『BMWブランド初の7人乗り“ミニバン”』 BMW 2シリーズ グランツアラー 2015年モデル 松下宏さんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > BMW > 2シリーズ グランツアラー 2015年モデル

『BMWブランド初の7人乗り“ミニバン”』 松下宏さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

2シリーズ グランツアラー 2015年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:510件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者などを経て自動車評論家として独立。クルマそのものより、クルマとクルマに関係する経済的な話題に詳しい評論家を自負するとともに、安全性の追求についても一家言を持つ。クルマ雑誌各誌…続きを読む

満足度3
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費3
価格2

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

BMWブランド初の7人乗り“ミニバン”

BMW2シリーズグランツアラーは、2シリーズアクティブツアラーに続いて登場したBMWブランドのFF系モデルの第二弾だ。

今はまだFF系モデルの投入が始まったばかりなので、従来のFRベースの2シリーズ(クーペ/カブリオレ)も残っているが、今後の1〜2シリーズは順次FF系のモデルに切り替わっていくことになる。

2シリーズグランツアラーには、BMWが裾野市の大野路キャンプ場や、宇都宮市の大谷博物館をベースに開催したメディア関係者向けの試乗会に出席し、用意された広報車両に試乗した。試乗したのは218dグランツアラーMスポーツと、220iグランツアラーラグジュアリーの2モデルだ。

グランツアラーはアクティブツアラーに対し、ホイールベースを110mm延長し、ボディサイズも215mm延長することで室内に3列シートを成立させたミニバンである。BMWは以前から、ミニバンタイプのモデルを否定しているようなところがあった。なので今回も7人で乗れるMPVという言い方をするなど、微妙にミニバンという呼び方を避けている。でもグランツアラーがBMW初のミニバンであるのは間違いない。

外観デザインは前から見るとアクティブツアラーと変わらない。バンパー下部に多少の違いが設けられているが、普通の人はまあ見分けがつかないだろう。全高が1645mmの背の高いパッケージングを採用したクルマなので、全体にずんぐりした印象になるのは避けられない。キドニーグリルなど、見るからにBMWのデザインであるのも同じである。

横から見ると、グランツアラーは全長の長さが貢献してアクティブツアラーに比べて伸び伸びした印象が強まっている。前後のドアノブをつなぐように走るボディサイドのプレスラインがそれを強調している。

インテリアもBMWのデザイン文法に従ったデザインとされていて、スポーティな3本スポークのステアリングホイール、高めの位置に配置されたワイドなカーナビの画面、インスト中央部をやや運転席側に傾けたドライバー・オリエンテッドのデザインなど、ほかのBMWに共通するものとされている。

グランツアラーの訴求ポイントである3列目シートは、基本的には子供用という感じながら、何とか大人も乗れるだけの空間が確保されている。2〜3列目のシートをアレンジすることで、乗員と荷物に応じた自在な使い勝手を実現できるのが特徴で、ふだんは大きなラゲッジスペースを持つステーションワゴンのような感覚で使い、いざというときに3列目も使って多人数乗車をする、そんな使い方をするクルマではないか。

BMWミニに搭載されているモジュール方式で開発された2機種のガソリンエンジンのほか、新世代のクリーンディーゼルを搭載するのも特徴だ。ディーゼル車の218dグランツアラーMスポーツは、低速域から十分なトルク感があって、スムーズかつ力強い走りを実現する。このトルク感は何ものにも変えがたい。

動力性能は110kW/330N・mの実力で、パワーに関しては2.0Lのガソリン車並みだが、トルクに関しては3.3L〜3.5L級のガソリン車に匹敵する実力だから、魅力的なトルク感を持つのは当然である。

回転の上昇もスムーズそのもので、回転数の上限は抑えられているが、そこに至るまでの時間は高回転まで回すガソリン車よりも有利なくらいである。

新世代のディーゼルエンジンらしく、振動や騒音が良く抑えられていて、同乗者がディーゼルであることに気付かないほどだった。アイドリングストップ中の社外音はそれなりに聞こえるが、走らせていたらエンジン音などでディーゼルであることを知るのは難しい。

ガソリン車は上級仕様の220iグランツアラーラグジュアリーに試乗した。直列4気筒2.0Lの直噴ターボ仕様で、141kW/280N・mの実力である。インタークーラー付きターボを装着することで、排気量は2.0Lながら動力性能は3.0Lの自然吸気エンジンに近い実力を持つ。

ディーゼルに比べると一段とスムーズな吹き上がりが軽快感を感じさせ、スポーティな走行フィールが得られるのがガソリン車の特徴だ。走りの爽快感という点で考えるとガソリン車はディーゼル車を上回っている。どちらを選ぶかは個々のユーザーの選択だが、日本では軽油代が安いので燃費と合わせてディーゼルのメリットは大きい。

ディーゼルとガソリンに共通するのは、みごなまでにFF車のクセを消したステアリングの操舵感覚だ。中にはまだFF車のクセが残ると指摘する人もいるが、日常的な走行の範囲内で目隠しテストのようなことをしたときに、それを指摘できるかどうか、少なくとも私には自信がない。それくらいにすっきりしたステアリングフィールを備えている。

いろいろな道路を走らせたのでワインディングなどでも試乗したが、操舵感覚はとてもすっきりしていて気持ち良いものだった。

試乗車の本体価格は218dグランツアラーMスポーツが426万円、220iグランツアラーラグジュアリーが448万円で、それぞれ満足できる仕様に仕上げようとすると数十万円から100万円の追加予算が必要になる。

アクティブツアラーとの価格差はグレードによって異なるが、218dグランツアラーMスポーツでは価格差が大きくて37万円高の設定となる。これだと3列シートの必要性が高い人以外はアクティブツアラーで良いのではないかという感じである。

レビュー対象車
試乗

参考になった12

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「2シリーズ グランツアラー 2015年モデル」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
上質な大人の車。買って損なし。  5 2019年4月6日 07:55
約1年経過の感想  4 2019年1月24日 11:32
家族にぴったりの車  5 2018年11月7日 11:58
家族みんなが喜ぶ輸入ミニバン  5 2018年9月5日 23:52
初めての輸入車に浮かれた3年  5 2018年8月14日 05:34
一つ一つが合格点な車  5 2018年8月12日 08:33
運転が楽で疲れない、楽しくなってきた。  5 2018年7月24日 22:26
M sports以外で評価したい  2 2018年6月25日 13:51
218i Mspo二年乗ってみて  4 2018年5月31日 09:20
我が家には理想的な車です!  5 2018年5月24日 23:37

2シリーズ グランツアラー 2015年モデルのレビューを見る(レビュアー数:46人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

2シリーズ グランツアラー 2015年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格帯を見る

2シリーズ グランツアラー
BMW

2シリーズ グランツアラー

新車価格帯:421〜528万円

中古車価格帯:178〜428万円

2シリーズ グランツアラー 2015年モデルをお気に入り製品に追加する <136

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意