『コンパクト且つ広大な荷室』 ホンダ シャトル ハイブリッド 2015年モデル クールギンさんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > ホンダ > シャトル ハイブリッド 2015年モデル

『コンパクト且つ広大な荷室』 クールギンさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

シャトル ハイブリッド 2015年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:124人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
2件
179件
デジタル一眼カメラ
2件
107件
自動車(本体)
1件
4件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能3
乗り心地5
燃費5
価格4
コンパクト且つ広大な荷室

センターコンソールのドリンクホルダー。がっしりと安定してます。

リアのドリンクホルダー。ベンチシート用のを使用

トノカバーをして助手席側だけ倒すと,ちょっとした仮眠室ができます

車体後部に頭を向け上を向くと空が見えます(下はトノカバー有り遮光率はまずまず)

改めて見るとたしかに結構横になってるのがわかります

赤城山にて。青空が写り込むと丁度いいパープル加減に見えます

正直車遍歴は胸を張れるレベルではないと思っていますが、ど素人なりの感想もありだろうとペンをとりました
二代目フィットに6年乗ってからの乗り換えとなります、用途は通勤と旅行メインで車中泊などもこなしてました
車中泊でもう少し広い荷室が欲しくなってシャトルの購入に踏み切りました。一応1000qほど乗ってみて、遠出もしたので、ここらでレビューしてみたいとおもいます

【エクステリア】
二代目フィットのデザインであるフィットシャトルに惹かれてたので、デザイン変化は微妙な気分ではありました
でもフィット3系列のデザインではありながら、シャープなアイラインとグリルのメッキパーツのおかげで、これはこれで良いなと思えるデザインになっているとおもいます

【インテリア】
メーター部メインパネルから、センターコンソールのデザインと小物スペースの置きかたなどはHVらしい新世代的な雰囲気もあります
収納としてはアームレスト部の小物入れの中にシガー電源があるのが素晴らしいです

他方インテリアの機能性に関しては疑問符は幾つかあります。代表的なのはしばしば話題になるドリンクホルダーの減少。エアコン吹き出し口前のホルダーをなくしたのは痛いの一言です
加えてドアのスリットのドリンクホルダーも二代目フィットよりだいぶ狭くなり、上下二段あったグローブボックスも下段一段のみとなり、加えて助手席側リアシート下にあった、整備手帳入れも無くなってたりするので、こと実用的な収納スペースはかなり減ってると言わざるを得ません
荷室両サイドにかなり小さな小物入れがありますが、あのスペースになんとか整備手帳が入れば言う事はなかったのですが無理でした。あそこも何を収納するべきか不明なスペースですね。ここらへんはちょっと厳しく言及させていただきます
とくに意味不明なドライバーズボックス(?)と称するハンドル右側、エコボタンの上のスペースには何を入れるのが正解なのか、理解に苦しむところですね

【エンジン性能】【走行性能】
HVのモーターアシストと1.5リットルの排気量+7速i-DCDは全体的に滑らかな加速感を与えてくれます
ただ停止時のスタートから時速20qくらいまでの加速の間に若干のぎこちなさの様なものは感じますね
走行中もバッテリーが溜まるとアシストが入るので、排気量以上に静かな走行感覚で、家族の受けはかなり良好です
私は基本安全運転でパワー走行なんかはしないので、動力性能に関してはノーコメントとなります。日常や高速で道路の流れにのりつつ、すっと加速したいってレベルであれば「問題ない」というコメントにはなりますが。
現時点ではまだ時速105q以上は出していません。高速にはのりましたがオートクルーズもあり、今まで以上にのんびりと巡行する感じになりました

【乗り心地】
今までで一番いい乗り心地を実感しています。風切り音も非常に少なく、エンジン音もかなり静かで、逆にロードノイズが耳につくくらいです
運転席&助手席のドリンクホルダーが、縦配列で深すぎるというのがあるので、ドリンクホルダーを二つ組み合わせて左右配置に組み換えました。縦配列だとどっちにドリンクを置くか、お互い遠慮しちゃうんですよね^^;
(クチコミ「便利グッズA」にて腰痛ですUさんの書き込みを参考にしました。情報ありがとうございます)
運転席のフィッティングも良好で、ハンドル位置も174cmの私にちょうどいい感じで、長時間の運転でも疲労は少ないですね
リアシートの居住性は高く、足元の余裕と背もたれの角度(ギリギリでリラックス可能な範囲)にアームレストは非常に評判よかったです
加えてちょっとしたお土産や上着なんかをマルチユースバスケットに置けるので、リアシートの実用性はかなり高いとおもいます
ただ、リアシート側でもドリンクホルダー問題があり、うちではベンチシート用ドリンクホルダーを購入して使ってます※写真参照

【燃費】
平均時速19〜21程度の片道16qの通勤路。暖機運転をしっかりやった上で表示燃費リッター21.5q、満タン法でリッター20.5qとリッター20qを超えてくれたので一応御の字です
当初、高速での往復のさい、行きはecoオンでリッター23.5帰りはecoオフで26.0となったのが疑問でしたが
渋滞に備えてバッテリーを溜める傾向のecoオンモードと、充電したらすぐにアシスト放電するecoオフという、ホンダのHVシステムを理解していくと、なるほどと思いなおして、燃費改善の工夫を繰り返してる日々です

【価格】
コストパフォーマンスはかなりいいのではないでしょうか?
シャトルのガソリン車が169万円、シャトルHVのベースグレードが199万円なので、差額30万円。年間一万q以上乗り、かつ長くのるつもりならその差は埋まるかと思います
あとは装備の差を格グレードで比較すれば良いだけですので、うちはその辺を考慮してXが丁度良いと思って購入に踏みきりました

【総評】
運転席周りの収納関係に多少の疑問符はありますが、、全体的によくまとまった良い車だと思います
まだ車中泊はできていないのですが、車中泊での実用性はかなり高いように思います
特にトノカバーが素晴らしく、荷台を助手席側だけ倒して、トノカバー使うと、ちょっとした仮眠室を簡単に作ることができます
トノカバーの遮光性もそこそこあるので(写真参照)、仮眠程度ならそのまま使えそうですし、もう少し暗くしたいならトノカバーの上にバスタオルでも広げればホントに真っ暗にできます
おまけに、後部に頭を向けて上を見上げると窓が真上に広がっており、星などを見ることもできそうです
荷台は前から後にかけて若干の傾斜があり、頭を後にするとちょっと頭が下がる事になりますが、厚めの枕やクッションで十分対応可能に思います(ここらへんは人それぞれですが)
これから冬場になると車中泊も厳しくなりますので、春先にでも車中泊をしたなら、改めてレビューを追加したいとおもいます

乗車人数
3人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
エコ
価格
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2015年10月
購入地域
千葉県

新車価格
219万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
5万円

シャトル ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「シャトル ハイブリッド 2015年モデル」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

シャトル ハイブリッド 2015年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格を見る

シャトル ハイブリッド
ホンダ

シャトル ハイブリッド

新車価格:215〜277万円

中古車価格:52〜268万円

シャトル ハイブリッド 2015年モデルをお気に入り製品に追加する <392

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

SHUTTLE(シャトル)ハイブリッドの中古車 (906物件)

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意