ホンダ グレイス ハイブリッド 2014年モデルレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > ホンダ > グレイス ハイブリッド 2014年モデル

グレイス ハイブリッド 2014年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みグレード別にレビューを絞り込めます。モデルの絞り込みを解除すると全てのレビューが表示されます。

選択中のモデル:グレイス ハイブリッド 2014年モデル 絞り込みを解除する

グレード発売日発売区分レビュー件数
HYBRID EX Honda SENSING 2017年7月7日 マイナーチェンジ 12人
HYBRID EX Honda SENSING 4WD 2017年7月7日 マイナーチェンジ 2人
HYBRID LX Honda SENSING 2017年7月7日 マイナーチェンジ 3人
HYBRID EX スタイルエディション 2016年9月2日 特別仕様車 1人
HYBRID LX スタイルエディション 2016年9月2日 特別仕様車 1人
HYBRID EX 2015年9月18日 マイナーチェンジ 3人
HYBRID EX 4WD 2015年9月18日 マイナーチェンジ 1人
HYBRID LX 2015年9月18日 マイナーチェンジ 1人
HYBRID DX 2014年12月1日 ニューモデル 2人
HYBRID DX 4WD 2014年12月1日 ニューモデル 1人
HYBRID EX 2014年12月1日 ニューモデル 32人
HYBRID EX 4WD 2014年12月1日 ニューモデル 2人
HYBRID LX 2014年12月1日 ニューモデル 12人
満足度:4.60
(カテゴリ平均:4.30
レビュー投稿数:79人 (プロ:1人 試乗:10人)
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 4.50 4.34 -位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 4.23 3.93 -位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 4.44 4.13 -位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 4.52 4.21 -位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 4.52 4.05 -位
燃費 燃費の満足度 4.62 3.89 -位
価格 総合的な価格の妥当性 4.46 3.88 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

グレイス ハイブリッド 2014年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
プロフェショナルレビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:48人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
6件
マザーボード
0件
5件
ノートパソコン
1件
2件
もっと見る
満足度4
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格4
   

   

前期モデルのハイブリッドEX(2WD)を2015年12月〜2019年7月まで所有しておりました。
約4万km走行で手放しましたので当時のことを思い出しながらレビューします。

【エクステリア】
 異論はあると思うんですが、斜め前方から見ると非常にスタイリッシュに見えるけど、真後ろから見ると、縦横幅の比率があまり良くなくずんぐりとした見栄えです。ちょっと腰高ですね。ちょっと前のBMWっぽいリアコンビランプはなかなか微妙な気持ちさせてくれます。

【インテリア】
 合皮とファブリックのコンビシートはこの車のキャラに合ってまして上質感を演出してます。ホールド性はイマイチ。シフトレバーがちょっと遠い。できればシャトルかヴェゼルのコンソールを流用してほしかった。EPKBにしてカップホルダーを使いやすい位置にしてくれたらなあ。
トランクはさすがの大容量で、ほとんどの人は不満が無いと思います。

【エンジン性能】
 1.5Lの省燃費版のエンジンですが、モーターとの組み合わせで出だしからパワフル。このi-DCDのユニットはハイブリッドというカテゴリですが、個人的にはDCTを効率よく使い切るためのユニットと考えてました。つまりDCTのネガであるスタート時のギクシャクを無くすためにモーターのみでスタートしてその後、半クラ状態なしでエンジンをつなぐ。また、省燃費エンジンのトルクの細さをモーターで補うなど、補助的ながらDCTとモーターの組み合わせは画期的だったと思います。問題はホンダなら自社開発出来るであろうこのシステムをシェフラーから買ったことで多くの不具合を出した(グレイス発売時にはほぼ解消してましたが)こと。このシステムの一般評価が大幅に低下してしまいました。このユニットを使った本格的なホットハッチがあったら乗ってみたいと思ってましたがもう無理ですね。

【走行性能】
 同じ時期のフィットに乗ってないので比較できませんが、2代目フィットからの乗り換えだったので比較すると、旋回時のロール挙動が穏やかで、外側の後輪に荷重を乗せつつピタッと安定して旋回してくれます。フィットの時は重心が多少高いのもありますが、ロールの挙動が早くでぐらつく印象でしたが、グレイスはそのキャラクター同様、穏やかな挙動で安定感がありました。重心が低く、ボディ剛性が比較的高く、ホイールベース延長の効果が出てるのはないかと思います。フィットシリーズとは別の乗り味と思って結構だと思います。

【乗り心地】
 乗り心地はタイヤでガラっと変わるようですね。自分は新車購入からタイヤ交換しなかったので、純正のダンロップのままでした。これはロードノイズが大きく、タイヤ自体も硬いので最高の乗り心地という感じではなかったですね。LE MANS Vの評価が高いようなので、中古車両購入してタイヤ交換すると幸せになれそうです。

【燃費】
 東京近郊在住で比較的渋滞路がある状況で20km/Lくらいは出てた気がします。高速道路を制限速度内で走れば、満タンで1000km近く走れますので長距離ドライブが非常に楽です。

【価格】
 EXを選ぶと、ほぼオプションで付ける必要がなくなるというか、至れり尽くせりなので、ナビ以外での出費がほぼ無いことを考えるとリーズナブルな価格設定だと思います。

【その他】
 i-DCDシステムのネガについて1件。「夏」「渋滞」この2つが重なるとちょっと怖いことが起こります(解消方法は当然あります)。
 ハイブリッド車はエアコンのコンプレッサーを強電バッテリーからの電力でモーターを回してます。そのバッテリーへの充電はハイブリッドモーターをエンジンか車軸からの回生で回して発電します。しかし、渋滞時のごく低速でのノロノロ運転だとモーターを走行用に使用するので発電するタイミングが無くなります。結果、強電バッテリーの電欠となり、「至急、停止してPレンジに入れてください」というアラートが出ます。自分は2回出ました。
 システムを理解していれば状況は理解できますが、最初出たときは何かのトラブルかと思いました。
 解消方法としては、渋滞時停止したら、動き出すまでPレンジに入れておく。こうすることでPレンジに入ってる間はエンジンで発電して強電バッテリーの電欠が防げます。ブレーキ踏んで止まってるだけではモーターがスタンバイ状態になるのでダメです。あとは、エアコンを切るですね。暑いけど走行不能になるよりはマシです。

【総評】
 無難なスタイリングと優れた走行性能で隠れた名車と言って過言ではないでしょう。
 ただバブル崩壊後の日本には合わなかっただけ。所有した人の満足度は高いクルマであることは間違いないと思います。

乗車人数
1人
使用目的
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2015年12月
購入地域
東京都

新車価格
221万円
本体値引き額
25万円
オプション値引き額
0円

グレイス ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

hybrid 1号さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:33人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
19件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費3
価格4

 購入後およそ10,000kmになりましたので、ここまでの印象を書きます。フィット2ハイブリッドからの乗換えです。乗り心地はマイルドで、フィットで感じていたバタバタするような走りとは違って「高級感」があります。ドアを閉めた時の音もフィットと違って「ズシッ」とした音です。もちろんアコード並みとは言いませんが、「高級感のある大衆車」という感じです。
 高速を走るとフィットよりずっと静かで落ち着いた走りと乗り心地で、長距離もこなせそうです。ワンモーターハイブリッドは、あくまでもエンジン主体なので、モーター駆動で走り出すとすぐにエンジンが始動しますが、かつてのようなギクシャク感はなく快適です。また、ホンダセンシングは高速道路では威力を発揮し、半自動運転となりますが、ハンドルから手を離すと警告が出ます。
 暖冬でしたので、雪路を走る機会はあまりありませんでしたが、やはりそれでも圧雪路の時はFFのフィットよりも安定(心)感がありました。今度のフィットが2モーターハイブリッドになれば、やはりグレイスも、と思いたいですが、そこのところはホンダはどう考えているんでしょうか。そもそもフィットほどは売れていませんしね。
 実用性など総合的に考えればフィットを選ぶ人が多いんでしょうが、セダンの落ち着いた走りや手軽に「高級感」を味わいたい人にはお勧めです。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年4月
購入地域
岩手県

新車価格
261万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
5万円

グレイス ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった33

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ヨッシー6さん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:64人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

シェーバー
2件
0件
デジタルカメラ
1件
0件
スピーカー
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地4
燃費3
価格4

落ち着いたセダンに一度は乗りたいので、去年買って、約半年になります。以前のFIT−T 1.5リッターからの乗り換えです。半年で一万kM超えました。やはりハイブリッドであってもガソリンは、それなりに使用します。デザインは、カッコイイと思って結構気に入っています。気になるところは、ドリンクホルダーの大きさや深さなど細かいところでコンビニで買った四角いボトルなど入らなかったりなどが気になります。その点フィットのほうが良かった。私の手が短いのか、シフトノブが下すぎている気がします。街乗り、遠出を合わせた平均は、メーター表示で約22K/Lです。以前のFIT1.5Tは、エンジンブレーキがよくきいたのですが、グレイスでは、あまり効かない気がします。で下りなどは、フットブレーキのみです。コンビニフックがオプションになっていたのでびっくり。FIT 1.5Tでは標準でついていました。でも、全体的に気に入っています。FIT1.5Tと比べて楽チンです、長距離でも疲れません。デザインは私は好きです(フォグのところは気になりますが)。
 <<追記>> あまり人気が無いのが残念です。やはりとってつけたようなタコメーターでなく本格的なタコメータが欲しいです。また、オーディオの音質をレベルアップして欲しいです。車の設計はHONDAなのに、もっとドライバーのスポーツマインド理解してほしい。しかし、やはり、FITはSOHC、この車はDOHCなのかハイブリッドのパワーなのか、よくわかりませんが、エンジン、動力性能は以前乗っていたFIT1.5Tの比ではないきがします。高速でも一般道でも、エンジンは吹きあがりが良くて非常によく回ります。(回しきれない!)

乗車人数
3人
使用目的
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2015年8月
購入地域
大阪府

新車価格
221万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
5万円

グレイス ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった51人(再レビュー後:22人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

緋色幻夢さん

  • レビュー投稿数:27件
  • 累計支持数:117人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
3件
503件
タイヤ
3件
33件
ドライブレコーダー
1件
16件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地3
燃費5
価格4

【エクステリア】
新型EXを選んでるので、基本追加パーツなしで良いと思えるぐらい。
色は、最初はスポーティブルーのつもりでしたが、微妙という評価を受けてナイトブルーに。
お尻が高すぎるので、リアのみディフーザー、整流版を追加したいけどDIYしかないか。

【インテリア】
ダッシュボードがペライので、補強するなりしたくなる。フロントリアともに映り込みは激しい。
小物入れが無さすぎるので、シートの隙間バッグ、ホルダーを利用。
サングラス、カードケースのホルダー追加も必要。
サイドブレーキ、根本が開いてるので、物が落ちてしまうと回収不可能なのでカバーが欲しい。
ウィンドウの傾斜が激しいので、窓ふきヘラは必要になる。
EXでの標準サウンドは、過去のホンダ車に比べると圧倒的に良いのだけど、DOPの交換SPで足りなくて
結局、再交換するはめに。
悪評高い、エアコンコントローラーはシャトル用のフィルムを流用して、光らなくしました。
ラゲッジの突起が何かと思えば、フロアーバーが入ってるんですね。これ、軽量品のパーツ無いかな?
HVバッテリー格納位置からのノイズ、排気音が大きいので、直ぐに専用PUマット、静穏フィルターを追加しています。

【エンジン性能】
LEBはノーマルだと全く足りないので、ケミカル、オカルトチューニング、フィルター交換でパワー感アップ。
DCTのギヤが非常に高いので、電動チャージャーとか過給機が付けられれば化ける車だなぁ。
色々試した結果、E-CONは常時ONにした方がHVバッテリーが一割ほど長く持つのでマシという結論に。
パワーが必要な時はSモード使うしかないですね。
HVバッテリーの容量が、常に足らないです(;´▽`A``先代FITのIMAに比べると直ぐに無くなります。

【走行性能】
DOPでスポーツサスを追加したのだけど、ノーマルホイール重すぎなどで、即交換、ブレーキも交換。
ノーマルだと平凡、どこにでもある小型セダン止まりなので、パーツ交換は必須。
DCTが走行時にも複雑な動きで把握できません。パドルシフトは、使いこなせないので今は触りません。
下り坂では、ちゃんとエンジンブレーキを効かせてくれるので、車間を多めにとって回生ブレーキを多用する走り方に。
MC前とは、また制御が変わってるので、乗りやすくなった部分と、乗りにくくなった部分で変わってます。

【乗り心地】(EX+スポーツサス)
ギャップを乗り越えた時のショックは大きめなので、橋の多いところだと泣きが入ります。
EXはタイヤが合わないですね。16インチなら扁平60にしてほしいけど、標準55はキツイ組み合わせ。
タクシーにも使われる車だし、DX、LXだと普通に乗り心地は良いのだろうけど、EXは変ですね。

【燃費】
DCTの制御は、やっぱり複雑極まる。試乗車のように、思った位置でEV走行に移れません。
試乗車では、LEBでの限界値39.9qを短距離で出してますが、実走行では充電時が多くて並みの数値に。
D整備の浪費分含んで生涯燃費23.8q(リセット無し)  満タン方だと25.2qに留まる。

充電モード走行15q 郊外走行22〜25q 街中走行17〜18q 高速走行22〜23q
カタログ値は横浜AE01装着でやってる感じで、EXのダンロップスポルトでは厳しい数値に。

こんなのでも、ゲトラグDSG7速搭載車の11〜12qに比べれば圧倒的に良くって
郊外走行60q5速なら30〜34qの燃費は出てるのだから、HVシステムの構成が微妙過ぎる。

【価格】
EXカスタムなので贅沢な購入になってます。330万超えてるし、あれこれ弄って更にお金が(;´▽`A``

【満足度】
5ナンバーセダン、DCT、ハイブリッドと、唯一の車なので6年間楽しんで乗ります。
足りないところ、出来上がってないところも含めて、こういう車ですね。

不評のDCTは、来年から主流になる小型版MMD2モーター150psに切り替わってゆくので
次の世代でもグレイスが存在していたら、L15CターボかLFB搭載車が買いたいと思う。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年6月
購入地域
静岡県

新車価格
239万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
15万円

グレイス ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった30人(再レビュー後:16人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ぱぱぱんつさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:132人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
3件
7件
カーナビ
1件
4件
デジタル一眼カメラ
0件
3件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費5
価格5
   

グレイス

   

300km走ったところで再再レビュー。

子供も大きくなり、遠出も荷物も少なくなったので、5ナンバーセダンを買おうと、
下記競合車などを見て回った結果、GRACEに。

プリウス)
 外観が趣味ではなかったので、考えていなかったが、妻がオートパーキング機能がほしいというので、試乗しその機能を試めしてみたが、危うくぶつかりそうになり大笑い。さらに内装もプラスチック満載で妻がNG。予算オーバーだったこともあり良かった。

カローラアクシオ)
試乗したかぎり特に欠点なし。さすがカローラ。値引きも大きく、最も安かった。
 しかし、わくわく感がなかった。せっかく新車を買うのならわくわく感がほしかった。

マツダ アクセラ)
見て座っただけだが、カッコよさは一番かも。 好きなナビがつけられないこと、予算オーバなのでNG。

そして、
グレース)
  ネットで検索していた時から本命視。なんでもついていいるのに高くないこと。

  地域差があるようですが余り走っていない車種という点が◎。約八ヶ月まえからグレイスに注目していたが、未だに三台しか見たことがない。
  そして、ブルーの試乗車を見て、「かっこいい。わくわく。」

  EXは、アルミホイールで乗り心地が悪そうだったので見送り、白のLX ナビなしを購入し、
  納車当日に、オートバッ〇〇でナビ+ドライブレコーダーを付けた。 
  ほとんどの機能が自分にとっては初物で、わくわく。内装もかっこいいですね。ただ、収納が少ないという方が多いが、たしかにそうですね。
ナビの右横、ハザードの下に収納スペースが欲しかった。

当初、ゴツゴツする、乗り心地が良くないと感じていたが、これは、なれですね。これまで、シートが、ボヨーンとしたミニバン2車種に、のべ15年乗っていたため、ボヨーンとしない車に久しぶりに乗っつただけでした。普通に思えてきました。

燃費は、300km乗り、半分は高速道路で、23.5km/l
これまで、10km/l程度だったので、大満足。言うことなし。

エンジン性能、走行性能は、こだわりがないので文句ありません。私にはECOモードで充分。

ホンダセンシングは、
前の車に近づいた際や、
道を間違えて、Uターンするために、右手にあった空き地に頭から突っ込んだ際、空き地にロープが貼ってあったせいかそれに反応したり、たまにアラームの点灯を経験。
幸い助かったというらけではないので、うっとおしくはあるが、守られている感が愉快。

後悔はリアワイパーがないこと。オプションでつけられたのかな?つけとけばよかった。

全般的には満足です。

乗車人数
3人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
高級感
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年4月
購入地域
神奈川県

新車価格
227万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
0円

グレイス ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった25人(再レビュー後:15人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

20代車好きさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:105人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア3
インテリア5
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地4
燃費5
価格5

自分も車好きですが、知り合いにも車好きが多いです。ご参考までに。
他の人の評価とは差別化するため、スポーツ走行をメインとしたレビューです。
【エクステリア】
扱いやすいサイズとデザイン性を両立していて好みです。
しかし車格が上の欧州プレミアムと並べるとどうしても貧弱に見えてしまいます。
車に詳しくない人にフィットに間違われるとイラッとします。
【インテリア】
同格の車両の中ではトップクラスだと思います。
必要のないものは最小限にして、オシャレです。
色々な車好きを乗せてますがインテリアを批判されたことは一度もありません。
【エンジン性能】
さすがホンダとしか言えません。通常モードなどでは、アクセルを踏み込んでも「走るモード」に切り替わるのに時間がかかって「エンジンのクイックさ」が無く、もっさりしていると評価されやすいです。
しかしあらかじめSモードにしておけば、過去のシビックやインテグラをも彷彿とさせるクイックで気持ちのいいエンジンであることがわかるはず。
【走行性能】
エンジン性能とも被りますが、気持ちいい。加速の伸びが足りないと感じる領域は日本の一般道ではないはず。エンジンの苦手な部分はモーターがグイグイ押してくれます。
しかし過去に足回りをチューンしたCR-Zに乗っていたことや、知り合いのインテグラに乗ることが多く、グレイスは「スポーツ走行するには少しロールが大きい」と思います。
しっかりとした荷重移動、アンダーステアをコントロールするテクニックがなければ峠でスポーツカーと同等に走ることは難しいかと思います。
ですが、DCTをフル活用したSモードでの加速、クイックさはその辺のスポーツカーには負けません。絶対的なパワーなどなくても、楽しさを評価する上でDCTはパワーの小ささを補ってくれます。
【乗り心地】
その他の評価者を参考にしてください。乗り心地が悪いと言う人はいないはずです。
ホンダにしてはやわらかめですが、「運転している感」も強く、好みです。
【燃費】
Sモードで峠に走りに行き、86/BRZやハイパワーなスポーツカーと一緒に走っても燃費は22km/lは行きます。ダウンヒルだけで計測すれば30km/lいったことあります。
通勤渋滞や市街地での走行なら通常モードで平均24km/lです。車との対話が得意な方ならもっといきます。
【価格】
グレードEXでエクステリアはほぼフルオプション(全メッキ、リア以外のスポイラーを全装着)、ナビはメーカー純正品、インテリアマットも高い方、走行距離1万キロジャスト
無駄なほどのオプションてんこ盛りの車両で低走行にも関わらず車両本体価格は210万円でした。
恐らくオプションなんて無視で価格設定されてます。
不遇の不人気車です。私は得してますが。
【総評】
その辺の車と比べて劣る部分なんてほとんどない。最高の車です。
次の車はBMWの4シリーズMスポが良いと思っています。つまり中途半端な欧州プレミアム(非MスポのBMW、FFアウディなど)と乗り比べて、「グレイスのほうがいい」と結論が出てしまいます。
なによりすごい低価格でコスパ最強のはず。
「この車のレビューをネットで検索して見ているあなた」でも不満に思わせることはないと思います。
是非ご検討を。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
その他
頻度
毎日
重視項目
高級感
スポーティ
ファミリー
快適性
価格
レビュー対象車
中古車

参考になった61

このレビューは参考になりましたか?参考になった

カメラのせしるさん

  • レビュー投稿数:14件
  • 累計支持数:161人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
5件
0件
デジタル一眼カメラ
3件
0件
自動車(本体)
3件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費5
価格4

【エクステリア】
私自身はクーペのようで好きです。周りの評判もいいですね。

【インテリア】
価格帯考えると普通かな。インテリアにこだわらないので私はこれで必要十分ですがDXなのでチープです。

【エンジン性能】
結構いいです。1.8Lクラスに乗っている感覚です。

【走行性能】
一緒に試乗したフィットや社用車で乗っているカローラハイブリッドより相当いいです。プリウスと比べてもカーブなどは楽に感じます。

【乗り心地】
5ナンバーの中ではいい方ではないでしょうか。

【燃費】
1年乗って22.5Km/Lでした。(平均車速27q) 前の車が12km/Lだったのでかなりうれしいです。

【価格】
DXなので値引きは渋かったですが、下取りを中古車販売店より大きく撮ってもらったので、結果的にはずいぶん安く買えました。ただし思ったより納車には時間がかかりました。

【総評】
自宅の駐車場が立体で狭いので車幅1750mm以下かつ1550mm以下の車高の車を探してました。厳しい条件のなかでは気に入っています。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
買い物
頻度
毎日
重視項目
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2015年7月
購入地域
静岡県

新車価格
195万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
15万円

グレイス ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった20

このレビューは参考になりましたか?参考になった

kuwa-chanさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:67人
  • ファン数:0人
満足度4
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費5
価格3

【エクステリア】
セダンとして、なかなか格好良いスタイルだと思いました。
色も赤だったためか、非常にスポーティーな印象です。

【インテリア】
フロントカラスの傾斜角度がチョットきつ過ぎです。
国産車は何故、これほどまでにフロントガラスを寝かせるのでしょうか。
これではまるで、スポーツカーの運転席です。
前席に座ると、屋根に押しつぶされているような気分になり、不愉快でした。
なお、合成皮革の内装は高級感があり良かったです。
また、後席にもエアコンの吹き出し口があるのは、家族にも評判が良かった
です。

【エンジン性能】
トヨタプリウスにも乗ったことがありますので、それとの比較になります。
スタート直後は、モーター音が聞こえ、「ハイブリッド車」を感じる瞬間です。
その後は普通のガソリンエンジン車と何ら変わらない感覚で、特別なクルマ
に乗っている、という感じはあまりしませんでした。
プリウスは、「エンジンがある」ということを感じない妙な運転感覚でした。
なお、エンジンパワーは力不足ということもなく、十分だと感じました。

【走行性能】
エンジンパワーも十分で、意外にもスポーティーで好印象でした。
ただし、グラスエリアが狭くて視界は悪かったです。

【乗り心地】
セダンとしては平均的な乗り心地でしたが、若干固めの足回りかな。
タイトコーナーでは意外にもしなやかに回れました。

【燃費】
旅行先での足として、四日間、長崎市内を走り回りました。
返却のために給油したのは、何と!たったの11リッターでした。

【価格】
レンタカーのため、不明。

【総評】
今まではハイブリッド車を「高価なだけ」のクルマだと思っていました。
今回、グレイスに乗ってみて少し見直すキッカケになりました。
ただし、普段はステップワゴンに乗っているため、室内の狭苦しさだけは評価
できません。(今のカローラも同じですね。)
せっかくハイブリッド専用車として売り出したのだから、居住性にも力を入れて
欲しかったし、そうすればもっと売れたかも知れません。

レビュー対象車
試乗

参考になった18

このレビューは参考になりましたか?参考になった

wyvern6128さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:17人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

【エクステリア】
カラーは、ティンテッドシルバー。割といい色です。本当はブラックが良かったんですが、決算対象車の在庫がなかったので、これにしました。ボディデザインは悪くないと思います。コンパクトカーに無理やり荷室をくっつけたイメージもなく、破綻のないデザインラインだと思います。ただ、ボクシーではないので、最初のうちは車幅感覚が取りにくいかも。

【インテリア】
インテリアそのものは、まあまあ。このクラスなら上質なほうではないでしょうか。しかし、前に乗っていたクルマ(フォレスター SG5)が運転席周りの収納に優れていたので、その点での不満はあります。サングラスやボールペン、メモ帳といった小物を収めるスペースが少ない。仕事で使うにはちょっと不便です。あと、バイザーが安っぽいですね。ビニールのベルト部分にチケットをはさむと、取り出しにくいです。

【エンジン性能】
このクラスにしてはパワーもあるし、安心して走れます。ハイブリッド特有のニュルニュルっとした出足が好きではなかったのですが、フィットやグレイスはそれほどでもないですね。当初購入予定だったアクアよりも性に合っています。

【走行性能】
まだ、納車から1週間ほどなので、無茶はしていませんが、加速や走り出しの感覚もいいし、ペダルのレスポンスも想像以上に敏感。アクセル踏みたくなりますよ。けなしているわけではないですが、アクアを試乗した際は、ベタ踏みでも「・・・」という印象で、高速で合流する時は気を使いそうだなと、ちょっと頼りない感じがしました。

【乗り心地】
セダンを買ったのは初めてですが、快適ですね。前に乗っていたフォレスターがどちらかというと硬めの足回りだったので、余計そう感じるのかもしれません。愛犬も心地よさそうにしています。

【燃費】
まだ120kmほどしか走っていませんが、平均燃費が22km/L。もっと伸びそうですし、こういう表示が出ると、走りがジェントルになります。荒っぽい運転を抑止する効果もあるかもしれませんね。

【価格】
30万〜40万くらい値引いてもらいました。決算対象車だったこともあり、ローンの金利も1.9%でラクです。当初はグレイス、それも新車を買う予定はなかったのですが、この点も決定打になりました。

【総評】
コンパクトセダンというカテゴリーは今不人気ですが、実際に乗ってみるとけっこういいですよ。グレイスはもっと売れてもいいんじゃないかな。僕は、たぶん、このまま乗り続けていくと思います。95点くらいはあげてもいい。満足しています。

比較製品
スバル > フォレスター 2002年モデル
トヨタ > アクア
乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
仕事用
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2015年10月
購入地域
埼玉県

新車価格
204万円
本体値引き額
30万円
オプション値引き額
10万円

グレイス ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった17

このレビューは参考になりましたか?参考になった

yo15さん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:40人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
3件
5件
タブレットPC
1件
2件
ノートパソコン
2件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格4

【エクステリア】5ナンバーの範囲内で空間を確保しつつ、現代的なシャープな印象にまとまっています。

【インテリア】以前のホンダ車は宇宙船みたいなインテリアで、使うのを躊躇してしまうほどでしたが、この車はかなり落ち着いた感じです。装備面では、LXグレードで前席のUSB端子や後席のシガーソケットが装着できないのは残念です。

【エンジン性能】1500ccですが性能は高いように思います。電動モーターのアシストを加え、パワー不足を思わせるシーンはありません。アクセルを踏み込むと、好きな人が喜びそうな低いエンジン音が響きます。

【走行性能】デュアルクラッチに電動モーターを組み合わせたハイブリッドi-DCDは果敢な挑戦と思いますが、細かな加減速の切り替えについては、操縦に慣れるまでは車の応答に違和感を感じることでしょう。ただ、単純な加速・減速や巡航であれば走りに何ら不自然な点はありません。
街乗りから山道まで問題なく走れますが、高速道を駆けるのが最もスムーズで適した車のように思いました。
5ナンバーなので小回りは比較的に効きますが、最小回転半径が5.1メートル程度なのは物足りません。もう少しハンドルの切れ角を大きく取れないものでしょうか(※EXでは5.3メートル)。

【乗り心地】硬めの乗り心地で路面の凸凹をけっこう拾いますが、好みの問題かもしれません。車内は居住空間が広く、走行中も静かで、後席へのエアコン吹出口もあり快適です。シートの座り心地は、特に後席はソファで寛ぐようで非常に優れています。

【燃費】まだ真夏ではありませんが、エアコンを使用しても普通に走って20〜25 km/Lくらい出るのは立派です。高速道路では90 km/h程度までの巡航であればEV走行可能で高い燃費が出ますが、それ以上速度を上げると燃費が落ちます。なお、SモードスイッチをONにしたり、長い勾配を走ったりすると燃費が極端に悪化します。

【価格】この内容であれば、メーカーとしてはかなり利益を削った値段で、ある意味「お買い得」なのではないかと思いましたが、いかがでしょうか。

【総評】最初に運転を始めた時は変速時のショックなど、i-DCDの変な挙動に戸惑い、とても長く乗れたものではないと思ってしまいましたが、走行距離1000 kmを超えたあたりから非常になめらかな乗り心地になってきて(自分が慣れただけか?)大変気に入っています。

乗車人数
3人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2015年5月
購入地域
静岡県

新車価格
204万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
5万円

グレイス ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった13

このレビューは参考になりましたか?参考になった

しんたいろさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:16人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
1件
11件
docomo(ドコモ)携帯電話
1件
3件
SoftBank(ソフトバンク)携帯電話
0件
2件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能5
走行性能3
乗り心地4
燃費5
価格3

【エクステリア】悪くないと思います。

【インテリア】まとまっていていいのですが、温調等のSW関係がタッチパネルになっており、指紋や手油で汚れる。ドアミラーSWが夜間、バックライト内蔵されていないので、夜使いづらい。メーカーオプションのナビは、少々使いづらいですね。慣れるまでは、仕方ないですね。

【エンジン性能】良いと思います。

【走行性能】DCT独特の感覚に成れるまでは、色々と気になりますね。

【乗り心地】運転席のみですが、良いと思います。

【燃費】納入後3日目200km位しか走行してませんが、平均燃費が20Km/Lです。良いんじゃないでしょうか。

【価格】最新技術がてんこ盛りとはいえ、少々高いのでは。営業車として、長距離使用する人には燃費が良いので、元が取れるとは思いますが。

【総評】これまで使用していた5年前のストリームと比較しますと、小粒ですが非常に良いと思います。

乗車人数
1人
使用目的
仕事用
頻度
毎日
重視項目
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2015年6月
購入地域
神奈川県

新車価格
221万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
0円

グレイス ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

momokumoさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:15人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
114件
カーナビ
0件
19件
スマートフォン
0件
7件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格4
 

5月の燃費

N-ONEから買い替えました

 

【エクステリア】
 3ナンバーセダンを見慣れている昨今、5ナンバーセダンはバランスが悪く見えます。
 カローラやプレミオのような古くさいデザインの方が5ナンバーではしっくりきます。
 リアがドラムブレーキですが、性能的はドラムでも不満はありませんが、見た目が良くありません。EXの純正アルミホイールのデザインに工夫があったら良かったのに…
 ヴェゼルのグリーンの外装色があれば、それを選んだと思います。

【インテリア】
価格の割にはまずまずでしょう。
 クロムメッキの多様は嫌いです。
 タッチパネルのエアコンはNG、音声操作を便利に使うしかありません。


【エンジン性能】
 アトキンソン・サイクル・エンジンの特性でしょうか、高速道路では昔の1,500CCに
比べるとパワーが無いような…
 市街地走行には十分過ぎる性能です。

【走行性能】
IMAのFitも持っていますが、それに比べスムースです。
 HVのCMで満島真之介さんが言ってるように「スー」と走ります。
 しかし、このCMはTYOTOWNのCMの出ている満島ひかりさんの弟を起用するとはHONDAもやりますね…
 パドルシフトは、いまいち用途が判りません。
 特にエンジンブレーキが効くわけでも無いですし。

【乗り心地】
 普通に良いです、
 この「普通に」というのがセダンにふさわしい。


【燃費】
 市街地では17Km程度、郊外に向けて走っていると28Kmオーバーに向かって行きます、
 高速道路で時速100Km程度で走ると27Kmを割ってきます。
 IMAに比べると、市街地走行では、エンジンの完全ストップ、電動エアコンが燃費に効いていると思います。


【価格】
 EXには、オートリトラクタブルミラーぐらい標準で付けて欲しかった、DOPで付けました。
 リア・ワイパーの設定が無いのも、どうなのか?

 MOPナビは、バックカメラ、ETC付き、デザインマッチングという事を考慮すると、まあ「少し高いかな」という程度ですが、選択ルートのクセがありすぎ。
 センターからデーターを取ってくるのも時間がかかりすぎ。
 Turn by Turn表示にも惹かれたけど、使ってみての感想は「無くてもいい」。
 本気になれば、あの表示エリアに地図画面の表示だってできるはず。


【満足度】
 S660と同じ程度のお値段ですから、充分満足です。
 DCTは変速ショックも感じられますが、昔のロックアップATとは比較にならない程のできだと思います。
今まで、5気筒+縦置きFF、乾式クラッチ+CVT、常時エンジン稼働のIMA-HVなど、
 HONDAさんの変わったシステムのクルマに乗ってきましたが、DCTも既にHONDAさんは見限っている頃なんでしょうか…

########################################
レビュー入力するのに、値引き額入力必須というシステムはいかがなものか?
########################################

乗車人数
1人
使用目的
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
快適性
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2015年4月
購入地域
兵庫県

新車価格
221万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

グレイス ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Tバリーさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:551人
  • ファン数:0人
満足度4
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費無評価
価格5

今乗っているRAV4との比較になります。
RAV4はH17年式 初期型の2400ガソリンです。
広い室内、高いアイポイント、パワフルなエンジンが気に入っていますが、
10年目を迎え、劣化による振動やナビ、オーディオの古さが気になり始めました。
また、乗り心地の悪さと微妙なアクセルワークがし辛い所が不満点です。

【エクステリア】
やはり写真と実車は違いますね。
5ナンバーでも小さい感じがなく、むしろガッチリとしているように感じました。
リアまわりのデザインもいいですね。
Cピラーの流れていく造形が好きです。
【インテリア】
さすがホンダ。室内は広いです。
165cmの私、155cmの嫁、5歳の娘の3人が乗るのであれば十分です。
後席にジュニアシートを載せさせてもらいましたが、全然余裕がありました。
娘が足を伸ばしても前席につかないほどです
(これは私が短足なせいもありますが^_^;、、)
EXであれば後席のUSB端子が標準装備なのもいいですね。
【エンジン性能】
1500cc+モーターで、非力さは感じませんでした。
高速も試してみたいですね。
たた、静粛性の高さに期待していたのですが、そこはほどほどでした。それなりに車内にエンジン音は入ってきます。
あ、仕事で初期型のアクアに乗っていますが、それよりは遥かに静かです。
【走行性能】
良くも悪くも普通ですね。ただ、私は現車RAV4の飛び出すような出足が気になっているので、とても運転し易かったです。
試乗が終わってから、ずっとエコモードだった事に気付きました。次回はノーマル、スポーツの両モードを試してみたいですね。
【乗り心地】
これは良かったです。現車でよく通る道を試しましたが、マンホールの継ぎ目もトトンといなします。
現車は後輪サスが仕事をしていないようなものなので、これは感激しました。
【燃費】
試乗の為無評価です。
【価格】
コスパは非常に高いと思います。
それにしてもカタログやHPの見せ方がうまいですね。
グレード毎の追加装備が分かりやすいので、結局最上級のEXがいいじゃん!てなってしまいます^_^;
【総評】
老若男女問わず、幅広い層がターゲットになるクルマだと思います。
現車で気になるところが解消され、燃費も倍はいくでしょうから、買い換えたい気持ちが強くなりました。
その気持ちは今は抑えて、年内に出るであろう新型プリウスとも、色々と比較、検討をしたいと思います。

レビュー対象車
試乗

参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

yana007さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:10人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
15件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費5
価格4
   

グレイスEX ティンテッドシルバー(ドライバー息子で、初心者マークは愛嬌)(笑)

   

1/9金曜日に、EX ティンテッドシルバーが納車されました。
本日までの3日で、
満タン納車から、トリップゼロにして、
あちこち走り回って、
走行335km
走行時間9時間36分
平均車速34km
燃費22.6km/L
でした。
インターナビのマイホームページでは、
1572人中73位です。

まだ、慣らしを意識して、ECON onで走り回って感じたことは、
出だしは、もっさり感ありますが、
踏めば、排気量+αの加速感はありますね。

慣らしを終える予定の1000kmまでは、
走りを楽しむのはお預けです。

でも、そう言った走りの中で、一番感動したのが、
静寂性ですね。
高速走行しても、
風きり音が、ほとんど聴こえません。
前席の窓を、走行中に開けても、
不快な風きり音もしません。
エンジン音も、あまり車室内へ聴こえてきません。

高速道路での道路の繋ぎ目等でのロードノイズはやや大き目ですが、
突き上げ感もなしに、吸収してくれるサスしてくれます。

また、車体剛性も、セダンゆえに高く、
走行中のきしみ音などは、皆無ですね。

もう一台のエスティマACR30を所有していますが、
サスの突き上げ感は、比較になりませんが、
遥かに静かです。

乗っていて、車内は、快適に過ごせています。

ただ、気になるのは、パワーウィンドを開ける時の音が、
ザシュって感じのやや雑味のある音が気になるくらいですかね。

それ以外では、やや角張った外観と、クラスを超えた内装の質感、
気になる部分のない良いクルマだと思います。

コンパクトセダンを検討しているユーザーなら、
ト◯タのカロー◯アクシ◯ハイブリットやプリウ◯より、
高級感があって、良いと思いますよ。

元々、燃費の良いコンパクトカーを探していて、
最初、デミオディーゼルを検討していたのですが、
嫁が、
Aピラーが寝ていて、圧迫感があることと、
座った時の座面の低さが気に入らなかったようで、
マイナス査定のようでした。

しかし、グレイスは、
ピラーは寝てはいるが、圧迫感がなく、
座面も、適度な高さと硬さで、
運転もし易いとのことで、
一気に商談が進んだ次第でしたね。

僕的は、デミオディーゼル6MTが、
息子と共に、本命でしたが(笑)

あと、検討者へも参考までに、
最後の値引きアイテムとして、
販売店の中で価格コントロールし易い
コーティングやメンテパックなどは、
交渉次第で、サービス追加となるケースもあるようです。

僕の場合、コーティングは、
契約書にも記載されない裏契約でのサービスアイテムとなりました。
パンフレット記載の価格の1/◯程度の原価みたいですので、
交渉次第で、サービス追加し易いようですよ。
(やばい、販売店に怒られてしまうかも。。。)



乗車人数
3人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
高級感
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2015年1月
購入地域
愛知県

新車価格
221万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
10万円

グレイス ハイブリッドの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

松下宏さん

  • レビュー投稿数:510件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者などを経て自動車評論家として独立。クルマそのものより、クルマとクルマに関係する経済的な話題に詳しい評論家を自負するとともに、安全性の追求についても一家言を持つ。クルマ雑誌各誌…続きを読む

満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費5
価格3

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

ホンダから久々の新型車としてグレイスが登場した。5ナンバー規格に収まるコンパクトなハイブリッドセダンで、ホンダとしてはシビックが絶版になった後に空白となっていた小型セダンのジャンルに改めてチャレンジするクルマになった。

グレイスにはホンダがベイサイドマリーナホテル横浜をベースに開催した試乗会に出席し、用意された広報車両に試乗した。試乗車は上級グレードのEXとベースグレードのLXの2台だった。

外観デザインはセダンとしては相当にカッコ良い。前後のピラー(柱)の傾斜を強め、流れるようなルーフラインで構成されるダイナミックなフォルムを特徴とする。低く構えフロントノーズには先進感のあるLEDヘッドランプが採用されている。

基本プラットホームはフィット系と共通で、ホイールベースを延長することで室内に広々とした空間を作っている。後席の居住空間はホンダ車では上級セダンのアコードに匹敵する広さとを。確保したとのことで、大人がゆったり座れる広さがある。

コンパクトクラスなのに上級車クラスを上回る広さを持つのは下克上ともいえるもの。グレイスの後席にはたっぷりの足元空間が広がっている。これはショールームで実際に座って確認すると良い。広さに驚くとと思う。

インテリアは大半の部分が専用にデザインされ、心地好さや上質さが追求されている。フィットと共通なのはセレクターレバーやメーターパネルのディスプレーなど、ごく一部にとどまる。トランクは430Lの容量があり、ゴルフバッグを3個積めるという。パッケージングで頑張ったクルマといえる。

デザインやパッケージングの良さから、グレイスは改めてセダンの魅力をアピールするクルマになっていると思う。今の日本ではミニバンかコンパクト&軽自動車に売れ行きが集中しているが、オーソドックスなセダンを求めるユーザーがなくなったわけではない。そうしたユーザーにマッチするクルマになるだろう。

走行メカニズムは基本的にフィットと共通だ。スポーツハイブリッドi-DCDと呼ぶもので、アトキンソンサイクルの燃焼方式を採用した効率の良い1.5Lエンジンに、高出力モーターを内蔵したデュアルクラッチを組み合わせている。1モータータイプののハイブリッドながら、モーターだけで走るEV走行も可能で、最も燃費の良いグレードは34.4km/Lの低燃費を実現している。

走りはスムーズそのものだ。燃費優先のモードであるECONスイッチをONにして走り出せば、発進は基本的にモーターだけのEV走行になる。電池の残量に応じてエンジンが始動してハイブリッド走行になり、市街地などはEVとハイブリッドを自在に切り替えて走る。ドライバーは何も意識することなく、常に燃費の良い状態で走れるのだ。

中間加速はエンジンにモーターを足し算したハイブリッド車としての走行で、力強い加速が得られる。ちなみに、システムとして出力できるのは、101kW/170N・mだから1800cc級のエンジンの搭載車に匹敵する動力性能を持つ。

高速クルージングでは状況に応じてエンジン走行とハイブリッド走行を切り替えて走る。これもドライバーが意識することなくクルマが最適の走り選択して走るのだ。

走行感覚は全体に洗練された印象で、セダンにふさわしい落ち着いた走りのフィールが味わえる。市街地や高速クルージングなどでは静粛性も高いレベルにある。ほかの音がほとんどない発進直後には、ウィーンというモーター音がかすかに聞こえるが、走り出してしまえばそれも気にならなくなる。元気良く走らせたときに一定程度に入ってくるエンジン音は、走りの実感につながるものでもある。

乗り心地も極めて快適だ。ホイールベースが長くなったことが乗り心地に貢献しているほか、後輪に液封コンプライアンスブッシュと呼ぶ部品を採用し、不快な振動を遮断する仕組みにしたことが効果を発揮している。

グレイスには追突軽減ブレーキやサイド&カーテンエアバッグをセットにしたあんしんパッケージが最上級グレードのEXに標準、ほかのグレードにはオプションで用意されている。

グレイスの追突軽減ブレーキは赤外線を使った近距離・低速用の簡易型だが、今どきのクルマ選びでは追突軽減ブレーキは絶対の必需品である。オプションも含めて装着車を選びたい。

最後に、フィットやヴェゼルがリコールを繰り返したパワートレーンについて質問した。フィットやヴェゼルで悪いところを出し切ったほか、グレイスも発売時期を大幅に遅らせて品質の確認をしているので大丈夫とのこと。もちろん絶対ということはあり得ないが、万全の対応をした上で発売したとのことだった。

レビュー対象車
試乗

参考になった41

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

グレイス ハイブリッド 2014年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格を見る

グレイス ハイブリッド
ホンダ

グレイス ハイブリッド

新車価格:201〜264万円

中古車価格:40〜244万円

グレイス ハイブリッド 2014年モデルをお気に入り製品に追加する <129

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

グレイスハイブリッドの中古車 (392物件)

qoo10
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意