『開放からシャープ、驚異の最短撮影距離、手ぶれ補正付、小型軽量』 パナソニック LUMIX G 42.5mm/F1.7 ASPH./POWER O.I.S. H-HS043-K [ブラック] blackfacesheepさんのレビュー・評価

2015年 4月23日 発売

LUMIX G 42.5mm/F1.7 ASPH./POWER O.I.S. H-HS043-K [ブラック]

  • 被写体を印象的にとらえる美しいボケ味の中望遠ポートレートレンズ(マイクロフォーサーズシステム用交換レンズ)。
  • 単焦点だから実現した開放F1.7の大口径により美しいボケ味で被写体を印象的にとらえ、夕暮れや薄暗い屋内でも美しい描写を実現する。
  • 最短撮影距離が31cmのため、印象的なクローズアップ撮影が可能。240fps駆動の高速AFに対応し、光学式手ブレ補正「POWER O.I.S.」を搭載。
LUMIX G 42.5mm/F1.7 ASPH./POWER O.I.S. H-HS043-K [ブラック] 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥24,770

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥17,980 (4製品)


価格帯:¥24,770〜¥40,244 (25店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥50,000

店頭参考価格帯:¥24,770 〜 ¥37,480 (全国4店舗)最寄りのショップ一覧

レンズタイプ:単焦点 焦点距離:42.5mm 最大径x長さ:55x50mm 重量:130g 対応マウント:マイクロフォーサーズマウント系 LUMIX G 42.5mm/F1.7 ASPH./POWER O.I.S. H-HS043-K [ブラック]のスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • LUMIX G 42.5mm/F1.7 ASPH./POWER O.I.S. H-HS043-K [ブラック]の価格比較
  • LUMIX G 42.5mm/F1.7 ASPH./POWER O.I.S. H-HS043-K [ブラック]の中古価格比較
  • LUMIX G 42.5mm/F1.7 ASPH./POWER O.I.S. H-HS043-K [ブラック]の買取価格
  • LUMIX G 42.5mm/F1.7 ASPH./POWER O.I.S. H-HS043-K [ブラック]の店頭購入
  • LUMIX G 42.5mm/F1.7 ASPH./POWER O.I.S. H-HS043-K [ブラック]のスペック・仕様
  • LUMIX G 42.5mm/F1.7 ASPH./POWER O.I.S. H-HS043-K [ブラック]のレビュー
  • LUMIX G 42.5mm/F1.7 ASPH./POWER O.I.S. H-HS043-K [ブラック]のクチコミ
  • LUMIX G 42.5mm/F1.7 ASPH./POWER O.I.S. H-HS043-K [ブラック]の画像・動画
  • LUMIX G 42.5mm/F1.7 ASPH./POWER O.I.S. H-HS043-K [ブラック]のピックアップリスト
  • LUMIX G 42.5mm/F1.7 ASPH./POWER O.I.S. H-HS043-K [ブラック]のオークション

LUMIX G 42.5mm/F1.7 ASPH./POWER O.I.S. H-HS043-K [ブラック]パナソニック

最安価格(税込):¥24,770 (前週比:±0 ) 発売日:2015年 4月23日

  • LUMIX G 42.5mm/F1.7 ASPH./POWER O.I.S. H-HS043-K [ブラック]の価格比較
  • LUMIX G 42.5mm/F1.7 ASPH./POWER O.I.S. H-HS043-K [ブラック]の中古価格比較
  • LUMIX G 42.5mm/F1.7 ASPH./POWER O.I.S. H-HS043-K [ブラック]の買取価格
  • LUMIX G 42.5mm/F1.7 ASPH./POWER O.I.S. H-HS043-K [ブラック]の店頭購入
  • LUMIX G 42.5mm/F1.7 ASPH./POWER O.I.S. H-HS043-K [ブラック]のスペック・仕様
  • LUMIX G 42.5mm/F1.7 ASPH./POWER O.I.S. H-HS043-K [ブラック]のレビュー
  • LUMIX G 42.5mm/F1.7 ASPH./POWER O.I.S. H-HS043-K [ブラック]のクチコミ
  • LUMIX G 42.5mm/F1.7 ASPH./POWER O.I.S. H-HS043-K [ブラック]の画像・動画
  • LUMIX G 42.5mm/F1.7 ASPH./POWER O.I.S. H-HS043-K [ブラック]のピックアップリスト
  • LUMIX G 42.5mm/F1.7 ASPH./POWER O.I.S. H-HS043-K [ブラック]のオークション

『開放からシャープ、驚異の最短撮影距離、手ぶれ補正付、小型軽量』 blackfacesheepさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

LUMIX G 42.5mm/F1.7 ASPH./POWER O.I.S. H-HS043-K [ブラック]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:68件
  • 累計支持数:2176人
  • ファン数:155人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
16件
1020件
レンズ
44件
251件
デジタルカメラ
3件
27件
もっと見る
満足度5
操作性5
表現力5
携帯性5
機能性5
開放からシャープ、驚異の最短撮影距離、手ぶれ補正付、小型軽量
当機種中望遠らしいさりげない圧縮効果です
当機種ハーフマクロ並みに寄れる近接撮影能力が魅力です
当機種F1.7と開放値が明るく、暗い室内ではありがたいです

中望遠らしいさりげない圧縮効果です

ハーフマクロ並みに寄れる近接撮影能力が魅力です

F1.7と開放値が明るく、暗い室内ではありがたいです

当機種妙なパースが付かないので、四角いものを四角に撮れます
当機種被写体から距離を置いて撮れるので、ストリートスナップにも向いています
当機種癖のないボケ、豊かなトーン、価格以上の値打ちがあります

妙なパースが付かないので、四角いものを四角に撮れます

被写体から距離を置いて撮れるので、ストリートスナップにも向いています

癖のないボケ、豊かなトーン、価格以上の値打ちがあります

かつて使っていた中望遠レンズのM.Zuiko 45mm/F1.8が、相方の専用レンズとなってしまい、私が常用できる中望遠レンズがなくなってしまいました。
Lumix GM5をサブカメラとして浸かっているので、手ぶれ補正の付いたこのレンズを手に入れることにしました。

この2本、とてもよく似ていますが、焦点距離と開放F値が微妙に違い、描写も微妙に違います・・・下記に詳述していきます。

【操作性】
手ぶれ補正スイッチやAF/MFスイッチもなく、とてもシンプルで簡単に使えます。

【表現力】
このレンズもM.Zuiko 45mm/F1.8同様、絞開放から躊躇なく使えるシャープな画質です。
しかし最短撮影距離はより短く、最短撮影距離は31cmとなり、撮影倍率は0.4倍と、ほぼハーフマクロ的に使えます。

ただ、点光源を撮った時に、絞開放でも丸ボケが真円にならず、七角形っぽくなるときがあります。
被写体と背景の点光源の距離に依存するようで、あまりに気にならない時もありますが、点光源の丸ボケはM.Zuiko 45mm/F1.8の方が魅力的です。

とは言え、大きなボケを撮りたいときにはお勧めのレンズです。
m4/3はセンサーサイズが小さいので、なかなかボケ写真を撮るのが難しい、と言う意見があるようですが、有効径の大きなレンズを使えば、ボケ写真もきれいに撮れます。

この42.5oは有効径が42.5/1.7=25と大きく、フルサイズ機の暗い標準ズームレンズより大きな有効径となっており、より大きなボケを得られます。
小さなマイクロフォーサーズのカメラなのに、大きなフルサイズ機より大きなボケを楽しめるのは楽しいです。
詳しくは下記の私のブログエントリをご覧ください。
「マイクロフォーサーズはフルサイズの夢を見るか?」http://blackface.exblog.jp/21929439/

【携帯性】
M.ZUIKO 45mm/F1.8より、やや太く重いですが、体感できるほどではなく、十分に軽量コンパクトと言えます。
しかし、35mmフルフレーム機の中望遠レンズに比べれば圧倒的に小型軽量です。

私はニコンフルフレーム機のレンズも使っておりますが、このレンズと同画角のAi Nikkor 85mm F1.4Sは620gもあります。
それにひきかえ、このLUMIX G 42.5mm/F1.7はたった130gです。

Lumix GM5本体(211g)、広角レンズのLumix G 14mm F2.5(55g)、標準レンズのLeica DG Summilux 25/1.4(200g)、さらにこのレンズを加えても合計596gです。
ボケの大きさに目をつむることさえできれば、小型軽量なシステムが構築できてしまいます。

【機能性】
レンズに手ぶれ補正機能が付いているのが、M.ZUIKO 45mm/F1.8との違いです。
私が新たに手に入れたLumix GM5はボディ内に手ぶれ補正機能が付いていないので、暗所で撮影する際に楽です。
パナソニック製の新しいカメラなら、Dual I.S.が使用可能となり、さらに手振れに強くなります。
AFは静かで早く、正確です。

【総評】
M.ZUIKO 45mm/F1.8の良いライバルです。
レンズキットで購入した方には、ぜひ追加購入をお勧めしたい単焦点レンズです。
ズームレンズでは描写できない、豪快なボケが楽しめます。

豪快なボケと言っても、35mm判フルフレーム機の豪快なボケには到底かなわないささやかな豪快さではあります。
とは言え、私が中望遠レンズに期待することの80%はこの42.5mmでできてしまうのも事実です。

さて、最近はLumix GM5を持ち出す時は、この42.5mmとLumix G 20mm/F1.7の2本を持って出かけることが多くなりました。
コンデジ並みサイズのLumix GM5の機動性を活かすには最高の組合せです。
小型軽量な機材なのに、撮れる写真はコンデジやスマホのそれとは次元が違います。
大きな機材を持っていくのは辛いけれど、自分が満足できるクォリティの写真を撮りたいときには、絶好の組み合わせだと思います。

なお、ここに添付した作例は、私の好みで3:2にトリミングし、周辺減光を盛っているものが多いです。
このレンズは確かに絞り開放では多少周辺減光しますが、こんなにビネットすることはありません。

また、このレンズで撮った作例は、ここに上げた以外にも下記の私のブログに置いてあります。
ご興味があればご覧になってください。

カラー写真ブログ:http://blackface2.exblog.jp/tags/LUMIX%20G%2042.5mm%252FF1.7%20ASPH/
モノクローム写真ブログ:https://nobssoliloquy.exblog.jp/tags/Lumix%20G%2042.5mm%252FF1.7%20ASPH/

比較製品
オリンパス > M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 [シルバー]
レベル
アマチュア
主な被写体
風景
子供・動物
夜景
室内
その他

参考になった76人(再レビュー後:19人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
操作性5
表現力4
携帯性4
機能性5
開放からシャープ、驚きの最短撮影距離、手ぶれ補正付、小型軽量
当機種35o判換算で85o、意外に広く写る中望遠レンズです
当機種街中スナップをする際も、被写体から距離をとれるので使いやすい画角です
当機種最短撮影距離が31pと短く、ハーフマクロ的に使えます

35o判換算で85o、意外に広く写る中望遠レンズです

街中スナップをする際も、被写体から距離をとれるので使いやすい画角です

最短撮影距離が31pと短く、ハーフマクロ的に使えます

当機種ボケにくいと言われるマイクロフォーサーズでも、それなりにボケます
当機種ボケ味もきれいで、スムーズにボケていきます
当機種明るくて寄れるレンズなので、室内でも重宝します

ボケにくいと言われるマイクロフォーサーズでも、それなりにボケます

ボケ味もきれいで、スムーズにボケていきます

明るくて寄れるレンズなので、室内でも重宝します

購入してから1年ほど経過したので、再レビューさせていただきます。

購入の動機は、かつて使っていた中望遠レンズのM.Zuiko 45mm/F1.8が、相方の専用レンズとなってしまい、私が常用できる中望遠レンズがなくなってしまったからです。^
たまたま、昨秋にLumix GM5をサブカメラとして購入したため、手ぶれ補正の付いたこのレンズを手に入れることにしました。

この2本、とてもよく似ていますが、焦点距離と開放F値が微妙に違い、描写も微妙に違います・・・下記に詳述していきます。

【操作性】
手ぶれ補正スイッチやAF/MFスイッチもなく、とてもシンプルで簡単に使えます。

【表現力】
このレンズもM.Zuiko 45mm/F1.8同様、絞開放から躊躇なく使えるシャープな画質です。
しかし最短撮影距離はより短く、最短撮影距離は31cmとなり、撮影倍率は0.4倍と、ほぼハーフマクロ的に使えます。

ただ、点光源を撮った時に、絞開放でも丸ボケが真円にならず、七角形っぽくなるときがあります。
被写体と背景の点光源の距離に依存するようで、あまりに気にならない時もありますが、点光源の丸ボケはM.Zuiko 45mm/F1.8の方が魅力的です。

とは言え、大きなボケを撮りたいときにはお勧めのレンズです。
m4/3はセンサーサイズが小さいので、なかなかボケ写真を撮るのが難しい、と言う意見があるようですが、有効径の大きなレンズを使えば、ボケ写真もきれいに撮れます。

この42.5oは有効径が42.5/1.7=25と大きく、フルサイズ機の暗い標準ズームレンズより大きな有効径となっており、より大きなボケを得られます。
小さなマイクロフォーサーズのカメラなのに、大きなフルサイズ機より大きなボケを楽しめるのは楽しいです。
詳しくは下記の私のブログエントリをご覧ください。
「マイクロフォーサーズはフルサイズの夢を見るか?」http://blackface.exblog.jp/21929439/

【携帯性】
M.ZUIKO 45mm/F1.8より、やや太く重いですが、体感できるほどではなく、十分に軽量コンパクトと言えます。
しかし、35mmフルフレーム機の中望遠レンズに比べれば圧倒的に小型軽量です。

私はニコンフルフレーム機ユーザーでもありますが、例えばAF-S NIKKOR 85mm f/1.4Gは595gあります。
それにひきかえ、このLUMIX G 42.5mm/F1.7はたった130gです。

Lumix GM5本体(211g)、広角レンズのLumix G 14mm F2.5(55g)、標準レンズのLeica DG Summilux 25/1.4(200g)、さらにこのレンズを加えても合計596gです。
ボケの大きさに目をつむることさえできれば、小型軽量なシステムが構築できてしまいます。

【機能性】
レンズに手ぶれ補正機能が付いているのが、M.ZUIKO 45mm/F1.8との違いです。
私が新たに手に入れたLumix GM5はボディ内に手ぶれ補正機能が付いていないので、暗所で撮影する際に楽です。
パナソニック製の新しいカメラなら、Dual I.S.が使用可能となり、さらに手振れに強くなります。
AFは静かで早く、正確です。

【総評】
M.ZUIKO 45mm/F1.8の良いライバルです。
レンズキットで購入した方には、ぜひ追加購入をお勧めしたい単焦点レンズです。
ズームレンズでは描写できない、豪快なボケが楽しめます。

豪快なボケと言っても、35mm判フルフレーム機の豪快なボケには到底かなわないささやかな豪快さではあります。
とは言え、私が中望遠レンズに期待することの80%はこの42.5mmでできてしまうのも事実です。

さて、最近はLumix GM5を持ち出す時は、この42.5mmとLumix G 20mm/F1.7の2本を持って出かけることが多くなりました。
コンデジ並みサイズのLumix GM5の機動性を活かすには最高の組合せです。
小型軽量な機材なのに、撮れる写真はコンデジやスマホのそれとは次元が違います。
大きな機材を持っていくのは辛いけれど、自分が満足できるクォリティの写真を撮りたいときには、絶好の組み合わせだと思います。

なお、ここに添付した作例は、私の好みで3:2にトリミングし、周辺減光を盛っているものが多いです。
このレンズは確かに絞り開放では多少周辺減光しますが、こんなにビネットすることはありません。

また、このレンズで撮った作例は、ここに上げた以外にも下記の私のブログに置いてあります。
ご興味があればご覧になってください。

新ブログ:http://blackface2.exblog.jp/tags/LUMIX%20G%2042.5mm%252FF1.7%20ASPH/
旧ブログ:http://blackface.exblog.jp/tags/LUMIX%20G%2042.5mm%252FF1.7%20ASPH/

比較製品
オリンパス > M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 [シルバー]
レベル
アマチュア
主な被写体
風景
子供・動物
夜景
室内
その他

参考になった22

満足度5
操作性5
表現力4
携帯性4
機能性5
絞開放からシャープ、驚異の最短撮影距離、小型軽量で使いやすい
当機種小さなモッコウバラでも、ここまで寄れます
当機種望遠と言っても中望遠の画角は意外に広く、作画しやすいです
当機種手ぶれ補正付きなので、雨の中で傘をさしながら片手撮影してもぶれにくいです

小さなモッコウバラでも、ここまで寄れます

望遠と言っても中望遠の画角は意外に広く、作画しやすいです

手ぶれ補正付きなので、雨の中で傘をさしながら片手撮影してもぶれにくいです

当機種F1.7 と明るいので、室内でも使いやすいです
当機種前ボケはこんな感じ・・・さほどうるさくありません
当機種35mm判フルフレームに換算すると85mm/F3.4、それなりにぼかせます

F1.7 と明るいので、室内でも使いやすいです

前ボケはこんな感じ・・・さほどうるさくありません

35mm判フルフレームに換算すると85mm/F3.4、それなりにぼかせます

購入してから半年ほど経過したので、再レビューさせていただきます。

購入の動機は、かつて使っていた中望遠レンズのM.Zuiko 45mm/F1.8が、昨年カメラ女子化した相方の専用レンズとなってしまい、私が常用できる中望遠レンズがななってしまったからです。^
たまたま、昨秋にLumix GM5をサブカメラとして購入したため、手ぶれ補正の付いたこのレンズを手に入れることにしました。

この2本、とてもよく似ていますが、焦点距離と開放F値が微妙に違い、描写も微妙に違います・・・下記に詳述していきます。

【操作性】
手ぶれ補正スイッチやAF/MFスイッチもなく、とてもシンプルで簡単に使えます。

【表現力】
このレンズもM.Zuiko 45mm/F1.8同様、絞開放から躊躇なく使えるシャープな画質です。
しかし最短撮影距離はより短く、最短撮影距離は31cmとなり、撮影倍率は0.4倍と、ほぼハーフマクロ的に使えます。

ただ、点光源を撮った時に、絞開放でも丸ボケが真円にならず、七角形っぽくなるときがあります。
被写体と背景の点光源の距離に依存するようで、あまりに気にならない時もありますが、点光源の丸ボケはM.Zuiko 45mm/F1.8の方が魅力的です。

とは言え、大きなボケを撮りたいときにはお勧めのレンズです。
m4/3はセンサーサイズが小さいので、なかなかボケ写真を撮るのが難しい、と言う意見があるようですが、有効径の大きなレンズを使えば、ボケ写真もきれいに撮れます。

この42.5oは有効径が42.5/1.7=25と大きく、フルサイズ機の暗い標準ズームレンズより大きな有効径となっており、より大きなボケを得られます。
小さなマイクロフォーサーズのカメラなのに、大きなフルサイズ機より大きなボケを楽しめるのは楽しいです。
詳しくは下記の私のブログエントリをご覧ください。
「マイクロフォーサーズはフルサイズの夢を見るか?」http://blackface.exblog.jp/21929439/

【携帯性】
M.ZUIKO 45mm/F1.8より、やや太く重いですが、体感できるほどではなく、十分に軽量コンパクトと言えます。
しかし、35mmフルフレーム機の中望遠レンズに比べれば圧倒的に小型軽量です。

私はニコンフルフレーム機ユーザーでもありますが、例えばAF-S NIKKOR 85mm f/1.4Gは595gあります。
それにひきかえ、このLUMIX G 42.5mm/F1.7はたった130gです。

Lumix GM5本体(211g)、広角レンズのLumix G 14mm F2.5(55g)、標準レンズのLeica DG Summilux 25/1.4(200g)、さらにこのレンズを加えても合計596gです。
ボケの大きさに目をつむることさえできれば、小型軽量なシステムが構築できてしまいます。

【機能性】
レンズに手ぶれ補正機能が付いているのが、M.ZUIKO 45mm/F1.8との違いです。
私が新たに手に入れたLumix GM5はボディ内に手ぶれ補正機能が付いていないので、暗所で撮影する際に楽です。
AFは静かで早く、正確です。

【総評】
M.ZUIKO 45mm/F1.8の良いライバルです。
レンズキットで購入した方には、ぜひ追加購入をお勧めしたい単焦点レンズです。
ズームレンズでは描写できない、豪快なボケが楽しめます。

豪快なボケと言っても、35mm判フルフレーム機の豪快なボケには到底かなわないささやかな豪快さではあります。
とは言え、私が中望遠レンズに期待することの80%はこの42.5mmでできてしまうのも事実です。

さて、最近はLumix GM5を持ち出す時は、この42.5mmとLumix G 20mm/F1.7の2本を持って出かけることが多くなりました。
コンデジ並みサイズのLumix GM5の機動性を活かすには最高の組合せです。
小型軽量な機材なのに、撮れる写真はコンデジやスマホのそれとは次元が違います。
大きな機材を持っていくのは辛いけれど、自分が満足できるクォリティの写真を撮りたいときには、絶好の組み合わせだと思います。

なお、ここに添付した作例は、私の好みで3:2にトリミングし、周辺減光を盛ってあります。
このレンズは確かに絞り開放では周辺減光しますが、実際にはこんなにビネットすることはありません。

また、このレンズで撮った作例は、ここに上げた以外にも下記の私のブログに置いてあります。
ご興味があればご覧になってください。

新ブログ:http://blackface2.exblog.jp/tags/LUMIX%20G%2042.5mm%252FF1.7%20ASPH/
旧ブログ:http://blackface.exblog.jp/tags/LUMIX%20G%2042.5mm%252FF1.7%20ASPH/

比較製品
オリンパス > M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 [シルバー]
レベル
アマチュア
主な被写体
風景
子供・動物
夜景
室内
その他

参考になった11

満足度5
操作性5
表現力5
携帯性5
機能性5
絞開放からシャープで、驚くほど寄れる中望遠レンズ♪
当機種Lumix GM5 & Lumix G 42.5mm/F1.7 寄れるのが楽しい中望遠です
当機種Lumix GM5 & Lumix G 42.5mm/F1.7 このレンズの最近接距離付近です
当機種Lumix GM5 & Lumix G 42.5mm/F1.7 パースを付けずに撮りたいときにも重宝します

Lumix GM5 & Lumix G 42.5mm/F1.7 寄れるのが楽しい中望遠です

Lumix GM5 & Lumix G 42.5mm/F1.7 このレンズの最近接距離付近です

Lumix GM5 & Lumix G 42.5mm/F1.7 パースを付けずに撮りたいときにも重宝します

当機種Lumix GM5 & Lumix G 42.5mm/F1.7 絞りを開けてポートレート撮影^^;
当機種Lumix GM5 & Lumix G 42.5mm/F1.7 絞開放でも玉ボケは真円になりません
当機種Lumix GM5 & Lumix G 42.5mm/F1.7 35mm判換算で85mmは使いやすい画角です

Lumix GM5 & Lumix G 42.5mm/F1.7 絞りを開けてポートレート撮影^^;

Lumix GM5 & Lumix G 42.5mm/F1.7 絞開放でも玉ボケは真円になりません

Lumix GM5 & Lumix G 42.5mm/F1.7 35mm判換算で85mmは使いやすい画角です

マイクロフォーサーズの中望遠レンズはM.Zuiko 45mm/F1.8も持っておりますが、最近カメラ女子化した相方専用となってしまいました。
この秋に私がLumix GM5をサブカメラとして購入したため、手ぶれ補正の付いた中望遠が欲しくてこのレンズを狙っていました。
最近、値段がこなれて来たので早速手に入れました。

この2本、とてもよく似ていますが、焦点距離と開放F値が微妙に違い、描写も微妙に違います・・・下記に詳述していきます。

【操作性】
手ぶれ補正スイッチやAF/MFスイッチもなく、とてもシンプルで簡単に使えます。

【表現力】
このレンズもM.Zuiko 45mm/F1.8同様、絞開放から躊躇なく使えるシャープな画質です。
しかし最短撮影距離はより短く、最短撮影距離は31cmとなり、撮影倍率は0.4倍と、ほぼハーフマクロ的に使えます。

ただ、点光源を撮った時に、絞開放でも丸ボケが真円にならず、七角形っぽくなるときがあります。
被写体と背景の点光源の距離に依存するようで、あまりに気にならない時もありますが、点光源の丸ボケはM.Zuiko 45mm/F1.8の方が魅力的です。

とは言え、大きなボケを撮りたいときにはお勧めのレンズです。
m4/3はセンサーサイズが小さいので、なかなかボケ写真を撮るのが難しい、と言う意見があるようですが、有効径の大きなレンズを使えば、ボケ写真もきれいに撮れます。

この42.5oは有効径が42.5/1.7=25と大きく、フルサイズ機の暗い標準ズームレンズより大きな有効径となっており、より大きなボケを得られます。
小さなマイクロフォーサーズのカメラなのに、大きなフルサイズ機より大きなボケを楽しめるのは楽しいです。
詳しくは下記の私のブログエントリをご覧ください。
「マイクロフォーサーズはフルサイズの夢を見るか?」http://blackface.exblog.jp/21929439/

【携帯性】
M.ZUIKO 45mm/F1.8より、やや太く重いですが、体感できるほどではなく、十分に軽量コンパクトと言えます。

【機能性】
レンズに手ぶれ補正機能が付いているのが、M.ZUIKO 45mm/F1.8との違いです。
私が新たに手に入れたLumix GM5はボディ内に手ぶれ補正機能が付いていないので、暗所で撮影する際にはより楽です。
AFは静かで早く、正確です。

【総評】
M.ZUIKO 45mm/F1.8の良いライバルです。
レンズキットで購入した方には、ぜひ追加購入をお勧めしたい単焦点レンズです。
ズームレンズでは描写できない、豪快なボケが楽しめます。

最短撮影距離が非常に短いので、ブツ撮りやフードフォトに最強ですが、ポートレートや街中スナップにも活躍します。

最近はLumix GM5を持ち出す時は、この42.5mmとLumix G 20mm/F1.7の2本を持って出かけることが多くなりました。
コンデジ並みサイズのLumix GM5の機動性を活かすには最高の組合せです。
小型軽量な機材なのに、撮れる絵はコンデジやスマホのそれとはまるで次元が違います。
大きな機材を持っていくのは辛いけれど、自分が満足できるクォリティの写真を撮りたいときには、絶好の組み合わせだと思います。

なお、ここに添付した作例は、私の好みで3:2にトリミングし、周辺減光を盛ってあります。
このレンズは確かに絞り開放では周辺減光しますが、実際にはこんなにビネットすることはありません。

また、このレンズで撮った作例は、ここに上げた以外にも下記の私のブログに置いてあります。
ご興味があればご覧になってください。
http://blackface.exblog.jp/tags/LUMIX%20G%2042.5mm%252FF1.7%20ASPH/

比較製品
オリンパス > M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8 [シルバー]
レベル
アマチュア
主な被写体
風景
子供・動物
夜景
室内
その他

参考になった24

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

LUMIX G 42.5mm/F1.7 ASPH./POWER O.I.S. H-HS043-K [ブラック]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

LUMIX G 42.5mm/F1.7 ASPH./POWER O.I.S. H-HS043-K [ブラック]
パナソニック

LUMIX G 42.5mm/F1.7 ASPH./POWER O.I.S. H-HS043-K [ブラック]

最安価格(税込):¥24,770発売日:2015年 4月23日 価格.comの安さの理由は?

LUMIX G 42.5mm/F1.7 ASPH./POWER O.I.S. H-HS043-K [ブラック]をお気に入り製品に追加する <528

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
qoo10
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[レンズ]

レンズの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(レンズ)

ご注意