Speed Wi-Fi NEXT W01 [マリン]

下り最大220MbpsのモバイルWi-Fiルーター

Speed Wi-Fi NEXT W01 [マリン] 製品画像

拡大

契約セット回線契約セットで申し込む場合(最安)

プランの登録までお待ちください

単体購入ルーターのみ購入する場合

ルーターのみの購入はできません

  • メーカー希望小売価格:¥―
  • 発売日:2015年 1月30日

スペック

タイプ:モバイルWi-Fi 連続通信時間:WiMAX2+:約8時間/4G LTE:約7.3時間 重量:113g Speed Wi-Fi NEXT W01 [マリン]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

 
  • Speed Wi-Fi NEXT W01 [マリン]の価格比較
  • Speed Wi-Fi NEXT W01 [マリン]のスペック・仕様
  • Speed Wi-Fi NEXT W01 [マリン]のレビュー
  • Speed Wi-Fi NEXT W01 [マリン]のクチコミ
  • Speed Wi-Fi NEXT W01 [マリン]の画像・動画
  • Speed Wi-Fi NEXT W01 [マリン]のピックアップリスト

『機種としては大満足! 歴:GL04P→HWD14→Uroad-Aero→本機種』 阪神Tigersさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

Speed Wi-Fi NEXT W01 [マリン]のレビューを書く

阪神Tigersさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:5人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

UQ WiMAX モバイルデータ通信
1件
25件
スマートフォン
0件
12件
docomo(ドコモ)携帯電話
0件
7件
もっと見る
満足度5
デザイン5
設定の簡単さ5
受信感度5
機能性4
サイズ5
機種としては大満足! 歴:GL04P→HWD14→Uroad-Aero→本機種
   

平均的速度

   

■モバイルルーター使用歴
GL04P→HWD14→Uroad-Aero→本機種

【デザイン】Huawei Speed Wi-Fi NEXT W01 [マリン]
もともとデザインにはそこまで拘ってませんが、購入前に写真で見た良いイメージそのままに、本機種のデザインは良いと思います。
本体青だと液晶面も青背景+オレンジ文字が基調になるので、個人的には液晶内がゴテゴテしてるように感じてしまいます。本体色との統一感はあって良いのですが、液晶内の表示は白の方が好みでした。

【設定の簡単さ】
ある程度自分でカスタマイズしますので(SSIDや暗号キー、DHCP体系の変更程度ですが)、簡単さはそこまで求めていません。
Wi-Fi周波数帯・バンド幅の設定の変更もできて、基本的に他のモバイルルータでできる設定に劣る所はなさそうです。
※Wi-Fi 5GHz帯使用時にはマルチSSID(SSID 2)を使用できませんが、個人的にはSSID複数で余計な電波を飛ばさなくて済む、WEPにしか対応していないデバイスを使用していないので、問題ありませんでした。

【受信感度】
□WAN側のWiMAX2+の受信感度
これまで同じ場所で他のWiMAX2+機種を使用したことがないのでなんとも言えませんが、WiMAXの電波が中低程度(Uroad-Aero)だった場所で、中高〜高感度で受信できています。
速度的には、WiMAX(Uroad-Aero)で下0.5〜3Mbps前後/上0.1〜0.5Mbpsだったのが、下20〜50Mbps/上3〜8Mbps程度になりました。
WiMAXのようにPing応答速度が遅いということもなく、実際のブラウジング等で体感的にも快適です。
もちろん、数10cm置き場所がずれるだけで感度が一気に落ちるのはWiMAXと同様。たかが10cmがされど10cm、電波 中高〜圏外まで変わります。
基本的には基地局に近い方向の窓際がベターですが、必ずしも単純に窓に近ければ良いわけでもなく、どのように電波が反射して入り込んできているのかはわかりませんが、電波の直線性ゆえのベストな落ち位置探しは重要なようです。
□LAN側(無線LAN・Wi-Fi)
Uroad-Aeroは正直かなりこの点の電波強度も弱かったのですが(iPhone5S等のスマホテザリングより弱い)、この機種は ホーム無線LANルータには及ばないまでも、割りと強めです。以前使用していたGL04Pと同じ程度な印象です。
また、5GHz帯の11acや11nも使用できるので、5GHz帯に対応しているデバイス所有者にはその点はかなりプラスです。MAXスループットが上がることより(どうせそんな何十Mbpsは出ないし)、2.4GHz帯のチャンネル干渉等をほぼ気にする必要がなくなることのメリットが大きいです。
私はスマホやMacは5GHz帯の11ac対応機器ですが、メインのWindowsが2.4GHzのみの対応です。そのため、ここはUSB接続にして使用すること(今後クレードル使用して有線LANも検討中)で回避して、5GHz帯の設定を有効にして使用してます。

【機能性】
□起動速度について
5GHz帯を有効にした場合、起動毎に気象レーダーとの干渉回避のため1分程度時間がかかります(DFSチェック/取説p.26)。
ただ、起動時のみと割り切れば問題なしです。
□バッテリもち
フル充電からでも常時ダウンロードしっぱなしにしていると(10Mbps程度の実ダウンロード速度)、3時間程度で電池残量レベルのメモリが最小になりました(たぶんあと1時間弱程度はいけそうですが、バッテリ0%にはしたくないので止めました)。
普通のブラウジングメインなら、6時間程度は連続使用に耐えれそうですし、WAN側電波安定状況下でちょこちょこ使う程度であれば適宜省電力も効いて、電源入れっぱなしでも半日ぐらいはもちそうです。
□電池残量表示
バッテリもちとも関連して、電池残量表示がパーセント表示ではなく、段階アイコン表示であり、そのアイコンの横幅が短い・小さいので6段階のようですが(0とフル含む)、今どの段階なのかが判断しにくいです。端末本体液晶画面、ブラウザからアクセスした設定画面、アプリ(Huawei HiLink)いずれの確認でも同様です。
バッテリに気を使わなければならない使用状況下では少しストレスになるかもしれません。
モバイルバッテリ持ち歩きで割り切ります。

【サイズ】
小さければ小さいに越したことはないけど、それによって電池持ちを削られるのも困るし、このサイズで持ち運びにも全然困らないので全く問題なし。

【契約について】
キャッシュバックに釣られて GMOとくとくBBで契約しました。
キャッシュバックは契約後11ヶ月目にGMOの基本メールアドレス宛てに手続きに関するメールが来る、そこから手続きをしないとキャッシュバックもらえない、またそのメールが分かりにくいと評判なので、ここは見落とさないように注意しなければなりません。
使い始めてみて、そのメールに気づかない人が多く、キャッシュバックをもらい損ねる人が多い理由がわかりました。
GMOで契約してからまだGMOの各種サービスやキャンペーンへの応募など何もしていないにもかかわらず、そのデフォルト状態で毎日5通ほどGMOからの広告メールがきています。
10ヶ月〜11ヶ月目あたりにカレンダーやスケジューラでも登録しておいた上で、その期間は毎日しっかりメールチェックしないとほんと見逃しそうです。

【総評】
今のところ、1日5GB〜数十GBのダウンロードを5日間程毎日連続して行っていますが、全く制限されることなく使えています。
LAN側の電波強度も安定していて、WiMAXでのここ1年と比較してものすごく快適に使用できています。
残る懸念は、2015年4月からの3日で3GB制限がかかるようになったときに、どの程度厳格に制限ルールが適用されるのか、制限かかったときの(YouTube標準画質が問題なく閲覧できる700Kbps程度)使用感はどうかという所ぐらいです。
ただ本機種が良い機種であることは間違いないです。

参考になった5人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
設定の簡単さ5
受信感度5
機能性4
サイズ5
機種としては大満足!!あとは速度制限次第…
   

平均的速度

   

■モバイルルーター使用歴
GL04P→HWD14→Uroad-Aero→本機

【デザイン】Huawei Speed Wi-Fi NEXT W01 [マリン]
もともとデザインにはそこまで拘ってませんが、購入前に写真で見た良いイメージそのままに、本機種のデザインは良いと思います。
本体青だと液晶面も青背景+オレンジ文字が基調になるので、個人的には液晶内がゴテゴテしてるように感じてしまいます。本体色との統一感はあって良いのですが、液晶内の表示は白の方が好みでした。

【設定の簡単さ】
ある程度自分でカスタマイズしますので(SSIDや暗号キー、DHCP体系の変更程度ですが)、簡単さはそこまで求めていません。
Wi-Fi周波数帯・バンド幅の設定の変更もできて、基本的に他のモバイルルータでできる設定に劣る所はなさそうです。
※Wi-Fi 5GHz帯使用時にはマルチSSID(SSID 2)を使用できませんが、個人的にはSSID複数で余計な電波を飛ばさなくて済む、WEPにしか対応していないデバイスを使用していないので、問題ありませんでした。

【受信感度】
□WAN側のWiMAX2+の受信感度
これまで同じ場所で他のWiMAX2+機種を使用したことがないのでなんとも言えませんが、WiMAXの電波が中低程度(Uroad-Aero)だった場所で、中高〜高感度で受信できています。
速度的には、WiMAX(Uroad-Aero)で下0.5〜3Mbps前後/上0.1〜0.5Mbpsだったのが、下20〜50Mbps/上3〜8Mbps程度になりました。
WiMAXのようにPing応答速度が遅いということもなく、実際のブラウジング等で体感的にも快適です。
もちろん、数10cm置き場所がずれるだけで感度が一気に落ちるのはWiMAXと同様。たかが10cmがされど10cm、電波 中高〜圏外まで変わります。
基本的には基地局に近い方向の窓際がベターですが、必ずしも単純に窓に近ければ良いわけでもなく、どのように電波が反射して入り込んできているのかはわかりませんが、電波の直線性ゆえのベストな落ち位置探しは重要なようです。
□LAN側(無線LAN・Wi-Fi)
Uroad-Aeroは正直かなりこの点の電波強度も弱かったのですが(iPhone5S等のスマホテザリングより弱い)、この機種は ホーム無線LANルータには及ばないまでも、割りと強めです。以前使用していたGL04Pと同じ程度な印象です。
また、5GHz帯の11acや11nも使用できるので、5GHz帯に対応しているデバイス所有者にはその点はかなりプラスです。MAXスループットが上がることより(どうせそんな何十Mbpsは出ないし)、2.4GHz帯のチャンネル干渉等をほぼ気にする必要がなくなることのメリットが大きいです。
私はスマホやMacは5GHz帯の11ac対応機器ですが、メインのWindowsが2.4GHzのみの対応です。そのため、ここはUSB接続にして使用すること(今後クレードル使用して有線LANも検討中)で回避して、5GHz帯の設定を有効にして使用してます。

【機能性】
□起動速度について
5GHz帯を有効にした場合、起動毎に気象レーダーとの干渉回避のため1分程度時間がかかります(DFSチェック/取説p.26)。
ただ、起動時のみと割り切れば問題なしです。
□バッテリもち
フル充電からでも常時ダウンロードしっぱなしにしていると(10Mbps程度の実ダウンロード速度)、3時間程度で電池残量レベルのメモリが最小になりました(たぶんあと1時間弱程度はいけそうですが、バッテリ0%にはしたくないので止めました)。
普通のブラウジングメインなら、6時間程度は連続使用に耐えれそうですし、WAN側電波安定状況下でちょこちょこ使う程度であれば適宜省電力も効いて、電源入れっぱなしでも半日ぐらいはもちそうです。
□電池残量表示
バッテリもちとも関連して、電池残量表示がパーセント表示ではなく、段階アイコン表示であり、そのアイコンの横幅が短い・小さいので6段階のようですが(0とフル含む)、今どの段階なのかが判断しにくいです。端末本体液晶画面、ブラウザからアクセスした設定画面、アプリ(Huawei HiLink)いずれの確認でも同様です。
バッテリに気を使わなければならない使用状況下では少しストレスになるかもしれません。
モバイルバッテリ持ち歩きで割り切ります。

【サイズ】
小さければ小さいに越したことはないけど、それによって電池持ちを削られるのも困るし、このサイズで持ち運びにも全然困らないので全く問題なし。

【契約について】
キャッシュバックに釣られて GMOとくとくBBで契約しました。
キャッシュバックは契約後11ヶ月目にGMOの基本メールアドレス宛てに手続きに関するメールが来る、そこから手続きをしないとキャッシュバックもらえない、またそのメールが分かりにくいと評判なので、ここは見落とさないように注意しなければなりません。
使い始めてみて、そのメールに気づかない人が多く、キャッシュバックをもらい損ねる人が多い理由がわかりました。
GMOで契約してからまだGMOの各種サービスやキャンペーンへの応募など何もしていないにもかかわらず、そのデフォルト状態で毎日5通ほどGMOからの広告メールがきています。
10ヶ月〜11ヶ月目あたりにカレンダーやスケジューラでも登録しておいた上で、その期間は毎日しっかりメールチェックしないとほんと見逃しそうです。

【総評】
今のところ、1日5GB〜数十GBのダウンロードを5日間程毎日連続して行っていますが、全く制限されることなく使えています。
LAN側の電波強度も安定していて、WiMAXでのここ1年と比較してものすごく快適に使用できています。
残る懸念は、2015年4月からの3日で3GB制限がかかるようになったときに、どの程度厳格に制限ルールが適用されるのか、制限かかったときの(YouTube標準画質が問題なく閲覧できる700Kbps程度)使用感はどうかという所ぐらいです。
ただ本機種が良い機種であることは間違いないです。

参考になった0

満足度5
デザイン5
設定の簡単さ5
受信感度5
機能性4
サイズ5
機種としては大満足!!あとは速度制限次第…
 

モバイルルーター使用歴

速度

 

【デザイン】Huawei Speed Wi-Fi NEXT W01 [マリン]
もともとデザインにはそこまで拘ってませんが、購入前に写真で見た良いイメージそのままに、本機種のデザインは良いと思います。
本体青だと液晶面も青背景+オレンジ文字が基調になるので、個人的には液晶内がゴテゴテしてるように感じてしまいます。本体色との統一感はあって良いのですが、液晶内の表示は白の方が好みでした。

【設定の簡単さ】
ある程度自分でカスタマイズしますので(SSIDや暗号キー、DHCP体系の変更程度ですが)、簡単さはそこまで求めていません。
Wi-Fi周波数帯・バンド幅の設定の変更もできて、基本的に他のモバイルルータでできる設定に劣る所はなさそうです。
※Wi-Fi 5GHz帯使用時にはマルチSSID(SSID 2)を使用できませんが、個人的にはSSID複数で余計な電波を飛ばさなくて済む、WEPにしか対応していないデバイスを使用していないので、問題ありませんでした。

【受信感度】
□WAN側のWiMAX2+の受信感度
これまで同じ場所で他のWiMAX2+機種を使用したことがないのでなんとも言えませんが、WiMAXの電波が中低程度(Uroad-Aero)だった場所で、中高〜高感度で受信できています。
速度的には、時間帯関係なく 下20〜30Mbps/上3Mbps程度が基本で、良い時は下30〜50Mbps/上5〜8Mbps程度な感じです。WiMAXのようにPing応答速度が遅いということもなく、実際のブラウジング等で体感的にも快適です。
もちろん、数10cm置き場所がずれるだけで感度が一気に落ちるのはWiMAXと同様。たかが10cmがされど10cm、電波 中高〜圏外まで変わります。
基本的には基地局に近い方向の窓際がベターですが、必ずしも単純に窓に近ければ良いわけでもなく、どのように電波が反射して入り込んできているのかはわかりませんが、電波の直線性ゆえのベストな落ち位置探しは重要なようです。
□LAN側(無線LAN・Wi-Fi)
Uroad-Aeroは正直かなり電波強度が弱かったのですが(iPhone5S等のスマホテザリングより弱い)、この機種は ホーム無線LANルータには及ばないまで割りと強めです。以前使用していたGL04Pと同じ程度な印象です。
5GHz帯の11acや11nも使用できるので、5GHz帯に対応しているデバイス所有者にはその点はかなりプラスです。MAXスループットが上がることより(どうせそんな何十Mbpsは出ないし)、2.4GHz帯のチャンネル干渉等をほぼ気にする必要がなくなることのメリットが大きいです。
私はスマホやMacは5GHz帯の11ac対応機器ですが、メインのWindowsが2.4GHzのみの対応です。そのため、ここはUSB接続にして使用すること(今後クレードル使用して有線LANも検討中)で回避して、5GHz帯の設定を有効にして使用してます。

【機能性】
□起動速度について
5GHz帯を有効にした際に1分程度気象レーダーとの干渉回避のための時間がかかります(DFSチェック/取説p.26)。
ただ、割り切れば問題なしです。
□バッテリもち
フル充電からでも常時ダウンロードしっぱなしにしていると、3時間程度で電池残量レベルのメモリが最小になります(たぶんあと1時間弱程度はいけそうですが、バッテリ0%にはしたくないので止めました)。
普通のブラウジングメインなら、6〜7時間は連続使用に耐えれそうですし、WAN側電波安定状況下でちょこちょこ使う程度であれば電源入れっぱなしでも適宜省電力も効いて、半日は十分もちそうです。
□電池残量表示
バッテリもちとも関連して、電池残量表示がパーセント表示ではなく、段階アイコン表示であり、そのアイコンの横幅が短い・小さいので6段階のようですが(0とフル含む)、今どの段階なのかが判断しにくいです。端末本体液晶画面、ブラウザからアクセスした設定画面、アプリ(Huawei HiLink)いずれの確認でも同様です。
バッテリに気を使わなければならない使用状況下では少しストレスになるかもしれません。
モバイルバッテリ持ち歩きで割り切ります。

【サイズ】
小さければ小さいに越したことはないけど、それによって電池持ちを削られるのも困るし、このサイズで持ち運びにも全然困らないので全く問題なし。

【契約について】
キャッシュバックに釣られて GMOとくとくBBで契約しました。
キャッシュバックは契約後11ヶ月以内にGMOの基本メールアドレス宛てに手続きに関するメールが来る、そこから手続きをしないとキャッシュバックもらえない、またそのメールが分かりにくいと評判なので、ここは見落とさないように注意しなければなりません。
使い始めてみて、そのメールに気づかない人が多く、キャッシュバックをもらい損ねる人が多い理由がわかりました。
GMOで契約してからまだGMOの各種サービスやキャンペーンへの応募など何もしていないにもかかわらず、そのデフォルト状態で毎日5通ほどGMOからの広告メールがきています。
10ヶ月〜11ヶ月目あたりにカレンダーやスケジューラでも登録した上で、その期間は毎日しっかりメールチェックしないとほんと見逃しそうです。

【総評】
今のところ、1日5GB〜数十GBのダウンロードを繰り返してみていますが、全く制限されることなく使えています。
LAN側の電波強度も安定していて、WiMAXでのここ1年と比較してものすごく快適に使用できています(※)。
残る懸念は、2015年4月からの3日で3GB制限がかかるようになったときに、どの程度厳格に制限ルールが適用されるのか、制限かかったときの(YouTube標準画質が問題なく閲覧できる700Kbps程度)使用感はどうかという所ぐらいです。
ただ本機種が良い機種であることは間違いないです。

参考になった0

「Speed Wi-Fi NEXT W01 [マリン]」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

Speed Wi-Fi NEXT W01 [マリン]のレビューを書く

この製品の情報を見る

Speed Wi-Fi NEXT W01 [マリン]
HUAWEI

Speed Wi-Fi NEXT W01 [マリン]

発売日:2015年 1月30日

Speed Wi-Fi NEXT W01 [マリン]をお気に入り製品に追加する <113

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(UQ WiMAX モバイルデータ通信)

ご注意