L-590AXII レビュー・評価

2015年 6月下旬 発売

L-590AXII

  • 独自の増幅帰還回路ODNF4.0、LR独立ブロックコンデンサー、ディスクリート構成のバッファー回路などを搭載した、プリメインアンプのフラッグシップモデル。
  • アンプ回路一体型・電子制御アッテネーター新LECUA1000の搭載により、スムーズで音質劣化の少ない音量調節を実現している。
  • 視認性を高めたメーターパネルと、高応答特性の新メーターユニットを採用したLED照明付き針式アナログメーターを搭載している。
L-590AXII 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥580,000

定格出力:30W/8Ω/60W/4Ω 対応インピーダンス:8Ω/4Ω 再生周波数帯域:20Hz〜100kHz アナログ入力:4系統 L-590AXIIのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • L-590AXIIの価格比較
  • L-590AXIIの店頭購入
  • L-590AXIIのスペック・仕様
  • L-590AXIIのレビュー
  • L-590AXIIのクチコミ
  • L-590AXIIの画像・動画
  • L-590AXIIのピックアップリスト
  • L-590AXIIのオークション

L-590AXIILUXMAN

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2015年 6月下旬

  • L-590AXIIの価格比較
  • L-590AXIIの店頭購入
  • L-590AXIIのスペック・仕様
  • L-590AXIIのレビュー
  • L-590AXIIのクチコミ
  • L-590AXIIの画像・動画
  • L-590AXIIのピックアップリスト
  • L-590AXIIのオークション

L-590AXII のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:5.00
(カテゴリ平均:4.51
レビュー投稿数:6人 
  1. 4 0%
  2. 3 0%
  3. 2 0%
  4. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.85 4.36 -位
操作性 リモコンや本体の操作のしやすさ 4.06 4.14 -位
音質 臨場感、音質の良さ 5.00 4.54 -位
パワー 最大音量の大きさ 5.00 4.48 -位
機能性 機能が充実しているか 4.85 4.23 -位
入出力端子 端子の数 4.85 4.24 -位
サイズ 省スペース性・コンパクトさ 4.08 4.30 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

L-590AXIIのレビューを書く

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
画像付き
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

レビュアー情報「レベル:上級者」で絞込んだ結果 (絞込み解除

YS-2さん

  • レビュー投稿数:39件
  • 累計支持数:352人
  • ファン数:18人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
1013件
スピーカー
3件
287件
液晶テレビ・有機ELテレビ
0件
263件
もっと見る
満足度5
デザイン4
操作性2
音質5
パワー無評価
機能性4
入出力端子4
サイズ2

これは貧乏くさい…

上が狭い。

 

温度上昇。

とりあえず放熱。

 

【デザイン】価格相応。大型サイズと相まって重厚感もある。表面パネルがやや白っぽくは感じるがこれが "売り" でもある。ゴールドにするとアキュフェーズっぽくなってしまうからかもしれない。メーター照度がやや暗い。照度調整 (ON OFF は出来る) まで付けろとは言わないが、明るい部屋では目立たない為、多少遠くからでも電源が入っているのか否か判る程度の明るさは欲しい。

【操作性】ボリュームノブのグラ付きは無く◎。ボリューム、インプットセレクター共に回した感触も◎ (E-470は感触も劣っていて、グラ付いていてガッカリした) 。本体の操作SWを減らす為か、リモコンでしか出来ない内容もあるが基本的には妥当。但し、リモコンのサイズは中途半端な幅で、もう少し細身の方が握りやすい。

【音質】昨年春に4429にE-470を繋いだが、低域の緩さが気になり出した。そこでその部分の改善に年末に805D3に代替。すると今度は高域がキツ過ぎて (聴き疲れ感有り) 違う悩みが発生。お店に相談するとこれを勧められ、試聴の結果、聴き疲れ感や低域の不足感もそれなりに改善出来そうだったので思い切って代替。805D3との相性も悪くない。そこそこ低域も出る。好みの女性ヴォーカルもすんなり聴ける。Jazzも◎。如何せんSPがこれなので、交響曲はそれなりか…。

【パワー】A級 30W+30W 十分。

【機能性】プリ&パワーセパレート、サブソニック、ラインストレートも有って◎。十分な装備。

【入出力端子】空があると、つい、埋めたくなる性格としては多過ぎ。カセットやMDが有った時はそれなりに繋いだだろうが、今時更に繋ぐとすればネットワークプレーヤー程度かも。皆さんはどの程度埋めているか訊きたい (笑い) 。
バランス端子は2組あって◎。所有するCDPのバランス出力が2番ホットなのでフェーズインバーターSWは必須装備だったが、これも付いていて良かった。プリとメインの入出力もバランス端子だったら言う事無し (E-470はRCAと両方装備していた) 。
スピーカー端子が横一直線なのはバイワイヤーの際は繋ぎやすいだろう。E-470は上下で大型Yプラグ類はぶつかる可能性有り。

【サイズ】妥当。でも重過ぎる。腰に持病がある私は絶対に怖くて持てない。

【総評】トータルで考えて代替して正解。石B級、球セパレートと来て、石A級と初めてのA級アンプ。それぞれのアンプについてはSPもそれぞれ違っていたので一概には言えないが、元からデノン、マランツは眼中に無く、これに落ち着いた感あり。E-470購入の際E-600も聴き比べたが、今にして思えばA級のE-600はもっと特に高域がうるさかった。やはりアキュフェーズはプリメインではなく、セパレートの木箱に取っ手付きじゃないと駄目なのかも…。
私的には、俗に言うアキュフェーズサウンドよりはラックストーンが合っていた様です。特に新型B&Wを検討されている方は是非アキュフェーズとラックスを比較検討されることを推奨します。
但し、発熱は凄い。ラックの直上の棚板までの間隔が6cm、更にその上は14cmの空間があるが、何もしないと直に50℃を超えてしまう。今はPC用の極静音ファンを2連装で放熱中。このお陰で35℃程度までは下がるが、アンプ本体内部はそのままなので、ラックの長いタイプの支柱を追加で発注。これでアンプ真上は14cm程度は嵩上げ出来るが、夏場はどうなる事やら。

今時の国内メーカーで、SPとの相性が合えば二桁以内のそれなりのプリメインアンプではお勧めできます。

レベル
上級者

参考になった28

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!
 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

L-590AXIIのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

L-590AXII
LUXMAN

L-590AXII

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2015年 6月下旬

L-590AXIIをお気に入り製品に追加する <69

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(プリメインアンプ)

ご注意