『アウトバック納車後1週間、750km走行  ※写真掲載しました』 スバル レガシィ アウトバック 2014年モデル 3台目アウトバックさんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > スバル > レガシィ アウトバック 2014年モデル

『アウトバック納車後1週間、750km走行  ※写真掲載しました』 3台目アウトバックさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

レガシィ アウトバック 2014年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:37人
  • ファン数:11人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
699件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5
アウトバック納車後1週間、750km走行  ※写真掲載しました

堂々とした風格です

ボディサイドモールディング(太い)

テールランプデザイン一工夫ほしい

7インチモニターでも見やすいです  エアコン操作性向上

リヤビューカメラも見やすくなりました

USBメモリー、iPhone接続

希少価値のアイスシルバーです(笑)
青空駐車場のため毎日夜露でビショビショですが、乾くとそれほど汚れが目立ちません。
納車1週間後にボディガラスコーティングを施工しました。

車輌情報
アウトバックLimited  アイスシルバー・メタリック
ハーマンカードンサウンドシステム&SDナビ、ベースキット(+ホイルロック)、スプラッシュボード、ボディサイドモールディング、メッキドアハンドル、ETCビルトインキット、キーレスアクセスアップグレード、スタッドレス・アルミセット(17インチ・225/65R17 BLIZZAK DM−V2)

アウトバックが納車して早くも1週間が経過しました。
BP、BR、BSと3台のアウトバックを乗り継いできましたので、ここではアウトバックの過去を振り返り、新型の良さを伝えたいと思います。
ちょっと見づらいかもしれませんがご了承ください。

【エクステリア】
初代アウトバックBPは小ぶりながらもデザインがすっきりしてカッコよかったです。
BRではちょっと冒険したかな?という感じで嫌いではありませんが個性的な顔をしてました。テールランプのデザインは好みです。
BSでは初期型デザインに戻った様な感じですが、ボディが大きくなったこともあり堂々とした風格になりました。テールランプのデザインがあまり変わり映えなく一工夫欲しい所です。
BP・BRではブラックを乗ってきましたが、BSでは洗車する回数を減らしたいと思いアイスシルバーにしました。BSアウトバックはどの色に乗っても似合う車だと思います。
ボディサイドモールディングがBRに比べて1.5倍ぐらい太くなりました。人それぞれ好みが分かれそうです。ドアパンチ防止には有効ですね(笑)

 
【インテリア】
年々良くなってきてると思います。BRではダッシュボードセンターにインフォメーションメーターがありましたが、BSではメーター内のMIDに集約されました。インテリアはシンプルですが飽きのこないデザインに仕上がったと思います。
MIDが見やすく、操作スイッチの位置も見直されたので使いやすさが向上しています。ただしセンターコンソールボックスはBRの2段式トレイが使いやすかったです。今のトレイは使いづらいです。

【エンジン性能】
BPに乗り始めたころはレガシィGT-Bからの乗り換えでだったのでかなりの落差でした(笑)レガシィとは使用目的が違うと自分に言い聞かせて乗っていました。山道などに踏み入ってもパワー不足はそれほど感じませんでした。 
BRではSI-DRIVEが搭載され走りのバリエーションが増えました。Iモードではパワー不足を否めませんが、S・S#ではレガシィGTに乗っているような感覚が復活しました。
BSではIモードでもそこそこのパワーがあることを確認しNA2.5Lエンジンの進化を感じました。

【走行性能】
BPでは最低地上高が200mmとレガシィと比べて高くなったため、少しぐらい積もった雪道は何の躊躇もなく進んでいきました。
BRではアウトバック初のビルシュタイン製ダンパー採用で、操縦性が安定しました。EyeSight(ver.2) 前車速追従機能付クルーズコントロールの搭載でロングドライブの疲労軽減に貢献しています。
BSではスタブレックス・ライドと呼ばれる新ダンパーを採用。ビルシュタインも良かったですが、それ以上になめらか感を感じます。
    

【乗り心地】
BPではレガシィGT-Bからの乗り換えで固めのゴツゴツ感は無くなりました。車高が高くなったこともあり乗りやすくなったことを覚えてます。
BRではボディが大きくなり室内のゆったり感が増しました。
BSでは初の革シート・シートヒーターに感動。「あったかいんだから〜」ですね(笑)シートは固すぎず・柔すぎず長時間乗っていても疲れないと思います。

【燃費】
年々良くなってきてます。BSでは街乗りと高速走行を併せて約12キロぐらい。まだ暖機運転をしている季節なので暖かくなればまだ伸びます。

【価格】
車価格上昇の時代の流れに乗りアウトバックも価格が上昇してます。
BP/2.5i Sスタイル ブラックインテリアセレクション 約280万円
BR/2.5i Eyesight S Package Limited 約317万円
BS/ベース 約313万円  Limited 約340万円
価格の上昇と共に質感、安定感、満足感が上昇しています。
 

【総評】
ハッキリ言って良い車です。(笑)
BRの時は車の降車時に静電気にやられていましたが、それが無くなりホッとしています。
私が他のメーカーに移れない理由は、走り・運転のしやすさ・乗り心地・格好良さ、どれをとっても、他メーカーに比較する車が無いからです。(アウトバックの足元にも及ばない)
まだスバル車に乗ったことが無く興味のある方は、是非ともアウトバックに試乗して貰いたいと思います。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2014年11月
購入地域
福島県

新車価格
340万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
10万円

レガシィ アウトバックの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった37人(再レビュー後:20人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5
アウトバック納車後1週間、750km走行

車輌情報
アウトバックLimited  アイスシルバー・メタリック
ハーマンカードンサウンドシステム&SDナビ、ベースキット(+ホイルロック)、スプラッシュボード、ボディサイドモールディング、メッキドアハンドル、ETCビルトインキット、キーレスアクセスアップグレード、スタッドレス・アルミセット(17インチ)

アウトバックが納車して早くも1週間が経過しました。
BP、BR、BSと3台のアウトバックを乗り継いできましたので、ここではアウトバックの過去を振り返り、新型の良さを伝えたいと思います。
ちょっと見づらいかもしれませんがご了承ください。

【エクステリア】
初代アウトバックBPは小ぶりながらもデザインがすっきりしてカッコよかったです。
BRではちょっと冒険したかな?という感じで嫌いではありませんが個性的な顔をしてました。テールランプのデザインは好みです。
BSでは初期型デザインに戻った様な感じですが、ボディが大きくなったこともあり堂々とした風格になりました。テールランプのデザインがあまり変わり映えなく一工夫欲しい所です。
BP・BRではブラックを乗ってきましたが、BSでは洗車する回数を減らしたいと思いアイスシルバーにしました。BSアウトバックはどの色に乗っても似合う車だと思います。
ボディサイドモールディングがBRに比べて1.5倍ぐらい太くなりました。人それぞれ好みが分かれそうです。ドアパンチ防止には有効ですね(笑)

 
【インテリア】
年々良くなってきてると思います。BRではダッシュボードセンターにインフォメーションメーターがありましたが、BSではメーター内のMIDに集約されました。インテリアはシンプルですが飽きのこないデザインに仕上がったと思います。
MIDが見やすく、操作スイッチの位置も見直されたので使いやすさが向上しています。ただしセンターコンソールボックスはBRの2段式トレイが使いやすかったです。今のトレイは使いづらいです。

【エンジン性能】
BPに乗り始めたころはレガシィGT-Bからの乗り換えでだったのでかなりの落差でした(笑)レガシィとは使用目的が違うと自分に言い聞かせて乗っていました。山道などに踏み入ってもパワー不足はそれほど感じませんでした。 
BRではSI-DRIVEが搭載され走りのバリエーションが増えました。Iモードではパワー不足を否めませんが、S・S#ではレガシィGTに乗っているような感覚が復活しました。
BSではIモードでもそこそこのパワーがあることを確認しNA2.5Lエンジンの進化を感じました。

【走行性能】
BPでは最低地上高が200mmとレガシィと比べて高くなったため、少しぐらい積もった雪道は何の躊躇もなく進んでいきました。
BRではアウトバック初のビルシュタイン製ダンパー採用で、操縦性が安定しました。EyeSight(ver.2) 前車速追従機能付クルーズコントロールの搭載でロングドライブの疲労軽減に貢献しています。
BSではスタブレックス・ライドと呼ばれる新ダンパーを採用。ビルシュタインも良かったですが、それ以上になめらか感を感じます。
    

【乗り心地】
BPではレガシィGT-Bからの乗り換えで固めのゴツゴツ感は無くなりました。車高が高くなったこともあり乗りやすくなったことを覚えてます。
BRではボディが大きくなり室内のゆったり感が増しました。
BSでは初の革シート・シートヒーターに感動。「あったかいんだから〜」ですね(笑)シートは固すぎず・柔すぎず長時間乗っていても疲れないと思います。

【燃費】
年々良くなってきてます。BSでは街乗りと高速走行を併せて約12キロぐらい。まだ暖機運転をしている季節なので暖かくなればまだ伸びます。

【価格】
車価格上昇の時代の流れに乗りアウトバックも価格が上昇してます。
BP/2.5i Sスタイル ブラックインテリアセレクション 約280万円
BR/2.5i Eyesight S Package Limited 約317万円
BS/ベース 約313万円  Limited 約340万円
価格の上昇と共に質感、安定感、満足感が上昇しています。
 

【総評】
ハッキリ言って良い車です。(笑)
BRの時は車の降車時に静電気にやられていましたが、それが無くなりホッとしています。
私が他のメーカーに移れない理由は、走り・運転のしやすさ・乗り心地・格好良さ、どれをとっても、他メーカーに比較する車が無いからです。(アウトバックの足元にも及ばない)
まだスバル車に乗ったことが無く興味のある方は、是非ともアウトバックに試乗して貰いたいと思います。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2014年11月
購入地域
福島県

新車価格
340万円
本体値引き額
20万円
オプション値引き額
10万円

レガシィ アウトバックの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった17

 
 
 
 
 
 

「レガシィ アウトバック 2014年モデル」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

レガシィ アウトバック 2014年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格帯を見る

レガシィ アウトバック
スバル

レガシィ アウトバック

新車価格帯:329〜363万円

中古車価格帯:113〜366万円

レガシィ アウトバック 2014年モデルをお気に入り製品に追加する <673

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意