『これから活動量計を発売するメーカーにとっての最低基準』 Fitbit Fitbit charge HR Lサイズ [ブラック] kakaku.gazerさんのレビュー・評価

Fitbit charge HR Lサイズ [ブラック] 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:¥―

タイプ:リストバンド型 搭載センサー:加速度センサー Fitbit charge HR Lサイズ [ブラック]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Fitbit charge HR Lサイズ [ブラック]の価格比較
  • Fitbit charge HR Lサイズ [ブラック]のスペック・仕様
  • Fitbit charge HR Lサイズ [ブラック]のレビュー
  • Fitbit charge HR Lサイズ [ブラック]のクチコミ
  • Fitbit charge HR Lサイズ [ブラック]の画像・動画
  • Fitbit charge HR Lサイズ [ブラック]のピックアップリスト

Fitbit charge HR Lサイズ [ブラック]Fitbit

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2015年 4月24日

  • Fitbit charge HR Lサイズ [ブラック]の価格比較
  • Fitbit charge HR Lサイズ [ブラック]のスペック・仕様
  • Fitbit charge HR Lサイズ [ブラック]のレビュー
  • Fitbit charge HR Lサイズ [ブラック]のクチコミ
  • Fitbit charge HR Lサイズ [ブラック]の画像・動画
  • Fitbit charge HR Lサイズ [ブラック]のピックアップリスト

『これから活動量計を発売するメーカーにとっての最低基準』 kakaku.gazerさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

Fitbit charge HR Lサイズ [ブラック]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:39人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

音楽ソフト(DTM・ボカロ)
0件
3件
電子メモ帳
0件
2件
タブレットPC
0件
1件
もっと見る
満足度4
デザイン4
操作性4
機能性5
サイズ・装着感5
バッテリー無評価
これから活動量計を発売するメーカーにとっての最低基準

【デザイン】
見た目は悪くないと思います。
長袖にひっかかるので、もう少し流線型ならもっと良かったです。


【使いやすさ】
携帯電話との同期はアプリを開くと自動的に行われるので、とても簡単です。
FREETELの雅を使っていますが、相性問題は出ていません。

実用性に問題が出るようなものではありませんが、携帯アプリにはところどころ軽い不具合や日本語訳におかしなところがあります。
グラフが更新されないのは代表的な不具合でしょう。更新させるにはちょっとコツがあるのですが・・・普通に見られるように直してもらいたいものです。

不具合なのか単に緩んだからなのか、一晩分の心拍数データが同期されなかったことがありました(その時、睡眠時間は記録されていました)。

また、食事のカロリーの入力は、カロリーのみの入力も可能ですが、食品とそのカロリーを1度入力し、2度目からは選択できる方式になっています。
日本で販売されている食品やお菓子のカロリーのデータベースが付いていたら楽ですが、それは高望みでしょうか。

≪再レビュー(2/14):右上の虫眼鏡をタッチすると誰かが入力した事がある食品を検索できるようです。しかし、毎回検索しなければならないので、次からタッチだけで入力できるように結局「カスタム食品を追加」で登録しています。≫

栄養成分表示で脂肪分はグラムで記載されていますが、カロリーで入力しなければならないため、1g=9kcalの計算がやや手間です。
また、各数値は整数でしか入力できないため、栄養成分表示の数字を適当に切り上げや切り捨てをすることになります。
ここは改善してもらいたいところです。

食事の入力は手間がかかりますが、摂取カロリーと消費カロリーが把握できると、節制や運動の動機付けになるため、ぜひ活用したい機能です。

積極的にバージョンアップされているようなので、そのうち良くなると期待しています。


【機能性】
計測されている項目で直接見られる数値は、歩数、心拍数のみ。
この他に加速度、高度が計測され、歩行等による移動距離、消費カロリー、階段の階数、アクティブな時間、睡眠時間、目覚めた回数、寝返り回数、安静時心拍数として見る事が出来ます。

階段の階数はかなり多めに出ました。たぶん、坂も階段として認識されているのではないかと思います。

普段はまったく記録されないので、記録の基準がよくわかりませんが、「運動を記録」という所に休日だけ歩行と自転車が区別されて記録されていました。一定時間以上ある程度の心拍数を保つと記録されるんでしょうかねえ。

≪再レビュー(2/14):運動とみなす基準をWebで設定できるようです。≫


【携帯性】
基本的に1日中装着するので携帯性に困る事はありません。


【バッテリ】
リンクさせている携帯電話は家に置きっぱなしにして使用しましたが、丸3日から4日程度でバッテリー残量が低い事を知らせるメールが届きます。5日は持ちませんでした。
使いやすい点として挙げた携帯電話との自動的な同期が仇となっているような気がします。
1週間に1回だけ充電すれば済むようにしてもらいたいですが、毎日充電する機種と比べれば評価できる所です。


【総合】
この製品を買って満足していますが、もっと良くできるということで、4点を付けています。
睡眠時間5時間未満、食べ過ぎ、1日3000歩程度の生活をしていましたが、数字とグラフで可視化されるのは大きいです。
今日は早く寝よう、おやつは控えておこう、食べ過ぎたから帳尻を合わせるために走ってこよう、という気になります。

こういう製品はあまり運動しない私のような人が最低限の健康維持を努めるのにも役立ちます。
おすすめです。

≪再レビュー(2/14):1か月ほど使用した時点で、腕の接触する部分に赤く跡が付いてしまいましたが、1つ緩く装着するようにしたところ改善しました。運動する時以外は緩くつけておいた方が良さそうです。≫

≪再レビュー(2017/9/23):以前からバンドのゴムの劣化が始まっていましたが、ついにバンドが切れて使えなくなりました。購入から1年9か月、2年持ちませんでした。1か月あたり1000円くらいの課金サービスに置き換えて考えると、高いか安いか微妙なラインです。

新機種はバンドを交換できるので、コストパフォーマンスは改善されていますが、一方で、中国製のジェネリックFitbit的な製品が増えていて、私は使おうとは思いませんが、Fitbit社は相当厳しいと思います。

Androidアプリは、アップデートで見た目が変わった(私は前の方が好きだった)のですが、グラフが更新されにくいなどの不具合の修正はありませんでした。ずっと期待していましたので、残念です。

たぶん、Fitbitの他の機種も同じだと思いますが、Fitbit社が倒産すると、Fitbit社のサーバーが停止するので、文鎮化はしないまでも、グラフを見るなどができなくなると思われます。

品質改善の姿勢と事業の継続性も加味して、次の機種をどの会社の製品にするか考えたいと思います。

参考になった14人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
デザイン4
操作性4
機能性5
サイズ・装着感5
バッテリー無評価
これから活動量計を発売するメーカーにとっての最低基準

【デザイン】
見た目は悪くないと思います。
長袖にひっかかるので、もう少し流線型ならもっと良かったです。


【使いやすさ】
携帯電話との同期はアプリを開くと自動的に行われるので、とても簡単です。
FREETELの雅を使っていますが、相性問題は出ていません。

実用性に問題が出るようなものではありませんが、携帯アプリにはところどころ軽い不具合や日本語訳におかしなところがあります。
グラフが更新されないのは代表的な不具合でしょう。更新させるにはちょっとコツがあるのですが・・・普通に見られるように直してもらいたいものです。

不具合なのか単に緩んだからなのか、一晩分の心拍数データが同期されなかったことがありました(その時、睡眠時間は記録されていました)。

また、食事のカロリーの入力は、カロリーのみの入力も可能ですが、食品とそのカロリーを1度入力し、2度目からは選択できる方式になっています。
日本で販売されている食品やお菓子のカロリーのデータベースが付いていたら楽ですが、それは高望みでしょうか。

≪再レビュー(2/14):右上の虫眼鏡をタッチすると誰かが入力した事がある食品を検索できるようです。しかし、毎回検索しなければならないので、次からタッチだけで入力できるように結局「カスタム食品を追加」で登録しています。≫

栄養成分表示で脂肪分はグラムで記載されていますが、カロリーで入力しなければならないため、1g=9kcalの計算がやや手間です。
また、各数値は整数でしか入力できないため、栄養成分表示の数字を適当に切り上げや切り捨てをすることになります。
ここは改善してもらいたいところです。

食事の入力は手間がかかりますが、摂取カロリーと消費カロリーが把握できると、節制や運動の動機付けになるため、ぜひ活用したい機能です。

積極的にバージョンアップされているようなので、そのうち良くなると期待しています。


【機能性】
計測されている項目で直接見られる数値は、歩数、心拍数のみ。
この他に加速度、高度が計測され、歩行等による移動距離、消費カロリー、階段の階数、アクティブな時間、睡眠時間、目覚めた回数、寝返り回数、安静時心拍数として見る事が出来ます。

階段の階数はかなり多めに出ました。たぶん、坂も階段として認識されているのではないかと思います。

普段はまったく記録されないので、記録の基準がよくわかりませんが、「運動を記録」という所に休日だけ歩行と自転車が区別されて記録されていました。一定時間以上ある程度の心拍数を保つと記録されるんでしょうかねえ。

≪再レビュー(2/14):運動とみなす基準をWebで設定できるようです。≫


【携帯性】
基本的に1日中装着するので携帯性に困る事はありません。


【バッテリ】
リンクさせている携帯電話は家に置きっぱなしにして使用しましたが、丸3日から4日程度でバッテリー残量が低い事を知らせるメールが届きます。5日は持ちませんでした。
使いやすい点として挙げた携帯電話との自動的な同期が仇となっているような気がします。
1週間に1回だけ充電すれば済むようにしてもらいたいですが、毎日充電する機種と比べれば評価できる所です。


【総合】
この製品を買って満足していますが、もっと良くできるということで、4点を付けています。
睡眠時間5時間未満、食べ過ぎ、1日3000歩程度の生活をしていましたが、数字とグラフで可視化されるのは大きいです。
今日は早く寝よう、おやつは控えておこう、食べ過ぎたから帳尻を合わせるために走ってこよう、という気になります。

こういう製品はあまり運動しない私のような人が最低限の健康維持を努めるのにも役立ちます。
おすすめです。

≪再レビュー(2/14):1か月ほど使用した時点で、腕の接触する部分に赤く跡が付いてしまいましたが、1つ緩く装着するようにしたところ改善しました。運動する時以外は緩くつけておいた方が良さそうです。≫

参考になった10

満足度4
デザイン4
操作性4
機能性5
サイズ・装着感5
バッテリー無評価
これから活動量計を発売するメーカーにとっての最低基準

※計測データは携帯電話でしか見ていません

【デザイン】
見た目は悪くないと思います。
長袖にひっかかるので、もう少し流線型ならもっと良かったです。


【使いやすさ】
携帯電話との同期はアプリを開くと自動的に行われるので、とても簡単です。
FREETELの雅を使っていますが、相性問題は出ていません。

実用性に問題が出るようなものではありませんが、携帯アプリにはところどころ軽い不具合や日本語訳におかしなところがあります。
グラフが更新されないのは代表的な不具合でしょう。更新させるにはちょっとコツがあるのですが・・・普通に見られるように直してもらいたいものです。

不具合なのか単に緩んだからなのか、一晩分の心拍数データが同期されなかったことがありました(その時、睡眠時間は記録されていました)。

また、食事のカロリーの入力は、カロリーのみの入力も可能ですが、食品とそのカロリーを1度入力し、2度目からは選択できる方式になっています。
日本で販売されている食品やお菓子のカロリーのデータベースが付いていたら楽ですが、それは高望みでしょうか。

栄養成分表示で脂肪分はグラムで記載されていますが、カロリーで入力しなければならないため、1g=9kcalの計算がやや手間です。
また、各数値は整数でしか入力できないため、栄養成分表示の数字を適当に切り上げや切り捨てをすることになります。
ここは改善してもらいたいところです。

食事の入力は手間がかかりますが、摂取カロリーと消費カロリーが把握できると、節制や運動の動機付けになるため、ぜひ活用したい機能です。

積極的にバージョンアップされているようなので、そのうち良くなると期待しています。


【機能性】
計測されている項目で直接見られる数値は、歩数、心拍数のみ。
この他に加速度、高度が計測され、歩行等による移動距離、消費カロリー、階段の階数、アクティブな時間、睡眠時間、目覚めた回数、寝返り回数、安静時心拍数として見る事が出来ます。

階段の階数はかなり多めに出ました。たぶん、坂も階段として認識されているのではないかと思います。

普段はまったく記録されないので、記録の基準がよくわかりませんが、「運動を記録」という所に休日だけ歩行と自転車が区別されて記録されていました。一定時間以上ある程度の心拍数を保つと記録されるんでしょうかねえ。


【携帯性】
基本的に1日中装着するので携帯性に困る事はありません。


【バッテリ】
リンクさせている携帯電話は家に置きっぱなしにして使用しましたが、丸3日から4日程度でバッテリー残量が低い事を知らせるメールが届きます。5日は持ちませんでした。
使いやすい点として挙げた携帯電話との自動的な同期が仇となっているような気がします。
1週間に1回だけ充電すれば済むようにしてもらいたいですが、毎日充電する機種と比べれば評価できる所です。


【総合】
この製品を買って満足していますが、もっと良くできるということで、4点を付けています。
睡眠時間5時間未満、食べ過ぎ、1日3000歩程度の生活をしていましたが、数字とグラフで可視化されるのは大きいです。
今日は早く寝よう、おやつは控えておこう、食べ過ぎたから帳尻を合わせるために走ってこよう、という気になります。

こういう製品はあまり運動しない私のような人が最低限の健康維持を努めるのにも役立ちます。
おすすめです。

参考になった4

あなたのレビューを投稿しませんか?

Fitbit charge HR Lサイズ [ブラック]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Fitbit charge HR Lサイズ [ブラック]
Fitbit

Fitbit charge HR Lサイズ [ブラック]

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2015年 4月24日

Fitbit charge HR Lサイズ [ブラック]をお気に入り製品に追加する <103

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

monoka
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(ウェアラブル端末・スマートウォッチ)

ご注意