『iPod/iPhoneというスタイルにおける現状の一択。』 OPPO HA-2 Fegefeuerさんのレビュー・評価

HA-2 製品画像

拡大

価格情報の登録がありません 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

タイプ:ヘッドホンアンプ ヘッドホン端子(ミニプラグ):1系統 ハイレゾ:○ HA-2のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • HA-2の価格比較
  • HA-2の店頭購入
  • HA-2のスペック・仕様
  • HA-2のレビュー
  • HA-2のクチコミ
  • HA-2の画像・動画
  • HA-2のピックアップリスト
  • HA-2のオークション

HA-2OPPO

最安価格(税込):価格情報の登録がありません 発売日:2015年 3月20日

  • HA-2の価格比較
  • HA-2の店頭購入
  • HA-2のスペック・仕様
  • HA-2のレビュー
  • HA-2のクチコミ
  • HA-2の画像・動画
  • HA-2のピックアップリスト
  • HA-2のオークション

あなたのレビューを投稿しませんか?

HA-2のレビューを書く

Fegefeuerさん

  • レビュー投稿数:29件
  • 累計支持数:199人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドホンアンプ・DAC
10件
83件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
2件
66件
CDプレーヤー
1件
65件
もっと見る
満足度4
デザイン3
音質5
操作性5
機能性5
iPod/iPhoneというスタイルにおける現状の一択。

20代の頃からのMacユーザーで、不遇な時代も再興を願って愛用してきました。iPodも第2世代から使い続け、今はiPod touch(第5世代)とiPhone 5sの併用です。
昔はほぼソニー信者でしたが、iTunesとの親和性やデザイン、UIなどを含めてiPod以外のプレイヤーを考えられません。

アナログ接続であれば、iPod/iPhoneに添わせてもまだ見られるアンプもいくつかあるのですが、私はそもそも評価の低いiOSデバイスのアナログ出力を増幅する意味を感じられません。かといってLightningネイティブな製品でハイレゾ対応は「え、これをiPodと一緒にもって歩く訳?」な図体・デザインしかないのがずっと残念でした。
iPodで音楽を持ち歩く=スマートでミニマム、なのです、私のなかでは。iPodはつなげても、Appleのスタイリッシュを尊重した製品は皆無でした。

そんな折、ディスクプレイヤーで高い評価を知っていたOPPOからiOS対応のDACが出ると聞き、ムズムズしながら情報を待っていましたが、情報を得るにつれ「コレしかない!」と思い購入しました。
メーカーにも色々と教えていただくにつけ、このHA-2がものすごく挑戦的な製品である事が判ってきて、iPodをはじめて手にしたとき並みのわくわく感に襲われました。

【デザイン】
従来のポータブルアンプがいささかマニアや若年層に向けた特殊なデザイン一辺倒のなかにあって、はじめての「ビジネスマンが持っててもおかしくない」普遍的なスタイリッシュなデザインの製品です。工作精度も極めて丁寧で、ヘアラインの落ち着きにベヴェルで鏡面を入れるなど、しゃれた主張があって「いかにも丁寧に設計された製品」だと見るほどに感心します。現時点のDACポータブルアンプでは唯一「合格と言えるデザイン」です。
ただ個人的には「デザインはいいのに、プレイヤーとのまとめ方が旧態依然のゴムバンド」なのが残念すぎます。このHA-2の完成度でなぜゴムバンドなのか、理解に苦しみます。後づけでもいいから、是非ともOPPOさんにはiOS用の「スタイリッシュな」直結ケーブルと合わせ持ち用のソリューションを期待します。

【音質】
一部ディスクリートを含むAB級との事で、ESSのチップと相まって非常に丁寧ですっきりした音が出ます。
私はONKYOのHF Player使用前提なので、EQも含めてこの音質でなんら問題ありません。私は「なるべく高音質で聴きたい」だけで、移動中まで「望みうる最高の音質」など必要としておりません。
こう書くとHA-2に魅力がないみたいに誤解されるかも知れませんが、決してそうではありません。出音は緻密で高精細、パワーも十分にあります。
この製品の大きな特徴であるGND分離により、それに則った接続をするとノイズ感(付帯音)が激減します(ただそれを聴きやすいと感じるかどうかは個人の好みでしょう。スピーカー再生ではあり得ない聴感ですので)。またアナログ回路100%で組まれているBass Boostも素晴らしく、広い帯域にわたって柔らかい音調にしてくれます。アンプのキャラが変わるほどです。曲によりけりですが、私は積極的に活用しています。

【操作性】
美しいです。スイッチの機能は分かりやすく、トルクもしっかりしていますので誤ったポジションにいく事もありません。アナログボリューム兼電源スイッチのクリック感も非常に好ましいもので、私の個体に関していえばギャンググエラーも体験した事がありません。また使った事はありませんが、自分の電力を使ってクライアントに充電できるのも優れものです。専用の充電器とケーブルが秀逸で、90分で充電完了というスピード充電が可能ですが、独自の技術のお陰でバッテリーへの負担はないとの事です。 

【機能性】
11.2MHzDSD、384kHzPCM対応などスペックはポータブルアンプでも最先端です。それに加えて、この価格帯でGND分離出力までつけてくれて嬉しい事だらけです。私は以前、ヘッドフォンでバランス駆動を聴いたのとオーディオテストで通常アンバランス接続のクロストークの大きさを知ってから、ステレオを3極で繋ぐ事は絶対に制作者の意図に反すると信じてきました。この製品がGND分離だった事は本当に嬉しかったです。

【総評】
私は楽器演奏が趣味という事もあり、オーディオにも一般的な家庭よりはお金が掛かっていると思っています。
それでも、いわゆる「ウォークマン系」では最優先は手軽さ=ノンストレスであって、音質はなるべく程度で良かったのです。
その「手軽でなるべく良い音」が今までは全くありませんでした。
決してアッパーではない価格設定で、ここまで詰め込んできてくれたOPPOには感謝の念が堪えません。
いっぽうで、今までAK独自規格一極だった「フォンプラグ4極バランス」が、HA-2やSONYにより市民権を得つつあります。
これはOPPOという新規参入メーカーによるポータブルオーディオ市場への偉大なる挑戦状(黒船、かも)だと思います。
ポータブルDACやアンプが、いつまでも厳つくゴツいままでは一般に浸透などしません。
このHA-2の人気を受けてまだなお「お宅かマニアしか持ちたがらない」デザインの製品しか出てこないなら、
ハイレゾを含むポータブルオーディオは今まで通りニッチでマニアックな世界のままでしょう。
大人が持ち歩いてスマートな、それでいて押さえるべき点はしっかりと押さえてある製品が、これからは求められます。
OPPOはこのHA-2をもって「決してそれが不可能な事じゃない」事を証明してくれました。本当に感謝です。

いま私はHA-2に最適化すべく、SENNHEISER IE800をリケーブル化し、Linumの超極細ケーブルにロジウムの
4極GND分離プラグをつけ(オヤイデ製)、iPod touchと持ち歩くようになりました。
これでも正直重いですが、音質と手軽さ・スマートさの点で今望み得る自分なりの最高点です。

このHA-2を起爆点に、ポータブルオーディオ市場が新たな基軸で動き始めてくれる事を切に祈ります。
更なる軽量化、プレイヤーとの合わせ持ちへのスタイリッシュな提案を期待して満足度は4で。現時点では5で十分ですが。

比較製品
ONKYO > DAC-HA200

参考になった22人(再レビュー後:10人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
デザイン3
音質5
操作性5
機能性5
iPod/iPhoneというスタイルにおける現状の一択。

20代の頃からのMacユーザーで、不遇な時代も再興を願って愛用してきました。iPodも第2世代から使い続け、今はiPod touch(第5世代)とiPhone 5sの併用です。
昔はほぼソニー信者でしたが、iTunesとの親和性やデザイン、UIなどを含めてiPod以外のプレイヤーを考えられません。

アナログ接続であれば、iPod/iPhoneに添わせてもまだ見られるアンプもいくつかあるのですが、私はそもそも評価の低いiOSデバイスのアナログ出力を増幅する意味を感じられません。かといってLightningネイティブな製品でハイレゾ対応は「え、これをiPodと一緒にもって歩く訳?」な図体・デザインしかないのがずっと残念でした。
iPodで音楽を持ち歩く=スマートでミニマム、なのです、私のなかでは。iPodはつなげても、Appleのスタイリッシュを尊重した製品は皆無でした。

そんな折、ディスクプレイヤーで高い評価を知っていたOPPOからiOS対応のDACが出ると聞き、ムズムズしながら情報を待っていましたが、情報を得るにつれ「コレしかない!」と思い購入しました。
メーカーにも色々と教えていただくにつけ、このHA-2がものすごく挑戦的な製品である事が判ってきて、iPodをはじめて手にしたとき並みのわくわく感に襲われました。

【デザイン】
従来のポータブルアンプがいささかマニアや若年層に向けた特殊なデザイン一辺倒のなかにあって、はじめての「ビジネスマンが持っててもおかしくない」普遍的なスタイリッシュなデザインの製品です。工作精度も極めて丁寧で、ヘアラインの落ち着きにベヴェルで鏡面を入れるなど、しゃれた主張があって「いかにも丁寧に設計された製品」だと見るほどに感心します。現時点のDACポータブルアンプでは唯一「合格と言えるデザイン」です。
ただ個人的には「デザインはいいのに、プレイヤーとのまとめ方が旧態依然のゴムバンド」なのが残念すぎます。このHA-2の完成度でなぜゴムバンドなのか、理解に苦しみます。後づけでもいいから、是非ともOPPOさんにはiOS用の「スタイリッシュな」直結ケーブルと合わせ持ち用のソリューションを期待します。

【音質】
AB級のフルディスクリートとの事で、ESSのチップと相まって非常に丁寧ですっきりした音が出ます。
私はONKYOのHF Player使用前提なので、EQも含めてこの音質でなんら問題ありません。私は「なるべく高音質で聴きたい」だけで、移動中まで「望みうる最高の音質」など必要としておりません。
こう書くとHA-2に魅力がないみたいに誤解されるかも知れませんが、決してそうではありません。出音は緻密で高精細、パワーも十分にあります。
この製品の大きな特徴であるGND分離により、それに則った接続をするとノイズ感(付帯音)が激減します(ただそれを聴きやすいと感じるかどうかは個人の好みでしょう。スピーカー再生ではあり得ない聴感ですので)。またアナログ回路100%で組まれているBass Boostも素晴らしく、広い帯域にわたって柔らかい音調にしてくれます。アンプのキャラが変わるほどです。曲によりけりですが、私は積極的に活用しています。

【操作性】
美しいです。スイッチの機能は分かりやすく、トルクもしっかりしていますので誤ったポジションにいく事もありません。アナログボリューム兼電源スイッチのクリック感も非常に好ましいもので、私の個体に関していえばギャンググエラーも体験した事がありません。また使った事はありませんが、自分の電力を使ってクライアントに充電できるのも優れものです。専用の充電器とケーブルが秀逸で、90分で充電完了というスピード充電が可能ですが、独自の技術のお陰でバッテリーへの負担はないとの事です。 

【機能性】
11.2MHzDSD、384kHzPCM対応などスペックはポータブルアンプでも最先端です。それに加えて、この価格帯でGND分離出力までつけてくれて嬉しい事だらけです。私は以前、ヘッドフォンでバランス駆動を聴いたのとオーディオテストで通常アンバランス接続のクロストークの大きさを知ってから、ステレオを3極で繋ぐ事は絶対に制作者の意図に反すると信じてきました。この製品がGND分離だった事は本当に嬉しかったです。

【総評】
私は楽器演奏が趣味という事もあり、オーディオにも一般的な家庭よりはお金が掛かっていると思っています。
それでも、いわゆる「ウォークマン系」では最優先は手軽さ=ノンストレスであって、音質はなるべく程度で良かったのです。
その「手軽でなるべく良い音」が今までは全くありませんでした。
決してアッパーではない価格設定で、ここまで詰め込んできてくれたOPPOには感謝の念が堪えません。
いっぽうで、今までAK独自規格一極だった「フォンプラグ4極バランス」が、HA-2やSONYにより市民権を得つつあります。
これはOPPOという新規参入メーカーによるポータブルオーディオ市場への偉大なる挑戦状(黒船、かも)だと思います。
ポータブルDACやアンプが、いつまでも厳つくゴツいままでは一般に浸透などしません。
このHA-2の人気を受けてまだなお「お宅かマニアしか持ちたがらない」デザインの製品しか出てこないなら、
ハイレゾを含むポータブルオーディオは今まで通りニッチでマニアックな世界のままでしょう。
大人が持ち歩いてスマートな、それでいて押さえるべき点はしっかりと押さえてある製品が、これからは求められます。
OPPOはこのHA-2をもって「決してそれが不可能な事じゃない」事を証明してくれました。本当に感謝です。

いま私はHA-2に最適化すべく、SENNHEISER IE800をリケーブル化し、Linumの超極細ケーブルにロジウムの
4極GND分離プラグをつけ(オヤイデ製)、iPod touchと持ち歩くようになりました。
これでも正直重いですが、音質と手軽さ・スマートさの点で今望み得る自分なりの最高点です。

このHA-2を起爆点に、ポータブルオーディオ市場が新たな基軸で動き始めてくれる事を切に祈ります。
更なる軽量化、プレイヤーとの合わせ持ちへのスタイリッシュな提案を期待して満足度は4で。現時点では5で十分ですが。

比較製品
ONKYO > DAC-HA200

参考になった1

満足度4
デザイン3
音質5
操作性5
機能性5
iPod/iPhoneというスタイルにおける現状の一択。

20代の頃からのMacユーザーで、不遇な時代も再興を願って愛用してきました。iPodも第2世代から使い続け、今はiPod touch(第5世代)とiPhone 5sの併用です。
昔はほぼソニー信者でしたが、iTunesとの親和性やデザイン、UIなどを含めてiPod以外のプレイヤーを考えられません。

アナログ接続であれば、iPod/iPhoneに添わせてもまだ見られるアンプもいくつかあるのですが、私はそもそも評価の低いiOSデバイスのアナログ出力を増幅する意味を感じられません。かといってLightningネイティブな製品でハイレゾ対応は「え、これをiPodと一緒にもって歩く訳?」な図体・デザインしかないのがずっと残念でした。
iPodで音楽を持ち歩く=スマートでミニマム、なのです、私のなかでは。iPodはつなげても、Appleのスタイリッシュを尊重した製品は皆無でした。

そんな折、ディスクプレイヤーで高い評価を知っていたOPPOからiOS対応のDACが出ると聞き、ムズムズしながら情報を待っていましたが、情報を得るにつれ「コレしかない!」と思い購入しました。
メーカーにも色々と教えていただくにつけ、このHA-2がものすごく挑戦的な製品である事が判ってきて、iPodをはじめて手にしたとき並みのわくわく感に襲われました。

【デザイン】
従来のポータブルアンプがいささかマニアや若年層に向けた特殊なデザイン一辺倒のなかにあって、はじめての「ビジネスマンが持っててもおかしくない」普遍的なスタイリッシュなデザインの製品です。工作精度も極めて丁寧で、ヘアラインの落ち着きにベヴェルで鏡面を入れるなど、しゃれた主張があって「いかにも丁寧に設計された製品」だと見るほどに感心します。現時点のDACポータブルアンプでは唯一「合格と言えるデザイン」です。
ただ個人的には「デザインはいいのに、プレイヤーとのまとめ方が旧態依然のゴムバンド」なのが残念すぎます。このHA-2の完成度でなぜゴムバンドなのか、理解に苦しみます。後づけでもいいから、是非ともOPPOさんにはiOS用の「スタイリッシュな」直結ケーブルと合わせ持ち用のソリューションを期待します。

【音質】
AB級のフルディスクリートとの事で、ESSのチップと相まって非常に丁寧ですっきりした音が出ます。
私はONKYOのHF Player使用前提なので、EQも含めてこの音質でなんら問題ありません。私は「なるべく高音質で聴きたい」だけで、移動中まで「望みうる最高の音質」など必要としておりません。
こう書くとHA-2に魅力がないみたいに誤解されるかも知れませんが、決してそうではありません。出音は緻密で高精細、パワーも十分にあります。
この製品の大きな特徴であるGND分離により、それに則った接続をするとノイズ感(付帯音)が激減します(ただそれを聴きやすいと感じるかどうかは個人の好みでしょう。スピーカー再生ではあり得ない聴感ですので)。またアナログ回路100%で組まれているBass Boostも素晴らしく、広い帯域にわたって柔らかい音調にしてくれます。アンプのキャラが変わるほどです。曲によりけりですが、私は積極的に活用しています。

【操作性】
美しいです。スイッチの機能は分かりやすく、トルクもしっかりしていますので誤ったポジションにいく事もありません。アナログボリューム兼電源スイッチのクリック感も非常に好ましいもので、私の個体に関していえばギャンググエラーも体験した事がありません。また使った事はありませんが、自分の電力を使ってクライアントに充電できるのも優れものです。専用の充電器とケーブルが秀逸で、90分で充電完了というスピード充電が可能ですが、独自の技術のお陰でバッテリーへの負担はないとの事です。 

【機能性】
11.2MHzDSD、384kHzPCM対応などスペックはポータブルアンプでも最先端です。それに加えて、この価格帯でGND分離出力までつけてくれて嬉しい事だらけです。私は以前、ヘッドフォンでバランス駆動を聴いたのとオーディオテストで通常アンバランス接続のクロストークの大きさを知ってから、ステレオを3極で繋ぐ事は絶対に制作者の意図に反すると信じてきました。この製品がGND分離だった事は本当に嬉しかったです。

【総評】
私は楽器演奏が趣味という事もあり、オーディオにも一般的な家庭よりはお金が掛かっていると思っています。
それでも、いわゆる「ウォークマン系」では最優先は手軽さ=ノンストレスであって、音質はなるべく程度で良かったのです。
その「手軽でなるべく良い音」が今までは全くありませんでした。
決してアッパーではない価格設定で、ここまで詰め込んできてくれたOPPOには感謝の念が堪えません。
いっぽうで、今までAK独自機各一極だった「フォンプラグ4極バランス」が、HA-2やSONYにより市民権を得つつあります。
これはOPPOという新規参入メーカーによるポータブルオーディオ市場への偉大なる挑戦状(黒船、かも)だと思います。
ポータブルDACやアンプが、いつまでも厳つくゴツいままでは一般に浸透などしません。
このHA-2の人気を受けてまだなお「お宅かマニアしか持ちたがらない」デザインの製品しか出てこないなら、
ハイレゾを含むポータブルオーディオは今まで通りニッチでマニアックな世界のままでしょう。
大人が持ち歩いてスマートな、それでいて押さえるべき点はしっかりと押さえてある製品が、これからは求められます。
OPPOはこのHA-2をもって「決してそれが不可能な事じゃない」事を証明してくれました。本当に感謝です。

いま私はHA-2に最適化すべく、SENNHEISER IE800をリケーブル化し、Linumの超極細ケーブルにロジウムの
4極GND分離プラグをつけ(オヤイデ製)、iPod touchと持ち歩くようになりました。
これでも正直重いですが、音質と手軽さ・スマートさの点で今望み得る自分なりの最高点です。

このHA-2を起爆点に、ポータブルオーディオ市場が新たな基軸で動き始めてくれる事を切に祈ります。
更なる軽量化、プレイヤーとの合わせ持ちへのスタイリッシュな提案を期待して満足度は4で。現時点では5で十分ですが。

比較製品
ONKYO > DAC-HA200

参考になった4

満足度4
デザイン3
音質5
操作性5
機能性5
iPod/iPhoneというスタイルにおける現状の一択。

20代の頃からのMacユーザーで、不遇な時代も再興を願って愛用してきました。iPodも第2世代から使い続け、今はiPod touch(第5世代)とiPhone 5sの併用です。
昔はほぼソニー信者でしたが、iTunesとの親和性やデザイン、UIなどでiPod以外のプレイヤーを考えられません。

アナログ接続であれば、iPod/iPhoneに添わせてもまだ見られるアンプもいくつかあるのですが、私はそもそも評価の低いiOSデバイスのアナログ出力を増幅する意味を感じられません。かといってLightningネイティブな製品でハイレゾ対応は「え、これをiPodと一緒にもって歩く訳?」な図体・デザインしかないのがずっと残念でした。
iPodで音楽を持ち歩く=スマートでミニマム、なのです、私のなかでは。iPodはつなげても、Appleのスタイリッシュを尊重した製品は皆無でした。

そんな折、ディスクプレイヤーで高い評価を知っていたOPPOからiOS対応のDACが出ると聞き、ムズムズしながら情報を待っていましたが、情報を得るにつれ「コレしかない!」と思い購入しました。
メーカーにも色々と教えていただくにつけ、このHA-2がものすごく挑戦的な製品である事が判ってきて、iPodをはじめて手にしたとき並みのわくわく感に襲われました。

【デザイン】
従来のポータブルアンプがいささかマニアや若年層に向けた特殊なデザイン一辺倒のなかにあって、はじめての「ビジネスマンが持っててもおかしくない」普遍的なスタイリッシュなデザインの製品です。工作精度も極めて丁寧で、ヘアラインの落ち着きにベヴェルで鏡面を入れるなど、しゃれた主張があって「いかにも丁寧に設計された製品」だと見るほどに感心します。現時点のDACポータブルアンプでは唯一「合格と言えるデザイン」です。
ただ個人的には「デザインはいいのにプレイヤーとのまとめ方が旧態依然のゴムバンド」なのが残念すぎます。このHA-2の完成度でなぜゴムバンドなのか、理解に苦しみます。後づけでもいいから、是非ともOPPOさんにはiOS用の「スタイリッシュな」直結ケーブルと合わせ持ち用のソリューションを期待します。

【音質】
AB級のフルディククリートとの事で、ESSのチップと相まって非常に丁寧ですっきりした音が出ます。
私はONKYOのHF Player使用前提なので、EQも含めてこの音質でなんら問題ありません。私は「なるべく高音質で聴きたい」だけで、移動中まで「望みうる最高の音質」など必要としておりません。
こう書くとHA-2に魅力がないみたいに誤解されるかも知れませんが、決してそうではありません。出音は緻密で高精細、パワーも十分にあります。
この製品の大きな特徴であるGND分離により、それに則った接続をするとノイズ感(付帯音)が激減します(ただそれを聴きやすいと感じるかどうかは個人の好みでしょう。スピーカー再生ではあり得ない聴感ですので)。またアナログ回路100%で組まれているBass Boostも素晴らしく、広い帯域にわたって柔らかい音調にしてくれます。アンプのキャラが変わるほどです。曲によりけりですが、私は積極的に活用しています。

【操作性】
美しいです。スイッチの機能は分かりやすく、トルクもしっかりしていますので誤ったポジションにいく事もありません。アナログボリューム兼電源スイッチのクリック感も非常に好ましいもので、私の個体に関していえばギャンググエラーも体験した事がありません。また使った事はありませんが、自分の電力を使ってクライアントに充電できるのも優れものです。専用の充電器とケーブルが秀逸で、90分で充電完了というスピード充電が可能ですが、独自の技術のお陰でバッテリーへの負担はないとの事です。 

【機能性】
11.2MHzDSD、384kHzPCM対応などスペックはポータブルアンプでも最先端です。それに加えて、この価格帯でGND分離出力までつけてくれて嬉しい事だらけです。私は以前、ヘッドフォンでバランス駆動を聴いたのとオーディオテストで通常アンバランス接続のクロストークの大きさを知ってから、ステレオを3極で繋ぐ事は絶対に制作者の意図に反すると信じてきました。この製品がGND分離だった事は本当に嬉しかったです。

【総評】
私は楽器演奏が趣味という事もあり、オーディオにも一般的な家庭よりはお金が掛かっていると思っています。
それでも、いわゆる「ウォークマン系」では最優先は手軽さ=ノンストレスであって、音質はなるべく程度で良かったのです。
その「手軽でなるべく良い音」が今までは全くありませんでした。
決してアッパーではない価格設定で、ここまで詰め込んできてくれたOPPOには感謝の念が堪えません。
いっぽうで、今までAK独自機各一極だった「フォンプラグ4極バランス」が、HA-2やSONYにより市民権を得つつあります。
これはOPPOという新規参入メーカーによるポータブルオーディオ市場への偉大なる挑戦状(黒船、かも)だと思います。
ポータブルDACやアンプが、いつまでも厳つくごついままでは一般に浸透などしません。
このHA-2の人気を受けてまだなお「お宅かマニアしか持ちたがらない」デザインの製品しか出てこないなら、
ハイレゾを含むポータブルオーディオは今まで通りニッチでマニアックな世界のままでしょう。
大人が持ち歩いてスマートな、それでいて押さえるべき点はしっかりと押さえてある製品が、これからは求められます。
OPPOはこのHA-2をもって「決してそれが不可能な事じゃない」事を証明してくれました。本当に感謝です。

いま私はHA-2に最適化すべく、SENNHEISER IE800をリケーブル化し、Linumの超極細ケーブルにロジウムの
4極GND分離プラグをつけ(オヤイデ製)、iPod touchと持ち歩くようになりました。
これでも正直重いですが、音質と手軽さの面で今望み得る自分なりの最高点です。

このHA-2を起爆点に、ポータブルオーディオ市場が新たな基軸で動き始めてくれる事を切に祈ります。
更なる軽量化、プレイヤーとの合わせ持ちへのスタイリッシュな提案を期待して満足度は4で。現時点では5で十分ですが。

比較製品
ONKYO > DAC-HA200

参考になった7

「HA-2」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
買ってよかったと思えるポタアンです  5 2018年8月4日 21:11
薄くても十分なパワーがあります  5 2016年9月11日 19:31
使いやすいし音がいい  5 2016年8月7日 10:26
HP-P1から乗り換えです  4 2016年5月5日 21:33
機能性は最高。  4 2016年4月19日 09:38
初めてのポタアン  4 2015年12月4日 21:56
RHA T20と相性抜群 眠っていたhd598も目を覚ます  5 2015年11月15日 16:57
単体では微妙、アナログアンプとの三段構成が必須  3 2015年11月2日 12:03
【再々レビュー】4極GND分離を改めて聴く  5 2015年10月31日 01:48
毎日持ち歩きたくなりますね。  5 2015年10月26日 19:02

HA-2のレビューを見る(レビュアー数:29人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

HA-2のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

HA-2
OPPO

HA-2

最安価格(税込): 価格情報の登録がありません   発売日:2015年 3月20日

HA-2をお気に入り製品に追加する <185

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[ヘッドホンアンプ・DAC]

ヘッドホンアンプ・DACの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(ヘッドホンアンプ・DAC)

ご注意