『傑作だと思います。・・が(追記)』 オーディオテクニカ ATH-M70x 竜魚Nさんのレビュー・評価

ATH-M70x 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥32,890

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥32,890

Amazon.co.jp

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥32,890〜¥33,000 (22店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥32,890 〜 ¥32,890 (全国40店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:オーバーヘッド 装着方式:両耳 構造:密閉型(クローズド) 駆動方式:ダイナミック型 再生周波数帯域:5Hz〜40kHz ATH-M70xのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • ATH-M70xの価格比較
  • ATH-M70xの店頭購入
  • ATH-M70xのスペック・仕様
  • ATH-M70xのレビュー
  • ATH-M70xのクチコミ
  • ATH-M70xの画像・動画
  • ATH-M70xのピックアップリスト
  • ATH-M70xのオークション

ATH-M70xオーディオテクニカ

最安価格(税込):¥32,890 (前週比:±0 ) 発売日:2015年 2月20日

  • ATH-M70xの価格比較
  • ATH-M70xの店頭購入
  • ATH-M70xのスペック・仕様
  • ATH-M70xのレビュー
  • ATH-M70xのクチコミ
  • ATH-M70xの画像・動画
  • ATH-M70xのピックアップリスト
  • ATH-M70xのオークション

あなたのレビューを投稿しませんか?

ATH-M70xのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:32人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
5件
6件
ヘッドホンアンプ・DAC
4件
0件
冷蔵庫・冷凍庫
0件
2件
もっと見る
満足度4
デザイン4
高音の音質5
低音の音質5
フィット感4
外音遮断性3
音漏れ防止3
携帯性2
傑作だと思います。・・が(追記)

”解像度目茶高い”のにまともなバランス・・ありそうで
今までのオーテクに無かったヘッドホン





足し算・引き算しない音。そう言われてるヘッドホンは沢山ありますが、
聴いて高域スカってるとか低音ぼんやりとか、フラットという定義が人によって異なる。
個人的にはM70Xをフラットとしたいです。



開封初期は音の抜けが悪いが、次第に抜けがよくなります。
高音は刺さらないのによく伸びる。冷んやりとしたアルミハウジングが音を支えてる。
ドライバーにフレームが負けてる感じがない(ビリつきが全く無い)。

オーテクのヘッドホン嫌いな人が”恐らく”嫌いであろう変な癖がない・・強いて言えばM40Xの上位?(違うか・・)
(”最高に”悪く言えば・・W1000Xは変にドンシャリとかA2000Xが高域スカホン超超低域のみぶわぶわ変に音遠いとか
W5000が『堅いかまぼこ』とか 癖の悪口は思いつく)


パンチの効くアンプを持っているならEDM用にも使える。
音量をグッと上げると歪み無くタイトな低音が聴ける。

(海外ではM50Xの方が評価が高いが、よくレビューを読むと
「解像度が上がってM50Xのウォームさが減った」みたいなことで低評価になっている。
ウォーム=曇り ・・と単純には言えないが・・・)

<値段>
ちょっち高いかなと思いましたが、エージング後の今の音なら値段相応、それ以上と言い切れます。


------------
超〜おすすめです。

T1/A2000Xと比べても解像度でひけをとらない(同じ音量ならクラシックソース以外はM70Xが上回る)が、
妙にクラシック適正を重視して高域をプッシュするような音になっていないところが良いです。(破綻感が全然無い)T1やA2000Xは音量上げると高域が突っ張るので・・(高級ヘッドホンはそういう傾向が多い)
それでも”リアルさ・・”はT1の方が間違いなく上・・ですが・・A2000Xもあの開放型っぽい抜けと高音は他に無い・・のですが・・


音量を上げても高域がつっぱる前に低音が出る、M70Xのそういうところが、大好きです。


もっと使い込んでいきたいです。


-------------
ベイヤーのDT1770も気になります。
値段は全然違いますが、今からなら聞き比べてからの購入もよいのではないでしょうか。

--------------
(追記)
同じコンセントからオーディオ環境とAV環境(AVアンプ)を同時に電源をとった場合、
W5000やA2000Xのような”耳をつんざく感じ”がありました。
ああ、やっぱりカンキョウにうるさいとかそういうオーテクのあの感じが感じられてしまいました。
あらゆる環境下に対応できるという意味でWS1100の方がよいかもですね。
満足度は4〜4.5点くらいにしておきます。

参考になった11人(再レビュー後:8人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン4
高音の音質5
低音の音質5
フィット感4
外音遮断性3
音漏れ防止3
携帯性2
傑作だと思います。
 

ひやりとしたアルミハウジング

 

”解像度目茶高い”のにまともなバランス・・ありそうで
今までのオーテクに無かったヘッドホン





足し算・引き算しない音。そう言われてるヘッドホンは沢山ありますが、
聴いて高域スカってるとか低音ぼんやりとか、フラットという定義が人によって異なる。
個人的にはM70Xをフラットとしたいです。



開封初期は音の抜けが悪いが、次第に抜けがよくなります。
高音は刺さらないのによく伸びる。冷んやりとしたアルミハウジングが音を支えてる。
ドライバーにフレームが負けてる感じがない(ビリつきが全く無い)。

オーテクのヘッドホン嫌いな人が”恐らく”嫌いであろう変な癖がない・・強いて言えばM40Xの上位?(違うか・・)
(”最高に”悪く言えば・・W1000Xは変にドンシャリとかA2000Xが高域スカホン超超低域のみぶわぶわ変に音遠いとか
W5000が『堅いかまぼこ』とか 癖の悪口は思いつく)


パンチの効くアンプを持っているならEDM用にも使える。
音量をグッと上げると歪み無くタイトな低音が聴ける。

(海外ではM50Xの方が評価が高いが、よくレビューを読むと
「解像度が上がってM50Xのウォームさが減った」みたいなことで低評価になっている。
ウォーム=曇り ・・と単純には言えないが・・・)

<値段>
ちょっち高いかなと思いましたが、エージング後の今の音なら値段相応、それ以上と言い切れます。


------------
超〜おすすめです。

T1/A2000Xと比べても解像度でひけをとらない(同じ音量ならクラシックソース以外はM70Xが上回る)が、
妙にクラシック適正を重視して高域をプッシュするような音になっていないところが良いです。(破綻感が全然無い)T1やA2000Xは音量上げると高域が突っ張るので・・(高級ヘッドホンはそういう傾向が多い)
それでも”リアルさ・・”はT1の方が間違いなく上・・ですが・・A2000Xもあの開放型っぽい抜けと高音は他に無い・・のですが・・


音量を上げても高域がつっぱる前に低音が出る、M70Xのそういうところが、大好きです。


もっと使い込んでいきたいです。


-------------
ベイヤーのDT1770も気になります。
値段は全然違いますが、今からなら聞き比べてからの購入もよいのではないでしょうか。

参考になった3

 
 
 
 
 
 

「ATH-M70x」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
モニターヘッドホン解析度が高い。  5 2019年6月23日 06:49
ATH-R70xと併用の道具  5 2019年1月1日 01:30
コスパ良好  5 2015年12月9日 07:52
傑作だと思います。・・が(追記)  4 2015年12月3日 22:50
オーテク スタジオモニターのフラッグシップモデル!!  5 2015年7月10日 06:27
音場を正確に表現するモニターヘッドホン  5 2015年6月11日 00:49
よかった。  5 2015年4月25日 10:36
e☆イヤホン内試聴(素人一般聴力)  5 2015年3月1日 18:37

ATH-M70xのレビューを見る(レビュアー数:8人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

ATH-M70xのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

ATH-M70x
オーディオテクニカ

ATH-M70x

最安価格(税込):¥32,890発売日:2015年 2月20日 価格.comの安さの理由は?

ATH-M70xをお気に入り製品に追加する <124

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意