Revolution XT 6 WL [ダークウォルナット ペア] レビュー・評価

Revolution XT 6 WL [ダークウォルナット ペア]

  • すぐれた高域ディスパージョン特性(指向性の広さ)を備えた「オムニマグネット・デュアルコンセントリック」ドライバー搭載のブックシェルフ型スピーカー。
  • ポイントソース(点音源)ならではの際立つ音像フォーカスと緻密な描写力を備えている。
  • 推奨アンプ出力は25〜120W、最大許容入力(瞬間)は240W、出力音圧レベルは89dB、インピーダンスは8Ω。
Revolution XT 6 WL [ダークウォルナット ペア] 製品画像

拡大

最安価格(税込):¥105,831 (前週比:+3,432円↑)

  • メーカー希望小売価格(税別):¥140,000
  • 発売日:2015年 2月 1日

店頭参考価格帯:¥― (全国730店舗)最寄りのショップ一覧

販売本数:2本1組 タイプ:ステレオ 形状:ブックシェルフ型 再生周波数帯域:46Hz〜32kHz インピーダンス:8Ω Revolution XT 6 WL [ダークウォルナット ペア]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

購入の際は販売本数をご確認ください

ご利用の前にお読みください

  • Revolution XT 6 WL [ダークウォルナット ペア]の価格比較
  • Revolution XT 6 WL [ダークウォルナット ペア]の店頭購入
  • Revolution XT 6 WL [ダークウォルナット ペア]のスペック・仕様
  • Revolution XT 6 WL [ダークウォルナット ペア]のレビュー
  • Revolution XT 6 WL [ダークウォルナット ペア]のクチコミ
  • Revolution XT 6 WL [ダークウォルナット ペア]の画像・動画
  • Revolution XT 6 WL [ダークウォルナット ペア]のピックアップリスト
  • Revolution XT 6 WL [ダークウォルナット ペア]のオークション

Revolution XT 6 WL [ダークウォルナット ペア]タンノイ

最安価格(税込):¥105,831 (前週比:+3,432円↑) 発売日:2015年 2月 1日

  • Revolution XT 6 WL [ダークウォルナット ペア]の価格比較
  • Revolution XT 6 WL [ダークウォルナット ペア]の店頭購入
  • Revolution XT 6 WL [ダークウォルナット ペア]のスペック・仕様
  • Revolution XT 6 WL [ダークウォルナット ペア]のレビュー
  • Revolution XT 6 WL [ダークウォルナット ペア]のクチコミ
  • Revolution XT 6 WL [ダークウォルナット ペア]の画像・動画
  • Revolution XT 6 WL [ダークウォルナット ペア]のピックアップリスト
  • Revolution XT 6 WL [ダークウォルナット ペア]のオークション

Revolution XT 6 WL [ダークウォルナット ペア] のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:5.00
(カテゴリ平均:4.54
レビュー投稿数:8人 
評価項目 投票平均 カテゴリ
平均
項目別
ランキング
評価基準
デザイン 4.76 4.43 11位 見た目のよさ、質感
高音の音質 4.62 4.38 24位 高音部の音質の良さ
中音の音質 5.00 4.43 3位 中音部の音質の良さ
低音の音質 4.76 4.18 10位 低音部の音質の良さ
サイズ 4.87 4.44 20位 省スペース性・コンパクトさ
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

Revolution XT 6 WL [ダークウォルナット ペア]

Revolution XT 6 WL [ダークウォルナット ペア]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示対象
並べ替え
新着順
投稿順
参考順
満足度(高)
満足度(低)

レビュアー情報「使用目的:クラシック・オペラ」で絞込んだ結果 (絞込み解除

デュアルカメラさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:31人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

スピーカー
3件
0件
自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
中音の音質5
低音の音質5
サイズ5

タンノイの同軸スピーカーに憧れを持っていたが、現実的には買えないところ、この機種は少し背伸びすれば何とかなると考え、購入。
1月に購入し、約3か月経過。300時間は鳴らしているはず。
最初のうちは、ひどい音で「これは失敗か」と思ったが、エージングが進むにつれ、高音も解像度が上がり、低音も出てくるようになってきた。
アンプはTEAC AG-H600からSANSUI 607KRなど試したが今はYAMAHA A-S801で落ち着いている。
主にクラシックやジャズを聴いているが、割と何でもいけるスピーカーかとは思う。ただし、ロック系は試していない(聴かない)のであしからず。
全体的な印象としては、高音、中音、低音と、どの帯域も不足なく出ており、また、出過ぎている帯域も無いと感じている。
ホーンツイーターはエージングに時間がかかると聞いているが、解像度も十分、特に管楽器系の音は特筆もので、現在でも十分な機能を果たしている。割と楽器の音に近い音質で、綺麗な音。
やはり同軸スピーカーの特徴である音像の良さは感じられる。女性ボーカルなどは真ん中で歌っており、演奏は両サイドから聴こえるのが心地よい。
艶やかさとか派手さは強くないが、相応の解像度と癖のない音質は、価格以上の満足を得られるはずであるが、そうした音質を物足りないと感じる人もいるはず、是非視聴の上、検討して欲しい。

使用目的
クラシック・オペラ
ジャズ
設置場所
リビング
広さ
12〜15畳

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

乗ってこ0723さん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:36人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

スピーカー
4件
0件
プリメインアンプ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質4
中音の音質5
低音の音質5
サイズ5

H31年1月26日
環境(色々あるのでこれで、とりあえず)
SACDプレーヤー YAMAHA CD-S3000、 CD-S2100 

接続 RCA ベルデン88760 XLR ベルデン88770

プリメインアンプ LUXMAN L-590AXU
           YAMAHA A-2000a(フルメンテ済み)
and YAMAHA A-S2000 +業務パワーアンプ・コントロールアンプ、アレンヒース卓など20台以上

SPケーブルBELDEN 1950年位ビンテージ 18AWG 錫鍍撚線,長3M

再レビュー:
からモガミ2972 スピーカーケーブル【バイワイヤ/2本セット】 (ケーブル長さ: 3m にした。

隣に並んでいるのは クリプトンKX-5P B&W805D. etc ディナウディオなど
名だたる高級機ばかり、
ちなみに現在の手持ちスピーカーだけでも30ペア以上ある。

今日届いてから2時間後に鳴らしてみた。

今回購入したのはソリッド塗装で12万と木目より高い。

B&W始め、ピアノBなどが選択できるときは高くても硬質塗装を買う。

クリプトンKX-5PもB&W705S2、805Dもしかり、音が締まっていて別物だから。

ちなみにクリプトンでは外装で吸音材のチューンが違うがB&Wは一緒。

本来変えないと精細なチューンはできない。

外観はOKで底板も便利だが安っぽい。

いずれ大理石で特注して交換する。

最初にKalafinaライブ 5th.2枚目を音出し。

完全にホーンから彼女たちの上質な高いコーラスは即死した。

ホーンとウーファーが明らかに分離してしまった。

ソフトドームや金属ドームでもこれはどう転んでも
変な音はしない。
高音がキツめのB&W805D ダイヤモンドツィーターは返って
この手の音は引き立てる。

ただレコーディングエンジニアのCD作製の相性が出たとも
考えられる。結構きつい条件での音だしを求められるから。

風圧式レンズクリーナーのCDで40Hz〜20KHzを聴いてみた。

比較対象は今回、クリプトンKX-5Pにお願いした。

10KHz〜20KHzまでクリプトンの50KHz仕様の砲弾型ツィーター
おそらくピアレスが作ったと思われるがクリアな超音波が出るのに
対し、タンノイ・ホーンは10KHz20KHzまでしっかり音が歪んでいた。

ホーンはエージング(バーンイン)が必要で時間もかかるので
想定内のことで5〜10年は見ないとだめでしょう。
とりあえずしばらくはKalafinaは向かないということで
B&W元祖CM-5に担当してもらうことに。これが後期型が
出ても意外と侮れない。もちろんPB色。

ソース SACD セリーヌ・ディオンも入っている タイタニック
これは逸品館でもよくテストに使う低音の打ち込みにどの程度
耐えられるか調べるのに好都合。
A-2000aは別格に低音が強烈だが低音爆音再生でも破綻しない。
エンクロの強度と台形絞りが効いているのもあるでしょう。
また底面バスレフなのでセットが楽だがその後の自由度は
あまりないのでそこはワーフェデールDENTON85thの後方バスレフ
に委ねることにする。
だからダイヤモンド225、11.2とか底面バスレフは共通の事となる。
225を強烈に批判した人がいるが私はその意は解ります。
あえて220にするか11シリーズ、リーバが良いでしょうね。

くどいがQUAD 12L2 は低音がどうやっても出ないでこりごりだ。
ブランドで信用するとひどい目に遭う。
その点、タンノイも筋肉も裏切らない。

逸品館のテストではせせらぎとか不自然と言っていたし
おれはいいスピーカーなんだ!と比喩していたが
おっしゃるとおり、高音は誇張と独特な響きがあり
マイクを通した音は不自然だが実際聴いてみると
そうでもないと語っておられるが私には実聴しても
ソースによっては確実に不自然でホーン臭さとかでなく
完全にホーンの音がこれなのでホーンはこれでもいいでしょう。
管楽器の表現などソフトドームには絶対真似できない良さを
持っている。
 
まあこのようなことで万人向きとは思えないが気になる方は
実聴されて決めたほうが良い金額でしょう。

出だしのインプレということでエージングに励みます。

ちなみにこの位のウーファーなら地鳴りはアンプ次第です。
古くてもA-2000aを持ち続けるのは代替がないからです。

ど新品を評価するには早すぎるのでがっかりしないでください。
ホーンは硬いので時間が掛かります。
またウーファーの動きは張りがあってかなり硬いですが
このほうが締まった低音を出すには必要な要素です。

音が変わってきたら追加します。

**************************************************************
再レビュー:H31年2月3日
初回の評価から24時間わりと爆音で連続再生買ってからずっと。

翌日から高音がほぐれていい感じに、しかしまだホーンだね。

さらに1月26日から2月3日、今日は高音が普通になりました。
216時間連続再生で相当高音質で自然になりました。

ホーンならまだ化けるでしょう。
そうしたら高音は★5です。

不得意なkarafina高音シャリシャリ系を強めにかけたほうが良いです。

モガミ2972は基準なのでこれで試験を続けます。

L-590AXUより低音が強いのでA-2000aでしばらく行きます。
リッチネスはOFFです。強すぎる。鉄筋の壁がビビる。
基本、トンコンいじらず、ダイレクト回路使用。

kalafinaイケてる、フィクション・ジャンクションもいけるってことです。



使用目的
クラシック・オペラ
ジャズ
ロック
映画
その他
設置場所
その他
広さ
12〜15畳

参考になった2人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

アナログ音源人間さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:23人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スピーカー
1件
0件
ネットワークオーディオプレーヤー
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
中音の音質5
低音の音質5
サイズ5
   

   

半年ほど使ったインプレッション。リビング設置のセカンドシステムで家族用。現在の構成は画像の通り。
 
【デザイン】台座付きで下向きバスレフポートの空間も確保されていて、背後の壁との距離など気にしなくて楽。スタンドもインシュレーターも不要です。フローリングの色に近いダークウォールナットのカラーを選びましたが、ミディアムオークが似合う部屋もあるでしょう。ネットはマグネットの着脱式。着は確実、脱は楽。ユニットの色とのコントラストが強いので、ネットを付けたまま聴いています。着脱の音の差は感じません。 
スピーカーケーブルを繋ぐ端子はバイワイアリング対応。試してみたいのですが、現状は居住性の関係から長く引き回さざるを得ないので難しいと判断。バスバー使ったシングルワイアでも、音に特に不満はありません。 
 
【高音の音質】ホーンらしさはありますが、ホーン臭さはありません。音が反応良くスッと出てきます。DAC/CDPとアンプの電源ケーブルを付属のものから単体売りのものに交換した後は、女性ボーカルの硬さもありません。弦楽器の高音もささくれ立ちません。ある程度長いエージングを覚悟していたのですが、ケーブル交換だけで文句なく鳴ってくれています。 
 
【中音の音質】同軸2ウェイの繋がりはまったく気になりません。下が6インチユニットというのは案外正解かも。DAC/CDPとアンプをつなぐラインケーブルを単体売りのものに交換した後は、高精細でなめらかで柔らかい音になりました。ネットワークトランスポートとDACの接続は、同軸ケーブルより好みの音だった光ケーブルにしています。  
 
【低音の音質】音圧を感じたい低音楽器の音楽はメインシステムで聴きますので、このスピーカーにそこは求めていません。ステージのかぶりつきで聴くイメージでなく、コンサートホールの真ん中あたりの、ステージの左右が見渡せる席で聴いているイメージなら、低音の音像も音階も明瞭で、量感も必要十分、音楽を楽しむ意味での不足は感じません。アンプのトーンコントロールはデフィートのままです。サブウーファも不要です。わが家ではフロアタイプ(Revolution XT 6F や 8F)の必要はありませんでした。 
 
音質の総括 
点音源の同軸2ウェイだけあって、音像と音場を明確に描くスピーカーです。高音・中音・低音の音色は揃っていて、ピアノの右手左手もカマボコ型や左肩下がりでなく、フラットに聴こえます。
音源はもちろんのこと、プレーヤーやアンプの音の変化を敏感に反映するスピーカーだと思います。今のエントリークラスと組み合わせた状態でも十分楽しめますが、もっとグレードの高いプレーヤー+アンプにつなぐ意味はあり、それに応えてさらに音質が向上すると予感します。メインにつないだことがありますが、スケールダウンしても音質はかなり迫っていたと思います。
スピーカーの個性はそれほど強くなく、何を聴いてもスピーカーの音が支配するタイプではありません。素材で引き立つスピーカーだと感じました。スピーカーの個性で他のコンポーネントの課題をクリアするテーマの場合には他のスピーカーが良いように思います。
チューニングらしいことはCDP/DACとアンプの電源ケーブルとラインケーブルの交換だけです。プレーヤーとアンプのケーブルを交換すると、音の密度と立体感が強まり、音の粒子がうんと細かくなった印象です。価格バランスでは考えられませんが、たまたまメインで使っているケーブルに交換したら好きな音の方向に劇的に変化したことから追加購入しました。エントリークラスの方がケーブルの違いを強く出すのかも知れないと感じました。
 
【サイズ】威圧感なくリビングに馴染みます。音質を考えればこの位のサイズに良くおさめたと思います。 
 
選択のポイント
今回はリビングの大型のTVラックの上に置いて良い音がするブックシェルフ型というテーマでした。スペックは先入観を刷り込むだけなので、スピーカー選びは短時間の試聴で決めることにしています。このスピーカーは、たまたま寄ったショップの棚でとても魅力的な音で鳴っていました。CDPがデノンのトップエンドで、アンプはアキュフェーズのエントリーでした。上手く説明できませんが、素性の良さと伸びしろを感じた音だったので即決しました。 
 
総合的インプレッション
感動できるスピーカーです。物理特性が素晴らしくても、感動できないスピーカーがあります。聴感上のテイストは味覚と似ている気がします。価格に関係なく、飲めるワインは飲めますし、飲めないワインは飲めません。
セットアップの際のチェックで、Youtubeのライブコンサート音源をBluetoothで飛ばして再生したのですが、その音に思わず聴き入ってしまいました。どちらかと言えば音楽的・楽器的で、分析的ではないスピーカーですが、録音の違いは良く解ります。ジャンルを問わずコンサート/ライブには比較的良く出向くのですが、音響特性の良い、まともなPAの会場で音楽を聴いた時のような満足感が得られました。拍手の音がリアルです。
ボーカルも悪くないけど楽器の音の再現性がどれも良くて、器楽曲は聴き惚れます。とくに管楽器全般、鍵盤楽器(ピアノ)、弦楽器全般。再生中にスピーカーボックスに触れると微かに振動を感じますが、音を濁している印象はありません。定在波が発生し難い台形のスピーカーボックスでもあり、質量も結構あり(7.5kg)、箱鳴りで音を作っているとは思えません。楽器の響板的な役割くらいかと思います。
どんなジャンルの音楽にも合いますが、合う合わないで言えば、ステージ(音源)から少し離れた聴取位置での音楽鑑賞イメージが好みかどうかでしょうね。所詮オールマイティなスピーカーはないと思っています。
秋の夜長にピアソラを聴くのを楽しみにしています。 
 
※2018/10/11追記 FYNE AUDIO(ファイン・オーディオ)のF500シリーズは進化形。来月のインターナショナルオーディオショウに出展されるようです(アクシスのブース)。

使用目的
クラシック・オペラ
ジャズ
ロック
その他
設置場所
リビング
広さ
12〜15畳

参考になった18人(再レビュー後:13人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

2月の雨が好きさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:24人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スピーカー
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質4
中音の音質5
低音の音質4
サイズ5

オーディオ暦30年以上になるものです。今回、セカンドシステムの音のグレードアップを図るため、アコースティックリサーチの2WAYブックシェル型(古い!!笑)からタンノイに替えました。
メインシステムはフォステクスの40センチウーファーとESSハイルドライバー(これも古い!(^^ゞ)による自作2Wayで、音のエネルギーがストレートに前に出てくるタンノイとは異なる音質ですが、昔からタンノイの同軸スピーカーに憧れのようなものがあったので一度使ってみようと購入しました。
システムは、Linax PC(Ubuntu Studio)-DDC(RUDD14)-DAC(POPPULSEWM8741)-ミキサー(Allen & Heath ZED-10)-メインアンプ(クラウンD45X2,バイアンプ駆動)です。高価なシステムではありませんがハイエンドクラスに負けない音が出せます。購入後ほぼ2ヶ月セッティングを兼ねて聞き続け、エージングも進んできたようなのでレビューします。私のオーディオの音に対する評価基準は、ライブで実際の演奏を聴いている時の感動が得られるか否かです。8畳の洋室でジャンルはほぼなんでも。

・全体:箱鳴りとバスレフからの音をうまくコントロールし、ライブハウスというよりコンサートホールにいるかのような雰囲気と音を作っているように思えます。このあたりがタンノイの巧みさかも。入り側のクオリティを上げていくとすなおに楽器やボーカル、ステージのリアリティが増していきます。
・高音:音色や響きを大切にした高音だと思います。オケのバイオリンや管楽器の響きが豊かで気持ちいいです。空間で音が重なるような表現はやや苦手かも。
・中音:楽器も声も自然な感じでストレスなく聴けます。ボーカルはいい位置で歌います。定位は安定しており、どの位置で聞いても違和感がない感じです。
・低音:深く沈みこむというより、量感豊かに音楽を支える低音。地鳴りのような低音はさすがに無理ですが、雰囲気はうまく伝わりますし、どんなジャンルの音楽も低い重心で楽しく聞かせます。

専用のオーディオルームで大音量で聞こうとすると箱鳴りと底面バスレフがネックになって音抜けが良くない印象になってしまうかも知れません。そういう使い方には上位機種をどうぞということでしょうか。
居間などで近所迷惑にならない程度のボリュームで聴くには、設置の自由度も高く、ライブ感豊かに音楽を楽しませてくれるとてもいいスピーカーだと思います。
オーディオ店で大音量で聴き比べるのではなく、普通のボリュームでスピーカー間に出来る音場を聴いて自分の好みか否かで判断されるといいと思います。

使用目的
クラシック・オペラ
ジャズ
ロック
映画
設置場所
寝室・自室
広さ
8〜11畳

参考になった24

このレビューは参考になりましたか?参考になった

じゃがりこ太郎さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:11人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スピーカー
1件
1件
ヘッドホンアンプ・DAC
0件
2件
ネットワークオーディオプレーヤー
0件
2件
もっと見る
満足度5
デザイン4
高音の音質5
中音の音質5
低音の音質5
サイズ5

購入後半年でのレビューです。
アンプはPMA-2500NEを使用しています。

クラシックはコントラバスなどの厚みも十分で、金管楽器の迫力も満点です。ステージの広がりや奥方向への展開といったところは標準的という感ですが、明瞭な音像の描き方はタンノイらしい良があります。
ジャズはホーンスピーカーらしく音が濃厚でエネルギッシュです。
女性ヴォーカルはヴォーカルを明瞭に力強く聴かせ、気持ち良い刺激感があります。
小型ホーンスピーカーというイメージどおり、音が空中に拡散する心地よさは、大型スピーカーではなかなか味わえない魅力があります。

同軸ユニットによる点音源化で音像定位や位相特性をさらに向上させていると思います。
エンクロージャーは底面に放射ポートのバスレフ型でバスポートの低音を床の影響を受けることなく放射するためにスピーカーベースもビルトインされているのでインシュレータを買い足さなくてよかったのも良かったです。

使用目的
クラシック・オペラ
ジャズ
その他
設置場所
寝室・自室
広さ
8〜11畳

参考になった11人(再レビュー後:11人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

misericordiaeさん

  • レビュー投稿数:13件
  • 累計支持数:100人
  • ファン数:10人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
10件
96件
スピーカー
1件
25件
プリメインアンプ
0件
17件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
中音の音質5
低音の音質5
サイズ4
   

N765とXT6

   

買ってから10時間ほど鳴らしました。

再生環境は、
ONKYO CR-N765〜Revolution XT6

XT6の前はTEAC S300NEOを使用していました。

部屋の広さは6畳で、スピーカーから聴き手の距離は1m以内です。

【デザイン】
同軸スピーカー1つでシンプルです。バスレフポートは底面にあります。

【高音の音質】
現在N765の方で高音域を+3にしていますが、刺さりません。自然に伸びる美しい高音です。必要十分出ていますが、音質としては大人しいです。

【中音の音質】
ボーカルが男女共に得意ですが、とりわけ女性ボーカルの方が得意です。同軸スピーカーのおかげで目の前にバッチリと定位し、艶やかに歌います。全音域の中でもこの中音域が一番いいと思います。

【低音の音質】
現在N765の方で低音域も+3にしていますが、スピーカーのサイズからは考えられないくらい重厚な低音を鳴らします。

【サイズ】
商品の写真を見ると一見小さそうにみえますが、実際には高さが大体40cm、奥行き30cm、幅20cmほどあるため、机上に置くとかなりの存在感があります。

【総評】
購入してからセッティングし音を最初に鳴らしたとき、目の前にS300NEOよりも数段広い音場と自然な音の広がり、定位のとてもよいボーカルにうっとりしました。
音質はウォームで聴いていて非常にリラックスできます。全体的に厚みのある音を出すので、解像度が高く繊細でスッキリした音が好みの方には合わないかもしれません(要試聴)。
色々聴いてみて、オーケストラ、イージーリスニング系、女性ボーカル系、アコースティック系は得意です。刺激的な音は出しませんが、ジャズ、ポップスやロックなども普通に聴けます。

自然な音の広がり、定位の良さ、ウォームで厚みのある音が素敵です。音楽鑑賞で癒しを求める方にもオススメです!大切に使っていこうと思います。

使用目的
クラシック・オペラ
映画
ゲーム
その他
設置場所
寝室・自室
広さ
6〜7畳

参考になった24

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

Revolution XT 6 WL [ダークウォルナット ペア]

Revolution XT 6 WL [ダークウォルナット ペア]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Revolution XT 6 WL [ダークウォルナット ペア]
タンノイ

Revolution XT 6 WL [ダークウォルナット ペア]

最安価格(税込):¥105,831発売日:2015年 2月 1日 価格.comの安さの理由は?

Revolution XT 6 WL [ダークウォルナット ペア]をお気に入り製品に追加する <143

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[スピーカー]

スピーカーの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(スピーカー)

ご注意