α7R II ILCE-7RM2 ボディ レビュー・評価

2015年 8月 7日 発売

α7R II ILCE-7RM2 ボディ

  • 新開発の有効約4240万画素35mmフルサイズ裏面照射型CMOSセンサーを搭載した、プロ・ハイアマチュア向けのフルサイズミラーレス一眼カメラ。
  • フルサイズ領域での4K動画記録に対応し、フルサイズの表現力そのままに高解像な4K動画を記録できる。
  • 大幅に進化した「ファストハイブリッドAF」を搭載。さまざまなシーンや被写体において、高解像度性能を生かした撮影を実現する。
α7R II ILCE-7RM2 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

最安価格(税込):

¥173,800

(前週比:-9,270円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥178,841

SYデンキ

キャッシュレス最大5%還元対象

キャッシュレス・消費者還元事業について

クレジットカードなどキャッシュレス決済で購入した際、最大5%ポイント還元を受けられるキャッシュレス・消費者還元事業の加盟店に表示しています。

還元額の表記はあくまでも参考情報です。還元の有無や還元方法・還元率は、店舗決済方法や決済事業者により異なります。商品のご購入前に、店舗サイトに記載されている還元に関する情報を必ずご確認ください。また、還元の詳細については各店舗に対して直接お問い合わせください。

※キャッシュレス・消費者還元事業の詳細については、キャッシュレス・消費者還元事業 特集ページをご確認ください。

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥117,700 (35製品)


価格帯:¥173,800¥251,768 (45店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥173,800 〜 ¥213,950 (全国5店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:ミラーレス 画素数:4360万画素(総画素)/4240万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/35.9mm×24.0mm/CMOS 重量:582g α7R II ILCE-7RM2 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • α7R II ILCE-7RM2 ボディの価格比較
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディの中古価格比較
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディの買取価格
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディの店頭購入
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディのスペック・仕様
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディの純正オプション
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディのレビュー
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディのクチコミ
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディの画像・動画
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディのピックアップリスト
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディのオークション

α7R II ILCE-7RM2 ボディSONY

最安価格(税込):¥173,800 (前週比:-9,270円↓) 発売日:2015年 8月 7日

  • α7R II ILCE-7RM2 ボディの価格比較
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディの中古価格比較
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディの買取価格
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディの店頭購入
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディのスペック・仕様
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディの純正オプション
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディのレビュー
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディのクチコミ
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディの画像・動画
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディのピックアップリスト
  • α7R II ILCE-7RM2 ボディのオークション

α7R II ILCE-7RM2 ボディ のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.54
(カテゴリ平均:4.61
レビュー投稿数:89人 
  1. 2 0%
  2. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.25 4.52 -位
画質 画像の精細さ、ノイズの少なさなど 4.85 4.54 -位
操作性 メニュー操作・設定のしやすさ 3.79 4.29 -位
バッテリー バッテリーの持ちはよいか 2.64 4.15 -位
携帯性 軽さ、コンパクトさ 4.41 4.26 -位
機能性 手ぶれ補正、撮影モードなど 4.39 4.41 -位
液晶 液晶画面は見やすいか 4.35 4.33 -位
ホールド感 しっかりホールドできるか 4.19 4.42 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

α7R II ILCE-7RM2 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

コンビンさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:4人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
0件
レンズ
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン3
画質5
操作性4
バッテリー3
携帯性5
機能性5
液晶4
ホールド感4

ようやく踏ん切りがつき購入しました。
想像していた通りの製品でした、描写力はピカイチですね。
操作系のボタン、スィッチ類等の質感はもうすこし高めて欲しいところです。

カメラの性能に負けないように、がんばらなきゃ!

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
その他

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

narumariさん

  • レビュー投稿数:18件
  • 累計支持数:227人
  • ファン数:11人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
7件
425件
レンズ
6件
29件
自動車(本体)
1件
7件
もっと見る
満足度4
デザイン5
画質5
操作性3
バッテリー3
携帯性4
機能性4
液晶5
ホールド感4
当機種風景は間違いなく満足いく画が得られます。
当機種色はあっさり目だと思います。
当機種この大きさなら、街中スナップも快適にこなせます。

風景は間違いなく満足いく画が得られます。

色はあっさり目だと思います。

この大きさなら、街中スナップも快適にこなせます。

当機種ほら、静物撮影も大丈夫!(笑)
当機種Aマウントレンズも活きます。
 

ほら、静物撮影も大丈夫!(笑)

Aマウントレンズも活きます。

 

デザイン
可もなく不可もないと思います。あまり、カメラのデザイン自体にこだわりがないため、中性的な評価しかできません。

画質
これは、満足のいく画質です。α350から一眼に入り、α99でフルサイズデビューした私としては、高感度がISO 3200でも、びくともしないことに喜び、より精細感あふれる、高解像度な画に「おー!」となりました。

その代わり、手ぶれ補正があっても、ピントにはある程度シビアにならざるを得ませんが、しっかりとピントの合った時の、高解像度を活かせた画が撮れると、何にも代えがたいものがあります。

色調は、ややあっさりとした感じがします。ツァイスを付けて、こってりとした画、というわけにはいかないと感じます。それでも、クリーンな感じで、色が乗るときは、しっかりと乗っているソニーらしい画が好きです。肌色は、クールな感じがしています。これは、伝統なのでしょう。嫌いではありませんが、肌色だけをとると、フジが好きです。

操作性
まず第一に、フォーカスエリアをダイレクトに動かせないことに大きな不満があります。これが撮るときのリズムを崩すことになるのが分からないのですから、ソニーのカメラ開発陣は、みんなおっとりと写真を撮っているのでしょう。サッと、フォーカスポイントを動かすことがない人たちが作ったとしか思えません。他が良くても、ここがダメなだけで、相当印象は悪いです。α9が出ましたが、どうなっているのでしょうか?

それ以外の操作性には、割り当て可能なボタンや機能も多く、それなりにカスタマイズすれば、私のようなど素人には十分です。

バッテリー
こんなものです。二つ付いてくるし。それで十分一日まかなえます。不安な方は、もう一つ持てばいいので、ミラーレスにバッテリーの持ちを期待するには限度があると思います。今後、α9の電池が採用になれば、もう少しバッテリーが持つα7系が出てくるでしょう。
また、外部の電源から充電出来たり、ある程度の融通が利きますので、バッテリーに関しては、苦労していません。

携帯性
レンズが大きくなると重くなりますが、ボディーが小さいと、カメラバッグも小さくできるのには違いありません。フルサイズで、ボディーが小さいことは意味があると思いますよ。携帯性は、レンズ次第で良くも悪くもなるけど。α9並とは言いませんが、それに準じたAF性能を獲得すれば、自分的にはレフ機をおさらば出来ます。

機能性
多機能ではありますが、他社が積んでる機能も、アプリとして買わなければならないところもあり、この値段で?と思います。搭載して、機能に差しさわりがあるというのであれば、ソフト開発は他社以下という事ではないでしょうか。

また、連射しても、あまりバッファーが多くなく、すぐに底がついてしまう感覚です。α99よりは良くなったかなという程度。画素数が飛躍的に上がっているからでしょうが、もう少しあっても良いのでは?と思うことがあります。ただ、この機種に連射は求めませんので、まあ、許容範囲ではありますが。

液晶
綺麗です。タッチ液晶位にすればいいのに、と思わなくもありまんが。それから、なぜ、バリアングル液晶にしなかったのでしょうか?次回はぜひ、考えてください。

ホールド感
意外と悪くありませんが、やはりちょっと小指が余るかもしれませんね。グリップエクステンションGP-X1EMを付ければ、ホールド感が上がると思います。少々お高いので、購入は考え中です。

総評
このボディーに4240万画素を詰め込み、そんなに神経質にならなくても手持ちで撮れてしまうという恐るべき性能です(笑)。出てくる画は、高精細でクリーンな画だと思います。レンズが軒並み高く、しかも、性能を要求するため、おいそれとレンズを増やせないですが、他社製のレンズをアダプターで使用するという事も可能なため、思い切って、他社製のレンズを使うサブ機という贅沢もあります。
私はメイン機として使用していますが、動体撮影以外に文句はありません。動体は、α99iiを待てずに5Dmk4を入手し、そちらに任せています。シグマのMC-11をはさんで、レンズの共有もできるし、という理由を付けて使っています。実際EFレンズ群は、単焦点であればそれなりに、望遠ズームは少々迷いがちですが、光量のあるところでは何とか使えます。

このカメラは、動体さえ撮らなければ、これだけで完結してもいいくらいの性能を有していますが、操作性において、ダイレクトにAFを動かせないことがネックになっています。次回には改善されるかは、非常に微妙ですが、α9で出来るようになっていれば、期待したいと思います。また、瞳AFが使い物になるおかげで、瞳にピントの合った子供の画が、飛躍的に増えました。それだけも満足ですし、そのうえ、この高画素で、きれいに残せてあげる喜びがあります。

購入を考えておられる方は、動体以外では、満足のいく結果を得られるのではないかと思います。ただし、レンズ性能を要求されますので、レンズでの出費は計算に入れた方が良いと思います。間違いなくGMレンズやツァイスのBatis辺りは欲しくなります。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
子供・動物
夜景
室内

参考になった16

このレビューは参考になりましたか?参考になった

drugmaniaさん

  • レビュー投稿数:17件
  • 累計支持数:117人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ワイン
4件
0件
レンズ
3件
0件
スマートフォン
3件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
画質5
操作性4
バッテリー3
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感4

2016年の10月頃に購入し、レンズも3本ほど生やした上で年末年始のイベントや桜などを撮影した総評となる。

外観はマグネシウムボディで非常に堅牢に見える。しかもかなり小さく、ホールドすると小指が余るほどだ。
だが、防水防塵に配慮したかと言われると、すぐに開くSDカードスロットカバー、端子カバーに疑問を感じる。
試しに雨の日に持ち出してみたが、特に問題はなかったので細かい心配はするな、とのソニーからのメッセージであろう。
その後はすぐ防湿庫に入れ完全に乾燥させたのは言うまでもない。

チルト液晶、画質については全く問題を感じない。唯一あるとすれば、タッチパネルでAFができれば尚良かったのかもしれない。

さて、本体性能だが、ボディ内手ブレ補正4.5段は非常に強力な武器となる。
室内であれば、ISO1200・F2.8・1/20秒シャッターでブレはほぼ出さない。
これは焦点距離とはあまり関係が無いように見える。
(焦点距離が長いレンズは手ブレ補正付きのものばかりである)

高ISOでのノイズを等倍で感じる領域は、ISO1600ぐらいから出てくることは出てくるが、実際3200程度であれば等倍鑑賞でもしない限りまったく分からないレベルまで感度は向上しているセンサーを使っているのが見て取れる。
昼間の撮影では物陰でも800程度で充分なので、夜景撮影が好きな方にも充分おすすめできる。
ただ、星撮りをするのであればレンズとの組み合わせを考慮すべきであろう。

操作性は家電を彷彿とさせるメニュー構成で、コンパクトデジタルカメラから入った層であれば非常にとっつき易いのかもしれない。
レフ機からモノクロ表示に慣れ親しんでいる世代だと相当な違和感を感じるはずである。
このカメラはポチっと押したらキレイな絵が出ればいい、といった趣を見せるので、そういった設計のカメラなのであろうと覚悟して使うことが肝要であろう。
レフ機と同じ操作系を期待してもそもそも設計からして違うのであるから、寄せる必要はないわけだ。
ただ、このポチっとするレリーズボタンであるが、若干深めに作られておりファインダー・シャッターとのラグを多少感じる所が個人的には唯一の残念ポイントである。

総じて、カメラとしては非常に良い出来ではあるのだが、高画素機であるが故のデータの大きさ、取り扱いにくさは避けられない。
RAW無圧縮で100MB、jpegエクストラフィンで多い時には30MBほどのデータを生成するため、加工する場合はPCのスペックもかなりのものが必要になってくる。
動画撮影も難なくこなすが、4Kの撮影データは100Mbpsで記録されるため、PC側はSSD必須、メモリは16GB以上、dGPU、シングルスレッド性能の高いCPUが必要になるのは間違い無い。

環境を構築すれば非常に楽しいカメラだが、資金力がないなら手を出すべきではない。
また、バッテリーは信じられない持ちの悪さである。2個付属しているのは伊達ではないと肌身で感じる。

参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

『ありがとう御座います』さん

  • レビュー投稿数:166件
  • 累計支持数:1128人
  • ファン数:18人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
62件
0件
デジタル一眼カメラ
20件
0件
自動車(本体)
10件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
画質5
操作性3
バッテリー2
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感4

Canon1DX&2
5Ds&R
5Dmk4
Nikon D810&7200などと比べての感想です。
SONYのミラーレスは初めて買いました。

【デザイン】
メカメカしいので個人的には好きです。
無駄な物は無く削ぎ落とした感じ。

【画質】
SONY FEレンズ
Canon EFLレンズ
SIGMA artレンズを使用しています。

SONY FE24-240で使用すると旅行に行くにはとても便利良く、
高倍率ズームながらバランス良い絵が出てきますね。
SEL50M28だとまさかこんなコンパクトで軽量なレンズとは、
思えないくらいの高解像度マクロが撮影出来ました。

MC-11を使用してEFLレンズでは本家5DsRと比べても、
遜色無く高画質な絵が撮れます。
要するにセンサー性能が良いのでしょうね。
又、5DsRと比べて手振れ補正が強力なので、
同じEFLレンズをつけても気軽に撮れるのが凄いです。
EF35F1.4L2
EF24-70F2.8L2
EF70-200F2.8LIS2
特にEF24-70F2.8L2から出る絵が好みですね。

SIGMA artでは、うーん何とも言えませんが、
Canonで使うよりもa7R2で使う24f1.4や、
150-600Cと12-24F4がとても使えますね。

【操作性】
一眼レフカメラからするともう少し何とか出来ないかなと。
まあ、コンパクトにおさめているので少し不自由なのは仕方ないのかな。

【バッテリー】
これはEVF出すし予備バッテリーは常に2つ持ち歩いています。
スマホの様に充電できる様ですが用途に無いためモバイル充電は無テストです。

【携帯性】
軽量&コンパクトで満足

【機能性】
カメラアプリも有りますし、
a99IIには出来なきゃ事が出来ます

【液晶】
綺麗です。

【ホールド感】
コンパクトなミラーレスですもん。
グリップはイマイチですが、
風景をユックリ撮影するのには問題有りませんね。

【総評】
まずは4200万画素であるにもかかわらず、
手振れを忘れてしまうくらいの補正が強力です。
5DsRの時には三脚構えて慎重に慎重に撮影していましたが、
このカメラはそんな事からおさらば出来ますね。
勿論、三脚を使って撮影しても良いですが、
三脚もデカイ重たい物は必要無くカーボン三脚で十分でした。
まだEFのGMレンズでは撮影したけいけんは有りませんが、
FE24-70GMをポチりそうになってる自分を抑えてます(笑)
ただCanonLレンズやsigma artでも風景をユックリ撮影は可能です。

2017年1月現在、a99IIと兼用していますが、
噂の超ハイエンドミラーレスも楽しみにしています。
SONYさん、頑張ってください。

参考になった19

このレビューは参考になりましたか?参考になった

♪(^:^)♪さん

  • レビュー投稿数:20件
  • 累計支持数:92人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
15件
2件
デジタル一眼カメラ
2件
0件
デスクトップパソコン
0件
1件
もっと見る
満足度4
デザイン3
画質5
操作性3
バッテリー2
携帯性4
機能性3
液晶4
ホールド感4

2016年3月にα7R購入。9ヶ月ほど使ったが音楽祭での撮影などの際シャッター音が結構大きく、無音にできないので気になっていた。
シグマDP0クワトロも魅力的だったけど、高感度撮影ができなくて三脚必須だからパス。
この携帯性でこれだけの画質のカメラは今のところはαEマウントフルサイズ以外無いでしょうか。
α7R II は無音撮影ができ、この機能があることは最近知ったんだが最初からこちらにしとけばよかったと後悔している。
今更仕方ないけどそういうシャッター音とか使ってみないと見えない部分もあった。
日中の景色などを4kディスプレイで観るとより画像が繊細になっているのが分かる。
蛍光灯下で撮影すると時々縞模様が入るのが気になる。
最近フルサイズセンサーで4k動画を撮るプロモーションの方が増えているようで、そのせいかどうかわからんが店頭では値上がりしていた。

レベル
初心者
主な被写体
人物
風景
夜景
室内
その他

参考になった11人(再レビュー後:7人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

papi pupepoさん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:82人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
9件
0件
デジタル一眼カメラ
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
画質4
操作性3
バッテリー3
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感3
当機種
   

   

【結論】
まだまだ高いですね。
A7Rとの価格差が相当あります。A7Rとの比較では、単純に画素数がUPし高感度耐性も明らかに向上しています。しかし、価格差ほどのものはないです。4k部分が上乗せされてるんでしょうかね。
ローパスレスでこのクラスの画素数を求めるなら、Canon EOS 5Ds Rかa99ii、A7Riiに辿り着きますね。レフ機vsトランスルーセントミラーvsミラーレスの構図です。
狭い選択肢の中では、価格、画質、サイズのベストミックスでA7Riiということです。

【デザイン】
これは好みの問題ですね。嫌いじゃないですよ。

【画質】
私のデジカメ遍歴は、EOS5、F100、D2H、A900、A7R、A7II、A7RIIの順で、現在はA7RとA7RIIの2台体制です。これが私の経験知ということです。
ローパスフィルタありとローパスレスとでは明らかに抜け感、クリア感が違うと感じています。なので、ローパスレスのA7RとA7RIIは露出がバッチシなら非常にクリアな絵を吐き出します。
4360万画素というのは、なかなかです。私は等倍マニアなので、これを使うと2000万画素級では満足できなくなります。(本当はそれで十分なんでしょうけど。)
画素数が大きければ、当然に画素ピッチは狭くなるわけですけれども、それによる画質の劣化というようなものは感じません。A7R(3680万画素)との比較では、高感度耐性が明らかに向上しています。A7Rでは感度を上げるのを躊躇するような状況でも、1〜2段くらいなら上げちゃう、という具合です。

フリッカーにアップしている画像(こっちのほうがきれい)はこちら↓
https://www.flickr.com/photos/135937610@N05/31700030765/in/dateposted/


【操作性】
CANON、NIKONには及ばないと思います。機能が多いが故にUIも複雑にならざるを得ない部分はあります。UIに対する思想の違いということもあります。でも、まだまだ改善できますね。

【バッテリー】
持ちは悪いですね。ただ、軽くて小さいバッテリーなので、数本常備すればOKです。
鉄道写真がメインですが、旅に出て数千枚撮りますけれど、2台を6本で回してます。宿で充電するので、困りません。要するに、何本か持てばこの問題は解決できます。バッテリーがデカくなって筐体が大型化するよりはいいと思います。

【携帯性】
軽い、小さい、高機能。これに尽きます。もう一眼レフには戻れないです。

【機能性】
多機能です。

【液晶】
十分です。

【総評】
このカメラは、レンズを選びます。レンズ選びは非常にシビアになります。
画素ピッチが小さいので、レンズの素性がそのまま画質に反映されます。廉価なズームレンズですと、イメージセンサーの性能を発揮できません。なので、私は基本的に短焦点レンズしか使いません。
ま、画質にこだわり始めるとレンズ沼にはまってしまうカメラということです。

マウントアダプタを使えば様々なレンズが使えるのもこいつの魅力です。コシナやツァイスには素晴らしい単焦点レンズ群があります。シグマにも魅力的なレンズが多数ありますね。これらのレンズが汎用的に活用できるというのは、キャノンやニコンにないアドバンテージです。

また、ソニーはイメージセンサーの世界トップシェアだったと思います。キャノンは自前ですが、ニコンは外部調達のはずですイメージセンサーを作っているメーカーなんてそんなにないです。
なお、ソニーはイメージセンサーの外販もしていますね。よって、作ってる量が違います。故に、多数のフィードバックがあります。技術の蓄積があります。なので、センサーの商品力はソニーが一番だと思います。私がニコンやキャノンでなく、ソニーのカメラを使う一番の理由はそのためです。

デジタル時代に入って、従来、耐久性やAF速度なんかで訴求されていた商品力は、センサーの優位性、そしてレンズの解像力に変わってきました。
エレクトロニクスメーカーであるソニーの商品サイクルは、従来のカメラメーカーより明らかに短いです。ソニーがシェアを伸ばしているのは、このことも関係しています。短い商品サイクルは商品の陳腐化を早めます。自分のカメラがどんどん古くなると感じる消費者は、新たな商品を求めます。だから、モデルチェンジがどんどんできるメーカーは基本的には売り上げが伸びます。従来のカメラメーカーはまだこの商品サイクルに乗れてませんね。サイクルが早いというのも考えものですが。

話は変わりますが、ソニーのAFは、キャノン、ニコンにはまだ及ばないです。ずいぶん改善してきましたけど、それでもまだまだです。一眼レフの歴史は長く、位相差AFで培われた技術の蓄積はなかなかです。センサーでは圧倒的でも、AFとなるとまだこれからですね。

話がとっ散らかりましたが、A7RIIは画質はいいし軽くて小さくてよいです。ただ、従来機対比では割高ですぐに陳腐化する商品である(これは後継機も同じ)ということは認識しておいたほうが良いです。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景
その他

参考になった25人(再レビュー後:25人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

makukeroさん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:110人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
5件
51件
レンズ
1件
5件
もっと見る
満足度4
デザイン4
画質5
操作性4
バッテリー3
携帯性3
機能性4
液晶5
ホールド感4
当機種SAL1635Z2
当機種SAL135F28
当機種ミノルタ100mm ソフト

SAL1635Z2

SAL135F28

ミノルタ100mm ソフト

当機種タムロン150-600mm ISO12800で
当機種タムロン150-600mm
当機種150-600mm APS-Cモードで 1800万画素でも十分

タムロン150-600mm ISO12800で

タムロン150-600mm

150-600mm APS-Cモードで 1800万画素でも十分

購入から約1年間使ってきました。
平行してα7も使ってきましたが、比べるのも申し訳ないくらいいいカメラです。
レンズはAマウントレンズばかりをLA-EA3、4を使って撮影していました。
投稿した画像はノートリミングです。
JPEGで撮影して、明るさのみ調整しています。

【デザイン】もともとα7のデザインは嫌いではなかったので、問題ありませんでした。

【画質】最高です。他メーカーのカメラを使ったことがないので、ソニー内での比較になりますが、高感度の画質はこれまで使っていたα77IIやα7以上で、光の少ない場面でも破綻の少ない写真を撮ることができました。
ローパスレスというのも私自身このカメラが初めてでしたが、スッキリ抜ける様な画質は安物レンズから高級レンズに変えた様な鮮烈さがありました。

【操作性】α7よりも使いやすくなっています。
ただ背面のボタン類はAマウント機に比べてしまうと使いづらいです。

【バッテリー】ソニーのEVFの一眼を使っているなら驚くほどの持たなさではありません。
「これが普通です(ソニーでは)」

【携帯性】ちょっと持ち歩くには程よい大きさ、重さです。

【機能性】手ぶれ補正があるのは有難いです。
できればAマウントの様な三軸チルト液晶だったら最高でした。
AFは私の場合アダプターLA-EA3を介して像面位相差AFで撮ることが多かったのですが、速度は速くありません。
ちょこちょこ動く小鳥などは一度捉えるとAF-Cで追いかけることは問題なく出来ました。
像面位相差の精度はとても良く、一方でLA-EA4を使った時は精度面で劣っていました。
飛翔する猛禽類を撮る場合は躊躇なくα77IIを持ち出します。

【液晶】見やすいです。

【ホールド感】普通に持ちやすいです。
ただ私の場合Aマウントの超望遠レンズを使うことが多く、そうするともう少し大柄なAマウント機の方がしっくり来ます。

【総評】少し前にα99IIが発表され、機材をAマウントに統一するためα7共々処分しました。
大方のユーザーと同じ様にAマウントの将来が見えてこないため、Eマウントに手を出しましたが、やはりAマウントの使いやすさとレンズ資産のためEマウント関連はすべて手放しました。
TLMによるシャッタースピードの低下やISOの上昇などによる画質低下の懸念もありますが、ここまで待たされたのでα99IIへの期待も高まっています。
客観的にみるとソニーに振り回され遠回りをした感じですが、結果的にはα7RIIに出会えて良かったと思っています。
あの画質の素晴らしさを体験したからこそ、まだ見てもいないα99IIを予約する気になりましたし、当面Aマウントで遊べる見通しもつきました。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
風景
子供・動物

参考になった26

このレビューは参考になりましたか?参考になった

hanhana.さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:10人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン3
画質5
操作性3
バッテリー1
携帯性3
機能性5
液晶3
ホールド感1

【デザイン】
  特に不もなく可もなく。普通のデザインです。左肩にスペースが
  あるのになぜか右肩にダイヤル類などの操作ボタン類を集中させて
  いるためバランス的にも良くはないです。
【画質】
  これは市販されている中でも最高レベルでしょう。
  4240万画素、裏面照射型CMOSセンサー、5軸ボディ内手ブレ補正と
  すばらしい画質を撮る機能をすべて備えています。
【操作性】
  本体が小さいもありますが、基本的にボタンの配置が悪く操作性は
  良くないです。本機だけを使っているのなら慣れるのでさほど問題は
  ありませんが、C社やN社などの他のカメラも使っていると操作性の
  悪さに辟易とします。
【バッテリー】
  史上最低レベルです。機体の性能と消費電力がバッテリーの容量では
  賄えておらず、バランスが悪すぎます。
  今時バッテリーの容量が1020mAhって何年前のスマホでしょうか?
  本体の大きさとデザインを優先した結果でしょうが、前のモデルと
  同じ型番のバッテリーをそのまま流用しているって、なんの企業努力も
  していないようです。
  悪いことばかり書きましたが、連続的に撮影するスタイルでなければ
  2個のバッテリーを持ち歩けば問題にはなりませんし必要であれば、
  USB給電機能を使えば困ることはありません。
【携帯性】
  ミラーレスにしたは大きめですが、一眼レフと比較して小さく軽いので
  携帯性は悪くはないです。
【機能性】
  あらゆる機能をすべて詰め込んでいますので機能性は高いですが、
  その代わりデザイン、バッテリー、操作性が犠牲になっています。
【液晶】
  室内や夜はいいのですが、昼間の外で見ると見づらいのは輝度が
  足りないからでしょうか。また、チルトディスプレイは便利ですが
  多少稼働角が足りないです。
【ホールド感】
  私の短い指と小さい目の手での場合ですが、しっかりとホールド
  できません。中指と薬指でグリップし人差し指をシャッター
  ボタンを押す感じになっています。小指は本体から外れてしまって
  います。無理やり3本の指でグリップすると窮屈な感じです。
【総評】
  マイナス面が多々ありますが、それを補って有り余る機能があります。
  デザイン、バッテリー、操作面に不満がありますが、それ以外の部分は
  他の追随を許さない出来栄えです。最大の弱点である価格が問題ですが
  迷っている方はぜひ思い切って購入することをお薦めします。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景

参考になった10人(再レビュー後:10人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ジャンダルさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:169人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
5件
レンズ
2件
1件
デジタルカメラ
2件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
画質5
操作性5
バッテリー1
携帯性3
機能性5
液晶5
ホールド感5
当機種 FE 24-70mm F4で撮影。世間で言われるほど悪いレンズではありません。
当機種FE 16-35mm F4で撮影。こういう撮影ができるのは広角ならではです。
当機種FE 16-35mm F4で撮影。ISO3200が限界といったところでしょうか。

FE 24-70mm F4で撮影。世間で言われるほど悪いレンズではありません。

FE 16-35mm F4で撮影。こういう撮影ができるのは広角ならではです。

FE 16-35mm F4で撮影。ISO3200が限界といったところでしょうか。

当機種太陽を入れてのテスト撮影です
当機種FE 24-70mm F4で手持ち撮影
当機種山以外の写真も。シグマArt24-105mmで手持ち撮影(中心部の解像度は流石)

太陽を入れてのテスト撮影です

FE 24-70mm F4で手持ち撮影

山以外の写真も。シグマArt24-105mmで手持ち撮影(中心部の解像度は流石)

【デザイン】
写し出されるものが全てで、デザインにはあまり興味ありませんが、シンプルでいいと思います。

【画質】
全紙か全倍、最大で3×4(フィート)サイズに引き延ばして写真展に展示するので、4000万画素オーバーはありがたいです。パソコンで等倍にして鑑賞したら、小三元のズームレンズ(但し16-35mm F4を除く)では4000万画素の能力を生かし切れていないと感じますが、写真のほんの一部分を切り取って鑑賞しても意味がないですし、これで十分です。
高感度については、4000万画素の割にはそこそこいけるといった感じでしょうか。3600万画素のままでも良かったので、その分高感度が更に強くなってくれるといいのですが。
なお、他の方の写真を写真展で拝見すると、きちんと三脚を立ててブレに対し細心の注意を払えば、全倍サイズまでなら2000万画素クラスのフルサイズはもちろんのこと、APS-Cのデジカメ(高感度撮影を除く)でも十分鑑賞に堪えます。
結局は撮影者当人のウデ次第ということですね(^_^;

【操作性】
中判のフィルムカメラを使っていたアナログ人間には多機能すぎて覚えるのが大変でしたが、慣れれば特に問題ありません。風景写真では使う機能があまりなく、ボタンをあちこち押して使用するのはめんどくさいので、ボタンやダイヤルは、ファンクションキー、前ダイヤル(露出補正)、後ろダイヤル(絞り)、ISOだけで、C1〜C3ボタンは使用していません。

【バッテリー】
ボディ本体も軽く、レンズもツァイスの単焦点を含め、軽量なものから重たいものまでだいぶそろってきました。
画質やボケ重視の方はGMなどの重いレンズ、私のようにカメラ機材やテント、食料等を背負って1日6〜8時間歩いて撮影ポイントに向かう人や、積雪期に山に入るため、危険要因を少しでも多く取り除きたい人にとっては、どんなに素晴らしいカメラやレンズを持っていても、機材が重くて撮影ポイントにたどり着けないとか、バテて撮影する気になれないのでは意味がないので、軽量ズームや軽い単焦点レンズを使うという棲み分けができてきたのはうれしいところです。(それでも、マウントアダプターを使用しないと使いたいレンズがないというのはどうにはしてほしいですが)
しかし、写真撮影の時はバッテリーを充電できるような快適な環境にはいないので、予備バッテリーも含め5つは必要となり、軽量なミラーレスの長所が生かされません。
全倍までの印刷前提なら、2,000万画素クラスのフルサイズの一眼レフを持って行った方が総重量は軽くてすみます。是非とも改善してほしいところです。

【携帯性】
7Rから7RUに買い換えたのは、マウントの一部にプラスチックを使っていたのが気に入らなかったのと、高感度により強いカメラがほしくなったからですが、その結果重くなってしまいました。(それでもフィルムカメラ時代に比べれば軽くなりましたが。)
私の場合は三脚撮影が基本なので、ボディ内手ぶれ補正無しで7Rと同じ重さにし、金属マウントで裏面照射のカメラを販売してほしいです。
また、純正レンズにはないため、マウントアダプターを噛まして使用しているレンズがありますが、アダプター分だけ重くなり携帯性が損ねてしまっています。
シグマにはフルサイズのeレンズを期待していたのですが、マウントアダプターの販売の話を聞いて、フルサイズeレンズをつくる気がないことがわかり、ガッカリしてしまいました。

【機能性】
あまり重視していないのですが、急なシャッターチャンスで、三脚を立てる暇もないときは、手ぶれ補正に助けられています。ただ、足場が悪い場所での撮影が多いので、ブレてしまうときもありますが。
あと、マニュアル撮影の時のピーキング機能やピント拡大は非常に便利です。

【液晶】
非常に見やすいです。特に露出設定が難しい撮影条件の時には、電子ビューファインダー(EVF)のおかげで、一発で露出を決めることができます。光学ファインダーではこうはいきません。

【ホールド感】
あまり重視していないのですが、7Rと比べて、しっかりと手持ち撮影ができるようになりました。

【総評】
ブローニのカメラを使っていたときに比べると、軽くなり、撮影の機動力もupしました。
レンズもだいぶそろってきて選択の幅が増えてきたのはうれしいですし、特にツァイスの18mmの単焦点(しかもf2.8で330gと軽い!!)の販売が決まったことはありがたいのですが、GMレンズを出す前に汎用性の高いレンズをもっと出してほしい所です。マウントアダプターを噛まさないと使いたい画角のレンズが使えないカメラというのはいかがなものかと思います。(そういう点ではC/N社や高性能で軽い(APSなのでフルサイズより軽量なのは当たり前ですが)レンズがそろってきたF社のカメラがうらやましい限りです。)
f4通しでなくてもかまわないので、軽量で高解像度の24mm〜105(120)mmのズームレンズがほしい所です。
まあ、文句を言いながらも良い点はいっぱいありますし、使い続けています。
★5つか★4つか迷ったのですが、バッテリーの改善と使いやすいレンズが充実すれば★5つです。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
風景

参考になった39人(再レビュー後:23人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

apo2さん

  • レビュー投稿数:19件
  • 累計支持数:143人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
4件
0件
レンズ
4件
0件
デジタルカメラ
3件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
画質5
操作性3
バッテリー2
携帯性3
機能性5
液晶4
ホールド感4

Nikon D600, α7R(初代)Fujifilm X100Sと併用しているので比較をしてみました。
【デザイン】
α7R(初代)から一回り大きくなって貫禄が増しました。レリーズボタンの位置が普通のカメラになったので面白みは減りました。外観は実用重視に。(使用感想)C1/C2のカスタマイズ・ファンクションキーが意外と操作しづらいです。この部分は初代α7シリーズの方が優れていました。
【画質】
中感度領域のS/Nが格段に良くなりました。α7R(初代)ではISO1600以上はFujifilm X100SやNikon D700/D600のようには使えない感じでしたが、α7R IIは結構健闘してます。Leica Mマウントレンズを使用する機会が多く、α7R/α7では後玉の突き出した広角レンズの画面周辺部で見られるテレセントリック性に関する相性が有り、21mm以下の短焦点レンズでマゼンタ被りの症状が顕著で使えなかったのが残念な点でした。α7R IIは画素ピッチを高精細化したにも関わらず、見事に解消しており、それを実現したExmor R CMOSセンサーは素晴らしいの一言です。高感度領域でもS/Nの改善を果たしています。
【操作性】
α7R(初代)と同じ操作に設定出来たので戸惑いなく扱えます。但し、AFの測距点移動などの操作はα7R(初代)のままなので、測距点が399に増えた分操作しにくくなりました。AF測距点移動の操作はD600が実用的であることを考えるともう一工夫必要でしょう。また、ボディ内手振れ補正の機能を使用するためには、レンズ交換の度ごとに手動で焦点距離データを設定し直さす、または、純正レンズで自動設定を選択する必要があるので素早いレンズ交換が行えなくなりました。
【バッテリー】
バッテリーの消費がEVFを使用するだけでみるみるうちに減って行きます。予備バッテリ携行は必須な感じです。
【携帯性】
ボディサイズはグリップの分大きくはなりましたが、携帯性を大きく損なうほどではないです。
【機能性】
5軸ボディ内手振れ補正、オートレンズ補正など通常撮影時に気になる画像の欠点をカバーする機能が強化されました。4K動画も記録出来るのは機能面で不満な所がありません。
【液晶】
特に不満はありません。EVFの見易さはミラーレス機の中でも上位にランクされます。
【ホールド感】
α7R(初代)がバッテリー込み本体重量が465gであったのに対してα7R IIは625gと重くなってしまったのが残念です。初代は片手持ち撮影が出来てしまう軽量ボディが嬉しかったのですが、α7R IIは左手を添えないと流石にバランスしません。
(追記)標準のSonnar T* FE 1,8/55mm ZAを使用する限りはレンズが軽いのでバランスが良く片手持ちでも手ブレが減りました。
【総評】
良く練られた設計だと思います。4240万画素の高精細画像を楽しむべくG-Masterシリーズの交換レンズの発売を心待ちにしてます。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景

参考になった13人(再レビュー後:8人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

tatsuhnlさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:17人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
0件
レンズ
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン3
画質5
操作性4
バッテリー2
携帯性5
機能性4
液晶4
ホールド感5
当機種waikiki beach 2
当機種diamond Head
当機種tantalus panolama

waikiki beach 2

diamond Head

tantalus panolama

当機種diamond Head 全画素ズーム
当機種makapuu
当機種Cafe Julia Restaurant in the night

diamond Head 全画素ズーム

makapuu

Cafe Julia Restaurant in the night

ハワイからです。
A77からのアップグレードです。

A100 - A77 - A7R2と3台乗り換えてきました。
最近A77の調子が悪くなり、修理代と新規購入で迷っていましたが、A7R2を手にしたとたん、今までのカメラは何だったんだというくらいの進化です。
特に高感度に於いては当たり前ですが、A77と比較になりません。
A77はそれなりに好きなカメラであったため、いつかは修理してA100同様最後まで使い続けます。

レンズはZEISS 24-70mm F4を購入。 16-35mmと迷いましたが1台目のレンズであるため、標準ズームにしました。

アメリカでの販売価格はA7R2本体 $3199 24-70mm $1199です。

「デザイン」 A77のデザインが気に入っているため、カクカクのA7はもう少し丸みがあると自分好みになるのですが

「画質」 A77の24Mのそれとはやはり根本的に異なります。 特に夜間時はA77はまったく太刀打ちできません。

「操作性」 悪くありませんがA77に慣れていたせいか、メニュー、配置が異なるためトレーニング中です。

「バッテリー」 これだけの機能でこれだけのサイズであれば容量が犠牲になるのはやむを得ません。 予備を持てば解決するわけですから。

[携帯性」 Aマウントと比べればこれだけのサイズです。 Aマウントを持ち出す気力がなくなります。

「液晶」 見やすいです。A77では保護シールが古くなると、液晶のコーティングも剥がれてしまい醜くなってしまいました。 パーツで$10くらいで液晶が入手できるため本来であればコーティングの剥がれは受け入れたくありませんが$10ほどで直るので、A7R2も似たような感じでしょうか。

「ホールド感」 A77に慣れていたせいか、やはり持った瞬間は持ちにくいと感じましたが、慣れるとA7R2はそれなりのグリップの深さもあり、今は逆にこちらのほうが持ちやすく感じます。

「満足度」 購入にあたってはCanon 7D2, 5D3、 NIKON 7200、D810と比較しましたが、クオリティー的に優れ、機動性がある分今は購入してよかったと思います。
ただしレンズの種類が少ないため、それは今後に期待します。




レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景

参考になった16

このレビューは参考になりましたか?参考になった

nanablueさん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:180人
  • ファン数:57人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
4件
568件
デジタルカメラ
1件
41件
レンズ
2件
36件
もっと見る
満足度4
デザイン4
画質5
操作性3
バッテリー3
携帯性5
機能性4
液晶5
ホールド感4
当機種
当機種
当機種

当機種
当機種
当機種

使用し始めて2ヶ月経ちましたので再レビューしてみたいと思います。

レンズは前回同様に全てキヤノンのEFレンズです。
レンズアダプターもMETABORNS製の「EF-E mount T type4」前回同様です。
※今回はα7RIIに対応したファームウェアV0.43を使用(最新はV0.45)

最初から描写に関してはマクロと相性がいいと思っていましたがレンズアダプ
ターがα7RIIに正式対応したバージョンを入れてから、マクロの安定性が抜群
に良くなりました。

前回、
>マクロレンズの場合はマクロ撮影で接写した場合はかなり迷うケースが多い
と書きましたが、V0.44にしてからはほとんど迷うこともなくなり、キヤノン機の
ボディに付けた状態に遜色ありません。

サイレント撮影は、音が出ないだけでなく、シャッターの振動もないのでマクロの
時は大変助かります。5軸手振れ補正も優秀で、これらのお蔭で風さえ吹いてい
なければ比較的簡単に被写体をビシッと止めて撮る事が可能です。

これはOLDレンズの時も大きな武器で、手振れが防げるため、画像の拡大や
ピーキングなどのアシストにより容易に撮ることができました。

マクロでも望遠でも決まった時に、蝶の顔の毛や鳥の毛並みなどがくっきりと
写し出される様はまさにトリハダモノですね。

あまり期待していなかった高感度も思いの他いいようで、アップしたエナガの
写真はISO6400にもかかわらず、ディテールもしっかり残っており、ノイズは大き
く拡大しないとわからないほどです。

最後に、自分は基本キヤノンユーザーなので高画素機はEOS 5Ds/Rも選択肢
にはありましたが、OLDレンズで遊ぶ事が前提だったので、ボディ内手振れ補正
があって拡大表示ができるEVFを持つこの機種一択でしたが正解でした。

今回の使用レンズ
EF400F5.6L
EF100F2.8L ISマクロ

参考になった57人(再レビュー後:20人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

α7R II ILCE-7RM2 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

α7R II ILCE-7RM2 ボディ
SONY

α7R II ILCE-7RM2 ボディ

最安価格(税込):¥173,800発売日:2015年 8月 7日 価格.comの安さの理由は?

α7R II ILCE-7RM2 ボディをお気に入り製品に追加する <1587

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意