『Jack of all tradeが仇になった悲運の名作』 TEAC UD-503 Bigshooterさんのレビュー・評価

2015年 6月下旬 発売

UD-503

  • デュアルモノラル構成を設計コンセプトにしたUSB DAC/ヘッドホンアンプ。
  • 旭化成エレクトロニクス製DAC「AK4490」を2基搭載することで、DSD 11.2MHz、PCM 384kHz/32bitフォーマットのネイティブ再生に対応。
  • アナログ出力回路は、電流伝送強化型バッファーアンプ「TEAC-HCLD」を4回路搭載し、フルバランス/パラレル・アンバランスで駆動する。
UD-503 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

タイプ:ヘッドホンアンプ ヘッドホン端子(標準プラグ):2系統 ハイレゾ:○ UD-503のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

<お知らせ>
本製品の一部におきまして、LINE INへのアナログ信号入力時にミュート機能が誤動作することが判明いたしました。詳しくはメーカーページをご覧下さい。

  • UD-503の価格比較
  • UD-503の店頭購入
  • UD-503のスペック・仕様
  • UD-503のレビュー
  • UD-503のクチコミ
  • UD-503の画像・動画
  • UD-503のピックアップリスト
  • UD-503のオークション

UD-503TEAC

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2015年 6月下旬

  • UD-503の価格比較
  • UD-503の店頭購入
  • UD-503のスペック・仕様
  • UD-503のレビュー
  • UD-503のクチコミ
  • UD-503の画像・動画
  • UD-503のピックアップリスト
  • UD-503のオークション

『Jack of all tradeが仇になった悲運の名作』 Bigshooterさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

UD-503のレビューを書く

Bigshooterさん

  • レビュー投稿数:210件
  • 累計支持数:760人
  • ファン数:8人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドホンアンプ・DAC
4件
128件
イヤホン・ヘッドホン
31件
91件
その他オーディオ機器
6件
16件
もっと見る
満足度3
デザイン3
音質4
操作性5
機能性2
Jack of all tradeが仇になった悲運の名作

【再生環境】
PC→USB ノイズフィルター→AUDIO QUEST CARBON→UD503→X2・720PRO・RP-HD10・T 1 2nd Gen
※T 1 2nd Genはエージング途中で不安定なのでコメントは後日

【デザイン】
Esotericを模したインシュレーター等細部にこだわりを感じるが天板をたたくとポンポンと音がしたりと見えないところでの防振の徹底がされていなかったりするところが残念。
両サイドの取手はTascamのスタジオ機材を意識したものなのかこれもまた意味不明。
良きにつけ悪しきにつけTEACとしての明確なデザインの方向性が欲しいところ。

【音質】
これも変なところでコストダウンを図っているらしく電源ケーブルの質が悪く機材そのもののポテンシャルを生かし切れていない。
ピュアオーディオ用のケーブルコレクション?があるので色々組み合わせてみたところ当方のシステムではAudio Quest NRG/X3が最も相性が良かった。
WireWorldもレンジが広く悪くないがかなり大人しめの音でクラッシック向けかもしれない・・・
最終的にはAudio QuestとZonotoneに絞り込んだが
Zonotoneは色付けが濃いのでよりフラットなAudio Questを選択した。
TsunamiやCamelot Tecnologyなど大電流用は
パワーアンプには合うが情報量やバランスを優先するDACには相性が悪いのかもしれない。電源ケーブルを換装したのを機に壁コン、電源そのものも見直してみたが、ピュアオーディオと同様、上流が最も
音質に影響が大きいことが確認できた。
電源からUSB回りまですべて調整した上での話なのでデフォルトの状態からは全く違う音になってしまった感があるが、AK4490の特徴が良く出ておりVelvet Soundというネーミングどおり肌理の細かい優しい音で聴き疲れしないフラットなチューニングとなっている。
SonyやDenonのように強い個性=クセのある音ではないので再生ソフトによる音の違いやヘッドフォン、ケーブルの特徴を生かして好みの音にチューニングする楽しみがある。
@高音域 しっかり出ているがロールオフの処理が上手く刺さらないがTIのPCM1792あたりと比べると音場はやや狭く感じる。
A中音域 角がとれた厚い中音域で音像はしっかり出ているがアタック感の表現はやや苦手かもしれない。
B低音域 分厚い低音だがキレは悪くない。変な強調もない。

【操作性】
リモコンの設定が良くすこぶる便利。文句ナシ!

【機能性】
DSDダイレクト変換、フィルター選択、アップサンプリングなど盛りだくさんで楽しめるのだが・・・
反面 肝心のバランス出力の規格が6.3×2とマニアックな規格になっているのが理解に苦しむ。
せめて4ピンXLRのフロント出力があれば・・・ 残念!
505もフロント4.4mm5極か・・・
フロント6.3mmも同時出力だけでなく出力切り替えがあっても良いのではないか。
A・B・A+Bの3パターンでAかBをセレクトした場合、BTLモードに切り替わる仕様であったら文句なしだったのだが・・・

【満足度】
音質に色付けが少なく、フラットだが基本性能はしっかりしている。
数値上のスペックだけでなく、バランス端子などユ-ザ-視点に立った規格を採用していれば大ヒット作たりえるポテンシャルを持っていたのではないだろうか・・・

参考になった8人(再レビュー後:8人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度3
デザイン3
音質4
操作性5
機能性2
Jack of all tradeが仇になった悲運の名作

【再生環境】
PC→USB ノイズフィルター→AUDIO QUEST CARBON→UD503→X2・720PRO・RP-HD10・T 1 2nd Gen

【デザイン】
Esotericを模したインシュレーター等細部にこだわりを感じるが天板をたたくとポンポンと音がしたりと見えないところでの防振の徹底がされていなかったりするところが残念。
両サイドの取手はTascamのスタジオ機材を意識したものなのかこれもまた意味不明。
良きにつけ悪しきにつけTEACとしての明確なデザインの方向性が欲しいところ。

【音質】
これも変なところでコストダウンを図っているらしく電源ケーブルの質が悪く機材そのもののポテンシャルを生かし切れていない。
ピュアオーディオ用のケーブルコレクション?があるので色々組み合わせてみたところ当方のシステムではAudio Quest NRG/X3が最も相性が良かった。
WireWorldもレンジが広く悪くないがかなり大人しめの音でクラッシック向けかもしれない・・・
最終的にはAudio QuestとZonotoneに絞り込んだが
Zonotoneは色付けが濃いのでよりフラットなAudio Questを選択した。
TsunamiやCamelot Tecnologyなど大電流用は
パワーアンプには合うが情報量やバランスを優先するDACには相性が悪いのかもしれない。電源ケーブルを換装したのを機に壁コン、電源そのものも見直してみたが、ピュアオーディオと同様、上流が最も
音質に影響が大きいことが確認できた。
電源からUSB回りまですべて調整した上での話なのでデフォルトの状態からは全く違う音になってしまった感があるが、AK4490の特徴が良く出ておりVelvet Soundというネーミングどおり肌理の細かい優しい音で聴き疲れしないフラットなチューニングとなっている。
SonyやDenonのように強い個性=クセのある音ではないので再生ソフトによる音の違いやヘッドフォン、ケーブルの特徴を生かして好みの音にチューニングする楽しみがある。
@高音域 しっかり出ているがロールオフの処理が上手く刺さらないがTIのPCM1792あたりと比べると音場はやや狭く感じる。
A中音域 角がとれた厚い中音域で音像はしっかり出ているがアタック感の表現はやや苦手かもしれない。
B低音域 分厚い低音だがキレは悪くない。変な強調もない。

【操作性】
リモコンの設定が良くすこぶる便利。文句ナシ!

【機能性】
DSDダイレクト変換、フィルター選択、アップサンプリングなど盛りだくさんで楽しめるのだが・・・
反面 肝心のバランス出力の規格が6.3×2とマニアックな規格になっているのが理解に苦しむ。
せめて4ピンXLRのフロント出力があれば・・・ 残念!
505もフロント4.4mm5極か・・・
フロント6.3mmも同時出力だけでなく出力切り替えがあっても良いのではないか。
A・B・A+Bの3パターンでAかBをセレクトした場合、BTLモードに切り替わる仕様であったら文句なしだったのだが・・・

【満足度】
音質に色付けが少なく、フラットだが基本性能はしっかりしている。
数値上のスペックだけでなく、バランス端子などユ-ザ-視点に立った規格を採用していれば大ヒット作たりえるポテンシャルを持っていたのではないだろうか・・・

参考になった0

満足度3
デザイン3
音質4
操作性5
機能性2
Jack of all tradeが仇になった悲運の名作

【再生環境】
PC→USB ノイズフィルター→AUDIO QUEST CARBON→UD503
→X2・720PRO・RP-HD10・T 1 2nd Gen

【デザイン】
Esotericを模したインシュレーター等細部にこだわりを感じるが
天板をたたくとポンポンと音がしたりと見えないところでの防振
の徹底がされていなかったりするところが残念。
両サイドの取手はTascamのスタジオ機材を意識したものなの
かこれもまた意味不明。
良きにつけ悪しきにつけTEACとしての明確なデザインの方向性
が欲しいところ。

【音質】
これも変なところでコストダウンを図っているらしく電源ケーブル
の質が悪く機材そのもののポテンシャルを生かし切れていない。
ピュアオーディオ用のケーブルコレクション?があるので
色々組み合わせてみたところ当方のシステムでは
Audio Quest NRG/X3が最も相性が良かった。
WireWorldもレンジが広く悪くないがかなり大人しめの音
でクラッシック向けかもしれない・・・
最終的にはAudio QuestとZonotoneに絞り込んだが
Zonotoneは色付けが濃いのでよりフラットなAudio Quest
を選択した。
TsunamiやCamelot Tecnologyなど大電流用は
パワーアンプには合うが情報量やバランスを優先する
DACには相性が悪いのかもしれない。
電源ケーブルを換装したのを機に壁コン、電源そのもの
も見直してみたが、ピュアオーディオと同様、上流が最も
音質に影響が大きいことが確認できた。
電源からUSB回りまですべて調整した上での話なので
デフォルトの状態からは全く違う音になってしまった感が
あるが、AK4490の特徴が良く出ておりVelvet Sound
というネーミングどおり肌理の細かい優しい音で聴き疲れ
しないフラットなチューニングとなっている。
SonyやDenonのように強い個性=クセのある音ではない
ので再生ソフトによる音の違いやヘッドフォン、ケーブル
の特徴を生かして好みの音にチューニングする楽しみが
ある。
@高音域 しっかり出ているがロールオフの処理が上手く
 刺さらないがTIのPCM1792あたりと比べると音場はやや
 狭く感じる。
A中音域 角がとれた厚い中音域で音像はしっかり出ている
 がアタック感の表現はやや苦手かもしれない。
B低音域 分厚い低音だがキレは悪くない。変な強調もない。

【操作性】
リモコンの設定が良くすこぶる便利。文句ナシ!

【機能性】
DSDダイレクト変換、フィルター選択、アップサンプリング
など盛りだくさんで楽しめるのだが・・・
反面 肝心のバランス出力の規格が6.3×2とマニアックな
規格になっているのが理解に苦しむ。
せめて4ピンXLRのフロント出力があれば・・・ 残念!
505もフロント4.4mm5極か・・・
フロント6.3mmも同時出力だけでなく出力切り替えがあっても
良いのではないか。
A・B・A+Bの3パターンでAかBをセレクトした場合、BTLモード
に切り替わる仕様であったら文句なしだったのだが・・・

【満足度】
音質に色付けが少なく、フラットだが基本性能はしっかりして
いる。
基本スペックだけでなく、時代の求める最新の規格を満たして
いれば名作たりえるポテンシャルを持っていたのではない
だろうか・・・

参考になった0

満足度3
デザイン3
音質4
操作性5
機能性2
Jack of all tradeが仇になった悲運の名作

【デザイン】
Esotericを模したインシュレーター等細部にこだわりを感じるが
天板をたたくとポンポンと音がしたりと見えないところでの防振
の徹底がされていなかったりするところが残念。
両サイドの取手はTascamのスタジオ機材を意識したものなの
かこれもまた意味不明。
良きにつけ悪しきにつけTEACとしての明確デザインの方向性
が欲しいところ。

【音質】
これも変なところでコストダウンを図っているらしく電源ケーブル
の質が悪く機材そのもののポテンシャルを生かし切れていない。
ピュアオーディオ用のケーブルコレクション?があるので
色々組み合わせてみたところ当方のシステムでは
Audio Quest NRG/X3が最も相性が良かった。
WireWorldもレンジが広く悪くないがかなり大人しめの音
でクラッシック向けかもしれない・・・
最終的にはAudio QuestとZonotoneに絞り込んだが
Zonotoneは色付けが濃いのでよりフラットなAudio Quest
を選択した。
TsunamiやCamelot Tecnologyなど大電流用は
パワーアンプには合うが情報量やバランスを優先する
DACには相性が悪いのかもしれない。
電源ケーブルを換装したのを機に壁コン、電源そのもの
も見直してみたが、ピュアオーディオと同様、上流が最も
音質に影響が大きいことが確認できた。
電源からUSB回りまですべて調整した上での話なので
デフォルトの状態からは全く違う音になってしまった感が
あるが、AK4490の特徴が良く出ておりVelvet Sound
というネーミングどおり肌理の細かい優しい音で聴き疲れ
しないフラットなチューニングとなっている。
SonyやDenonのように強い個性=クセのある音ではない
ので再生ソフトによる音の違いやヘッドフォン、ケーブル
の特徴を生かして好みの音にチューニングする楽しみが
ある。
@高音域 しっかり出ているがロールオフの処理が上手く
 刺さらないがTIのPCM1792あたりと比べると音場はやや
 狭く感じる。
A中音域 角がとれた厚い中音域で音像はしっかり出ている
 がアタック感の再現はやや苦手かもしれない。
B低音域 分厚い低音だがキレは今一つ。

【操作性】
リモコンの設定が良くすこぶる便利。文句ナシ!

【機能性】
DSDダイレクト変換、フィルター選択、アップサンプリング
など盛りだくさんで楽しめるのだが・・・
反面 肝心のバランス出力の規格が6.3×2とマニアックな
規格になっているのが理解に苦しむ。
せめて4ピンXLRのフロント出力があれば・・・ 残念!
505もフロント4.4mm5極か・・・
フロント6.3mmも同時出力だけでなく出力切り替えがあっても
良いのではないか。
A・B・A+Bの3パターンでAかBをセレクトした場合、BTLモード
に切り替わる仕様であったら文句なしだったのだが・・・

参考になった0

満足度3
デザイン3
音質4
操作性5
機能性2
Jack of all tradeが仇になった悲運の名作

【デザイン】
Esotericを模したインシュレーター等細部にこだわりを感じるが
天板をたたくとポンポンと音がしたり見えないところでの防振の
徹底がされていなかったりするところが残念。
両サイドの取手はTascamのスタジオ機材を意識したものなの
かこれもまた意味不明。
良きにつけ悪しきにつけTEACとしての明確デザインの方向性
が欲しいところ。

【音質】
これも変なところでコストダウンを図っているらしく電源ケーブル
の質が悪く機材そのもののポテンシャルを生かし切れていない。
ピュアオーディオ用のケーブルコレクション?があるので
色々組み合わせてみたところ当方のシステムでは
Audio Quest NRG/X3が最も相性が良かった。
WireWorldもレンジが広く悪くないがかなり大人しめの音
でクラッシック向けかもしれない・・・
最終的にはAudio QuestとZonotoneに絞り込んだが
Zonotoneは色付けが濃いのでよりフラットなAudio Quest
を選択した。
TsunamiやCamelot Tecnologyなどで大電流用は
パワーアンプには合うが情報量やバランスを優先する
DACには相性が悪いのかもしれない。
電源ケーブルを換装したのを機に壁コン、電源そのものも
見直してみたが、ピュアオーディオと同様、上流が最も
音質に影響が大きいことが確認できた。
電源からUSB回りまですべて調整した上での話なので
デフォルトの状態からは全く違う音になってしまった感が
あるが、AK4490の特徴が良く出ておりVelvet Sound
というネーミングどおり肌理の細かい優しい音で聴き疲れ
しないフラットなチューニングとなっている。
SonyやDenonのように強い個性=クセのある音ではない
ので再生ソフトによる音の違いやヘッドフォン、ケーブル
の特徴を生かして好みの音にチューニングする楽しみが
ある。
@高音域 しっかり出ているがロールオフの処理が上手く
 刺さらないがTIのPCM1792あたりと比べると音場はやや
 狭く感じる。
A中音域 角がとれた厚い中音域で音像はしっかり出ている
 がアタック感の再現はやや苦手かもしれない。
B低音域 分厚い低音だがキレは今一つ。

【操作性】
リモコンの設定が良くすこぶる便利。文句ナシ!

【機能性】
DSDダイレクト変換、フィルター選択、アップサンプリング
など盛りだくさんで楽しめるのだが・・・
反面 肝心のバランス出力の規格が6.3×2とマニアックな
規格になっているのが理解に苦しむ。
せめて4ピンXLRのフロント出力があれば・・・ 残念!
505もフロント4.4mm5極か・・・
フロント6.3mmも同時出力だけでなく出力切り替えがあっても
良いのではないか。
A・B・A+Bの3パターンでAかBをセレクトした場合、BTLモード
できるとかだったら文句なしだったのだが・・・

参考になった0

「UD-503」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
兎に角、繋いだら音が良くなるってことでは無いです。  4 2020年6月15日 18:09
久々のPCオーディオ  5 2020年5月27日 21:38
アクティブGNDの素晴らしさ  5 2020年3月16日 21:58
おとなしい音  3 2020年2月28日 15:30
操作は若干面倒なところあるが、音は上質で素性が良い。  5 2019年11月11日 23:39
Jack of all tradeが仇になった悲運の名作  3 2019年1月18日 22:36
HA-1、ESと悩んで購入しました。  5 2017年10月19日 17:00
501シリーズから503シリーズに変わる事で進歩していますね  5 2017年6月30日 23:55
エソテリック的な  5 2017年5月31日 10:52
一本化失敗  2 2017年5月11日 15:00

UD-503のレビューを見る(レビュアー数:29人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

UD-503のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

UD-503
TEAC

UD-503

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2015年 6月下旬

UD-503をお気に入り製品に追加する <173

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(ヘッドホンアンプ・DAC)

ご注意