『いいよねこれ!』 タンノイ Revolution XT 6 WL [ダークウォルナット ペア] 乗ってこ0723さんのレビュー・評価

Revolution XT 6 WL [ダークウォルナット ペア]

  • すぐれた高域ディスパージョン特性(指向性の広さ)を備えた「オムニマグネット・デュアルコンセントリック」ドライバー搭載のブックシェルフ型スピーカー。
  • ポイントソース(点音源)ならではの際立つ音像フォーカスと緻密な描写力を備えている。
  • 推奨アンプ出力は25〜120W、最大許容入力(瞬間)は240W、出力音圧レベルは89dB、インピーダンスは8Ω。
Revolution XT 6 WL [ダークウォルナット ペア] 製品画像

拡大

最安価格(税込):¥105,929 (前週比:±0 )

  • メーカー希望小売価格(税別):¥140,000
  • 発売日:2015年 2月 1日

店頭参考価格帯:¥― (全国38店舗)最寄りのショップ一覧

販売本数:2本1組 タイプ:ステレオ 形状:ブックシェルフ型 再生周波数帯域:46Hz〜32kHz インピーダンス:8Ω Revolution XT 6 WL [ダークウォルナット ペア]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

購入の際は販売本数をご確認ください

ご利用の前にお読みください

  • Revolution XT 6 WL [ダークウォルナット ペア]の価格比較
  • Revolution XT 6 WL [ダークウォルナット ペア]の店頭購入
  • Revolution XT 6 WL [ダークウォルナット ペア]のスペック・仕様
  • Revolution XT 6 WL [ダークウォルナット ペア]のレビュー
  • Revolution XT 6 WL [ダークウォルナット ペア]のクチコミ
  • Revolution XT 6 WL [ダークウォルナット ペア]の画像・動画
  • Revolution XT 6 WL [ダークウォルナット ペア]のピックアップリスト
  • Revolution XT 6 WL [ダークウォルナット ペア]のオークション

Revolution XT 6 WL [ダークウォルナット ペア]タンノイ

最安価格(税込):¥105,929 (前週比:±0 ) 発売日:2015年 2月 1日

  • Revolution XT 6 WL [ダークウォルナット ペア]の価格比較
  • Revolution XT 6 WL [ダークウォルナット ペア]の店頭購入
  • Revolution XT 6 WL [ダークウォルナット ペア]のスペック・仕様
  • Revolution XT 6 WL [ダークウォルナット ペア]のレビュー
  • Revolution XT 6 WL [ダークウォルナット ペア]のクチコミ
  • Revolution XT 6 WL [ダークウォルナット ペア]の画像・動画
  • Revolution XT 6 WL [ダークウォルナット ペア]のピックアップリスト
  • Revolution XT 6 WL [ダークウォルナット ペア]のオークション

『いいよねこれ!』 乗ってこ0723さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

Revolution XT 6 WL [ダークウォルナット ペア]

Revolution XT 6 WL [ダークウォルナット ペア]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:37人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

スピーカー
4件
0件
プリメインアンプ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質4
中音の音質5
低音の音質5
サイズ5
いいよねこれ!

H31年1月26日
環境(色々あるのでこれで、とりあえず)
SACDプレーヤー YAMAHA CD-S3000、 CD-S2100 

接続 RCA ベルデン88760 XLR ベルデン88770

プリメインアンプ LUXMAN L-590AXU
           YAMAHA A-2000a(フルメンテ済み)
and YAMAHA A-S2000 +業務パワーアンプ・コントロールアンプ、アレンヒース卓など20台以上

SPケーブルBELDEN 1950年位ビンテージ 18AWG 錫鍍撚線,長3M

再レビュー:
からモガミ2972 スピーカーケーブル【バイワイヤ/2本セット】 (ケーブル長さ: 3m にした。

隣に並んでいるのは クリプトンKX-5P B&W805D. etc ディナウディオなど
名だたる高級機ばかり、
ちなみに現在の手持ちスピーカーだけでも30ペア以上ある。

今日届いてから2時間後に鳴らしてみた。

今回購入したのはソリッド塗装で12万と木目より高い。

B&W始め、ピアノBなどが選択できるときは高くても硬質塗装を買う。

クリプトンKX-5PもB&W705S2、805Dもしかり、音が締まっていて別物だから。

ちなみにクリプトンでは外装で吸音材のチューンが違うがB&Wは一緒。

本来変えないと精細なチューンはできない。

外観はOKで底板も便利だが安っぽい。

いずれ大理石で特注して交換する。

最初にKalafinaライブ 5th.2枚目を音出し。

完全にホーンから彼女たちの上質な高いコーラスは即死した。

ホーンとウーファーが明らかに分離してしまった。

ソフトドームや金属ドームでもこれはどう転んでも
変な音はしない。
高音がキツめのB&W805D ダイヤモンドツィーターは返って
この手の音は引き立てる。

ただレコーディングエンジニアのCD作製の相性が出たとも
考えられる。結構きつい条件での音だしを求められるから。

風圧式レンズクリーナーのCDで40Hz〜20KHzを聴いてみた。

比較対象は今回、クリプトンKX-5Pにお願いした。

10KHz〜20KHzまでクリプトンの50KHz仕様の砲弾型ツィーター
おそらくピアレスが作ったと思われるがクリアな超音波が出るのに
対し、タンノイ・ホーンは10KHz20KHzまでしっかり音が歪んでいた。

ホーンはエージング(バーンイン)が必要で時間もかかるので
想定内のことで5〜10年は見ないとだめでしょう。
とりあえずしばらくはKalafinaは向かないということで
B&W元祖CM-5に担当してもらうことに。これが後期型が
出ても意外と侮れない。もちろんPB色。

ソース SACD セリーヌ・ディオンも入っている タイタニック
これは逸品館でもよくテストに使う低音の打ち込みにどの程度
耐えられるか調べるのに好都合。
A-2000aは別格に低音が強烈だが低音爆音再生でも破綻しない。
エンクロの強度と台形絞りが効いているのもあるでしょう。
また底面バスレフなのでセットが楽だがその後の自由度は
あまりないのでそこはワーフェデールDENTON85thの後方バスレフ
に委ねることにする。
だからダイヤモンド225、11.2とか底面バスレフは共通の事となる。
225を強烈に批判した人がいるが私はその意は解ります。
あえて220にするか11シリーズ、リーバが良いでしょうね。

くどいがQUAD 12L2 は低音がどうやっても出ないでこりごりだ。
ブランドで信用するとひどい目に遭う。
その点、タンノイも筋肉も裏切らない。

逸品館のテストではせせらぎとか不自然と言っていたし
おれはいいスピーカーなんだ!と比喩していたが
おっしゃるとおり、高音は誇張と独特な響きがあり
マイクを通した音は不自然だが実際聴いてみると
そうでもないと語っておられるが私には実聴しても
ソースによっては確実に不自然でホーン臭さとかでなく
完全にホーンの音がこれなのでホーンはこれでもいいでしょう。
管楽器の表現などソフトドームには絶対真似できない良さを
持っている。
 
まあこのようなことで万人向きとは思えないが気になる方は
実聴されて決めたほうが良い金額でしょう。

出だしのインプレということでエージングに励みます。

ちなみにこの位のウーファーなら地鳴りはアンプ次第です。
古くてもA-2000aを持ち続けるのは代替がないからです。

ど新品を評価するには早すぎるのでがっかりしないでください。
ホーンは硬いので時間が掛かります。
またウーファーの動きは張りがあってかなり硬いですが
このほうが締まった低音を出すには必要な要素です。

音が変わってきたら追加します。

**************************************************************
再レビュー:H31年2月3日
初回の評価から24時間わりと爆音で連続再生買ってからずっと。

翌日から高音がほぐれていい感じに、しかしまだホーンだね。

さらに1月26日から2月3日、今日は高音が普通になりました。
216時間連続再生で相当高音質で自然になりました。

ホーンならまだ化けるでしょう。
そうしたら高音は★5です。

不得意なkarafina高音シャリシャリ系を強めにかけたほうが良いです。

モガミ2972は基準なのでこれで試験を続けます。

L-590AXUより低音が強いのでA-2000aでしばらく行きます。
リッチネスはOFFです。強すぎる。鉄筋の壁がビビる。
基本、トンコンいじらず、ダイレクト回路使用。

kalafinaイケてる、フィクション・ジャンクションもいけるってことです。



使用目的
クラシック・オペラ
ジャズ
ロック
映画
その他
設置場所
その他
広さ
12〜15畳

参考になった3人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
高音の音質4
中音の音質5
低音の音質5
サイズ5
いいよねこれ!

環境(色々あるのでこれで、とりあえず)
SACDプレーヤー YAMAHA CD-S3000、 CD-S2100 

接続 RCA ベルデン88760 XLR ベルデン88770

プリメインアンプ LUXMAN L-590AXU
           YAMAHA A-2000a(フルメンテ済み)
           and YAMAHA A-S2000 +PA,CA20台以上

SPケーブルBELDEN 1950年位ビンテージ 18AWG 錫鍍撚線,長3M

隣に並んでいるのは クリプトンKX-5P ディナウディオなど
名だたる高級機ばかり、
ちなみに現在の手持ちスピーカーだけでも30ペア以上ある。

今日届いてから2時間後に鳴らしてみた。

今回購入したのはソリッド塗装で12万と木目より高い。

B&W始め、ピアノBなどが選択できるときは高くても硬質塗装を買う。

クリプトンKX-5PもB&W705S2、805Dもしかり、音が締まっていて別物だから。

ちなみにクリプトンでは外装で吸音材のチューンが違うがB&Wは一緒。

本来変えないと精細なチューンはできない。

外観はOKで底板も便利だが安っぽい。

いずれ大理石で特注して交換する。

最初にKalafinaライブ 5th.2枚目を音出し。

完全にホーンから彼女たちの上質な高いコーラスは即死した。

ホーンとウーファーが明らかに分離してしまった。

ソフトドームや金属ドームでもこれはどう転んでも
変な音はしない。
高音がキツめのB&W805D ダイヤモンドツィーターは返って
この手の音は引き立てる。

ただレコーディングエンジニアのCD作製の相性が出たとも
考えられる。結構きつい条件での音だしを求められるから。

風圧式レンズクリーナーのCDで40Hz〜20KHzを聴いてみた。

比較対象は今回、クリプトンKX-5Pにお願いした。

10KHz〜20KHzまでクリプトンの50KHz仕様の砲弾型ツィーター
おそらくピアレスが作ったと思われるがクリアな超音波が出るのに
対し、タンノイ・ホーンは10KHz20KHzまでしっかり音が歪んでいた。

ホーンはエージング(バーンイン)が必要で時間もかかるので
想定内のことで5〜10年は見ないとだめでしょう。
とりあえずしばらくはKalafinaは向かないということで
B&W元祖CM-5に担当してもらうことに。これが後期型が
出ても意外と侮れない。もちろんPB色。

ソース SACD セリーヌ・ディオンも入っている タイタニック
これは逸品館でもよくテストに使う低音の打ち込みにどの程度
耐えられるか調べるのに好都合。
A-2000aは別格に低音が強烈だが低音爆音再生でも破綻しない。
エンクロの強度と台形絞りが効いているのもあるでしょう。
また底面バスレフなのでセットが楽だがその後の自由度は
あまりないのでそこはワーフェデールDENTON85thの後方バスレフ
に委ねることにする。
だからダイヤモンド225、11.2とか底面バスレフは共通の事となる。
225を強烈に批判した人がいるが私はその意は解ります。
あえて220にするか11シリーズ、リーバが良いでしょうね。

くどいがQUAD 12L2 は低音がどうやっても出ないでこりごりだ。
ブランドで信用するとひどい目に遭う。
その点、タンノイも筋肉も裏切らない。

逸品館のテストではせせらぎとか不自然と言っていたし
おれはいいスピーカーなんだ!と比喩していたが
おっしゃるとおり、高音は誇張と独特な響きがあり
マイクを通した音は不自然だが実際聴いてみると
そうでもないと語っておられるが私には実聴しても
ソースによっては確実に不自然でホーン臭さとかでなく
完全にホーンの音がこれなのでホーンはこれでもいいでしょう。
管楽器の表現などソフトドームには絶対真似できない良さを
持っている。
 
まあこのようなことで万人向きとは思えないが気になる方は
実聴されて決めたほうが良い金額でしょう。

出だしのインプレということでエージングに励みます。

ちなみにこの位のウーファーなら地鳴りはアンプ次第です。
古くてもA-2000aを持ち続けるのは代替がないからです。

ど新品を評価するには早すぎるのでがっかりしないでください。
ホーンは硬いので時間が掛かります。
またウーファーの動きは張りがあってかなり硬いですが
このほうが締まった低音を出すには必要な要素です。

音が変わってきたら追加します。

使用目的
クラシック・オペラ
ジャズ
ロック
映画
その他
設置場所
その他
広さ
12〜15畳

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「Revolution XT 6 WL [ダークウォルナット ペア]」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
これがタンノイ  5 2019年3月27日 21:33
いいよねこれ!  5 2019年2月3日 16:58
感動できるスピーカーです  5 2018年10月12日 00:34
音楽の感動を伝えられるCPの高いスピーカー  5 2017年4月13日 08:12
大満足!!!  5 2017年1月4日 21:43
思ったよりも明るくて定位が良い  5 2016年12月16日 13:23
明るくバランス良く鳴ります。  5 2015年12月11日 21:49
自然な広がりと定位の良さが魅力です。  5 2015年5月5日 19:12

Revolution XT 6 WL [ダークウォルナット ペア]のレビューを見る(レビュアー数:8人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

Revolution XT 6 WL [ダークウォルナット ペア]

Revolution XT 6 WL [ダークウォルナット ペア]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Revolution XT 6 WL [ダークウォルナット ペア]
タンノイ

Revolution XT 6 WL [ダークウォルナット ペア]

最安価格(税込):¥105,929発売日:2015年 2月 1日 価格.comの安さの理由は?

Revolution XT 6 WL [ダークウォルナット ペア]をお気に入り製品に追加する <143

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[スピーカー]

スピーカーの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(スピーカー)

ご注意