『ゴルファー要注意!(どうにか4バッグが載った。)』 スバル レガシィ アウトバック 2014年モデル すばすばっちーさんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > スバル > レガシィ アウトバック 2014年モデル

『ゴルファー要注意!(どうにか4バッグが載った。)』 すばすばっちーさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

レガシィ アウトバック 2014年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:26件
  • 累計支持数:151人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
119件
スマートフォン
7件
107件
タブレットPC
2件
30件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費4
価格4
ゴルファー要注意!(どうにか4バッグが載った。)

SJフォレスターのリース契約が12月頭で切れるため、
「そろそろターボ車を卒業しよう」と思い、
ゴルフ車として一番良さげなこの車を選びました。

今までのスバル車は
B4(BE)→ツーリングワゴン(BP)→B4(BL)
→フォレスター(SJ)と乗り継ぎ、
やっぱり、レガシィが合うと感じ、
アウトバックに飛びつきました♪

ちなみに、アイドリングストップは常にオフ、
ガソリンはハイオクを入れるようにしました。

【エクステリア】
デカイことに間違いないですが、扱えない大きさではありません。
でも、自宅周辺の道が狭い方にはやはりお勧めできません。
ホイールがC型の方が好みだと言う方が多いようですが、
私的にはD型のホイールも好きです。
でも、見た目は「大きなXV」と感じることがたまにあります。

【インテリア】
今までのフォレスターが質素な感じでしたので、
革の質感で少し豪華になった感が有ります。
でも、シンプルな部類に入ることは間違いないでしょう。
本革シートは思ったよりも耐久性がありそうに感じました。

(追記)
ゴルフバッグを4本乗せ、1泊分の衣類を入れた
ボストンバッグを荷室に乗せたところ、
まず、パワーリヤゲートがセンサーに反応し、
閉まりませんでした。
どうにか、荷物を押し込み、パワーリヤゲートを
閉めることに成功しましたが、
今度はゴルフ場でパワーリヤゲートが
開かなくなり大騒ぎになりました。
思っているほど、荷室は広くないし、
パワーリヤゲートも使いやすくない事が判明し、
4人乗せは断念せざるを得ない状況です。

→(追記)パワーリアゲートの対応が分かり、
      どうにか4バッグが載りました。
      載せたときは、おとなしくゲートを閉じ、
      4人乗り終えたらば、すかさずロックすれば、
      走り出したあとも、ゲートが開かきません。
      
      バッグを下ろすときは、
      運転席のドアロックでロック解除すれば、
      普段どおりの作業ができます。

【エンジン性能】
スバル車では初のNAエンジンとなりましたが、
実用的には余り問題はありません。
街中で不満に感じることは少ないと思います。
でも、踏み込んだ時の加速感はターボ車には全然敵いません。

【走行性能】
足回りはこの大きさの車としては、きっちりしていると思います。
コーナーでロールで振られる感じも非常に少ない。
風に対してもSUVとしては優秀なのではないでしょうか?

【乗り心地】
安定しています。
足回りをSTIパーツで固めた前車のフォレスターよりも、安定した走りが出来ます。
(もちろん、硬さでは前車のフォレスターが上)

【燃費】
燃費を考えずにアクセルを踏んだ場合、
高速では12キロ、一般道では8〜9キロていどです。

【価格】
リース契約なので、値引き額がよく分からず、
物欲に負けて購入してしまいました。
評価は感覚で付けちゃっています。

【総評】
やはり、レガシィは安定した走りが得られます。
まだ、不満な点はありませんが、
「あれっ」という点はいくつか見られたので、
それはディーラーでの対処後に再レビューすることにします。

買ってよかった点。
1 EyeSightの上限が上がったため、運転が更に楽になりました。
  今まで、車の流れの中にいる場合でも、自分でアクセルとブレーキを
  操作していることが多かったですが、それが激減しました。
2 レーンキープは地味にありがたい。
  レーンキープは欲しい機能の上位ではありませんでしたが、
  高速道路ではほぼ入れっぱなしです。
  特に圏央道などの片側1車線道路は、
  やや緊張してハンドルを握る区間が有ったので、
  そのアシストとしてレーンキープの効果が高いと感じました。
  また、風対策としてレーンキープを使用していれば、
  人間&機械の力で、負担が軽くなった感じがしました。
3 ナビの音声認識が想像以上に使える。
  今までのナビは、音声認識は「音声認識不能」だったのですが、
  今度のダイアトーンナビはきちんと使えました。
  ※ ただ、本業のナビ性能は、人間の判断も介入したほうが良さそうです。

以上、1,000キロでの感想でした。

(追記) パワーリヤゲートの件を、インテリアの項目で記載しましたが、
      ディーラーでの対応は予想のとおり、
      「センサーの調整も、パワーリヤゲートを手動にすることも出来ない。」
      でした。
      もちろん、ベースグレードに取り付けられているリヤゲートへの
      交換も出来ませんので、諦めざるを得ないことになります。
      あの大きさの車で、4人でゴルフに行けない事に愕然としますが、
      それが現実です。
     
        (以下、更に追記)
        → ゴルフバッグを入れる方向を工夫すれば、
         9.5インチのバッグも十分載せられます。
         しかし、スリムなバッグが有ったほうが有利であることは変わらず、
        図体の割に乗らないことに変わりはありません。

 ※ 以上、工夫の結果、ゴルフバッグが「どうにか」4本乗るので、
    ★4つに評価を変更しました。
    (みんな自分の工夫の結果なんですけどね。)
     

乗車人数
1人
使用目的
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年11月
購入地域
東京都

新車価格
356万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
10万円

レガシィ アウトバックの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった40人(再レビュー後:8人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度3
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費4
価格4
ゴルファー要注意!

SJフォレスターのリース契約が12月頭で切れるため、
「そろそろターボ車を卒業しよう」と思い、
ゴルフ車として一番良さげなこの車を選びました。

今までのスバル車は
B4(BE)→ツーリングワゴン(BP)→B4(BL)
→フォレスター(SJ)と乗り継ぎ、
やっぱり、レガシィが合うと感じ、
アウトバックに飛びつきました♪

ちなみに、アイドリングストップは常にオフ、
ガソリンはハイオクを入れるようにしました。

【エクステリア】
デカイことに間違いないですが、扱えない大きさではありません。
でも、自宅周辺の道が狭い方にはやはりお勧めできません。
ホイールがC型の方が好みだと言う方が多いようですが、
私的にはD型のホイールも好きです。
でも、見た目は「大きなXV」と感じることがたまにあります。

【インテリア】
今までのフォレスターが質素な感じでしたので、
革の質感で少し豪華になった感が有ります。
でも、シンプルな部類に入ることは間違いないでしょう。
本革シートは思ったよりも耐久性がありそうに感じました。

(追記)
ゴルフバッグを4本乗せ、1泊分の衣類を入れた
ボストンバッグを荷室に乗せたところ、
まず、パワーリヤゲートがセンサーに反応し、
閉まりませんでした。
どうにか、荷物を押し込み、パワーリヤゲートを
閉めることに成功しましたが、
今度はゴルフ場でパワーリヤゲートが
開かなくなり大騒ぎになりました。
思っているほど、荷室は広くないし、
パワーリヤゲートも使いやすくない事が判明し、
4人乗せは断念せざるを得ない状況です。

【エンジン性能】
スバル車では初のNAエンジンとなりましたが、
実用的には余り問題はありません。
街中で不満に感じることは少ないと思います。
でも、踏み込んだ時の加速感はターボ車には全然敵いません。

【走行性能】
足回りはこの大きさの車としては、きっちりしていると思います。
コーナーでロールで振られる感じも非常に少ない。
風に対してもSUVとしては優秀なのではないでしょうか?

【乗り心地】
安定しています。
足回りをSTIパーツで固めた前車のフォレスターよりも、安定した走りが出来ます。
(もちろん、硬さでは前車のフォレスターが上)

【燃費】
燃費を考えずにアクセルを踏んだ場合、
高速では12キロ、一般道では8〜9キロていどです。

【価格】
リース契約なので、値引き額がよく分からず、
物欲に負けて購入してしまいました。
評価は感覚で付けちゃっています。

【総評】
やはり、レガシィは安定した走りが得られます。
まだ、不満な点はありませんが、
「あれっ」という点はいくつか見られたので、
それはディーラーでの対処後に再レビューすることにします。

買ってよかった点。
1 EyeSightの上限が上がったため、運転が更に楽になりました。
  今まで、車の流れの中にいる場合でも、自分でアクセルとブレーキを
  操作していることが多かったですが、それが激減しました。
2 レーンキープは地味にありがたい。
  レーンキープは欲しい機能の上位ではありませんでしたが、
  高速道路ではほぼ入れっぱなしです。
  特に圏央道などの片側1車線道路は、
  やや緊張してハンドルを握る区間が有ったので、
  そのアシストとしてレーンキープの効果が高いと感じました。
  また、風対策としてレーンキープを使用していれば、
  人間&機械の力で、負担が軽くなった感じがしました。
3 ナビの音声認識が想像以上に使える。
  今までのナビは、音声認識は「音声認識不能」だったのですが、
  今度のダイアトーンナビはきちんと使えました。
  ※ ただ、本業のナビ性能は、人間の判断も介入したほうが良さそうです。

以上、1,000キロでの感想でした。

(追記) パワーリヤゲートの件を、インテリアの項目で記載しましたが、
      ディーラーでの対応は予想のとおり、
      「センサーの調整も、パワーリヤゲートを手動にすることも出来ない。」
      でした。
      もちろん、ベースグレードに取り付けられているリヤゲートへの
      交換も出来ませんので、諦めざるを得ないことになります。
      あの大きさの車で、4人でゴルフに行けない事に愕然としますが、
      それが現実です。
     
      まだ、3バッグ、2バッグでの状況は確認して居ませんが、
      3バッグであれば、シートを1つ倒せるので、そこは大丈夫だと思います。
      ただ、4人でゴルフに行くことを想定しているのであれば、
      かなりスリムなキャディバッグに日帰り程度の手荷物しか乗らないことを
      前提に購入する必要があります。

乗車人数
1人
使用目的
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年11月
購入地域
東京都

新車価格
356万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
10万円

レガシィ アウトバックの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった17

満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費4
価格4
D型 Limited (1000キロ乗車)

SJフォレスターのリース契約が12月頭で切れるため、
「そろそろターボ車を卒業しよう」と思い、
ゴルフ車として一番良さげなこの車を選びました。

今までのスバル車は
B4(BE)→ツーリングワゴン(BP)→B4(BL)
→フォレスター(SJ)と乗り継ぎ、
やっぱり、レガシィが合うと感じ、
アウトバックに飛びつきました♪

ちなみに、アイドリングストップは常にオフ、
ガソリンはハイオクを入れるようにしました。

【エクステリア】
デカイことに間違いないですが、扱えない大きさではありません。
でも、自宅周辺の道が狭い方にはやはりお勧めできません。
ホイールがC型の方が好みだと言う方が多いようですが、
私的にはD型のホイールも好きです。
でも、見た目は「大きなXV」と感じることがたまにあります。

【インテリア】
今までのフォレスターが質素な感じでしたので、
革の質感で少し豪華になった感が有ります。
でも、シンプルな部類に入ることは間違いないでしょう。
本革シートは思ったよりも耐久性がありそうに感じました。

【エンジン性能】
スバル車では初のNAエンジンとなりましたが、
実用的には余り問題はありません。
街中で不満に感じることは少ないと思います。
でも、踏み込んだ時の加速感はターボ車には全然敵いません。

【走行性能】
足回りはこの大きさの車としては、きっちりしていると思います。
コーナーでロールで振られる感じも非常に少ない。
風に対してもSUVとしては優秀なのではないでしょうか?

【乗り心地】
安定しています。
足回りをSTIパーツで固めた前車のフォレスターよりも、安定した走りが出来ます。
(もちろん、硬さでは前車のフォレスターが上)

【燃費】
燃費を考えずにアクセルを踏んだ場合、
高速では12キロ、一般道では8〜9キロていどです。

【価格】
リース契約なので、値引き額がよく分からず、
物欲に負けて購入してしまいました。
評価は感覚で付けちゃっています。

【総評】
やはり、レガシィは安定した走りが得られます。
まだ、不満な点はありませんが、
「あれっ」という点はいくつか見られたので、
それはディーラーでの対処後に再レビューすることにします。

買ってよかった点。
1 EyeSightの上限が上がったため、運転が更に楽になりました。
  今まで、車の流れの中にいる場合でも、自分でアクセルとブレーキを
  操作していることが多かったですが、それが激減しました。
2 レーンキープは地味にありがたい。
  レーンキープは欲しい機能の上位ではありませんでしたが、
  高速道路ではほぼ入れっぱなしです。
  特に圏央道などの片側1車線道路は、
  やや緊張してハンドルを握る区間が有ったので、
  そのアシストとしてレーンキープの効果が高いと感じました。
  また、風対策としてレーンキープを使用していれば、
  人間&機械の力で、負担が軽くなった感じがしました。
3 ナビの音声認識が想像以上に使える。
  今までのナビは、音声認識は「音声認識不能」だったのですが、
  今度のダイアトーンナビはきちんと使えました。
  ※ ただ、本業のナビ性能は、人間の判断も介入したほうが良さそうです。

以上、1,000キロでの感想でした。

追伸 スタッドレスタイヤの選択肢が少なそうです。

乗車人数
1人
使用目的
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年11月
購入地域
東京都

新車価格
356万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
10万円

レガシィ アウトバックの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった15

満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地5
燃費4
価格4
D型 Limited (1000キロ乗車)

SJフォレスターのリース契約12月頭で切れるため、
「そろそろターボ車を卒業しよう」と思い、
ゴルフ車として一番良さげなこの車を選びました。

今までのスバル車は
B4(BE)→ツーリングワゴン(BP)→B4(BL)
→フォレスター(SJ)と乗り継ぎ、
やっぱり、レガシィが合うと感じ、
アウトバックに飛びつきました♪

ちなみに、アイドリングストップは常にオフ、
ガソリンはハイオクを入れるようにしました。

【エクステリア】
デカイことに間違いないですが、扱えない大きさではありません。
でも、自宅周辺の道が狭い方にはやはりお勧めできません。
ホイールがC型の方が好みだと言う方が多いようですが、
私的にはD型のホイールも好きです。
でも、見た目は「大きなXV」と感じることがたまにあります。

【インテリア】
今までのフォレスターが質素な感じでしたので、
革の質感で少し豪華になった感が有ります。
でも、シンプルな部類に入ることは間違いないでしょう。
本革シートは思ったよりも耐久性がありそうに感じました。

【エンジン性能】
スバル車では初のNAエンジンとなりましたが、
実用的には余り問題はありません。
街中で不満に感じることは少ないと思います。
でも、踏み込んだ時の加速感はターボ車には全然敵いません。

【走行性能】
足回りはこの大きさの車としては、きっちりしていると思います。
コーナーでロールで振られる感じも非常に少ない。
風に対してもSUVとしては優秀なのではないでしょうか?

【乗り心地】
安定しています。
足回りをSTIパーツで固めた前車のフォレスターよりも、安定した走りが出来ます。
(もちろん、硬さでは前車のフォレスターが上)

【燃費】
燃費を考えずにアクセルを踏んだ場合、
高速では12キロ、一般道では8〜9キロていどです。

【価格】
リース契約なので、値引き額がよく分からず、
物欲に負けて購入してしまいました。
評価は感覚で付けちゃっています。

【総評】
やはり、レガシィは安定した走りが得られます。
まだ、不満な点はありませんが、
「あれっ」という点はいくつか見られたので、
それはディーラーでの対処後に再レビューすることにします。

買ってよかった点。
1 EyeSightの上限が上がったため、運転が更に楽になりました。
  今まで、車の流れの中にいる場合でも、自分でアクセルとブレーキを
  操作していることが多かったですが、それが激減しました。
2 レーンキープは地味にありがたい。
  レーンキープは欲しい機能の上位ではありませんでしたが、
  高速道路ではほぼ入れっぱなしです。
  特に圏央道などの片側1車線道路は、やや緊張してハンドルを握る区間が有ったので、
  そのアシストとしてレーンキープの効果が高いと感じました。
  また、風対策としてレーンキープを使用していれば、
  人間&機械の力で、負担が軽くなった感じがしました。
3 ナビの音声認識が想像以上に使える。
  今までのナビは、みんな「カタログ詐欺」状態だったのですが、
  今度のダイアトーンナビはきちんと使えました。
  ※ ただ、本業のナビ性能は、人間の判断も介入したほうが良さそうです。

以上、1,000キロでの感想でした。

追伸 スタッドレスタイヤの選択肢が少なそうです。

乗車人数
1人
使用目的
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年11月
購入地域
東京都

新車価格
356万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
10万円

レガシィ アウトバックの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「レガシィ アウトバック 2014年モデル」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

レガシィ アウトバック 2014年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格帯を見る

レガシィ アウトバック
スバル

レガシィ アウトバック

新車価格帯:329〜363万円

中古車価格帯:113〜366万円

レガシィ アウトバック 2014年モデルをお気に入り製品に追加する <673

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意