするようになりました。まあキャッシュバック込み14万切っていたのでスペア機と自分を納得させてますが、正直失敗でした。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
夜景

参考になった7

満足度3
デザイン5
画質5
操作性3
バッテリー3
携帯性3
機能性1
液晶3
ホールド感5
いいカメラです。→残念なカメラです。

自分は静止画しか撮らず、かつ動きものは全く撮らないのでその場合の感想です。購入1ヶ月使ったため一部感想を修正します。

【デザイン】(レフ機とくらべて)小さいボディにシステムが凝縮された金属のかたまり感がたまりません。長年憧れたオールマグボディに大満足です。当機を購入した動機の半分はこれです。

【画質】SEL1635F4Zでも等倍鑑賞すれば(画像中央付近の)解像度の差ははっきりわかります。ただし4K画面鑑賞くらいでは暗所画質以外は違いは判別するのは難しいでしょう。(少なくともブラインドテストでわかる人は希少だと思います)なので個人的にここはあまり興味はありません。
JPRG:α7U(以後U)のエクストラファインよりα7RU(以後RU)のファインの方がファイルサイズも小さくかつかなり高画質です。V型はJPEG撮って出し画質が大きく進化しているようですが、α7Vよりもこちらが安くまた高画素なため、JPEG撮って出し派の人にはこちらもいいかもしれません。
RAW:高解像です。また元データの色合いがUよりコントラスト弱めの自然な感じになってます。SEL1635F4Zでも中心部の解像感は圧倒的なのですが、ワイ端テレ端の周辺部の画質のアラがより目立つようになりました。高画素機はレンズ性能の要求値が無駄に高いのでむしろこまりものです。対してレンズは高価なものでも周辺画質は大して進化しませんし。(単焦点はセンサーほこり取り機能の関係で使いたくないですし)
暗所高感度画質:等倍鑑賞した際のノイズ感は、言われてみればRの方が少ないかな?と言う程度の違いでブラインドテストではわかりません。ただ同サイズ画面で鑑賞した際にノイズ粒子が小さく目立たないのでその分高感度が強いとも言えます。自分はUではISO1600までしか使わなかったのですが、RUではISO3200まで使うようになりました。

【操作性】Uからほとんど変わっていません。Uで慣れたので特に不自由とは思いませんが、褒めるほどのものも無いです。

【バッテリー】Uよりさらに悪くなったと評判なのでびびってましたが、使ってみてほとんど差を感じませんでした。1100枚撮影してバッテリー3本で足りました。(もっとも自分は撮影するたび電源をONOFFしますし飛行機モードはONにしてます。)また自分はNewmowaの社外品を4つ使ってますが純正と変わりません。Vはバッテリーが倍以上持つようですが重量も倍以上なので、バッテリー装着時の本体重量が軽いU型のほうが使いやすくて便利です。(バッテリーが1つ故障した際のリスク分散の観点からも軽いバッテリーをたくさん持っていた方が安心ですし)

【携帯性】大きさに関しては、レンズ交換式でまともな画質のズームレンズをつければどのメーカーのどのカメラも等しく旅行用カバンに入れ込める大きさではなく、荷物が1つ増えることに変わりはありません。とはいえ重量的に、これ以上重いのもがまんできないので許容範囲ぎりぎりです。

【機能性】低振動シャッターが良いです。Uはシャッターショックが大きくそれで画像がブレることもあるくらいだったのですが、改善されておりフィーリングも非常に良くなってます。(購入した理由の半分はこれです)
手振れ補正は多画素機なのに良く効いており、Uと同じ感覚で撮影できます。
センサーほこり除去機能はUと同じなので当然ですが全く効きません。そんな機能は付いてないものと思ったほうがいいです。ほこりがついたらレンズをはずしてブロアーで吹くしかありません。
AFは自分は1点のフレキシブルスポットしか使わないのですが、Uと比べてあきらかにAFの精度が悪いです。かなりの確率でピンぼけ、もしくは目標被写体より手前にコントラストの高いものがあった場合、勝手にそちらにピントが行くことが非常に多いです。Uより1段暗くまで対応するようになったはずの暗所AF性能も自分には全く差がわかりません。

【液晶】普通です。ファインダーはUと比べるとなぜか見やすいですが、マニュアルフォーカスには未だ不十分です。(使えないことはないですが、AF以上の精度調整はむずかしいです)

【ホールド感】最高です。レフ機は厚みがありすぎて手に余ります。市販の安もののクイックリリースブラケットをつければ言うことありません。(自分はINPONの赤をつけてます)

【総評】
発売当初30万以上したカメラとしてはAF精度とか、ファインダーとか、全く効かないセンサーほこり除去機能とかいろいろお粗末です(開発費とか現実的な理由はあったのでしょうが性能的には)。自分がこれを購入した理由は、オールマグボディの質感と、低振動シャッターが主な理由なのですが、AFが退化しているとは想定外でした。特に遠景(数百m以上離れた被写体)の被写体、コントラストの弱い被写体の際に精度が落ちます。ジャスピンした画像は画素数なりの解像の差はあるのですが、AFのジャスピン率の低さから解像度の波が大きく、不確実なので、基本的に安定した画質を確保できるUをメインに使い、RUはUが故障した際のサブ機にするようになりました。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
夜景

参考になった0

満足度5
デザイン5
画質5
操作性3
バッテリー3
携帯性3
機能性3
液晶3
ホールド感5
いいカメラです。
当機種
当機種
 

 

自分は静止画しか撮らず、かつ動きものは全く撮らないのでその場合の感想です。

【デザイン】(レフ機とくらべて)小さいボディにシステムが凝縮された金属のかたまり感がたまりません。長年憧れたオールマグボディに大満足です。当機を購入した動機の半分はこれです。

【画質】SEL1635F4Zでも等倍鑑賞すれば(画像中央付近の)解像度の差ははっきりわかります。ただし4K画面鑑賞くらいでは暗所画質以外は違いは判別するのは難しいでしょう。(少なくともブラインドテストでわかる人は希少だと思います)なので個人的にここはあまり興味はありません。
JPRG:α7U(以後U)のエクストラファインよりα7RU(以後RU)のファインの方がファイルサイズも小さくかつかなり高画質です。V型はJPEG撮って出し画質が大きく進化しているようですが、α7Vよりもこちらが安くまた高画素なため、JPEG撮って出し派の人にはこちらもいいかもしれません。
RAW:高解像です。また元データの色合いがUより進化してます。どこがどうと言葉で説明しづらいのですがなんとなく好みです。(主観かもしれません)ただSEL1635F4Zの中心部の解像感は圧倒的なのですが、ワイ端テレ端の周辺部の画質のアラがより目立つようになりました。高画素機はレンズ性能の要求値が無駄に高いのでむしろこまりものです。対してレンズは高価なものでも周辺画質は大して進化しませんし。(単焦点はセンサーほこり取り機能の関係で使いたくないですし)
暗所高感度画質:等倍鑑賞した際のノイズ感は、言われてみればRの方が少ないかな?と言う程度の違いでブラインドテストではわかりません。ただ同サイズ画面で鑑賞した際にノイズ粒子が小さいのでその分高感度が強いとも言えます。自分はUではISO1600までしか使わなかったのですが、RUではISO3200まで使うようになりました。

【操作性】Uからほとんど変わっていません。Uで慣れたので特に不自由とは思いませんが、褒めるほどのものも無いです。

【バッテリー】Uよりさらに悪くなったと評判なのでびびってましたが、使ってみてほとんど差を感じませんでした。1100枚撮影してバッテリー3本で足りました。(もっとも自分は撮影するたび電源をONOFFしますし飛行機モードはONにしてます。)また自分はNewmowaの社外品を4つ使ってますが純正と変わりません。Vはバッテリーが倍以上持つようですが重量も倍以上なので、バッテリー装着時の本体重量が軽いU型のほうが使いやすくて便利です。(バッテリーが1つ故障した際のリスク分散の観点からも軽いバッテリーをたくさん持っていた方が安心ですし)

【携帯性】大きさに関しては、レンズ交換式でまともな画質のズームレンズをつければどのメーカーのどのカメラも等しく旅行用カバンに入れ込める大きさではなく、荷物が1つ増えるので対して変わりません。とはいえ重量的に、これ以上重いのもがまんできないので許容範囲ぎりぎりです。

【機能性】低振動シャッターが良いです。Uはシャッターショックが大きくそれで画像がブレることもあるくらいだったのですが、改善されておりフィーリングも非常に良くなってます。(購入した理由の半分はこれです)
AFは自分は1点のフレキシブルスポットしか使わないのですが、こころなしかUよりも精度が落ちているようで、かなりの確率でピンぼけ、もしくは合わせた位置以外にピントがいきます。Uより1段暗くまで対応するようになったはずの暗所AF性能も正直わかるほどの差はありません。(自分には全くわからないレベルです)まあデジカメなので2,3枚、暗所なら5,6枚も撮っておけば1枚はジャスピンするので大した問題でないです。
手振れ補正は多画素機なのに良く効いており、Uと同じ感覚で撮影できます。
センサーほこり除去機能はUと同じなので当然ですが全く効きません。そんな機能は付いてないものと思ったほうがいいです。つまりほこりがついたらいちいちレンズをはずしてブロアーで吹くしかありません。

【液晶】普通です。ファインダーはUと比べるとなぜか見やすいですが、マニュアルフォーカスには未だ不十分です。(使えないことはないですが、AF以上の精度調整はむずかしいです)

【ホールド感】最高です。レフ機は厚みがありすぎて手に余ります。市販の安もののクイックリリースブラケットをつければ言うことありません。(自分はINPONの赤をつけてます)

【総評】
キャッシュバック込み14万を切り込んだ今なら、静止画、静止物用途にはとてもいいカメラで、まさにお買い得でしょう。ただ、発売当初30万以上したカメラとしてはAF精度とか、ファインダーとか、全く効かないセンサーほこり除去機能とかいろいろお粗末です(開発費とか現実的な理由はあったのでしょうが性能的には)。4000万画素にしても、A036でやっと真価を発揮できるくらいなのでやはり自分としてはあまり価値を感じません。自分がこれを購入した理由は、オールマグボディの質感と、低振動シャッターが主な理由なので大満足ですが、万人に勧められるカメラでないことも確かです。あと望外によかったのは高感度暗所撮影時の画像を、同サイズ画面で鑑賞した際のノイズ感の少なさと解像度の高さが1段分くらいUより優れていたことはのはありがたかったです。(等倍鑑賞では優位性はありません)

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
夜景

参考になった3

 
 
 
 
 
 

「α7R II ILCE-7RM2 ボディ」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
気軽なフルサイズミラーレス  5 2020年1月13日 15:15
素晴らしい解像度ですね。  4 2020年1月2日 22:53
やっと買えました  5 2019年12月16日 11:44
見せてもらおうかソニー製ミラーレスの実力とやらを  5 2019年12月16日 09:19
これ以上の性能は不要です  5 2019年11月5日 06:41
古臭くないカメラ  4 2019年10月31日 13:26
コスト−画質がとても良いとおもいます!  4 2019年10月21日 22:08
もの撮りでは最高のパフォーマンス  5 2019年10月18日 11:19
マウント統合機として  4 2019年10月10日 12:00
いい→残念な→用途限定で楽しいカメラです。  4 2019年9月8日 00:12

α7R II ILCE-7RM2 ボディのレビューを見る(レビュアー数:87人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

α7R II ILCE-7RM2 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

α7R II ILCE-7RM2 ボディ
SONY

α7R II ILCE-7RM2 ボディ

最安価格(税込):¥159,790発売日:2015年 8月 7日 価格.comの安さの理由は?

α7R II ILCE-7RM2 ボディをお気に入り製品に追加する <1586

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意