マツダ ロードスター 2015年モデルレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > マツダ > ロードスター 2015年モデル

ロードスター 2015年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みグレード別にレビューを絞り込めます。モデルの絞り込みを解除すると全てのレビューが表示されます。

選択中のモデル:ロードスター 2015年モデル 絞り込みを解除する

グレード発売日発売区分レビュー件数
S 2018年7月26日 マイナーチェンジ 1人
S 2015年5月21日 フルモデルチェンジ 14人
S Leather Package 2015年5月21日 フルモデルチェンジ 12人
S Leather Package (MT) 2017年12月14日 マイナーチェンジ 1人
S Leather Package (MT) 2015年5月21日 フルモデルチェンジ 13人
S Leather Package White Selection (MT) 2021年12月16日 マイナーチェンジ 1人
S Special Package 2021年12月16日 マイナーチェンジ 1人
S Special Package 2015年5月21日 フルモデルチェンジ 14人
S Special Package (MT) 2020年12月10日 マイナーチェンジ 1人
S Special Package (MT) 2019年12月5日 マイナーチェンジ 2人
S Special Package (MT) 2018年7月26日 マイナーチェンジ 2人
S Special Package (MT) 2017年12月14日 マイナーチェンジ 2人
S Special Package (MT) 2015年5月21日 フルモデルチェンジ 33人
NR-A 2021年12月16日 マイナーチェンジ 1人
NR-A 2020年12月10日 マイナーチェンジ 1人
NR-A 2019年12月5日 マイナーチェンジ 1人
NR-A 2017年12月14日 マイナーチェンジ 1人
NR-A 2015年10月15日 マイナーチェンジ 6人
RS 2018年7月26日 マイナーチェンジ 3人
RS 2015年10月1日 マイナーチェンジ 12人
100周年特別記念車 (MT) 2020年12月10日 特別仕様車 1人
満足度:4.35
(カテゴリ平均:4.29
レビュー投稿数:136人 (プロ:1人 試乗:59人)
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 4.60 4.33 40位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 3.88 3.92 90位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 3.93 4.12 56位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 4.41 4.20 13位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 4.17 4.04 37位
燃費 燃費の満足度 4.40 3.87 25位
価格 総合的な価格の妥当性 3.77 3.87 38位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

ロードスター 2015年モデルのレビューを書く

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
プロフェッショナルレビュー
画像付き
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

Boys Bikerさん

  • レビュー投稿数:95件
  • 累計支持数:1979人
  • ファン数:3人
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格4

話題のND型ロードスター(AT)に試乗しました。「日本のスポーツカー=ユーノスロードスター(古い?!)」と答えてしまう私であり、期待値が高かったです。しかし、その期待以上の出来映えでした。ベンチマークはトヨタ 86です。以下レビューします。

【エクステリア】魂動デザインを採用し先代よりも立体的で美しいです。赤系、黒系、白系のカラーリングのみですが、デザインのみで十分目を惹くので白系をチョイスしたくなります。まだ販売して間もないためベンチマークより新鮮です。

【インテリア】プラスチッキーなベンチマークに比べれば、コクピットという雰囲気で高級感があります。欧州で認められるには、これくらい本気でないといけないのでしょうね!
また2シーターであることを忘れるくらい居住性が良く、ちょうど良いポジションにシフトレバーやサイドブレーキがある印象です。あと手動のオープンルーフですが、女性でも楽々開閉出来ます。

【エンジン性能】1500ccですがエキゾーストサウンドもよく、試乗車両のハンドルにあるパドルシフトを操作するとエンジンの鼓動がよく伝わってきます。むしろ、ライトウェイトスポーツとしてこの排気量で十分な印象です。
また展示車両がMTだったためシフトレバーを操作したところ、「クニャ、クニャ」という
スムーズな感触で良かったです。ベンチマーク(MT)を試乗した際は「ガコッ(入らない…
)、ギコッ(入らない…)」と操作し難かったため、実際にロードスターのMTを運転して良さを味わってみたいです。

【走行性能】素直なハンドリングが好印象であり、車体の軽さと低さやFR由来の安定感には驚かされます。試乗してすぐにクルマと一体になれます。

【乗り心地】ベンチマークよりも上品です。

【燃費】試乗のためレビューなしとします。

【価格】排気量ダウンした分を還元して欲しかったです、笑!

【総評】日本のみならず世界中の自動車メーカーがライトウェイトスポーツのスタンダードとしなければならないクルマです。不況であれロードスターを生産し続けてきたマツダのDNAを感じ、『人馬一体』とはどういうことか教わることが出来ます。今後私自身のライトウェイトスポーツの標準とさせて頂きます。
私にとっては村上春樹『海辺のカフカ』にも登場した憧れのスポーツカーです。

比較製品
トヨタ > 86 2012年モデル
レビュー対象車
試乗

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

お尻だって洗ってほしいさん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:753人
  • ファン数:1人
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費4
価格5

【エクステリア】
 歴代の全く色気を感じさせないズン胴ゴムボートスタイルとようやく決別し、ロングノーズ&ショートデッキによるFRらしさを強調する古典的シルエットに正常進化。
 低く構えたフロントノーズ、伸びやかにエッジが盛り上がったフロントフェンダー、くびれが強調されたウエストライン、大胆にボリュームアップされたリアフェンダー、絞り込まれ引き揚げられたヒップライン。波打つ抑揚全てに妖艶を感じさせる絶妙なプロポーションはまるでセクシーな女性のよう。それに、何よりもこのソウルレッドプレミアムメタリックの美しさといったらアナタ。もう最高です。
 16インチアルミホイールのデザインは秀逸。大きく空いたタイヤハウスの隙間、小さく見えるタイヤサイズ、ロードスターにとってこれらは寧ろ「らしさ」を演出する必要不可欠なデザイン要素のひとつ。すべてが完璧。
 あと、Rフェンダーを除くボンネット、Fフェンダー、トランクの全てにアルミ製外板を使用。これは担当営業マンも知らなかった隠れたトリビア?高齢運転者はもみじマークをどこに貼り付けるかが悩みどころ。

【インテリア】
 高い質感と洗練されたデザインで、価格を考慮すれば十分に満足できるレベル。
 地を這うような低いスタイリングが寝そべったドラポジを期待させるも、同じく全体的に低く設置されたダッシュボードによりステアリングコラムが左膝と激しく干渉、必然的に立ち気味を強いられるドラポジ。
 チルトのみでテレスコのないステアリングコラムの影響が思いの外大きく、BRZの考え抜かれた低い着座位置と寝そべるようなドラポジの素晴らしさを再認識。気持ちのいいドライビングは最適なドライビングポジションから。
 存在する筈のない「後部座席窓」の全開を疑わせるほど後部から音の侵入が激しいクローズド、気分はミッドシップ。まあ、静粛性云々を語るクルマでもないのでしょうが。

【エンジン性能】
 至ってフツー。
 ザラつき感はないものの、取り立てて滑らかとも感じない回転フィール。全体的に細いトルク感、抑揚感とメリハリ感の希薄なパワーフィール。
 かと言って不足のない1.5リッター相応の絶対的パワー。突出した特徴のない没個性型エンジン。
 このクルマのドライビングプレジャーは間違いなくシャシーからの恩恵によるもの。
 ならばいっそのこと4連スロットル&タコ足なんぞを搭載し、味のあるエンジンフィールを求めてみたいと願うのは懐古趣味が過ぎるだろうか。

【走行性能】
 ストロークが短く、小気味よく決まる6MT。
 リニアで軽快な吹け上がりとシフトチェンジに呼応した最適な回転落ちを実現する軽量フライホイールと6MTギアレシオのマッチングは絶妙。
 特筆すべき剛性感は感じないものの、オープンにありがちなブルブル感を一切感じさせない今時のシャーシ。
 中立付近が曖昧なステアリングフィールとロールスピードの早い足回りがステアリングレスポンスにタイムラグを感じさせる一番の原因。シビアなステアリングを可能とする領域に入るにはある程度の舵角と荷重移動が必要。そういう意味では、初心者向けのドラテク向上に最適なマシン。
 それにしてもロール量がハンパない。スタビはもう少し固くした方が良いのでは?
 個体差があるのか、はたまた試乗車たるコンディションのせいなのか、残念ながらトルセンLSDの効きが全く感じられず。私ならホイール・マフラー・車高調よりも、まずは機械式LSDの導入を検討します。

【乗り心地】
 屋根がない。たったそれだけなのに、どうしてこんなに楽しいのか!
 固すぎず、それでいてシッカリと路面を追従している感のあるサスペンションは乗り心地も良くて好印象なるも、想定する速度域は車格に見合った中低速域がメインか?高速域ではやはりフワフワ感が。
 排気音が最高にシビレます。社外品マフラーへの交換なんぞ全く必要なし。

【燃費】
 試乗車なので不明です。

【価格】
 真ん中グレードの「S Special Package」で車両本体290万超は正直「高い」というのが第一印象。
 ただし、充実装備満載の軽自動車、豪華装備満載の高級ミニバン、ダウンサイジングエンジン搭載の高性能車など価格高騰著しい最近の人気車相場を思い起こせば、趣味性が高い同車の価格としては妥当な範囲かと。

【総評】
 ロードスターは良くも悪くもスポーツカーではなくスポーティカー。
 サーキットでシャカリキにタイムを競い合うのではなく、ワインディングを気持ち良く走り抜けるためのクルマ。
 そう言う意味で、性能的にも敢えてダルな部分が随所に残されていて、初心者にも扱いやすく、スポーツドライビングを学ぶにはもってこいの逸材です。
 何より、この美しいプロポーション、オープンの爽快感。
 眺めて良し、走って良しの実に素晴らしい車です。
 私はお勧めします。

比較製品
スバル > BRZ 2012年モデル
レビュー対象車
試乗

参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

ロードスター 2015年モデルのレビューを書く

この製品の価格を見る

ロードスター 2015年モデル
マツダ

ロードスター 2015年モデル

新車価格:262〜335万円

中古車価格:109〜490万円

ロードスター 2015年モデルをお気に入り製品に追加する <510

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

ロードスターの中古車 (全4モデル/1,429物件)

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意