『価格なりの所有欲はきっちり満たされるリファレンス機』 Google Nexus 9 Wi-Fiモデル 16GB [ルナーホワイト] 安物買いの反省鳩さんのレビュー・評価

2014年10月16日 登録

Nexus 9 Wi-Fiモデル 16GB [ルナーホワイト]

Android 5.0 L搭載の8.9型タブレット

Nexus 9 Wi-Fiモデル 16GB [ルナーホワイト] 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:¥―

画面サイズ:8.9インチ 画面解像度:2048x1536 詳細OS種類:Android 5.0 ネットワーク接続タイプ:Wi-Fiモデル ストレージ容量:16GB メモリ:2GB CPU:Tegra K1 デュアル Denver/2.3GHz Nexus 9 Wi-Fiモデル 16GB [ルナーホワイト]のスペック・仕様

価格.comのまるごと安心 設置・修理・サポート。家電・PC・カメラ・ゲーム機が対象。初月無料!
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

※OSは出荷時期によって、変更されている場合があります。ご購入の際は購入店舗にて直接ご確認ください。

ご利用の前にお読みください

  • Nexus 9 Wi-Fiモデル 16GB [ルナーホワイト]の価格比較
  • Nexus 9 Wi-Fiモデル 16GB [ルナーホワイト]の中古価格比較
  • Nexus 9 Wi-Fiモデル 16GB [ルナーホワイト]の店頭購入
  • Nexus 9 Wi-Fiモデル 16GB [ルナーホワイト]のスペック・仕様
  • Nexus 9 Wi-Fiモデル 16GB [ルナーホワイト]のレビュー
  • Nexus 9 Wi-Fiモデル 16GB [ルナーホワイト]のクチコミ
  • Nexus 9 Wi-Fiモデル 16GB [ルナーホワイト]の画像・動画
  • Nexus 9 Wi-Fiモデル 16GB [ルナーホワイト]のピックアップリスト
  • Nexus 9 Wi-Fiモデル 16GB [ルナーホワイト]のオークション

Nexus 9 Wi-Fiモデル 16GB [ルナーホワイト]Google

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 登録日:2014年10月16日

  • Nexus 9 Wi-Fiモデル 16GB [ルナーホワイト]の価格比較
  • Nexus 9 Wi-Fiモデル 16GB [ルナーホワイト]の中古価格比較
  • Nexus 9 Wi-Fiモデル 16GB [ルナーホワイト]の店頭購入
  • Nexus 9 Wi-Fiモデル 16GB [ルナーホワイト]のスペック・仕様
  • Nexus 9 Wi-Fiモデル 16GB [ルナーホワイト]のレビュー
  • Nexus 9 Wi-Fiモデル 16GB [ルナーホワイト]のクチコミ
  • Nexus 9 Wi-Fiモデル 16GB [ルナーホワイト]の画像・動画
  • Nexus 9 Wi-Fiモデル 16GB [ルナーホワイト]のピックアップリスト
  • Nexus 9 Wi-Fiモデル 16GB [ルナーホワイト]のオークション
ユーザーレビュー > パソコン > タブレットPC > Google > Nexus 9 Wi-Fiモデル 16GB > Nexus 9 Wi-Fiモデル 16GB [ルナーホワイト]

『価格なりの所有欲はきっちり満たされるリファレンス機』 安物買いの反省鳩さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

Nexus 9 Wi-Fiモデル 16GB [ルナーホワイト]のレビューを書く

安物買いの反省鳩さん

  • レビュー投稿数:126件
  • 累計支持数:644人
  • ファン数:6人

よく投稿するカテゴリ

マウス
9件
0件
PCモニター・液晶ディスプレイ
8件
0件
タブレットPC
6件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン3
処理速度4
入力機能4
携帯性3
バッテリ5
画面3
付属ソフト無評価
コストパフォーマンス無評価
価格なりの所有欲はきっちり満たされるリファレンス機

※5/4 半年経過したので再評価
※11/6 Android6.0リリース再評価
※2017/3/12 Android7.0再評価

【デザイン】
ブラックはNexus5の背面とデザインがそっくり。マット調で滑りにくいが汚れは目立ちやすい。全体的にスッキリしていて、取り立ててデザインで目を引くような特徴はない。言ってしまえばクセがない。工業デザイン的な機能美は感じる。

【処理速度】
ベンチマークのスコアを
あげるならAntutuは57000台、PCMarkだと5800台。
Tegra K1の性能は素晴らしく操作で引っ掛かりを覚えるシーンはほぼない、と書いたが、lolipopでは処理能力は高いが瞬発力は今一歩で、動作は一完歩遅れてからサクサク動くといった感じ。惜しかった。

Android6.0になって一完歩遅れる感じがなくなり、とにかく俊敏でサクサク動く。評価5にします。

Android7.0となり、待望のマルチウィンドウに対応した。動画を見ながらブラウジング出来るようになり、使い勝手は向上するも、流石にマルチウィンドウを使うと処理速度はガクッと落ちる。

【入力機能】
スリープ復帰がダブルタップで可能なのは非常に便利。電源ボタン、音量ボリュームボタンはデザイン性重視でほぼツライチになったので押しにくい。画面キャプチャが取りにくくなった。液晶のタッチは保護シートを張っても普段使いなら良好。ゲームでは不明。マイクの感度文句なし。

【携帯性】
手に取ってみると薄く、思っているほど重いとは感じないが、大きさはちゃんとあるので携帯性は普通。非常に本体が薄いのと背面がプラスチックなので、圧迫ストレスに弱いかもしれない。持ち歩く方は少し注意。

【バッテリ】
液晶の明るさによって変わってくるがTegra K1はデュアルコアでパワーセービングコアがない。スリープ時のバッテリー減りを気にしていたが、それは全く問題なし。Android5.0.2になって更にスリープ時のバッテリー減りはほとんどなくなった。
また動画再生とかの消費電力は低くて良好。1時間で10%減らない(7〜8%くらい)消費。バッテリ容量が大きいのもあるが、本当にバッテリー保ちは良好。

Android6.0になってスリープ時のバッテリー減りは更に無くなり、スリープなら減っていることに殆ど気が付かない。

Android7.0までくるとバッテリーもヘタり始めているので、評価は避けます。

【液晶】
本体起動時に液晶縁から光漏れがある。個人的には気にならないが、はっきりとわかるレベルなので要注意。他の使用者からも同様の報告が複数あるので、ハード仕様の可能性あり。液晶そのものは高精細で綺麗。雑誌ビューアとしては完璧なサイズ感。

【付属ソフト】
Google謹製のソフトもずいぶん増えた。が、それ以外のソフトは一切入っていない。自分のライフスタイルに合うソフトがあるなら、その分だけ便利に感じると思う。まあメールとカレンダーがあれば個人的には問題なし。

【総評】
GoogleのNexusとして高いかもしれないが、OSアップデート保障、本体のベース性能を考えるとこのスペックで実現できる価格ではない。ちゃんとお買い得な価格であると納得できる。個人的にはこのサイズは雑誌ビューアとして最適なので、雑誌購入が進みそう。iPadとは十二分に戦える。

冷静に考えてみると、こういったタブレット端末に対して4万超の予算設定というのは、それだけのプレミアムな体験が出来ないと満足度は得られないものだと思った。つくづくタブレットに対する価格観がNexus7 2012で確立されてしまったと痛感。

このNexus9はプレミアム体験を得られるタブレットではないが、質実剛健で動画鑑賞、電子書籍、ブラウジングの3大利用スタイルにそつなく合うでしょう。あと何気にステレオスピーカーなので、音はガッツリ出せます。

NexusならではのOSアップデート保障があるので、ともかく安心感があった。Android7までサポートされたので、Nexus9もようやく完成した印象があります。総じて価格なりの所有欲は満たされた。損はないと思います。2年経過しても、この価格でこの性能を持っている端末は少なく、じわじわと満足感が増しているので評価は5のままとします。

最後に。NexusシリーズからPixelへと移行し、Nexusは過去のものとなりました。Nexus7 2012が果たしたリファレンスの意義は非常に大きい。その最終地点がNexus9でした。万人には受けないサイズでしょうが、枕元端末としては言う事なし。そしてリファレンス機らしい無駄のない構成は、Googleでしか成し得なかったでしょう。

参考になった42人(再レビュー後:6人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン3
処理速度5
入力機能4
携帯性3
バッテリ5
画面3
付属ソフト無評価
コストパフォーマンス無評価
価格なりの所有欲はきっちり満たされるリファレンス機

※5/4 半年経過したので再評価
※11/6 Android6.0リリース再評価

【デザイン】
ブラックはNexus5の背面とデザインがそっくり。マット調で滑りにくいが汚れは目立ちやすい。全体的にスッキリしていて、取り立ててデザインで目を引くような特徴はない。言ってしまえばクセがない。工業デザイン的な機能美は感じる。

【処理速度】
ベンチマークのスコアを
あげるならAntutuは57000台、PCMarkだと5800台。
Tegra K1の性能は素晴らしく操作で引っ掛かりを覚えるシーンはほぼない、と書いたが、lolipopでは処理能力は高いが瞬発力は今一歩で、動作は一完歩遅れてからサクサク動くといった感じ。惜しかった。

Android6.0になって一完歩遅れる感じがなくなり、とにかく俊敏でサクサク動く。評価5にします。

【入力機能】
スリープ復帰がダブルタップで可能なのは非常に便利。電源ボタン、音量ボリュームボタンはデザイン性重視でほぼツライチになったので押しにくい。画面キャプチャが取りにくくなった。液晶のタッチは保護シートを張っても普段使いなら良好。ゲームでは不明。マイクの感度文句なし。

【携帯性】
手に取ってみると薄く、思っているほど重いとは感じないが、大きさはちゃんとあるので携帯性は普通。非常に本体が薄いのと背面がプラスチックなので、圧迫ストレスに弱いかもしれない。持ち歩く方は少し注意。

【バッテリ】
液晶の明るさによって変わってくるがTegra K1はデュアルコアでパワーセービングコアがない。スリープ時のバッテリー減りを気にしていたが、それは全く問題なし。Android5.0.2になって更にスリープ時のバッテリー減りはほとんどなくなった。
また動画再生とかの消費電力は低くて良好。1時間で10%減らない(7〜8%くらい)消費。バッテリ容量が大きいのもあるが、本当にバッテリー保ちは良好。

Android6.0になってスリープ時のバッテリー減りは更に無くなり、スリープなら減っていることに殆ど気が付かない。

【液晶】
本体起動時に液晶縁から光漏れがある。個人的には気にならないが、はっきりとわかるレベルなので要注意。他の使用者からも同様の報告が複数あるので、ハード仕様の可能性あり。液晶そのものは高精細で綺麗。雑誌ビューアとしては完璧なサイズ感。

【付属ソフト】
Google謹製のソフトもずいぶん増えた。が、それ以外のソフトは一切入っていない。自分のライフスタイルに合うソフトがあるなら、その分だけ便利に感じると思う。まあメールとカレンダーがあれば個人的には問題なし。

【総評】
GoogleのNexusとして高いかもしれないが、OSアップデート保障、本体のベース性能を考えるとこのスペックで実現できる価格ではない。ちゃんとお買い得な価格であると納得できる。個人的にはこのサイズは雑誌ビューアとして最適なので、雑誌購入が進みそう。だが雑誌ビューアとしてだけなら高い。iPadとは十二分に戦える。

冷静に考えてみると、こういったタブレット端末に対して4万超の予算設定というのは、それだけのプレミアムな体験が出来ないと満足度は得られないものだと思った。つくづくタブレットに対する価格観がNexus7 2012で確立されてしまったと痛感。

このNexus9はプレミアム体験を得られるタブレットではないが、特にバッテリー保ちが極めて良好。ライトな使い方(1日1時間程度ネットと動画視聴)だと1週間くらいは充電の必要がない。自然に長く利用できる。

NexusならではのOSアップデート保障があるので、ともかく安心感がある。総じて価格なりの所有欲は満たされた。損はないと思います。1年経過しても、この価格でこの性能を持っている端末はなく、じわじわと満足感が増しているので評価を5にします。

参考になった15

満足度4
デザイン3
処理速度4
入力機能4
携帯性3
バッテリ5
画面3
付属ソフト無評価
コストパフォーマンス無評価
価格なりの所有欲はきっちり満たされるリファレンス機

※5/4 半年経過したので再評価

【デザイン】
ブラックはNexus5の背面とデザインがそっくり。マット調で滑りにくいが汚れは目立ちやすい。全体的にスッキリしていて、取り立ててデザインで目を引くような特徴はない。言ってしまえばクセがない。工業デザイン的な機能美は感じる。

【処理速度】
ベンチマークのスコアを
あげるならAntutuは57000台、PCMarkだと5800台。
Tegra K1の性能は素晴らしく操作で引っ掛かりを覚えるシーンはほぼない、と書いたが、使い込んでみると処理能力は高いが瞬発力は今一歩で、動作は一完歩遅れてからサクサク動くといった感じ。惜しい。

【入力機能】
スリープ復帰がダブルタップで可能なのは非常に便利。電源ボタン、音量ボリュームボタンはデザイン性重視でほぼツライチになったので押しにくい。画面キャプチャが取りにくくなった。液晶のタッチは保護シートを張っても普段使いなら良好。ゲームでは不明。マイクの感度文句なし。

【携帯性】
手に取ってみると薄く、思っているほど重いとは感じないが、大きさはちゃんとあるので携帯性は普通。非常に本体が薄いのと背面がプラスチックなので、圧迫ストレスに弱いかもしれない。持ち歩く方は少し注意。

【バッテリ】
液晶の明るさによって変わってくるがTegra K1はデュアルコアでパワーセービングコアがない。スリープ時のバッテリー減りを気にしていたが、それは全く問題なし。Android5.0.2になって更にスリープ時のバッテリー減りはほとんどなくなった。
また動画再生とかの消費電力は低くて良好。1時間で10%減らない(7〜8%くらい)消費。バッテリ容量が大きいのもあるが、本当にバッテリー保ちは良好。

【液晶】
本体起動時に液晶縁から光漏れがある。個人的には気にならないが、はっきりとわかるレベルなので要注意。他の使用者からも同様の報告が複数あるので、ハード仕様の可能性あり。液晶そのものは高精細で綺麗。雑誌ビューアとしては完璧なサイズ感。

【付属ソフト】
Google謹製のソフトもずいぶん増えた。が、それ以外のソフトは一切入っていない。自分のライフスタイルに合うソフトがあるなら、その分だけ便利に感じると思う。まあメールとカレンダーがあれば個人的には問題なし。

【総評】
GoogleのNexusとして高いかもしれないが、OSアップデート保障、本体のベース性能を考えるとこのスペックで実現できる価格ではない。ちゃんとお買い得な価格であると納得できる。個人的にはこのサイズは雑誌ビューアとして最適なので、雑誌購入が進みそう。だが雑誌ビューアとしてだけなら高い。iPadとは十二分に戦える。

冷静に考えてみると、こういったタブレット端末に対して4万超の予算設定というのは、それだけのプレミアムな体験が出来ないと満足度は得られないものだと思った。つくづくタブレットに対する価格観がNexus7 2012で確立されてしまったと痛感。

このNexus9はプレミアム体験を得られるタブレットではないが、特にバッテリー保ちが極めて良好。ライトな使い方(1日1時間程度ネットと動画視聴)だと1週間くらいは充電の必要がない。自然に長く利用できる。

NexusならではのOSアップデート保障があるので、ともかく安心感がある。総じて価格なりの所有欲は満たされた。損はないと思います。

参考になった7

満足度4
デザイン3
処理速度5
入力機能4
携帯性3
バッテリ無評価
画面3
付属ソフト無評価
コストパフォーマンス無評価
価格なりの所有欲はきっちり満たされるリファレンス機

【デザイン】
ブラックはNexus5の背面とデザインがそっくり。マット調で滑りにくいが汚れは目立ちやすい。全体的にスッキリしていて、取り立ててデザインで目を引くような特徴はない。言ってしまえばクセがない。工業デザイン的な機能美は感じる。

【処理速度】
Tegra K1の性能は素晴らしく操作で引っ掛かりを覚えるシーンはほぼない。参考までにベンチマークのスコアをあげるならAntutuは57000台、PCMarkだと5800台。

【入力機能】
スリープ復帰がダブルタップで可能なのは非常に便利。電源ボタン、音量ボリュームボタンはデザイン性重視でほぼツライチになったので押しにくい。画面キャプチャが取りにくくなった。液晶のタッチは保護シートを張っても普段使いなら良好。ゲームでは不明。マイクの感度文句なし。

【携帯性】
手に取ってみると薄く、思っているほど重いとは感じないが、大きさはちゃんとあるので携帯性は普通。非常に本体が薄いのと背面がプラスチックなので、圧迫ストレスに弱いかもしれない。持ち歩く方は少し注意。

【バッテリ】
使い始めだし、液晶の明るさによって変わってくる部分なので無評価。Tegra K1はデュアルコアでパワーセービングコアがない。スリープ時のバッテリー減りを気にしていたが、それは全く問題なし。また動画再生とかの消費電力は低くて良好。1時間で10%減らない(7〜8%くらい)消費。

【液晶】
本体起動時に液晶縁から光漏れがある。個人的には気にならないが、はっきりとわかるレベルなので要注意。他の使用者からも同様の報告が複数あるので、ハード仕様の可能性あり。液晶そのものは高精細で綺麗。雑誌ビューアとしては完璧なサイズ感。

【付属ソフト】
Google謹製のソフトもずいぶん増えた。が、それ以外のソフトは一切入っていない。自分のライフスタイルに合うソフトがあるなら、その分だけ便利に感じると思う。まあメールとカレンダーがあれば個人的には問題なし。

【総評】
GoogleのNexusとして高いかもしれないが、OSアップデート保障、本体のベース性能を考えるとこのスペックで実現できる価格ではない。ちゃんとお買い得な価格であると納得できる。個人的にはこのサイズは雑誌ビューアとして最適なので、雑誌購入が進みそう。だが雑誌ビューアとしてだけなら高い。iPadとは十二分に戦える。
コンパイラがARTに変わった影響か、動かないアプリもそこそこある。特にゲームをやる人はAndroid5.0自体今は様子見した方がいい。
冷静に考えてみると、こういったタブレット端末に対して4万超の予算設定というのは、それだけのプレミアムな体験が出来ないと満足度は得られないものだと思った。このNexus9はプレミアム体験を得られるタブレットではない。普通のタブレット。でも自然に長く利用できる。
しかしNexusならではのOSアップデート保障があるので、ともかく安心感がある。初期ロット?には液晶光漏れが確認されている。総じて価格なりの所有欲はなんとか満たされた。損はないと思います。

参考になった14

「Nexus 9 Wi-Fiモデル 16GB [ルナーホワイト]」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
発熱が…  4 2018年6月6日 00:48
不遇の機種  4 2018年3月21日 18:12
カスタムROM機として購入したが・・・・失敗だったかも  3 2017年12月31日 12:00
価格なりの所有欲はきっちり満たされるリファレンス機  5 2017年3月12日 10:25
軽い操作  5 2015年11月6日 17:05
Nexus7の後継  5 2015年11月6日 00:09
iPadから乗り換え  4 2015年10月26日 12:11
子供専用に購入。  4 2015年9月13日 22:32
nexus7からの乗り換え。  5 2015年8月25日 05:47
うー…ん?  3 2015年4月24日 21:00

Nexus 9 Wi-Fiモデル 16GB [ルナーホワイト]のレビューを見る(レビュアー数:15人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

Nexus 9 Wi-Fiモデル 16GB [ルナーホワイト]のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

Nexus 9 Wi-Fiモデル 16GB [ルナーホワイト]
Google

Nexus 9 Wi-Fiモデル 16GB [ルナーホワイト]

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 登録日:2014年10月16日

Nexus 9 Wi-Fiモデル 16GB [ルナーホワイト]をお気に入り製品に追加する <99

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(タブレットPC)

ご注意