『プレミアム・コンパクトとして非常にバランスが取れている!!』 オリンパス OLYMPUS STYLUS 1s CB雄スペンサーさんのレビュー・評価

2014年11月14日 発売

OLYMPUS STYLUS 1s

焦点距離表示に対応した全域F2.8の光学10.7倍ズームレンズ搭載デジタルカメラ

OLYMPUS STYLUS 1s 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします

中古
最安価格(税込):
¥37,950 (9製品)


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

画素数:1276万画素(総画素)/1200万画素(有効画素) 光学ズーム:10.7倍 撮影枚数:450枚 OLYMPUS STYLUS 1sのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • OLYMPUS STYLUS 1sの価格比較
  • OLYMPUS STYLUS 1sの中古価格比較
  • OLYMPUS STYLUS 1sの買取価格
  • OLYMPUS STYLUS 1sの店頭購入
  • OLYMPUS STYLUS 1sのスペック・仕様
  • OLYMPUS STYLUS 1sの純正オプション
  • OLYMPUS STYLUS 1sのレビュー
  • OLYMPUS STYLUS 1sのクチコミ
  • OLYMPUS STYLUS 1sの画像・動画
  • OLYMPUS STYLUS 1sのピックアップリスト
  • OLYMPUS STYLUS 1sのオークション

OLYMPUS STYLUS 1sオリンパス

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2014年11月14日

  • OLYMPUS STYLUS 1sの価格比較
  • OLYMPUS STYLUS 1sの中古価格比較
  • OLYMPUS STYLUS 1sの買取価格
  • OLYMPUS STYLUS 1sの店頭購入
  • OLYMPUS STYLUS 1sのスペック・仕様
  • OLYMPUS STYLUS 1sの純正オプション
  • OLYMPUS STYLUS 1sのレビュー
  • OLYMPUS STYLUS 1sのクチコミ
  • OLYMPUS STYLUS 1sの画像・動画
  • OLYMPUS STYLUS 1sのピックアップリスト
  • OLYMPUS STYLUS 1sのオークション

『プレミアム・コンパクトとして非常にバランスが取れている!!』 CB雄スペンサーさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

OLYMPUS STYLUS 1sのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:16件
  • 累計支持数:327人
  • ファン数:9人

よく投稿するカテゴリ

バイク(本体)
2件
391件
一眼レフカメラ(フィルム)
3件
27件
デジタルカメラ
2件
5件
もっと見る
満足度5
デザイン4
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感3
プレミアム・コンパクトとして非常にバランスが取れている!!

 私はコンデジの液晶モニターを見ながらの撮影には違和感があり、ファインダーを覗きながら撮影ができるモデルが欲しかったのですが、EVFのタイムラグや、実際の撮影場面とファインダー画面の輝度差が気になり、とても購入する気にはなれませんでした。しかし、この製品に出会って、そのイメージは全く変わりました。日中の通常撮影では、ほとんど違和感を感じず、下手な一眼よりも大きめの視野は、撮影の楽しさを実感させてくれます。(夜間撮影では、若干のタイムラグが出ます。)

 オリンパスは、世界で初めて胃カメラを開発し、医療光学機器分野では全世界のトップシェアを誇るだけあり、その小型・軽量・高性能化技術の高さが本製品にも充分生かされていると思われます。大のニコン党の私でしたが、驚いたことに実際に同価格帯のクールピクス、パワーショット、サイバーショット、ルミックス等と比較して、私の要求を最も満たしてくれたのが本機でした。(たかだかコンデジなので、5万円以上のモデルは、比較対象としていませんので悪しからず。)

以下は、評価項目に従って記述します。

【デザイン】 ボディーの骨格部分は金属(マグネシウム合金?)を多用しており、ダイヤル類までアルミ削り出し部品を使用している点などは、もはやコンデジの域を超えています。

【画質】 スペックでは1/1.7型サイズのCMOSセンサーなので、他のプレミアム・コンパクトが軒並み1/1サイズを採用していることと比べると見劣りしますが、レンズ性能が良いのか撮影結果では見劣りしません。むしろ、フルサイズ換算で28o〜300o相当まで全域 f2.8の明るさを保ちながら、コンパクトさを追求するための必然だと思います。ベテランカメラマンの方ならお判りだと思いますが、これ一台で日常撮影する領域の95%以上をカバーしてしまいますので、非常に通好みのスペックでしょう。更に、高性能レンズを何枚も採用し、センサーの性能を充分引き出せていますので、バランスの良いコスト配分がなされているといえます。

 他社1/1型サイズ製品でも、実際の撮影結果ではセンサーの性能にレンズ性能が追いついておらず、画像周辺部分の描写が本品よりも見劣りするものも見受けられます。(本機でも、35oより広角では僅かに周辺画像の流れが出ますが、高ズーム比のコンデジとしては充分高性能でしょう。)

【操作性】 ダイヤル配置がフイルム一眼のようにオーソドックスで、さらに設定により撮影モードごとに自分好みにカスタマイズできるため非常に良いです。ファインダーの明るさも含め、設定できる項目が多いので最初は戸惑うかもしれませんが、慣れれば問題ありません。フイルム一眼の単焦点レンズに慣れ親しんだ私には、ステップズーム機能も、非常に有り難いです。

【バッテリー】 丸2日〜3日撮影するぐらいは充分持ちます。しかし、動画の撮影では消耗が激しいので、予備を用意しておいたほうが無難でしょう。(純正は高価なので、中国製互換バッテリーでも充分です。)

【携帯性】 固定式EVF付きモデルとしては、非常に優れています。電源OFFでレンズを沈胴させれば、ワイシャツは無理ですがコートのポケットにならなんとか入るぐらいの大きさになります。
 私がコンデジに求めるものは、ファインダー付きでありながら気兼ねなくいつでも持ち歩ける小型軽量であることが絶対条件です。(撮影が目的で出かけるときで、大きく嵩張っても良いなら一眼を持ち歩きますので。)

【機能性】 初心者からベテランまで、間口が広くて使いこなす楽しみがあります。特に優れているのは、レンズシャッターなのでFP発光せずとも1/2000秒までストロボと同調する事と、電子音offでシャッター音が極小にできる事や、画面サイズが小さいが故に焦点深度が深く、手振れ軽減機能とあいまって、高速シャッターを使えばマクロ撮影が手持ちでもそこそこできてしまうことでしょう。動いている昆虫や、そよ風に揺れる花の撮影など、焦点深度を稼ぐために、シャッター速度を低めにしてでも大きな絞り値を使わなければならないフルサイズ一眼では、決して真似できない芸当です。

【液晶】 背面のパネルもEVF同様、明るい屋外でも暗い夜間でも見やすく、チルト機能も便利です。但し、ボディーがコンパクトであるがゆえに、しっかりホールドしようとすると右手親指が背面パネルに当たりることも多く、タッチパネルによるシャッターレリーズされてしまうのは厄介です。私は普段、タッチパネル・シャッター機能をoffにして使っていますが、必要な時にいちいちonに設定しなおすのが煩わしいです。パネルのフリーアングル機能をつけてもらえれば、反転収納させてこの問題が解決でき、さらに液晶保護にもなるうえ、スマホを使わなくても自撮りもできるので、ぜひ改良してほしいものです。

【ホールド感】 コンパクトが故に、ややホールド感は劣りますが専用革ケースを使用すればそこそこ改善されます。ただ実売価格が8,000円もするのが難点です。

【欠点】 フィルター使用時にはメーカー指定のコンバージョンレンズ用アダプターを使っても、広角側で画面の四隅に必ずケラレが生じます。それにアダプターを付けたままでは沈胴レンズの意味がなく、付属の自動開閉式レンズキャップも使えないので、このカメラの魅力が半減してしまいます。

 また、外部ストロボをボディーから離して使用するには、RCコントロールモードを使用するしかなく、撮影レンズの光軸に近い内臓ストロボをマスターコントローラーとして発光させなければなりませんが、この光が邪魔になる時もあります。ぜひ、ホットシューからワイヤードで外部ストロボに接続できる50p〜1mぐらいのケーブルを発売してほしいと思います。

【総合】 実売価格が約40,000円のカメラとは思えないほど、非常にコストパフォーマンスに優れています。一眼のサブカメラとしての使用にも耐えうるコンデジとして、本当に必要な性能を、大きさ・重さ・性能・価格をバランスよく設計開発されている優秀な商品です。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景
室内

参考になった31人(再レビュー後:14人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶4
ホールド感4
プレミアム・コンパクトとして非常にバランスが取れている!!

 私はコンデジの液晶モニターを見ながらの撮影には違和感があり、ファインダーを覗きながら撮影ができるモデルが欲しかったのですが、EVFのタイムラグや、実際の撮影場面とファインダー画面の輝度差が気になり、とても購入する気にはなれませんでした。しかし、この製品に出会って、そのイメージは全く変わりました。通常撮影では、ほとんど違和感を感じず、下手な一眼よりも大きめの視野は、撮影の楽しさを実感させてくれます。
 
 オリンパスは、世界で初めて胃カメラを開発し、医療光学機器分野では全世界のトップシェアを誇るだけあり、その小型・軽量・高性能化技術の高さが本製品にも充分生かされていると思われます。同社のカメラを自分で購入したのは初めてですが、実際に同価格帯のクールピクス、パワーショット、サイバーショット、ルミックス等と比較して、私の要求を最も満たしてくれました。(たかだかコンデジに5万円以上出す気はないので、それ以上の価格のモデルは比較対象外としましたので悪しからず。)

以下は、評価項目に従って記述します。

【デザイン】 内臓ストロボや電池室蓋を除き金属外装を多用しており、もはやコンデジの域を超えています。フィルム一眼の名器OMシリーズを彷彿させるデザインも非常にGood!!

【画質】 スペックでは1/1.7型サイズのCMOSセンサーなので、他のプレミアム・コンパクトが軒並み1/1サイズを採用していることと比べると見劣りしますが、レンズ性能が良いのか撮影結果では全く見劣りしません。むしろ、フルサイズ換算で28o〜300o相当まで全域 f2.8の明るさを保ちながら、コンパクトさを追求するための必然だと思います。その分、高性能レンズを何枚も採用し、センサーの性能を充分引き出せていますので、バランスの良いコスト配分がなされているといえるでしょう。
 同程度の光学ズーム倍率の1/1サイズでは、本製品と同じ明るさを実現しようとすると、レンズが大きく重く、かつコストUPに繋がります。他社1/1型サイズ製品でも、実際の撮影結果ではセンサーの性能にレンズ性能が追いついておらず、画像周辺部分の描写が本品よりも見劣りするものが多いです。

【操作性】 ダイヤル配置がフイルム一眼のようにオーソドックスで、さらに設定により撮影モードごとに自分好みにカスタマイズできるため、非常に良いです。ファインダーの明るさも含め、設定できる項目が多いので最初は戸惑うかもしれませんが、慣れれば問題ありません。フイルム一眼の単焦点レンズに慣れ親しんだ私には、ステップズーム機能も、非常にありがたいです。

【バッテリー】 丸1日撮影するぐらいは充分持ちます。しかし、動画の撮影では消耗が激しいので、予備を用意しておいたほうが無難でしょう。ただ、純正の電池1個が約5,000円は高価です。(少し持ちは悪いですが、中国製互換バッテリーでも問題なく動作しています。)

【携帯性】 固定式EVF付きモデルとしては、非常に優れています。電源OFFでレンズを沈胴させれば、ワイシャツは無理ですがコートのポケットになら入るぐらいの大きさになります。
 私がコンデジに求めるものは、ファインダー付きでありながら気兼ねなくいつでも持ち歩ける小型軽量コンパクトであることが絶対条件です。(撮影が目的で出かけるときで、大きく嵩張っても良いなら一眼を持ち歩きますので。)

【機能性】 初心者からベテランまで、間口が広くて使いこなす楽しみがあります。特に優れているのは、レンズシャッターなのでFP発光せずとも1/2000秒までストロボと同調することと、画面サイズが小さいが故にレンズの焦点距離が短いため焦点深度が深く、手振れ軽減機能とあいまって、高速シャッターを使えばマクロ撮影が手持ちでもそこそこできてしまうことでしょう。動いている昆虫や、そよ風に揺れる花の撮影など、焦点深度を稼ぐために、シャッター速度を低めにしてでも大きな絞り値を使わなければならないフルサイズ一眼では、決して真似できない芸当です。

【液晶】 背面のパネルもEVF同様、明るい屋外でも暗い夜間でも見やすく、チルト機能も便利です。但し、ボディーがコンパクトであるがゆえに、しっかりホールドしようとすると右手親指が背面パネルに当たりることも多く、タッチパネルによるシャッターレリーズされてしまうのは厄介です。私は普段、タッチパネル・シャッター機能をoffにして使っていますが、必要な時にいちいちonに設定しなおすのが煩わしいです。パネルのフリーアングル機能をつけてもらえれば、反転収納させてこの問題が解決でき、さらに液晶保護にもなるうえ、スマホを使わなくても自撮りもできるので、ぜひ改良してほしいものです。

【ホールド感】 コンパクトが故に、ややホールド感は劣りますが専用革ケースを使用すればそこそこ改善されます。ただ実売価格が8,000円もするのが難点です。

【欠点】 フィルター使用時にはメーカー指定のコンバージョンレンズ用アダプターを使っても、広角側で画面の四隅に必ずケラレが生じます。それにアダプターを付けたままでは沈胴レンズの意味がなく、付属の自動開閉式レンズキャップも使えないので、このカメラの魅力が半減してしまいます。

 また、外部ストロボをボディーから離して使用するには、RCコントロールモードを使用するしかなく、撮影レンズの光軸に近い内臓ストロボをマスターコントローラーとして発光させなければなりませんが、この光が邪魔になる時もあります。ぜひ、ホットシューからワイヤードで外部ストロボに接続できる50p〜1mぐらいのケーブルを発売してほしいと思います。

【総合】 実売価格が約40,000円のカメラとは思えないほど、非常にコストパフォーマンスに優れています。単なるスペック競争に走るのではなく、あくまでコンデジとして、大きさ・重さ・性能・価格をバランスよく設計開発されており、結果的に数字には表れない優秀な商品となっています。あくまでコンデジの範疇で考えるのなら、私は95点の評価をさせて頂きます。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景
室内

参考になった9

満足度5
デザイン4
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶4
ホールド感4
プレミアム・コンパクトとして非常にバランスが取れている!!

 私はコンデジの液晶モニターを見ながらの撮影には違和感があり、ファインダーを覗きながら撮影ができるモデルが欲しかったのですが、EVFのタイムラグや、実際の撮影場面とファインダー画面の輝度差が気になり、とても購入する気にはなれませんでした。しかし、この製品に出会って、そのイメージは全く変わりました。通常撮影では、ほとんど違和感を感じず、下手な一眼よりも大きめの視野は、撮影の楽しさを実感させてくれます。
 
 オリンパスは、世界で初めて胃カメラを開発し、医療光学機器分野では全世界のトップシェアを誇るだけあり、その小型・軽量・高性能化技術の高さが本製品にも充分生かされていると思われます。同社のカメラを自分で購入したのは初めてですが、実際に同価格帯のクールピクス、パワーショット、サイバーショット、ルミックス等と比較して、私の要求を最も満たしてくれました。(たかだかコンデジに5万円以上出す気はないので、それ以上の価格のモデルは比較対象外としましたので悪しからず。)

以下は、評価項目に従って記述します。

【デザイン】 さすがにプラスチックボディーなので高級感はありませんが、かつてのフィルム一眼の名器OM-1を彷彿させるデザインは中々Good!!

【画質】 スペックでは1/1.7型サイズのCMOSセンサーなので、他のプレミアム・コンパクトが軒並み1/1サイズを採用していることと比べると見劣りしますが、レンズ性能が良いのか撮影結果では全く見劣りしません。むしろ、フルサイズ換算で28o〜300o相当まで全域 f2.8の明るさを保ちながら、コンパクトさを追求するための必然だと思います。その分、高性能レンズを何枚も採用し、センサーの性能を充分引き出せていますので、バランスの良いコスト配分がなされているといえるでしょう。
 同程度の光学ズーム倍率の1/1サイズでは、本製品と同じ明るさを実現しようとすると、レンズが大きく重く、かつコストUPに繋がります。他社1/1型サイズ製品でも、実際の撮影結果ではセンサーの性能にレンズ性能が追いついておらず、画像周辺部分の描写が本品よりも見劣りする画質のものも見受けられるようです。

【操作性】 ダイヤル配置がフイルム一眼のようにオーソドックスで、さらに設定により撮影モードごとに自分好みにカスタマイズできるため、非常に良いです。ファインダーの明るさも含め、設定できる項目が多いので最初は戸惑うかもしれませんが、慣れれば問題ありません。フイルム一眼の単焦点レンズに慣れ親しんだ私には、ステップズーム機能も、非常にありがたいです。

【バッテリー】 丸1日撮影するぐらいは充分持ちます。しかし、動画の撮影では消耗が激しいので、予備を用意しておいたほうが無難でしょう。ただ、純正の電池1個が約5,000円は高価です。(少し持ちは悪いですが、中国製互換バッテリーでも問題なく動作しています。)

【携帯性】 固定式EVF付きモデルとしては、非常に優れています。電源OFFでレンズを沈胴させれば、ワイシャツは無理ですがコートのポケットになら入るぐらいの大きさになります。
 私がコンデジに求めるものは、ファインダー付きでありながら気兼ねなくいつでも持ち歩ける小型軽量コンパクトであることが絶対条件です。(撮影が目的で出かけるときで、大きく嵩張っても良いなら一眼を持ち歩きますので。)

【機能性】 初心者からベテランまで、間口が広くて使いこなす楽しみがあります。特に優れているのは、レンズシャッターなのでFP発光せずとも1/2000秒までストロボと同調することと、画面サイズが小さいが故にレンズの焦点距離が短いため焦点深度が深く、手振れ軽減機能とあいまって、高速シャッターを使えばマクロ撮影が手持ちでもそこそこできてしまうことでしょう。動いている昆虫や、そよ風に揺れる花の撮影など、焦点深度を稼ぐために、シャッター速度を低めにしてでも大きな絞り値を使わなければならないフルサイズ一眼では、決して真似できない芸当です。

【液晶】 背面のパネルもEVF同様、明るい屋外でも暗い夜間でも見やすく、チルト機能も便利です。但し、ボディーがコンパクトであるがゆえに、しっかりホールドしようとすると右手親指が背面パネルに当たりることも多く、タッチパネルによるシャッターレリーズされてしまうのは厄介です。私は普段、タッチパネル・シャッター機能をoffにして使っていますが、必要な時にいちいちonに設定しなおすのが煩わしいです。パネルのフリーアングル機能をつけてもらえれば、反転収納させてこの問題が解決でき、さらに液晶保護にもなるうえ、スマホを使わなくても自撮りもできるので、ぜひ改良してほしいものです。

【ホールド感】 コンパクトがゆえに、ややホールド感は劣りますが専用革ケースを使用すればそこそこ改善されます。ただ実売価格が8,000円もするのが難点です。

【欠点】 フィルター使用時にはメーカー指定のコンバージョンレンズ用アダプターを使っても、広角側で画面の四隅に必ずケラレが生じます。それにアダプターを付けたままでは沈胴レンズの意味がなく、付属の自動開閉式レンズキャップも使えないので、このカメラの魅力が半減してしまいます。

 また、外部ストロボをボディーから離して使用するには、RCコントロールモードを使用するしかなく、撮影レンズの光軸に近い内臓ストロボをマスターコントローラーとして発光させなければなりませんが、この光が邪魔になるときもあります。ぜひ、ホットシューからワイヤードで外部ストロボに接続できる50p〜1mぐらいのケーブルを発売してほしいと思います。

【総合】 実売価格が約40,000円のカメラとは思えないほど、非常にコストパフォーマンスに優れています。単なるスペック競争に走るのではなく、あくまでコンデジとして、大きさ・重さ・性能・価格をバランスよく設計開発されており、結果的に数字には表れない優秀な商品となっています。あくまでコンデジの範疇で考えるのなら、私は95点の評価をさせて頂きます。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景
室内

参考になった1

満足度5
デザイン4
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶4
ホールド感4
プレミアム・コンパクトとして非常にバランスが取れている!!

 私はコンデジの液晶モニターを見ながらの撮影には違和感があり、ファインダーを覗きながら撮影ができるモデルが欲しかったのですが、EVFのタイムラグや、実際の撮影場面とファインダー画面の輝度差が気になり、とても購入する気にはなれませんでした。しかし、この製品に出会って、そのイメージは全く変わりました。通常撮影では、ほとんど違和感を感じず、下手な一眼よりも大きめの視野は、撮影の楽しさを実感させてくれます。
 
 オリンパスは、世界で初めて胃カメラを開発し、医療光学機器分野では全世界のトップシェアを誇るだけあり、その小型・軽量・高性能化技術の高さが本製品にも充分生かされていると思われます。同社のカメラを自分で購入したのは初めてですが、実際に同価格帯のクールピクス、パワーショット、サイバーショット、ルミックス等と比較して、私の要求を最も満たしてくれました。(たかだかコンデジに5万円以上出す気はないので、それ以上の価格のモデルは比較対象外としましたので悪しからず。)

以下は、評価項目に従って記述します。

【デザイン】 さすがにプラスチックボディーなので高級感はありませんが、かつてのフィルム一眼の名器OM-1を彷彿させるデザインは中々Good!!

【画質】 スペックでは1/1.7型サイズのCMOSセンサーなので、他のプレミアム・コンパクトが軒並み1/1サイズを採用していることと比べると見劣りしますが、レンズ性能が良いのか撮影結果では全く見劣りしません。むしろ、フルサイズ換算で28o〜300o相当まで全域 f2.8の明るさを保ちながら、コンパクトさを追求するための必然だと思います。その分、高性能レンズを何枚も採用し、センサーの性能を充分引き出せていますので、バランスの良いコスト配分がなされているといえるでしょう。
 同程度の光学ズーム倍率の1/1サイズでは、本製品と同じ明るさを実現しようとすると、レンズが大きく重く、かつコストUPに繋がります。他社1/1型サイズ製品でも、実際の撮影結果ではセンサーの性能にレンズ性能が追いついておらず、画像周辺部分の描写が本品よりも見劣りする画質のものも見受けられるようです。

【操作性】 ダイヤル配置がフイルム一眼のようにオーソドックスで、さらに設定により撮影モードごとに自分好みにカスタマイズできるため、非常に良いです。ファインダーの明るさも含め、設定できる項目が多いので最初は戸惑うかもしれませんが、慣れれば問題ありません。フイルム一眼の単焦点レンズに慣れ親しんだ私には、ステップズーム機能も、非常にありがたいです。

【バッテリー】 丸1日撮影するぐらいは充分持ちます。しかし、動画の撮影では消耗が激しいので、予備を用意しておいたほうが無難でしょう。ただ、純正の電池1個が約5,000円は高価です。(少し持ちは悪いですが、中国製互換バッテリーでも問題なく動作しています。)

【携帯性】 固定式EVF付きモデルとしては、非常に優れています。電源OFFでレンズを沈胴させれば、ワイシャツは無理ですがコートのポケットになら入るぐらいの大きさになります。
 私がコンデジに求めるものは、ファインダー付きでありながら気兼ねなくいつでも持ち歩ける小型軽量コンパクトであることが絶対条件です。(撮影が目的で出かけるときで、大きく嵩張っても良いなら一眼を持ち歩きますので。)

【機能性】 初心者からベテランまで、間口が広くて使いこなす楽しみがあります。特に優れているのは、レンズシャッターなのでFP発光せずとも1/2000秒までストロボと同調することと、画面サイズが小さいが故にレンズの焦点距離が短いため焦点深度が深く、手振れ軽減機能とあいまって、高速シャッターを使えばマクロ撮影が手持ちでもそこそこできてしまうことでしょう。動いている昆虫や、そよ風に揺れる花の撮影など、焦点深度を稼ぐために、シャッター速度を低めにしてでも大きな絞り値を使わなければならないフルサイズ一眼では、決して真似できない芸当です。

【液晶】 背面のパネルもEVF同様、明るい屋外でも暗い夜間でも見やすく、チルト機能も便利です。但し、ボディーがコンパクトであるがゆえに、しっかりホールドしようとすると右手親指が背面パネルに当たりることも多く、タッチパネルによるシャッターレリーズされてしまうのは厄介です。私は普段、タッチパネル・シャッター機能をoffにして使っていますが、必要な時にいちいちonに設定しなおすのが煩わしいです。パネルのフリーアングル機能をつけてもらえれば、反転収納させてこの問題が解決でき、さらに液晶保護にもなるうえ、スマホを使わなくても自撮りもできるので、ぜひ改良してほしいものです。

【ホールド感】 コンパクトがゆえに、ややホールド感は劣りますが専用革ケースを使用すればそこそこ改善されます。ただ実売価格が8,000円もするのが難点です。

【欠点】 メーカー指定のコンバージョンレンズ用アダプターを使っても、広角側で画面の四隅に必ずケラレが生じます。それにアダプターを付けたままでは沈胴レンズの意味がなく、付属の自動開閉式レンズキャップも使えないので、このカメラの魅力が半減してしまいます。事実上フィルターやフードが使えないに等しいです。
 また、外部ストロボをボディーから離して使用するには、RCコントロールモードを使用するしかなく、撮影レンズの光軸に近い内臓ストロボをマスターコントローラーとして発光させなければなりませんが、この光が邪魔になるときもあります。ぜひ、ホットシューからワイヤードで外部ストロボに接続できる50p〜1mぐらいのケーブルを発売してほしいと思います。

【総合】 実売価格が約40,000円のカメラとは思えないほど、非常にコストパフォーマンスに優れています。単なるスペック競争に走るのではなく、あくまでコンデジとして、大きさ・重さ・性能・価格をバランスよく設計開発されており、結果的に数字には表れない優秀な商品となっています。あくまでコンデジの範疇で考えるのなら、私は95点の評価をさせて頂きます。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景
室内

参考になった0

満足度5
デザイン4
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感4
プレミアム・コンパクトとして非常にバランスが取れている!!

 私はコンデジの液晶モニターを見ながらの撮影には違和感があり、ファインダーを覗きながら撮影ができるモデルが欲しかったのですが、EVFのタイムラグや、実際の撮影場面と画面の輝度差が気になり、とても購入する気にはなれませんでした。しかし、この製品に出会って、そのイメージは全く変わりました。通常撮影では、ほとんど違和感を感じず、下手な一眼よりも大きめの視野は、撮影の楽しさを実感させてくれます。
 
 オリンパスは、世界で初めて胃カメラを開発し、医療光学機器メーカーとしては全世界のトップシェアを誇るだけあり、その小型・軽量・高性能化技術の高さが本製品にも充分生かされていると思われます。同社のカメラを自分で購入したのは初めてですが、実際に同価格帯のクールピクス、パワーショット、サイバーショット、ルミックス等と比較して、私の要求を最も満たしてくれました。(たかだかコンデジに5万円以上出す気はないので、それ以上の価格のモデルは比較対象外としましたので悪しからず。)

以下は、評価項目に従って記述します。

【デザイン】 さすがにプラスチックボディーなので高級感はありませんが、かつてのフィルム一眼の名器OM-1を彷彿させるデザインは中々Good!!

【画質】 スペックでは1/1.7サイズのCMOSセンサーなので、他のプレミアム・コンパクトが軒並み1/1サイズを採用していることと比べると見劣りしますが、レンズ性能が良いのか撮影結果では全く見劣りしません。むしろ、フルサイズ換算で28o〜300o相当まで全域 f2.8の明るさを保ちながら、コンパクトさを追求するための必然だと思います。その分、高性能レンズを何枚も採用し、センサーの性能を充分引き出せています。
 同程度の光学ズーム倍率の1/1サイズでは、レンズが大きく重く、かつコストUPに繋がりますので、実際の撮影結果では本品よりも見劣りする画質のものも見受けられるようです。

【操作性】 ダイヤル配置がフイルム一眼のようにオーソドックスで、さらに設定により自分好みにカスタマイズできるため、非常に良いです。ファインダーの明るさも含め、設定できる項目が多いので最初は戸惑うかもしれませんが、慣れれば問題ありません。

【バッテリー】 丸1日撮影するぐらいは充分持ちます。しかし、動画の撮影では消耗が激しいので、予備を用意しておいたほうが無難でしょう。ただ、純正の電池1個が約5,000円は高価です。(少し持ちは悪いですが、中国製互換バッテリーでも問題なく動作しています。)

【携帯性】 固定式EVF付きモデルとしては、非常に優れています。電源OFFでレンズを沈胴させれば、ワイシャツは無理ですがコートのポケットになら入るぐらいの大きさになります。
 私がコンデジに求めるものは、ファインダー付きでありながら気兼ねなくいつでも持ち歩ける小型軽量コンパクトであることが絶対条件です。(撮影が目的で出かけるときで、大きく嵩張っても良いなら一眼を持ち歩きますので。)

【機能性】 初心者からベテランまで、間口が広くて使いこなす楽しみがあります。特に優れているのは、レンズシャッターなのでFP発光せずとも1/2000秒までストロボと同調することと、画面サイズが小さいが故にレンズの焦点距離が短いため焦点深度が深く、手振れ軽減機能とあいまってマクロ撮影が手持ちでもそこそこできてしまうことでしょう。フルサイズ一眼では、決して真似できない芸当です。

【液晶】 背面のパネルもEVF同様、明るい屋外でも暗い夜間でも見やすく、チルト機能も便利です。

【ホールド感】 コンパクトがゆえに、ややホールド感は劣りますが専用革ケースを使用すればそこそこ改善されます。ただ実売価格が8,000円もするのが難点です。

【総合】 実売価格が約40,000円のカメラとは思えないほど、非常にコストパフォーマンスに優れています。一つだけ残念なのは、事実上フィルターが使えないことでしょうか。メーカー指定のコンバージョンレンズ用アダプターを使っても、広角側で画面の四隅に必ずケラレが生じます。それにアダプターを付けたままでは沈胴レンズの意味がなく、付属の自動開閉式レンズキャップも使えないので、このカメラの魅力が半減してしまいます。あくまでコンデジの範疇で考えるのなら、95点の評価ができると思います。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景
室内

参考になった7

 
 
 
 
 
 

「OLYMPUS STYLUS 1s」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
結局コレが一番のカメラです  5 2020年10月15日 15:37
サブ機には最高.バンド撮影に大活躍  5 2019年7月17日 16:50
ズームレンズは明るいf2.8  3 2019年2月11日 18:45
一眼レフの代わりに  4 2017年12月14日 10:56
オールラウンダー  4 2017年1月16日 02:14
使いやすいコンデジ  4 2016年12月3日 22:30
付いてないものは、機能良いとこ取りデジカメ  5 2016年10月24日 16:53
小さな巨人  5 2016年9月1日 13:18
測光連動OFF 画質が明るくなった!  5 2016年6月15日 10:59
写真が楽しくなりました  5 2016年5月2日 23:52

OLYMPUS STYLUS 1sのレビューを見る(レビュアー数:33人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

OLYMPUS STYLUS 1sのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

OLYMPUS STYLUS 1s
オリンパス

OLYMPUS STYLUS 1s

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2014年11月14日

OLYMPUS STYLUS 1sをお気に入り製品に追加する <507

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

viibee
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタルカメラ)

ご注意