スバル レガシィ アウトバック 2014年モデルレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > スバル > レガシィ アウトバック 2014年モデル

レガシィ アウトバック 2014年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みグレード別にレビューを絞り込めます。モデルの絞り込みを解除すると全てのレビューが表示されます。

選択中のモデル:レガシィ アウトバック 2014年モデル 絞り込みを解除する

グレード発売日発売区分レビュー件数
B-SPORT 2019年11月8日 マイナーチェンジ 1人
Limited 2019年11月8日 マイナーチェンジ 2人
X-BREAK 2019年11月8日 マイナーチェンジ 1人
Limited 2018年10月4日 マイナーチェンジ 2人
X-BREAK 2018年10月4日 マイナーチェンジ 8人
Limited 2017年10月5日 マイナーチェンジ 13人
ベースグレード 2017年10月5日 マイナーチェンジ 1人
Limited 2016年10月3日 マイナーチェンジ 13人
ベースグレード 2016年10月3日 マイナーチェンジ 4人
Limited Smart Edition 2016年1月5日 特別仕様車 5人
Limited 2015年10月1日 マイナーチェンジ 39人
ベースグレード 2015年10月1日 マイナーチェンジ 5人
Limited 2014年10月24日 フルモデルチェンジ 88人
ベースグレード 2014年10月24日 フルモデルチェンジ 25人
満足度:4.60
(カテゴリ平均:4.30
レビュー投稿数:214人 (プロ:2人 試乗:23人)
  1. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 4.68 4.34 44位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 4.03 3.93 132位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 4.32 4.12 81位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 4.59 4.20 43位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 4.34 4.05 110位
燃費 燃費の満足度 3.90 3.89 121位
価格 総合的な価格の妥当性 4.51 3.87 17位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

レガシィ アウトバック 2014年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
プロフェショナルレビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

レビュアー情報「頻度:週1〜2回」で絞込んだ結果 (絞込み解除

おっさんズラヴさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:20人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
3件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地3
燃費4
価格5

F型アウトバックXbreakです。熟成と噂の(笑)末期モデルです。
同時期販売開始の新型ハリアーと悩みましたが後席ヒーターがハリアーにはないこと、充実オプションにしようとするととんでもない値段になることから除外。
【エクステリア】
とにかくかっこいい、ホイールアートトリムは必須オプションです。またXBREAK特徴のルーフレールは男らしさ満点💯。
またあまり街で見かけないのもいい。
【インテリア】
前車のフォレスターと変わりなし。
【エンジン性能】
可もなく不可もなく、街乗りのみだからよく分かりません。
【走行性能】
アイサイトはVer2から3になり前車の追走がスムーズになりました。また完全ストップも車が自動でしてくます。Ver2では完全ストップはブレーキを踏まないといけませんでした。
おそらく高速では楽でしょう。
車体は大きいですが苦はありません。視界の良さとリアモニターのおかげでしょうか?
【乗り心地】
少しシートが硬いかも。
【燃費】
街乗りで8ー9です。レギュラーだから許します。
【価格】
車体の大きさや内容の割に安いです。オプション80万くらいで値引きは約50万でした。

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2020年6月
購入地域
神奈川県

新車価格
346万円
本体値引き額
30万円
オプション値引き額
25万円

レガシィ アウトバックの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった20

このレビューは参考になりましたか?参考になった

NukeXさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:17人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
0件
バイク(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地3
燃費3
価格3

前車BP5Bアウトバックに9年乗っていましたが、9年目の車検前に購入資金キャンペーンで10万円が当たったので、それを期にモデルチェンジ直後のBS5Aに乗り換えました。
レボーグも購入対象と考えていましたが、乗り心地が堅すぎたのでアウトバックを選択しました。

【エクステリア】
いいデザインと思いますが、前車BP5Bのほうが締まって見えて好みです。
また、日本国内で使用するには、少し大きすぎて、出先の駐車場で苦労する場合があります。
外見をSUVぽくしたかったので、フェンダーアーチトリムをオプションで付けました。

【インテリア】
他メーカと比べるとチープという人もいますが、自分には必要十分です。
また、室内長があるので、リアシートを片側倒して、スキー,スノーボードを室内積みできるのも、良い点です。

【エンジン性能】
飛ばすわけではないので、十分です。
冬場、高速道路を使用して、関西より長野に遠征することが多いのですが、余裕があり楽です。

【走行性能】
雪道に関しては、スタッドレスタイヤを履いて、急のつく動作をしなければ、安心して走ることができます。自分にとってこれが、スバル車の最大の魅力です。
また高速道路でも、アイサイトのACC機能で楽に運転でき、疲れが少ないと思います。

【乗り心地】
悪くはないのですが、若干堅い乗り心地です。
スバルの車は、新型が出たとき堅めで、年改ごとに良くなるそうです。
自分は、モデルチェンジ直後に購入しましたが、もし次にスバル車購入するのであれば、年改を重ねたモデルにしたいと思います。

【燃費】
通勤に使用しておらず、高速を利用して長距離を走ることが多いので、平均12.6km/lです。
ただ、町乗りのみの場合は、8.7km/lまで落ちます。
ちなみに、信号の少ない国道を長距離走った場合の、最高燃費は17.1km/lです。

【価格】
安くは無いですが、購入当時2014年時点では、最高の衝突安全性能だったので、妥当ではないかと思います。

【総評】
雪道での安心感や、アイサイトによる安全性を考えると、2014年時点では自分にとって最高の選択だったと思います。
ただ、もう少しサスペンションの柔らかいレボーグが購入時点で存在すれば、サイズが小さいので、そちらを選択したかもしれません。

乗車人数
1人
使用目的
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
快適性
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2014年2月
購入地域
大阪府

新車価格
340万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
15万円

レガシィ アウトバックの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった9

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ボボボルさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:32人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
0件
2件
自動車(本体)
1件
1件
バイク(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア1
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費2
価格5

子供が生まれて3年、3ドアクーペではとても不自由に感じていた頃、もう10年も乗ってる…と気がつき、車をこのアウトバックに買い替えました。

競合は
プラド,フォレスター,エクストレイル

大本命はプラドであったが、とても大きな車で妻からクレームが…。
凄い値引き頑張って貰ったのに!!!

プラドじゃなきゃ中古の四駆でええわーとやけになってたころに見つけ、ベタ惚れした
っというのが購入経緯。

元々バイクを持っており数千万クラススポーツカーじゃなきゃ軽も普通車もアクセル踏めば進むし速度でるし、大してかわらんっと思っており、10年以上前の車からの乗り換え っと言うことを前提にレビューします。

4/1 納車し時間が経ちましたので再レビュー。

【エクステリア】
これが1番の購入ポイントです。
クロスオーバー系ワゴンは国産車だとこいつくらいでしょう。
新型も見ましたが、あまり変化もなく今ので充分。いや、むしろ今が最高。

【インテリア】
ハンドルにいっぱいスイッチある…。
右にも左にも…!うーーーん!ごちゃごちゃしててわかんね!!!!!邪魔や!
パドルシフトいる〜?

ただ、後部座席の装備が充実しているのでその点は評価します。
しかし、運転席…。
もうちょっとスマートにならんかったのか。

4/1追加
スイッチ類については気にならなくなりました。更に言うとあまりの便利さに驚いてます、アートライト・オートワイパー等。
しかし、シートは頂けません。
肩付近が後ろに倒れすぎておりちょっとマイナスポイント。
少し厚めの服装だとジャストフィット、超快適。

【エンジン性能】
遅いとは感じたことはない。
また、プラドのような車体の重さはあまり感じません。軽いという訳ではないのですが
まぁ普通ですね。

4/1追加
CVTに乗るのは初めてなんでよくわかってないのですが、アクセルOFFからの減速が前の車と比べるととても緩いです。感覚としてはクラッチを離してるんじゃないかレベル。

また、アイポイントが高くなった&排気量アップしたおかげで気を許すとすぐ速度が法定オーバーします。
アクセルは足を置くレベルなのに……。
高速は慣れるまでオートクルーズで制限してます。

【走行性能】
スポーツ走行なんてしないし、大体左車線走っている私としては何も問題ないです。

中々のサイズなのに運転していると大きさをまったく感じません。
ただ、バックの時はとても感じますね

4/1追加
全体の速度が意図せず上がってしまいヘアピンや高速分岐等のコーナーに突っ込んだ時は冷や汗が出てしまいましたが、まるで不安に感じません。
SUV特有の振られというか倒れというか、そういったものが全然なく最高でした。

【乗り心地】
前車がガッチガチのサスでポンポン跳ねてた訳ですが、まるで魔法の絨毯です。
ロードノイズもあまりなく、後部座席との会話が増えました。
密封性とか遮音性が凄いんでしょうね。窒息しないよね?大丈夫だよね?

【燃費】
前車が平均9kmだったので、全然あり。
大体10km以上はいくし。

【価格】
高いかな〜とも感じますが標準装備があれだけ整っていればお得のような気がします。
オートクルーズとかとか、色々ありますが使わないので…。
衝突軽減だけの廉価版あれば最高ですね。

【総評】
運転席にスイッチがいっぱいあってとても邪魔です。
が、かっこいいし後部座席でスヤスヤと寝てる子供と妻をミラーでみると、あぁ、買ってよかったなっと感じます。
これから子供が小さくてお預けだったアウトドアへ後ろでスヤスヤとしてる大切な人をこの車が安全に快適にカッコ良く運んでくれるであろう。

PS.納車してすぐに隣の車のドアアタックを喰らったのでやはり日本で少しだけ大きいかな?

4/1追加
やはり良い車。
ディーラーの話では全然人気なくて……っとの事でしたが近所では軽く5台以上は居ます。
今まで気がつきませんでした。全色コンプリートまであと少しかな?
気にするまで気にならない車で良い意味で存在感が薄く、いい具合に溶け込んでるんでしょうね。

乗車人数
3人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
高級感
スポーティ
ファミリー
快適性
レビュー対象車
中古車

参考になった31人(再レビュー後:21人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

まぁ某さん

  • レビュー投稿数:13件
  • 累計支持数:95人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
739件
スマートフォン
2件
57件
タブレットPC
1件
11件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5
   

   

レヴォーグ、アウトバック、フォレスター等を次の車として検討していましたが、諸事情あって急遽購入の必要が生じ、筆頭候補のレヴォーグはボンネットエアスクープが妻に許容してもらえずフォレスターXTと迷いましたが、最終的にNAエンジンが好きな私と、アウトバックなら速攻許可!との経緯もあり晴れてアウトバックオーナーの仲間入りを果たしました。

長い納車待ちが出来る状況でなかった為、登録済み未使用車の購入となり、9月末契約で10月始めの納車スケジュールは中古ならではのスピード感でした。
おかげでレンタカー使わずスイッチする事が出来、最近仕事の利用で距離も延びてきたのでレビュー致します。



【エクステリア】
堂々とした佇まい、近年の異常気象による豪雨の冠水に遭遇しても活躍してくれそうな頼もしい最低地上高は普段使いの乗り降りも体に負担なく、アウトドアやフォーマル、いずれにも自然に馴染む秀逸なデザインと思います。
リアビューが寂しいとの声もありますが、テールランプは柿の種で充分。シンプルが好きなのでゲート部分のガーニッシュはむしろ不要です。

【インテリア】
主観ですが、前車BPと同等以上。また、随所に上質感をあしらったデザインはスバルの進化を感じます。
残念なのはインナードアグリップが装備されてたBPに対し、アウトバックは小さなドアポケット付きのアームレストになった事、あのドアグリップを何とか自作出来ないものかと思案橋です。
インナードアグリップは助手席や後席左右に座った時に重宝します。有ると無いとでは疲労感さえ違います。
フォレスター前席には有るのに、なんで省いたんだろう。。
エアコンの風量調節もプッシュ方式でなく、フォレスターのように、直感的に使えるダイヤル式にしてもらいたい。
つい先日知ったビックリは、BPで使用していたラゲッジのトレイマットが入らない!いや、入るには入るのだが、前後左右とも折り曲がり状態で荷室面積がBPより狭かった〜。

【エンジン性能】
NAエンジンならではのスムーズな吹け上がりとアクセルに対するリニアな反応はターボでは得られないNAの美点と思います。
軽自動車以外ターボ車を所有しなかった私には、絶対的なパワー不足や物足らなさは感じません。以前所有のBGレガシィ250TBに比べても全域に渡るトルク感や振動の少なさは格段に違います。
往年のスバルサウンドはかなり息を潜めましたが、回転の上昇とともに聞こえるそれは間違いなくボクサーサウンドで嬉しい瞬間です。
SIドライブについては、時々SやS#のモードを試しますが、私の使い方では90%以上Iモードで事足りるように思います。


【走行性能】
その大柄な見た目とは裏腹に、路面を選ばぬクイックな脚さばきとハンドリングはスバル伝統の低重心を物語る水平対抗エンジンの真骨頂。250TBのビル脚よりスポーティー。

若い頃にレオーネRXクーペでジムカーナをやってましたが、絶対的なパワー不足で最後まで上位入賞は叶わなかったものの、量産車としては初となる四輪ディスクブレーキの威力もあり、コーナーへの進入スピードが当時の常勝チャンプ、27レビン、トレノとタメを張ってました。
操縦性そのものは強烈なトルクステアと、どアンダーで苦労しましたが、運転の楽しさという意味では共通するものを感じます。
スバル車のオーナー様にはCVTの船漕ぎや振動、異音など気にされる方も少なからず居りますが、改善されてるのか、個体差なのか、私が鈍いのか、全く認知出来ません。多分鈍感ゆえと思います。

停止間際のヒュルル〜♪を「越冬つばめ」、と座布団10枚レベルの表現をされた方が居られましたが、私もついそれを口ずさんでしまいます。笑

また、変速時のタイムラグに関しても多少は把握してますが、トルコンATとは違うCVTの特性だし、まぁこんなもんだろ、と気にしてません。それより良い面、楽しい部分を見るタイプなのでメーカーにとって私はいいお客?

【乗り心地】
てんとう虫がスバルクッションと呼ばれてたのは有名ですが、あの雲の上を漂うような乗り心地はアウトバックにはありません。ストローク感たっぷりの硬質な心地良さってところでしょうか。
インプレッサに採用のSGPがこれからのプラットホームとなりますが、現行シャシーとしては熟成の極みと言っても過言ではないと思います。

【燃費】
一度目の車検を終えて走行46000km時点では添付画像の通り頑張れば驚異的な数値を叩き出します。笑

【価格】
購入価格もナビ、ETC、バックカメラにスプラッシュボード、ステアリングリモコン、スバルホーン他何点かのオプション付属で総額360弱なので中古の価格破壊力を思い知りました。
保証も新車保証が適用されているので中古のネガを全く感じません。

【総評】
車として見た場合、エクステリア、インテリアも納得出来るレベルでパワーや走りに関しては不満無し。
元々絶対的なパワーに興味はなく、その車が持つパワーを上手く引き出しながら乗るのが好きなので、80馬力では不満、500馬力なら満足という人間ではありません。
その意味では充分過ぎるパワーや装備、優秀なアイサイトによる運転支援装置、ゆったりした室内など私には贅沢な車に思えるほどです。
インボードタイプのディスクブレーキや国産初の等速ジョイントを採用したスバルの技術魂に誇りを覚えると同時に、今後の車業界をリードする革新的なメカニズムの登場を期待したいと思います。
このアウトバックは他に目移りする事なく、長く所有出来る車だと思います。

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
快適性
レビュー対象車
中古車

参考になった68人(再レビュー後:18人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

kobalessさん

  • レビュー投稿数:105件
  • 累計支持数:370人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
3件
13件
カーナビ
2件
8件
スタッドレスタイヤ
1件
8件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費3
価格4

車検の引き取りの時に、OUTBACK Limitedと FORESTER Premiumに試乗して、スタブレックスライドの乗り心地に心を奪われ、E型の値引き額と下取り金額にそそのかされてその日に契約。また、車検時に XV1.6Lを 2週間借りてたので、それも含めてレビューします。
まだ、1か月、1,300kmほど走っただけなので、ひとまずの感想。


【エクステリア】
シンプルなフォルムで飽きがこなさそうです
US仕様のクロスバー内蔵ルーフレールが車体をかなりでかく見せてます。
数値以上に大きく見え、妻からは騙されたと言われました(笑)


【インテリア】
インプレッサやフォレスターにある中央のMFDがなかったり、スイッチ類を目立たなくしたりと、落ち着いた雰囲気になっています。
それでも最近の車は(普段使わない)スイッチが増えすぎて、探してしまうことがあります。

荒れた路面を走った時の内装のビビリはもれなく着いてきました。まだ、場所が特定できていないから、ディーラーにも伝えてません。


【エンジン性能】
2,000rpm前後から十分なトルクを発揮し、普通に走るには3,000rpmまでの範囲で十分なので、実用上は非常に使いやすいエンジンです。
同じFBエンジンのインプレッサ2Lだと、高速や上り坂で 3,500以上回すことが多々あったのに、たった500ccでここまで変わるのかというくらい落ち着いてます。
逆に、踏んでも高回転まで上がるまでのタイムラグがあるため、回してワインディングロードを攻めようとか言う気になれません。悪い言い方すると、回してもエンジン音が大きくなるだけです(^^;


【走行性能】
タワーバーをつけた効果もあるのかもしれませんが、重い車体の割には、そこそこ機敏な動きをしてくれます。
しばらくタワーバーなしで走って比較したかったけど、正しく伝わってなく納車から装着されており、外すのも面倒なのでそのまま走ってます。
普通のタワーバーの効果はわかっているので、「ドロー」の効果を確認したかったんですが。

雪道はまだ行ってないので、またレビューします。


【乗り心地】
インプレッサでは、運転交替して後席に乗っている時に乗り心地が悪くなかなか寝付けなかったのと、前席と後席で会話がしづらいことが不満だったため、今回の試乗はおもに後席に乗り納得。結果は乗り換えて満足。
車内の静粛性だけなら、SGPを採用した、インプレッサやフォレスターでも十分高く、SIシャシーのアウトバックとほとんど変わらないかもしれません。エンジン音の遮音性を抜きにして、代車で乗ってた XV1.6Lの静かさに感心したのも今回の試乗のきっかけでした。
前はラジオや音楽をかけていましたが、今は無音にすることも多いです。

なお、新車タイヤ「DUELER H/P SPORT」はそれほど静かではありません。特に荒れた路面でそこそこのロードノイズを発生させます。


【燃費】
市街地 7km/L後半、高速 13km/L前半くらいです。
参考までに私の運転でインプレッサ2Lは、同9前半、14後半の走りです。
本音を言うと、高速はもうちょっと期待してました。


【価格】
今、軽でもちょっとオプション付けると、200万こえるし、コンパクトカーでも 300万近くになることを思えば、この内容で 400万円少しはお買い得感があります。
ナビが実質DIATONE以外選択できないのはいただけないですが、このナビも使ってみるとそこそこ良かったです。地図更新料が高すぎますが。


【Eyesight】
Ver. 2から 3になって、かなり手動介入が減りました。
2では、車間を維持しようと頻繁にブレーキ制御していたのが、3ではまず車間を活かして減速し、それでも間に合わなければブレーキになりました。
ステアリング制御は不自然で気持ち悪いですが、アシストと思って慣れれば長距離移動では楽です。感覚とのずれが大きい区間はこまめにステアリング制御をオフにして走ってます。
Outbackのは、ツーリングアシストではないからか、車線の認識はかなり弱いです。知らない間に車線を越えそうになっていたりするので、あくまで自身で操作するけど、力を入れなくても操舵ができる。くらいのイメージです。

ステアリング制御が不自然な理由は、2つ。
例えば右コーナーで右に寄りすぎたとき、Eyesightは左にステアリングを切る力を与えます。人間なら右への操舵力を小さくして左に戻ろうとすると思います。
もう一つは、例えば左が低い傾斜の強い路面で、左側の線に当たったら跳ね返るみたいな制御をします。人間なら、どちらかというと傾斜の高い右側を維持すると思います。


【その他の良いところ】
AVHは便利です。止まっている間、楽ちんです。
サブトランクは非常に大きいです。レヴォーグとアウトバックは大きなサブトランクを持っていて、結構なものを収納できます。
私は、油圧パンタジャッキ、ジャンプスタータ、クロスレンチ、布製チェーン、三角停止表示板、ブースターケーブル、けん引ロープなどを入れてます(^^)
最近のナビの音声認識はそこそこ優秀ですね。目的地は音声入力で 8割以上探せます。


【不満点】
ゴルフバッグは 4本載るけど、そこそこのパズル状態になります。あと、パワーゲートなので、「無理やり閉めて押し込む」ができません。(^^;
トノカバーをつけてると、後席リクライニングでフロント側のカバーが外れます。なので、サブトランクに収納してますが、そうするとサブトランクからの出し入れが非常に煩わしくなります。レヴォーグはリクライニングしても外れないよう途中で改良したそうです。
フロントビュー、レアビューなどのカメラが超広角のため、感覚が非常につかみにくい。慣れしかないのですが、そろそろ危なそう。に見えても 50cmほど空いています。結局、ソナーと目視に頼ってます...


【X-break注意点】
文字数制限に引っかかったので、コメントに書きます。

乗車人数
3人
使用目的
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
ファミリー
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年9月
購入地域
神奈川県

新車価格
340万円
本体値引き額
25万円
オプション値引き額
20万円

レガシィ アウトバックの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった30

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ペンギンとシャチさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:60人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
3件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

この度子どもが産まれる事から、アウトバックを手放す事に致しました。
もちろん小さな子どもが居ても乗れる車ではありますが、B型アウトバック唯一の弱点(と思っています)、突き上げ揺すられが子どもにはツラいかな?という結論に至りました。

個人的にはB型のホイール、顔、スタイリング、全て気に入っています。
妻と一緒に出かけた冒険の旅(大袈裟かな?)や写真は一生の思い出になりました。
本物のシャチ見に行ったし!
愛妻と乗るアイサイト。どこまでも行ける、また乗りたい車です。

ありがとう、アウトバック。
スバルの車はいいですね。
(ミニバン作らないかな…)
またいつか戻ってきた際はよろしくお願いします。
スバリストの皆様、安全で楽しいカーライフを。
お世話になりました。
それでは、いずれまた!


以前はハイパワーや操縦性能が楽しく、BHレガシィ、マツダロードスターなどを乗り継いでいました。
特にロードスターの人馬一体感はクセになるドライビングフィールでした。

年々運転不足のせいか長時間ドライブで腰痛を感じるようになってきた事、雪国でのローダウンはラッセル車になる事から、「ゆったり乗れる車」を探す事にしました。

馴染みのマツダでCX5やハリアーやフォレスター・レヴォーグも検討したのですが、やはり一番最初に目に留まったアウトバックに決めました。
どのメーカーの車も作り手の拘りを感じる良い車なのですが、「迷った時は最初にビッと来た物が間違いない!」というのが私の経験測です。
雪道でのスバルAWDの性能を実感している事とアイサイトも購入の要因です。
自分で運転する事が楽しく感じているので、アイサイトはオマケ程度にしか考えていなかったのですが、これがなかなかスグレモノ。
アイサイトを過信した運転はしませんが、笑えるぐらい楽ですね。今時の半自動運転は凄い!それともスバルアイサイトが特別なのでしょうか?

【エクステリア】
ビッと来た外観。上品で存在感があり私は格好良いと思います。
純正18インチホイールも好みです。
色は黒なのですが、家内に言わせると「シャチっぽい!カワイイ!」との事…。
私は格好良いと思っています…。
妻も運転する事を考えてサイドカメラを付けています。安心して幅寄せが出来、車幅を把握するには費用対効果が大きいと思います。レヴォーグのように標準装備だと良いのに。

【インテリア】
必要十分であり個人的に不満はないのですが、スバルフラッグシップを謳うのなら、もう少し値段が上がっても良いので質感を上げた方がもっとアウトバックに魅力を感じてくれる人が増えるかも。

純正パナナビを付けましたが、ボタンが遠くて押すのにひと苦労。ステアリングリモコンを購入しようと思います。
シートは170センチ60キロの私には少々大きく感じます。レヴォーグ等のバケットタイプシートよりサイドサポートは弱いです。
ただアウトバックを選んだ理由がゆったりと乗る事ですので、高速度でコーナーに飛び込まなければ問題ありません。

【エンジン性能】
満足です。2500ccNAが車格に合っています。
もっとパワーが必要であればレヴォーグやWRXを選択しています。
パワー不足だと感じる場面は今までにありません。

【走行性能】
よく大きいと言われますが、あまり感じませんよ。
実際に軽自動車などよりも大きい事は事実ですが、車幅を把握出来る車は走行中に大きく感じません。アウトバックもフォレスターも運転席からの見切りが良いので、助手席側に違和感なく寄せられます。サイドカメラの恩恵もありますが。
見切りが良くて車幅を把握しやすくても小さくなる訳ではないので、駐車場幅が狭い場所に停める際だけは場所を考えますね。

後は冬季の雪道性能に期待です。

【乗り心地】
今まではビルシュタインが多かったので、スタブレックスが硬いとは感じません。不快な突き上げもありません。
長距離を走っても疲れない乗り心地です。

【燃費】
AWDでこの車重の車がリッター12走ってレギュラーなのは財布に嬉しい。何を基準に燃費の良し悪しを判断するかによりますが、私は大満足です。

【価格】
皆さんのレビューにもありますが、性能を考えると非常にコストパフォーマンスが高いと思います。
あともう少しだけコストをかけて、悪い意味でのスバル品質と言われる部分を改善して欲しい。スバル車全般が良い車なので、もっと評価を上げたい。
一スバル好きの意見です。

【総評】
買って満足。乗って満足。
これからゆったりと様々な場所に二人でドライブに行こうと思います。
二人で居るときは会話があるので音楽はかけません。よく言われるパナナビの音質も気になりません。
愛妻と乗るアイサイトだね!と言う妻と一緒に本物のシャチを見に行こうかな?

乗車人数
2人
使用目的
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
快適性
レビュー対象車
新車

参考になった60人(再レビュー後:19人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Kwenta60さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:15人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費4
価格3

セディアワゴンT-TOURING、アウトランダー24G(CW5W)、フォレスター SJG A型と乗り継ぎ、アウトバックX-BREAKに行きつきました。都内にて約半年乗った時点でのレビューです。

【エクステリア】
街でもアウトドアでも似合うスマートなボディラインには満足です。ボディカラーはこの車に惚れてしまった要素の一つマグネタイトグレーを選択しました。そして、クロスバービルトインのルーフレール、ダークメタリックのアルミホイールとあいまった「塊感」は大変気に入っています。今回のX-BREAKとこの色が無かったら購入に至ったかどうか疑問です。

【インテリア】
スバルの中での上級車種にしてはそっけない感じだと思います。さすがに前車フォレスターより内装パッドの厚み、パネル質感は上ではありますが、トヨタならこのクラスをうまく質感を上げるのだろうと思います。一言で言えば質実剛健です。
貧乏くさい話ですが、やっと全窓ワンタッチパワーウィンドウが戻ってきました。いるいらないは別にして、今やこのクラスまで来ないともうつかないんですね...。
「ナビ」
フロント・リアカメラ表示のために実質DIATONEサウンド・ビルトインナビ一択です。当初まったく気にしていなかったフロントカメラが案外活躍しています。契約駐車場出口の両脇が大型車のため元々前面道路へ出る時の見通しが悪かったのですが、フロントカメラのおかげで、頭を少し出して通行状況を確認して安心して出庫できるようになりました。他にも見通しが悪い場所でよく利用しています。ナビ性能自体はSJG時代のパナソニックの方が感覚的に見やすかったと思います。
「ウィンカー音」慣れますが「チープ」です。ん?と思う方は多いかもしれません。
「MFD」がコンソール内なので、前車SJGのように独立してセンター部分にあった方が視線移動が少ないのにとは思いました。
「エアコン」
ボタンが多く、フォレスターのようにダイヤル・ボタン併用タイプの方が操作が容易でスッキリするのにとは思います。ダイヤルを押せば「ON」回せば温度調整がよかったですね。こういった複合機能でボタンを減らしてほしいです。

【エンジン性能】
前車のFA20DITターボと比べるのも違うと思いますが、(比較的)大排気量エンジンを生かすのなら不満はありません。この2.5Lの4気筒エンジンは本当に滑らかです。アウトランダーからSJGにする時も直列4気筒と違う水平対抗の「軽さ」が気に入った事も大きかったのですが、この軽い「スルスル」感は健在で、かつ排気量が大きくなった分のトルク感もあり、ユルく走る感覚とはこういうものかと思いました。必要に応じてS、S#モードを使えばなかなか早く走ってくれます。

【走行性能】
悪路や雪山はまだ走っていませんが、短距離・長距離とも満足しています。難点としては踏み込み多めの走り出しの際のCVTの空回り感ですね。

【安全性能】
SJG-A型のアイサイトVer.2から、Ver.3になり安心度は高まりました。特に欲しかったリヤビークルディテクション(後側方警戒支援システム)には本当に助かっています。ドアミラーフレーム内側付け根にランプがあります。デザインだけなら他の車のようにドアミラー内の表示の方がカッコイイですが、このフレーム内側ランプは実際の視点移動が少なくランプが大きいため機能的だと分かってきました。
アクティブレーンキープでの車側の介入感は賛否があるのは理解できますが私は慣れました。ただし車線状態でロストする事も結構ありますので過信は禁物ですね。

【乗り心地】
個人的には最大の美点だと思っています。前車SJG-A型での道路起伏を超えた時の収まり感の悪さ、跳ね感は走行距離が伸びるに従い軽減されましたが、タイヤを替えても最後まで納得できる収束にはなりませんでした。この足回りだけは個人的に以前に乗りついだ三菱車の方が案外優れていたと思ってます。
今回のアウトバックE型はさらにその上をいく乗り心地で問題解決です。起伏をいなし、きつめのコーナーでもロールも少なくこなし、まさに「フラットライド」はこういう事なのかと思いました。ネット掲示板で同じアウトバックでもA型とこのE型の乗り心地は隔世の感だという複数の書き込みを拝見するに、まさにモデルチェンジ直前の熟成と枯れ感なのでしょうね。欧州車ではこれ以上の足回りはあるようですが、車体価格差を考えればアウトバックはやはりお買い得ではないでしょうか。

【燃費】
燃費計で、街乗りは、9.0-9.5Km、高速道は、14〜15Km です。昨今のRAV4のような燃費の良さには驚きますが、悪くない数字だと思います。遠乗りは前車SJGより燃費がよくなりました。そしてレギュラーガソリンなので燃料費はトータル安くなっています。

【価格】
国内スバルの中では最も高額帯ですが、T社だったらこんな価格では売ってくれないでしょうね。
主要オプションはサンルーフだけですが、本体、オプション含めての値引きに加え、6年目35,000キロのSJGを200万円手前の100万円台後半でという個人的には結構良い下取り額を出してもらえました。新型フォレスターはターボが無くなって旧型ターボだけは中古価格が下げ止まっていたかもしれません。年末契約で年明けの第2週に納車予定を聞いたらその週末と言われて、あまりの速さに驚きました。納品検査問題報道の時期だったのでうまくオーダーキャンセルに適合したのかもしれません。

【総評】
モデルチェンジ直前のニュースが発表されていますが、次モデルはまた価格もあがるでしょうし、このタイミングでの購入に後悔はありません。乗り心地のためにはスタブレックス・ライド付のリミテッドをお勧めします。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
頻度
週1〜2回
重視項目
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年1月
購入地域
東京都

新車価格
340万円
本体値引き額
25万円
オプション値引き額
15万円

レガシィ アウトバックの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった15

このレビューは参考になりましたか?参考になった

tachan389さん

  • レビュー投稿数:11件
  • 累計支持数:196人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
3件
タイヤ
4件
1件
スタッドレスタイヤ
0件
2件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費4
価格5

プジョー 308SW Allure BlueHDi から乗り換えです。
X-BREAKを間近で見て一目惚れし、翌週には契約しました。最高の相棒です。

【エクステリア】
ワゴン車好きの私には、フォレスターより、OUTBACKの伸びやかなスタイリングがいいですね。ブラック塗装されたフロントグリルや、ダークメタリック塗装のアルミホイール、海外仕様のルーフレールなど、アクティブギア感満載です。外装色は、当初、クリスタルブラック・マイカを予定していましたが、クリスタルホワイト・パールにしました。

【インテリア】
手触りの良いステアリングがいいですね。ヒーター付きなのもGOOD。
インパネまわりですが、ソフトパットで仕立てられていて、イエローグリーンのステッチがアクセントになっています。安全装備を重視したため、DIATONEサウンド・ビルトインナビにしました。ピアノブラック加飾はいいのですが、指紋跡が残るのが少し残念です。
フロント・サイドビューモニターは、使い慣れると便利ですね。
本革シートが苦手なので、撥水加工ファブリック+合成皮革シートはありがたいのですが、ファブリック部分が少し滑りやすく感じます。

【エンジン性能】
2.5L 4気筒エンジンは、本当に滑らかに回りますね。基本的に、Iモードで走行していますが、街乗りでは不足はありません。ただ、首都高の合流などの加速時に、CVT特有の回転数だけが上がって、速度がついてこない違和感はあります。S#モードでは、あまり感じませんが。

【走行性能】
まさに全天候型のロングツアラーですね。直進性が優れていて、アイサイトの恩恵もあり、ロングドライブが苦になりません。豪雨の高速道でも安心して走れました。ワインディングでも、SUVであることを感じさせない軽快なハンドリングが印象的。
雪道も走りましたが、流石スバルのSUV、抜群の走破性ですね。急な上り勾配の積雪した不整地路で、X-MODEを試しましたが、はっきりと違いがわかりました。

【乗り心地】
乗り心地は、やや硬めで、しっかりしている印象です。足廻りが良く出来ていて、微振動を上手に抑え込んでいるようです。ただ、大きめの段差を乗り越えると、揺すられ感があり、収まりが悪いようです。
先日、新型フォレスター試乗車で、同じ場所を走りましたが、収まりの良さに驚きました。

【燃費】
燃費計で、街乗りは、9.5Km、高速道は、14〜15Km です。
悪くない数字だと思います。

【価格】
各社の新型車発表で、SUV市場は賑やかです。
X-BREAKは、装備内容から考えても、お買い得です。

【総評】
すでにフルモデルチェンジのニュースが発表されていますが、熟成の進んだ良い車だと思います。決して安い車ではありませんが、X-BREAKは、お勧めです。

乗車人数
3人
使用目的
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年3月
購入地域
東京都

新車価格
340万円
本体値引き額
30万円
オプション値引き額
20万円

レガシィ アウトバックの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった46人(再レビュー後:22人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ひでまる【P+G】さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:103人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
15件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格4

10ヶ月8000Kmでの再レビューです。
前の車種レヴォーグ2.0GT-Sからの乗り替えです。

【エクステリア】
最初は大きいと感じましたが、取り回しが意外と
良いので気にならないです。
クロスオーバSUVとしての存在感はあります。
ホイルアーチトリムを付けたのは大正解かなぁ。
雰囲気でます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
数多く走ってない車種からか、珍しそうに
見ていく人がちょいちょいいます。
ホワイトパールでSUVタイプは
意外と目立つのでしょうか
ちょっと嬉しい感じです。


【インテリア】
しっかり作り込まれ、地味ですが落ち着いた雰囲気
です。小物入れが少ないけど、運転が優先なので気にする事ではないのでスルー。
本革シートはしっかりしてます。ウレタンも厚みあり
お尻も痛くなりません。
視界は前後ともに良好。運転しやすいです。

【エンジン性能】
レヴォーグ2.0にはさすがに比べては意味がないので
期待してませんでしたが、意外と良い出来でした。
低速から中速のトルクは厚く、問題なく不満なし。

ロードノイズは小さく、ボクサーサウンドは遠くから僅かに聞こえます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
高速道路も安定して問題なく走ります。
法定速度くらいでゆっくり走るのが
穏やかで気持ちいいです。

さすがに峠道は、ゆっくりモードですね。
レヴォーグ2.0のような訳にはいきません。


【走行性能】
直進性は抜群です。カーブなど設置感高く、
安定感あり運転が楽です。
車高があるので心配しましたが
全く問題無し。

後進自動ブレーキはgood!!
良く出来てる。

アイサイトは同じVer3.0ですが、進化してます。
細かいけど改善され、スバルがコツコツ磨きかけて
来ていること実感させられました。
実用性は高く安心して利用できます。
━━━━━━━━━━━━━━━
とにかく静かで真っ直ぐ走ります。
ハンドリングレスポンスも俊敏に反応し
クイックです。でも車体はフラフラしません。
なお、フレキシブルタワーバーは
最初から着けました。

【乗り心地】
レヴォーグはドライバーズカーなので硬かったけど、
レガシィはコンフォートで大人の乗り心地です。
脚がしっかり動きフラットライドです。
嫁、娘から乗り心地合格が出ました(^-^)v
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
しっとりと穏やかな乗り心地で、嫁も娘も満足して
ます。
6000Km越えた辺りからでしょうか、窓を開けると
ボロボロと感じ良くBOXERサウンドがしてきて
いい感じです。
窓を閉めると静かであまり聞こえません。

【燃費】
まだ1回しか給油してないので確定したことは
分かりません。
メーター表示では12.2Km/lで
感覚としてはレヴォーグより良いと思います。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
燃費はあまり気にしないでいますが
今のところ、満タン法で11.4Km/リットルです。

アイドリングストップは使ってません。

【価格】
フラッグシップなので、このくらい?かも。
ただ任意保険の車両保険料がレヴォーグより
安いのには驚きました。

【総評】
レヴォーグは3年半乗って十分楽しみました。
ドライバーズカーとして最高でした。

今回レガシィのMCは、思ったより出来が良く
安全性機能の充実、乗り心地の向上に
大人の車として魅力が高く
試乗して乗り換えました。

今は車に乗るのが、とにかく楽しみで
休日が早く来て欲しいと待ちきれないばかりです。

過去いろいろ他社車に乗って来ましたが、
スバルでしか感じません。不思議です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私の場合、レガシィD型にして正解でした。
家族も文句言わす安心して乗ってます。
娘の乗り物酔いも無くなりました。

私も運転していて楽しいので、目的地に行く
より運転することの方が上回ってます。

まだSGPではありませんが、
新型フォレスターやXVに試乗しましたが
レガシィD型の方がしっとり安定してました。
(車の性格が違うので比較してはいけませんけど)

バランスが取れた良い車に会えよかったです。
長い付き合いになりそうです。

乗車人数
4人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年1月
購入地域
大阪府

新車価格
356万円
本体値引き額
25万円
オプション値引き額
15万円

レガシィ アウトバックの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった86人(再レビュー後:35人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

すばすばっちーさん

  • レビュー投稿数:26件
  • 累計支持数:162人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
119件
スマートフォン
7件
107件
タブレットPC
2件
30件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費4
価格4

SJフォレスターのリース契約が12月頭で切れるため、
「そろそろターボ車を卒業しよう」と思い、
ゴルフ車として一番良さげなこの車を選びました。

今までのスバル車は
B4(BE)→ツーリングワゴン(BP)→B4(BL)
→フォレスター(SJ)と乗り継ぎ、
やっぱり、レガシィが合うと感じ、
アウトバックに飛びつきました♪

ちなみに、アイドリングストップは常にオフ、
ガソリンはハイオクを入れるようにしました。

【エクステリア】
デカイことに間違いないですが、扱えない大きさではありません。
でも、自宅周辺の道が狭い方にはやはりお勧めできません。
ホイールがC型の方が好みだと言う方が多いようですが、
私的にはD型のホイールも好きです。
でも、見た目は「大きなXV」と感じることがたまにあります。

【インテリア】
今までのフォレスターが質素な感じでしたので、
革の質感で少し豪華になった感が有ります。
でも、シンプルな部類に入ることは間違いないでしょう。
本革シートは思ったよりも耐久性がありそうに感じました。

(追記)
ゴルフバッグを4本乗せ、1泊分の衣類を入れた
ボストンバッグを荷室に乗せたところ、
まず、パワーリヤゲートがセンサーに反応し、
閉まりませんでした。
どうにか、荷物を押し込み、パワーリヤゲートを
閉めることに成功しましたが、
今度はゴルフ場でパワーリヤゲートが
開かなくなり大騒ぎになりました。
思っているほど、荷室は広くないし、
パワーリヤゲートも使いやすくない事が判明し、
4人乗せは断念せざるを得ない状況です。

→(追記)パワーリアゲートの対応が分かり、
      どうにか4バッグが載りました。
      載せたときは、おとなしくゲートを閉じ、
      4人乗り終えたらば、すかさずロックすれば、
      走り出したあとも、ゲートが開かきません。
      
      バッグを下ろすときは、
      運転席のドアロックでロック解除すれば、
      普段どおりの作業ができます。

【エンジン性能】
スバル車では初のNAエンジンとなりましたが、
実用的には余り問題はありません。
街中で不満に感じることは少ないと思います。
でも、踏み込んだ時の加速感はターボ車には全然敵いません。

【走行性能】
足回りはこの大きさの車としては、きっちりしていると思います。
コーナーでロールで振られる感じも非常に少ない。
風に対してもSUVとしては優秀なのではないでしょうか?

【乗り心地】
安定しています。
足回りをSTIパーツで固めた前車のフォレスターよりも、安定した走りが出来ます。
(もちろん、硬さでは前車のフォレスターが上)

【燃費】
燃費を考えずにアクセルを踏んだ場合、
高速では12キロ、一般道では8〜9キロていどです。

【価格】
リース契約なので、値引き額がよく分からず、
物欲に負けて購入してしまいました。
評価は感覚で付けちゃっています。

【総評】
やはり、レガシィは安定した走りが得られます。
まだ、不満な点はありませんが、
「あれっ」という点はいくつか見られたので、
それはディーラーでの対処後に再レビューすることにします。

買ってよかった点。
1 EyeSightの上限が上がったため、運転が更に楽になりました。
  今まで、車の流れの中にいる場合でも、自分でアクセルとブレーキを
  操作していることが多かったですが、それが激減しました。
2 レーンキープは地味にありがたい。
  レーンキープは欲しい機能の上位ではありませんでしたが、
  高速道路ではほぼ入れっぱなしです。
  特に圏央道などの片側1車線道路は、
  やや緊張してハンドルを握る区間が有ったので、
  そのアシストとしてレーンキープの効果が高いと感じました。
  また、風対策としてレーンキープを使用していれば、
  人間&機械の力で、負担が軽くなった感じがしました。
3 ナビの音声認識が想像以上に使える。
  今までのナビは、音声認識は「音声認識不能」だったのですが、
  今度のダイアトーンナビはきちんと使えました。
  ※ ただ、本業のナビ性能は、人間の判断も介入したほうが良さそうです。

以上、1,000キロでの感想でした。

(追記) パワーリヤゲートの件を、インテリアの項目で記載しましたが、
      ディーラーでの対応は予想のとおり、
      「センサーの調整も、パワーリヤゲートを手動にすることも出来ない。」
      でした。
      もちろん、ベースグレードに取り付けられているリヤゲートへの
      交換も出来ませんので、諦めざるを得ないことになります。
      あの大きさの車で、4人でゴルフに行けない事に愕然としますが、
      それが現実です。
     
        (以下、更に追記)
        → ゴルフバッグを入れる方向を工夫すれば、
         9.5インチのバッグも十分載せられます。
         しかし、スリムなバッグが有ったほうが有利であることは変わらず、
        図体の割に乗らないことに変わりはありません。

 ※ 以上、工夫の結果、ゴルフバッグが「どうにか」4本乗るので、
    ★4つに評価を変更しました。
    (みんな自分の工夫の結果なんですけどね。)
     

乗車人数
1人
使用目的
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年11月
購入地域
東京都

新車価格
356万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
10万円

レガシィ アウトバックの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった44人(再レビュー後:12人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

gontakun123さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:10人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
スタッドレスタイヤ
0件
1件
もっと見る
満足度4
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格4

アウディA4アバントクワトロS-line(MY2012)から乗り換え。昔にBH→BPレガシィは乗ったことがあり、それ以来のレガシィ。
内装はスバルにしては頑張っているが、ピアノブラック塗装がかえって安っぽくしている。パワーウィンドウスイッチやシートメモリーあたりのスイッチの質感はもう少し頑張ってほしい。
エクステリアはリヤコンビネーションランプの意匠が残念な感じ。もう少しLEDを使ってデザイン性を高めてほしい。リヤフォグが右側だけで左側がダミーというのも含めて。
ナンバー灯やカーテシ、ルームランプのバルブが今どきLEDではないのはフラッグシップモデルとは思えない。
ホーンの軽自動車のような音色も同様。フラッグシップモデルならそれなりに恥ずかしくない仕様にすべきだろう。
オーディオも標準スピーカーの音が酷く、ダイヤトーンサウンドナビの性能を発揮できないため、オプションのダイヤトーンスピーカーへの交換をした。
エンジン性能は、スペックよりはトルクが厚く感じられるが、高速道路での追い越しでの加速では少し物足りなさを感じるが、全体としては必要十分。
走行性能はアイサイトの車線中央維持機能が細かくステアリングを制御しすぎるため、あたかも高速道路で横風を受けてフラフラしたような乗り心地になる。ハンドルをしっかり持っていると特に違和感を感じるのは改善の余地が大きいだろう。
燃費は高速道路では12-14km/Lと排気量を考えると優秀。
ネガはあるものの全体としては数少ない国産のワゴンとして費用対効果がいい車といえよう。

乗車人数
3人
使用目的
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
高級感
スポーティ
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年4月
購入地域
東京都

新車価格
356万円
本体値引き額
35万円
オプション値引き額
35万円

レガシィ アウトバックの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

たびネコ8号さん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:71人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
1件
7件
自動車(本体)
2件
0件
SSD
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費4
価格4

レヴォーグとのトランク比較

レヴォーグとの燃費比較

並んだ姿比較

(18年6月24日追記)
GW中に高速道路で追突事故に遭ってしまい、修理に1か月を要しました。その間にレヴォーグ1.6Lを代車として利用することができたので、その比較の所感を記載します。

※詳細はブログにも記載してみました。
http://www.tabineko8.com/blog/2018/05/26/cars/post-365/

エクステリア、インテリア:全体のバランス、落ち着き感からアウトバックの勝ちと判断しました

エンジン性能、走行性能:1.6Lターボでしたが、出力も燃費もアウトバック2.5Lとほぼ同じでした。しかし、排気量の違いからか、出力が弱いと思って踏むと一般道だと急加速、という感じだったので、アウトバックのほうが滑らかだと思います。一方高速で料金所を通過したところで思い切って踏んでみましたが、高速だと驚くほどの加速、というわけではありませんでした。2Lになると違う評価になるかもしれません。

乗り心地:車高が低く、足が少し硬いこともあって、アウトバックのほうがゆったり感があって好印象です。スポーツ性能を重視すると指標は変わってくると思います。

燃費:1.6Lで燃費が改善するかと思いましたが、アウトバックとほぼ同じでした。街乗り9.5Km/L、高速込みで11.5Km/Lといった感じです。

総合的にはアウトバックにしてよかったです。

>>

マツダファミリアSワゴン、マツダアテンザスポーツ(初代MC後)、ボルボV70からの4代目として、いわゆるD型を17年11月に購入しました。
V70はとても気に入っていましたが、エンジンの調子がいまいちな時があったり、メンテ費用がかかるのと、最新の安全装備がついた車両を購入したかったため、マツダCX-5と比較検討した結果、走りの安定性と車内/荷室の広さ、そして後方視界の良さからアウトバックを選択しました。

2000Km超とそれほど距離は乗っていませんが、半年たちましたのでレビューしたいと思います。
http://www.tabineko8.com/
のブログでも順次レビューしております。

【エクステリア】5
前から見ても後ろから見ても非常にバランスが取れたデザインです。
初代アテンザMC後と同じくらい気に入っています。

【インテリア 】 4
広々として非常に質感があって落ち着きがある内容です。メーターなどもう少し最新のディスプレイのほうがいいかなと思ったので☆-1です。

【エンジン性能 】5
V70はライトプレッシャーターボ2.5Lだったので、パワーダウンを感じるところがゼロではないのですが、坂道でもSモードへの切り替えも含めて操作すれば不満を感じることはないです。

【走行性能 】 5
攻めるような走り方はしませんが、高速・強風であっても非常に安定した走りを見せてくれます。スタッドレスからノーマルタイヤに初めて昨日戻したばかりですが、路面の状況がダイレクトに伝わってきて運転しやすいです。

【乗り心地 】 4
安定感があってほぼ満足していますが、車重のぶんかV70のほうが安定感はありました。
でも一般的には非常に高いレベルです。

【燃費 】 4
2000Kmの燃費は10.5L/KMで、このクラスの車としては十分だと思います。
高燃費車と比べるとさすがに劣るのと、アイドリングストップ中に何らかの理由でエンジンがかかったり少し不自然なので、☆‐1としました。
高速/街乗りの区別とアイドリングストップ効果も含めて
http://www.tabineko8.com/blog/2018/04/01/cars/post-197/
に記載してみました。

【価格 】 4
一般的にみて安いとは言えない車ですが、内容を考えると非常にコストパフォーマンスが高いと思います。ただ、フロント/バックモニターを使うためにほぼ必須となるナビが20万円と少し高すぎると思います。
ボルボの乗り換えも考えましたが、ほぼ倍近くなってしまうので今回は検討対象から外しました。

【満足度 】 5
半年乗った結論からは、非常にコストパフォーマンスが高く走りの内容もよいので、ゆったりとドライブを楽しみたい方には強くお勧めできます。

比較製品
スバル > レヴォーグ 2014年モデル
乗車人数
3人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年11月
購入地域
神奈川県

新車価格
340万円
本体値引き額
25万円
オプション値引き額
0円

レガシィ アウトバックの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった41人(再レビュー後:10人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

よこっすさん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:67人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
2件
3件
ブルーレイ・DVDレコーダー
0件
3件
自動車(本体)
2件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格5
   

箱根の三国峠にて撮影

   

もう少し乗る予定だったエクシーガのフロントガラスに飛び石でヒビが…(T_T)
ガラス交換が必須で、ネットで調べても、15万程
ディーラーで見積りを取ると19万弱
この機会に乗り換えも検討してみようかと言ったら、かなりの値引き(-_^)
タングステン・メタリックのLimitedを契約しました
*3月29日登録、4月8日納車、1か月乗りましたので再レビュー

【エクステリア】
もととも好きなデザインでしたが、妻からはデカ過ぎるからダメと言われ、今まで試乗もしてませんでした
実際に見ると、やはり重厚感のあるデザインで、妻からもカッコ良いねと言って貰えた
*甥っ子・姪っ子にも好評でした

【インテリア】
レヴォーグ、旧CX5、アクセラ、セレナ、インプレッサ、XVの中で1番高級感を感じました
BMWのアクティブツアラーも良かったが、使い勝手は…と感じてた
妻からは、アウトバックのメーター類は円筒型になってて、助手席側からスピードメーターが見えないのは不満とは言われましたが、妥協して貰いました

エクシーガでは車中泊をよくしてたので、後部座席を倒して、座らせて貰った
エクシーガに比べると、車内高は低いが、広さとフラットさは良かった
年老いた親をたまに乗せるので、フォレスターや新CX5・8、エクストレイルは検討しませんでした
*何度か車中泊しましたが、フラットで良く眠れた。 車内高も問題ないレベルだった。
*また、気密性が良いからか、エクシーガに比べて静かだった。


【エンジン性能】
エクシーガはEJ20、アウトバックはFB25、こんなに違うのと思う位パワフルに感じた
S#モードは試乗では試してないので、楽しみ(-_^)
*高速で追い越し時にS#モードを使用、レボーグで経験した程の加速力はありませんが、十分パワフル。


【走行性能】
安定感があり、乗ってて楽しい
アイサイトはレヴォーグ等で確認済み
高速で早く使ってみたい
*アイサイトは楽だが、あまり自分で操作する感じが減り、ちょっと残念
*また、楽過ぎて、運転中に眠くなる…(^_^;


【乗り心地】
静かで、エクシーガに比べ、車格の違いを感じた
シートのホールド感も良かった
ドアを閉めた際の音も剛性の高さを感じた
*レザーシートは座り心地が良いが、エクシーガのシートの方がホールド感はあったかな?


【燃費】
試乗のみの為、無評価
アイドリングストップの無いエクシーガよりは街乗りは期待したい
*下道のみでは、8.7km/L - エクシーガと余り変わらなかった。 アイサイト体験の為、敢えて渋滞にハマったからかな?
 今後に期待
*高速では、行き帰り共に13km/L こんなもんかな?
 あまりアイサイトに頼らず、自分でアクセル調整した方が燃費が良くなる気がする


【価格】
下取りを除くと400万円超え
登録が3月になれば、税金が6万円位下がるので、3月の登録になって欲しいな
*無事、3月末に登録されたので、ディーラーから追加料金が請求されなかった。

ガラス交換の必要なエクシーガも、かなり頑張った下取り価格を出して貰った


【総評】
納車が待ち遠しいです
長く乗りたいと思ってます
*1か月乗って、大満足です。 今は、景色と愛車の写真を撮りまくっています。

乗車人数
2人
使用目的
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年3月
購入地域
神奈川県

新車価格
356万円
本体値引き額
30万円
オプション値引き額
20万円

レガシィ アウトバックの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった23人(再レビュー後:8人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

中島飛行機 疾風さん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:375人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
3件
59件
洗濯機
1件
0件
スマートフォン
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

【エクステリア】
デザインは妻とともに気に入っている点で、色はタングステン、ディーラーでガラスコーティングをしました。駐車場には屋根もありますが、汚れが付きにくく、洗車回数も少なくて済むものと期待しています。

【インテリア】
ハーマンカードンのスピーカーが欲しかったので、純正ナビにしました。収納スペースは限られているため、なるべく私物を載せないようにします。オーディオのUSBが使いにくいのが不満ですね。
座席の皮の感じは良いのではないでしょうか?高級感はそんなにないですが、感触は比較的良いですね。

【エンジン性能】
2500CCのNAエンジンは必要十分です。私の場合は2000CCでも良いかも?
また、非常に静かで走りやすいですね。

【走行性能】
曲がりやすいのが一番驚いたところ。まっすぐ走る能力も高いです。

【乗り心地】
しなやかとは言い難く、コツコツ感はあります。皮のシートも硬いので、ショックを吸収していないかな?と感じます。
SGPにならないと良くならないかな?
また、走行音が前車より大きくなっている。サイドのガラスが薄いのと、シール部の防音処理がまだまだなんでしょう。
タイヤはBSデューラーでしたが、こちらのパターンノイズが大きいのも影響大と思います。

【燃費】
市内の街乗りで8km/l程度。

【価格】
400万を超しますが、まずまず。トヨタ車に比べればバーゲンセールと思います。

【総評】
前車はシトロエン・C4ピカソです。乗り心地と視認性は若干悪化したものの、走行性能は格段にアップしております。しかし、視認性はC4ピカソは抜群のガラスエリアを確保していたためであり、アウトバックは他車に比べて劣っているわけではなく、むしろ秀でていると感じております。サスはもう少し良いものを入れるべきなのかなと感じました。
また、これから遠出をしたいので、ロングツアラーのアウトバックにしました。各種メンテナンス商品は国産品を購入できるので、安く上がることを期待しています。
トランプ大統領がアメリカファーストで米国製品を買おうと言っていますが、その通りだと思い、私も国産品に替えていく所存です。

乗車人数
4人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
ファミリー
快適性
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2016年11月
購入地域
福岡県

新車価格
347万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
10万円

レガシィ アウトバックの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった60人(再レビュー後:32人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

アサガオ06さん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:45人
  • ファン数:0人
満足度3
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能2
走行性能3
乗り心地3
燃費無評価
価格3

【エクステリア】
デザインは人それぞれですが私は好きです。メッキメッキでごまかしていない大人な感じ、いい意味で最近の日本車らしくない。
【インテリア】
後席を倒せば広大なスペース、180センチのスキー板でも余裕で縦に積めます。190センチでもいけるかも。
スピードメーターとタコメーターの目盛りが色付きで見にくい、ベースグレードと差をつけたかったのだろうけどこれは意味がない、色を変える機能があるなら色なしも出来るようにして欲しかった。
ドアの取っ手がポケットみたいな構造で使いにくい、400万の車ならしっかりドアハンドルをつけてほしい。
【エンジン性能】
これがこの車を候補から外した理由、とにかくトルクがない。平地の走り出しは滑らかに加速していくので「お?いいじゃん!」と思ったけど上り坂になった瞬間に全然ダメ。力がないエンジンとCVTが組み合わさってアクセル踏んでも回転数だけ上がって加速しない、今どきの2.5Lエンジンとは思えない非力さ。

【走行性能】
最低地上高の割にカーブが曲がりやすい、まったく不安なく曲がっていける。

【乗り心地】
革のシートは滑るのでは?と思っていましたが意外とそんなことはなくシタっとくるし滑らない、手入れにものぐさせず長く乗るなら長持ちするし掃除しやすい革シートがいいかも。
段差をこえたときの衝撃がたいしたことないわりに音がうるさい。
【燃費】
不明
【価格】
それなりのオプションをつけると420。
【総評】
スキーが縦に積めること、4WD、少し高い最低地上高、峠を楽に登る力、運手が楽しいことを満たす車を探していました。雪道といえばスバルというイメージがあったのと15年前にレガシィとフォレスターに乗っていたのでアウトバックが候補にあがりましたがエンジン性能とCVTにどうしても妥協出来ませんでした。使い勝手やデザインは気に入ったのでエンジンとミッションは妥協しようかと思いましたがそれって大嫌いなT社の車作りじゃんと気づいたところで候補から外れました。

レビュー対象車
試乗

参考になった18人(再レビュー後:18人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

レガシィ アウトバック 2014年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格を見る

レガシィ アウトバック
スバル

レガシィ アウトバック

新車価格:341〜363万円

中古車価格:119〜379万円

レガシィ アウトバック 2014年モデルをお気に入り製品に追加する <663

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

レガシィアウトバックの中古車 (全3モデル/513物件)

この車種とよく比較される車種の中古車

viibee
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意