『撮影者に翼を与えるロングレンジ。単焦点神話に楔を穿つ描写力。』 CANON EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM Masa@Kakakuさんのレビュー・評価

2014年12月19日 発売

EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

  • プロ向けである「L(Luxury)レンズ」に属する、一眼レフカメラ用の超望遠ズームレンズ。
  • 「EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM」(1998年12月発売)の16年ぶりの後継機で、ズーム全域で画面周辺部まで高画質を実現。
  • 手ブレ補正も従来機種の1.5段分から4段分に大幅に向上し、不規則な動きの動体撮影時に最適な「ISモード3」を新搭載した。
EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥221,000

(前週比:-1,162円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥221,000

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥178,000 (77製品)


価格帯:¥221,000〜¥297,000 (55店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥300,000

店頭参考価格帯:¥221,000 〜 ¥274,780 (全国709店舗)最寄りのショップ一覧

レンズタイプ:望遠ズーム 焦点距離:100〜400mm 最大径x長さ:94x193mm 重量:1570g 対応マウント:キヤノンEFマウント系 EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMの価格比較
  • EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMの中古価格比較
  • EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMの買取価格
  • EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMの店頭購入
  • EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMのスペック・仕様
  • EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMのレビュー
  • EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMのクチコミ
  • EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMの画像・動画
  • EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMのピックアップリスト
  • EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMのオークション

EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMCANON

最安価格(税込):¥221,000 (前週比:-1,162円↓) 発売日:2014年12月19日

  • EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMの価格比較
  • EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMの中古価格比較
  • EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMの買取価格
  • EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMの店頭購入
  • EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMのスペック・仕様
  • EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMのレビュー
  • EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMのクチコミ
  • EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMの画像・動画
  • EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMのピックアップリスト
  • EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMのオークション

『撮影者に翼を与えるロングレンジ。単焦点神話に楔を穿つ描写力。』 Masa@Kakakuさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:33件
  • 累計支持数:2035人
  • ファン数:132人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
6件
3586件
レンズ
16件
1117件
デジタルカメラ
1件
12件
もっと見る
満足度5
操作性5
表現力5
携帯性4
機能性5
撮影者に翼を与えるロングレンジ。単焦点神話に楔を穿つ描写力。
別機種@ レンズ外観サイズ比較(フード展開時)
当機種A 400mm域撮影時における画角の違い(被写体までの距離3.5m、9mでそれぞれ撮影)
当機種B 被写体までの距離3.5mで撮影した2ドル紙幣の中央等倍比較

@ レンズ外観サイズ比較(フード展開時)

A 400mm域撮影時における画角の違い(被写体までの距離3.5m、9mでそれぞれ撮影)

B 被写体までの距離3.5mで撮影した2ドル紙幣の中央等倍比較

当機種C 水平距離約50m、高低差約10mの位置にある鉄塔に設置されたパネルの中央等倍比較
当機種D 同パネルを2倍エクステンダー装着で撮影した中央等倍比較
当機種E 解放F5.6撮影時における周辺減光比較(画像Cの等倍切り出し前オリジナル画角)

C 水平距離約50m、高低差約10mの位置にある鉄塔に設置されたパネルの中央等倍比較

D 同パネルを2倍エクステンダー装着で撮影した中央等倍比較

E 解放F5.6撮影時における周辺減光比較(画像Cの等倍切り出し前オリジナル画角)

私はいわゆる “陰謀論” というモノは信じていない。

アポロ11号の有人月面着陸が捏造だとか
フリーメイソンが世界を牛耳ってるとか
エリア51だか88だかに宇宙人がいるとか

いやJFKについては怪しいけども。

とにかく。

突拍子もない陰謀だ策略だ影の組織だなんてのは想像力豊かな連中による夢物語。まして自分の身に降りかかってくるような事などあり得ないと高を括っていた。


なのに。


2014年12月某日、行きつけの某カメラ店に立ち寄り店長と雑談していると

「新型100-400、29日に予約分入荷なんですが1本キャンセル入っちゃいまして♪」

この瞬間、我が脳内に響き渡った衝撃音は筆舌に尽くし難い。顔面蒼白・意識混沌。かろうじて平静を装い絞り出した「ふふふふ〜〜〜んソウナンダぁ?」の一言。声はすっかり裏返り今まで聞いた事のないトーンを奏でていた。

以降、私の頭の中には100-400LISIIがひらひらと舞い続けた。いや待て待て落ち付け俺。7DII買ったばかりではないか。この上Lレンズなんて正気かお前?防湿庫一杯だろ保管場所どーすんの?頭痛が起こる程の葛藤、ストレスフリーな能天気人生で初と言ってもいい胃痛。キヤノンよキタムラよお前ら一体何の真似だ何の陰謀だと、フリーメイソンをも凌ぐ裏社会の暗躍者の術中に嵌ってしまっていた。
(※この時点で既に金銭的葛藤はない)

それでも耐えた数日間。

大晦日。既に入荷後2日が経過している。勝った。俺は誘惑に打ち勝ったのだ。こんな発売直後の時期、店頭に並べた瞬間に売れて然るべしな超話題レンズ。ある訳ない売れてない訳がない。うーむスゴいぞ鉄の意志。ドヤ顔で店内に入った私は余裕綽々で尋ねる。「新型100-400、もぉ売れちゃったよね?」店長の返事は…

「あるよっ☆ (店頭に)出してないもん♪」



――― 鉄の意志は、マシュマロだった。



さて。



毎度お馴染みの無駄に長い前置きはここまで。今回はまだ発売間もない新レンズという事で、少し真面目に検証してみた。ここからは添付画像を解説していく形でレビューをしたい。


画像@

7DIIに装着した各レンズの外観サイズ比較。EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM については鏡筒最短100mmと最長400mmの状態をそれぞれ添付した。ご覧の通り400mmでは4本中最大サイズとなる。質量も EF70-200mm F2.8L IS II USM を上回る1,640gと重量感があるが、ヨンニッパやヨンヨンDOに比べれば遥かに軽く手持ちで振り回すのに支障はない。
軽快さだけ見れば EF400mm F5.6L USM に敵わないが、456はフードを格納しても全長が長く収納できるバッグが限られるという欠点がある。だがこの100-400LISIIは、例えば7DIIに装着した状態でもロープロ・トップローダーズーム55AWになんとか収まる。カメラと400mm域Lレンズがこのバッグに収まるというのは驚異的だ。携帯性は同域レンズ随一と言える。
新設計の三脚座は根元から脱着可能。外観上のデザインを損なう事無く突起物を無くす事ができる。入手するまでは強度的な不安があったが、実際に接合ネジを回してみると“カチカチ”とクリック感があり堅牢性に心配は無用だろう。
ズームリングとピントリングの間にあるのはズームトルク調整リング。SMOOTH側ではレンズを下に向けると緩やかに鏡筒が伸びていく。TIGHTにすればがっちりロック。しかし正直な所“トルク調整”というよりは任意のズーム位置でロックできるシステムと考えた方がよい。


画像A

比較撮影を行っていてすぐに気付いたが、同じ400mm域撮影でも456に比べ画角が広い(被写体が僅かに小さく写る)。実際の撮影ではさほどの影響はないかも知れないが、知っておいて損はないだろう。


画像B

さぁ画質比較である。被写体はあまり流通していない米国2ドル紙幣。撮影距離3.5mの位置から三脚固定、ISオフ、ミラーアップ、リモコン使用、各設定ごとに数枚撮影しイレギュラーを排除、という方式で撮影した画像の中央等倍を比較した。画像は紙幣の左上約2cm×3cm部分となっている。画角が違うのは前述の通り。
さすがにここは単焦点456の面目躍如といったところか。極々僅かではあるが解像感は上を行く。但しそれとて絶対ではなくケースバイケース。数多くの比較撮影を行ったが条件次第では新型100-400の方が解像する場合もあり、トータル的な印象としてほんの僅かながら456が優れている、かもね?という程に拮抗していた。


画像C

引き続き画質比較。こういった被写体となると、もはや差を見て取るのは至難の業だ。それ程両者の解像力は肉迫している。


画像D

純正エクステンダーEF2xIIIを装着し、800mmで撮影した画像比較。解放F11でファインダーAFは効かないので、爆遅ライヴビューAFでの撮影だ。AF関係の不便さを考慮外とすれば、十分撮影と呼べる画を紡ぎ出してくれている。


画像E

両レンズにおける解放F5.6での周辺減光にはこれだけの差がある。もちろん絞れば解消されるし、撮影後の補正も容易である事は周知の通りだが参考まで。


その他画像に反映されないもの

AF速度・精度は両レンズともほぼ同等というのが現時点での私の感触だ。何らかの計測方法で数値化された際には同一にはならないかも知れないが、じゃあその差が体感できるかといったら首を傾げてしまうほどの僅差である。
そして100-400LISIIの持つ強力なISは凄まじいアドバンテージとなる。SSを爆上げできる晴天時はともかく雲天時や日の傾く夕刻以降、激しい動体撮影を要求されない屋内イベント等々で、456では考えられなかった低速シャッターによる撮影が可能となった。様々な撮影現場において、これまで不可能だった超望遠の画を貴方に提供してくれる事だろう。



実際使ってみての満足度は相当に高く、今後長きに渡り5DIIIや7DIIでの超望遠撮影が楽しめそうだ。最早このレンズなしのフォトライフは考えられない。ここまで読み切った上での陰謀であったなら、キヤノンもキタムラもかなりの手練れだ。



その見事で粋な陰謀に、乾杯である☆

比較製品
CANON > EF400mm F5.6L USM
レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景
室内
スポーツ

参考になった136

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
CANON

EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

最安価格(税込):¥221,000発売日:2014年12月19日 価格.comの安さの理由は?

EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMをお気に入り製品に追加する <2435

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[レンズ]

レンズの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(レンズ)

ご注意