『改善要望は多いけど使って楽しいカメラ』 富士フイルム FUJIFILM X-A2 ボディ [シルバー] 携帯カメラさんのレビュー・評価

FUJIFILM X-A2 ボディ [シルバー] 製品画像

拡大

※レンズは別売です

最安価格(税込):

¥33,000

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

中古
最安価格(税込):
¥14,800 (5製品)


価格帯:¥33,000〜¥33,000 (1店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥33,000 〜 ¥33,000 (全国1店舗)最寄りのショップ一覧

付属レンズ
カラー
  • シルバー
  • ホワイト
  • ブラウン

タイプ : ミラーレス 画素数:1650万画素(総画素)/1630万画素(有効画素) 撮像素子:APS-C/23.6mm×15.6mm/CMOS 重量:300g FUJIFILM X-A2 ボディ [シルバー]のスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • FUJIFILM X-A2 ボディ [シルバー]の価格比較
  • FUJIFILM X-A2 ボディ [シルバー]の中古価格比較
  • FUJIFILM X-A2 ボディ [シルバー]の買取価格
  • FUJIFILM X-A2 ボディ [シルバー]の店頭購入
  • FUJIFILM X-A2 ボディ [シルバー]のスペック・仕様
  • FUJIFILM X-A2 ボディ [シルバー]の純正オプション
  • FUJIFILM X-A2 ボディ [シルバー]のレビュー
  • FUJIFILM X-A2 ボディ [シルバー]のクチコミ
  • FUJIFILM X-A2 ボディ [シルバー]の画像・動画
  • FUJIFILM X-A2 ボディ [シルバー]のピックアップリスト
  • FUJIFILM X-A2 ボディ [シルバー]のオークション

FUJIFILM X-A2 ボディ [シルバー]富士フイルム

最安価格(税込):¥33,000 (前週比:±0 ) 発売日:2015年 2月26日

  • FUJIFILM X-A2 ボディ [シルバー]の価格比較
  • FUJIFILM X-A2 ボディ [シルバー]の中古価格比較
  • FUJIFILM X-A2 ボディ [シルバー]の買取価格
  • FUJIFILM X-A2 ボディ [シルバー]の店頭購入
  • FUJIFILM X-A2 ボディ [シルバー]のスペック・仕様
  • FUJIFILM X-A2 ボディ [シルバー]の純正オプション
  • FUJIFILM X-A2 ボディ [シルバー]のレビュー
  • FUJIFILM X-A2 ボディ [シルバー]のクチコミ
  • FUJIFILM X-A2 ボディ [シルバー]の画像・動画
  • FUJIFILM X-A2 ボディ [シルバー]のピックアップリスト
  • FUJIFILM X-A2 ボディ [シルバー]のオークション

『改善要望は多いけど使って楽しいカメラ』 携帯カメラさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

FUJIFILM X-A2 ボディ [シルバー]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:42件
  • 累計支持数:316人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
6件
172件
デジタルカメラ
4件
131件
イヤホン・ヘッドホン
12件
103件
もっと見る
満足度4
デザイン4
画質5
操作性3
バッテリー3
携帯性3
機能性3
液晶4
ホールド感1
改善要望は多いけど使って楽しいカメラ

NEX-5TとSEL1018でHDRに頼りっぱなしで撮影をしていましたがHDRではどうにもならなくスローシンクロが必須な時がまれにあるので購入しました。
この機にHDR頼みでは無くフラッシュを使いこなし撮影の幅を持てるようにとの思いもあります。
NEX-5T+SEL1018の不満点としてはフラッシュが外付け、テレ端もう少し欲しい、あと一歩寄れない(大きく写せない)

それらに対応する組み合わせがX-A2+XF10-24やEOS M3+EF-M11-22でしばらく併用しました。

X-A1から比べると自撮り対応とマクロ切り替えが大きな点でしょうか。
X-A1ではマクロに切り替えたのを忘れてそのまま使ってしまうという失態を繰り返したのでありがたいです。
高感度や色乗りはX-A1を使用していた時から好ましいと感じたままです。

色合いは三社比べてFUJIが一番好みです。
フィルムシュミレーションはソフトのASTIAでも全くソフトに感じないくらいなのでほぼASTIAで撮っています。

NEX5TやM3と比べると格段に操作性が悪いです。
NEX5TはFnに自分の好きなようには変更したい項目を並べることが出来ます。
M3はタッチパネルであっという間に設定可能です。
α5100はFnも無くボタンも少ないのですが十字キーに自分の好きな設定項目を充てることができます。

それと比較するとX-A2はどうしようもないです。
まずは十字キー左のセルフタイマーボタン。
セルフタイマーボタンを一等地に置く必要ある?
これこそQメニューの下のほうに置いておけばいいじゃん・・・
自分の主観で判断するのは良くないとは思いますがそんなにセルフタイマー頻繁に使う人なんているんでしょうか?

次は右のWBボタン。
とても優秀というか自分好みというかオートで全く問題ありません。
フラッシュ炊いた時などは他社のカメラではWBをフラッシュ設定に変更したほうが好ましいですがX-A2はオートで的確に対応してくれます。
オートで問題無いのにこんな一等地にWBボタンが置いてあるのは訳がわからな過ぎます。

この左右ボタンと下ボタンのカスタムが出来れば言うことないのですが。

基本絞り優先ISOオートで使いますのでが室内等でISOを上げてやってシャッタースピードを早くしたい時にセレクターボタンにISOを割り振れるととても便利なのですが。

最後のQボタン
X-A2はQボタンを押して十字キーでポチポチ項目を選択し上部のダイアルで設定変更です。
この十字キーポチポチから親指を大きく上部に動かさなければ変更が出来ないというのが糞仕様の極みでしょう。
そのまま十字キーと中心ボタンの組み合わせで設定できるようにすればいいのに何考えているのか理解できません。
十字キーから親指を大きく上下に動かさねばならぬ怠さ。
入門機ですからオートで撮れということでしょうか。

Fnボタンもあるのですがここは一つしか設定できない上にワンプッシュAF以外に選択肢がありえないので実質ワンプッシュAF専用ボタンです。


ここまで散々操作性を酷評してきましたが・・・
使っているうちに慣れてしまいました・・・
でもやっぱりボタンカスタムして使えればと思います。


使い始めた時に衝撃的だったのが自撮りモードにすると顔綺麗ナビが強制発動。
フォーカスも測光も顔に強制。
液晶反転すると顔綺麗ナビの発動を防ぐことは出来ないという糞仕様。
さらにスローシンクロにするとシャッタースピードの下限が1/8となりAモードかPモードしか使えなくなる。

要するに夜景の背景を綺麗に写したいのに顔に露出を合わせてしまうため夜景は基本的に飛びます。
スローシンクロが必須な暗い状況でカメラ任せにするとシャッタースピード1/8 + フラッシュで顔を非常に明るく撮ってくれます。
調光ー2 露出補正-2にしても顔がとても明るく背景は白飛びです。
スローシンクロの意味を全く無しません。
マニュアルフォーカスマニュアル露出手動スローシンクロフラッシュ強制発光にて対応するようになりました。

画質、絵作り、高感度、フラッシュ性能、カメラ内RAW現像と不満はありません。
特に他のレビューでも語りつくされていますがFUJIの撮って出しの色目が非常に素晴らしいです。
家で料理を撮る時などはX-A2じゃないとこれじゃない感あります。
高感度の時に等倍しないでスマホ程度の大きさで見る画像はとても素晴らしいです。
等倍でもノイズは少ないのですが全体の写真の雰囲気で見た時に破綻が無くとても綺麗に見えます。

X-A2を使い始めた理由はXF10-24を使いたいためであり、このレンズが無かったら使わないと思っていました。。
XF10-24で絞り変更をすることが出来るので小さくて回しにくい垂直サブコマンドダイアルを触らなくて良いのは大きいです。
この神レンズを使うためにのボディでしたがFUJIの色に囚われてしまったかもしれません。

XF10-24を装着するとこのグリップはどうにもなりません。
自作して貼り付けています。

XF10-24との組み合わせで自撮りをするとパースが強く人の顔が歪んでしまい中々難しいです。
大きて重いです。
ならばRX100M3で自撮り棒を付ければ解決じゃね?とRX100M3と自撮り棒の組み合わせを持ち歩きました。
でもRX100M3は写真を撮っていて楽しくないのですよね。
なんなんでしょう?
NEX-5TやX-A2は写真を撮るのが楽しいのです。
楽しいという感覚は趣味としては非常に重要なのでやはりこの組み合わせは外せません。

スマホ転送アプリは断然SONY製が使い易いですね。
SONYならば何のストレスもなくサクっと送れます。
X-A2はWIFIが自動的に切り替わらない、見つけられない、確認項目多い。
転送するために起動しているのに送信OKならボタン押せとかいらないです。
そんな確認する間に送っておいてくれよ。

後継機のX-A3はタッチパネル搭載ですがフォーカスとシャッターのみの対応。
Qメニューをタッチパネルで操作できればなと思います。
タッチパネル設定に対応したX-A4が出るまではX-A2が現役です。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
室内

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「FUJIFILM X-A2 ボディ [シルバー]」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

FUJIFILM X-A2 ボディ [シルバー]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

FUJIFILM X-A2 ボディ [シルバー]
富士フイルム

FUJIFILM X-A2 ボディ [シルバー]

最安価格(税込):¥33,000発売日:2015年 2月26日 価格.comの安さの理由は?

FUJIFILM X-A2 ボディ [シルバー]をお気に入り製品に追加する <32

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタル一眼カメラ]

デジタル一眼カメラの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意